クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

スキャナー 記憶のカケラをよむ男 関連記事

  • 『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』宮迫博之インタビュー

    雨上がり・宮迫博之、溢れるオカッパ愛「僕とコンビを組めるのはあの人しかいない」

    映画

     雨上がり決死隊の宮迫博之が、なんと狂言師の野村萬斎とお笑いコンビ“マイティーズ”を結成!…これは、2人が主演する映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の中でのお話。「とても組みやすい方だった」と萬斎を絶賛する宮迫、このままでは本当の相方・蛍原徹の運命が…!?「笑い」と「演技」の両輪で活躍する宮迫に、映画を通して感じた“コンビ愛”について話を聞いた。@@cutter 本作は、『デスノート』前・後編シリーズの金子修介監督と『探偵はBARにいる』の脚本家・古沢良太がタッグを組んだ謎解きミステリー。借金まみれのいい加減な男・丸山竜司(宮迫)は、突然現れた女子高生・秋山亜美(杉咲花)の依頼を受け、“残留思念(物や場所に宿った人間の記憶や感情)”を読み取る特殊能力を持つ元お笑いコンビ“マイティーズ”の相方・仙石和彦(萬斎)と共に、行方不明となったピアノ教師(木村文乃)の捜索に乗り出す。  「お笑い芸人がお笑い芸人を演じるってどういうこと?」と最初は戸惑ったという宮迫。ところが、「脚本がムチャクチャ面白かったし、初の現代劇に挑む萬斎さんが相手役ということで、これは非常にありがたいお話だ」と逆に興味が湧いたという。「ただ、(萬斎さんは)日本の伝統芸能の方なので、ちょっとお堅いのかなぁと一抹の不安はあったんですが、お会いしたら想像していたよりも数倍明るくて。漫才シーンも間の取り方が絶妙で、違和感なくスーッと入れた。本当に組みやすい方でしたね」と大絶賛。  宮迫演じる丸山は、隠し事のできないピュアでガサツな根アカ男。かたや、萬斎演じる仙石は、真面目で几帳面な根クラ男。対照的な2人が織り成す絶妙なコンビネーションが、謎解きと共に1つの醍醐味となっているが、実際は真逆の性格だと宮迫はいう。「後輩にもよく言われますが…僕はホント、暗いです(笑)。お酒が入ってようやくちょっと喋るくらい」。@@separator バラエティー番組ではしゃぐ宮迫を見る限り、にわかには信じられない話だが、この性格が今回の役の肝になっているようで、「普段は根クラで気を遣うタイプですし、アロハも着ないし借金もない(笑)。お笑い芸人自体、演じているようなものなので、ある意味、芸人としてテレビで出している自分を集約させたものが、丸山なのかな」と分析する。  一方、本物の相方である蛍原については、「あのオカッパ頭(蛍原)は、ムチャクチャお喋り。本番より楽屋の方がよう喋ります。野球、競馬、ゴルフの話をずっとしてますね」と呆れ顔。本作では、“思念”が強過ぎて引きこもり気味の萬斎を面倒くさがりながらも友情を垣間見せる宮迫だが、改めてコンビ愛について聞いてみると、「萬斎さんとオカッパ頭では比較にならないですが(笑)…。でも、僕はできた人間じゃないので、むしろ僕とコンビを組めるのはあの人しかいない」としみじみ。約28年間、苦楽を共にした蛍原へ、少々照れながらも感謝の言葉を口にした。  ちなみにこの映画、“思念”がモチーフになっているが、もしもこの能力が自分にあったらとしたら?「例えば、人の心を読み取って、“俺のこと好きなんや”とわかったりもするんでしょうが、逆に“俺のことを劇的に嫌ってる”っていうのもわかるわけだから。人を信用できなくなりますね」と真面目顔。「知りたくないことまでわかってしまうって辛い。仙石のように引きこもる気持ちもわかるな」と、最後は映画の相方・仙石に同情を寄せた。(取材・文・写真:坂田正樹)  『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は4月29日より全国ロードショー。

  • 『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』豪華キャストたちが見せる才能の共演。

    関ジャニ・安田章大、杉咲花、木村文乃が映画『スキャナー』で見せる“才能の共演”

    映画

     野村萬斎主演、人気脚本家の古沢良太が書き下ろした映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』でメガホンをとる金子修介監督が、本作に出演する関ジャニ∞の安田章大を「これから大変な役者になっていく」と絶賛。豪華キャスト陣についても言及している。@@cutter 本作は、モノに宿る想いを、元・お笑い芸人の異色の新コンビが読み解いていく異色の謎解きミステリー。安田は本作で、物語の重要なキーマンとなる若手エリート刑事役を熱演。捜査中の事件を解決するため、上司に内緒で萬斎演じる仙石に接触し、共に捜査を進めていく。  金子監督は、「彼の夢中になって役を作っていく姿勢には心を打たれる。あんなに役に真剣な若手俳優はなかなかいない」と、安田の役と芝居に対する姿勢をべた褒め。脚本家の古沢も「アイドルという華やかなオーラをまとっていながらも、ふっと気配を消すようなこともできて、今回の役は適任であり、うまく成立させてくれた」と、絶賛している。  本作は豪華キャスト陣が共演していることでも話題となっているが、金子監督は主要キャストたちについてもコメント。仙石に沢村雪絵探しを依頼する秋山亜美を演じる杉咲花は若干19歳。若さを感じさせない堂々とした演技を披露しており、金子監督、脚本の古沢はもちろん、メインキャストたちも口を揃えて「天才的である」と高評価を与えている。  また、失踪したピアノ教師役の木村文乃には、現場スタッフ、キャストたちがその美しさにメロメロになったという話も…。金子監督は、「きれいな人をきれいに撮影するというのは実はとても難しく、そこには本人の表現力がかかってくる。彼女の豊かな表現力のおかげでとても美人に撮れました」と自信たっぷりに語っている。  映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は、4月29日より公開。

  • 『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』場面写真

    映画『スキャナー』撮影現場に潜入 野村萬斎&杉咲花らの魅力を監督が語る

    映画

     狂言師・野村萬斎主演による新作映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(監督:金子修介)の現場取材会が埼玉県内で実施された。撮影の合間に金子監督が囲み取材に応じ、撮影状況や俳優陣の所感、作品のコンセプトなどを語った。@@cutter 本作は、かつてマイティーズという芸人コンビで人気を博したものの、現在は解散しマンションの管理人をしている、残留思念を読み取れる特殊能力を持った男・仙石和彦(野村萬斎)と、元相方のマイティ丸山(宮迫博之)のもとに、女子高生・秋山亜美(杉咲花)が行方不明の女性・雪絵(木村文乃)の捜索を依頼したことがきっかけで展開するサスペンスストーリー。  本作の原案を読んだ時の感想を「SFだけどそう思わせない、かつ難しくない娯楽映画だと思いました」と振り返る金子監督。一方で制作に関しては「思念を読む、記憶のカケラを読むというところが難しい。普通の回想でも、本当の記憶でもないし」と、留意したポイントを語る。また課題としていたのが、マイティーズのイメージ。「仙石をどうネタにしたのか?…と。でも実際の演技の中で、『こんな感じかな』と見えてきました」と明かし、萬斎と宮迫のコンビネタは、2人の芝居を見て決めていったという。  この日は、丸山、秋山と共に仙石が行方不明になった雪絵を探すべく、学校で雪絵の自転車から残留思念を読み取ろうとするシーンが撮影された。すでに半分以上の撮影を消化していたということもあり、当日の撮影はスムーズに進行。金子監督自身も「それほどやり直しもなく楽しく撮りました。みんなキャラクターを理解し、芝居もしっかりしてくれたし」と快調な進行状況に満足している様子。  リラックスした撮影現場の中でも、芝居となると高い集中力を見せていた萬斎は、「初の現代劇で初挑戦のことばかり。猫背で歩くのも、腹から声を出さずにぼそぼそしゃべるのも、ハードルが高かった」と、撮影当初は不安もあったと明かす。だが金子監督は、そんな萬斎に「いろんなものを見て勉強もされているし、演出もされているから『何を求められているか』をよく分かっています」と、監督も絶大な信頼を寄せる。@@separator また、ストーリーのカギを握る仙石、秋山という2人の間で、つなぎの役割を果たす丸山を演じる宮迫は、同作での役柄に「お笑い芸人の役ということでナチュラルに、自然体でやれました」と語る。撮影以外の場でも気さくに共演者とやり取りをし、現場進行のパイプ役にもなっていた宮迫と、萬斎の共演には「まるでもともとチームだったみたい。考えなんかは全く違うけど、ぶつかり合ってできたものは面白いと思う」と、手ごたえを感じたようだ。  今回ヒロインの秋山役を担当した杉咲花も、全力投球で撮影に挑戦。アイドル映画なども多く手がけている金子監督は、その遍歴の目より「かわいいけど、それだけでは無い深みがある。今まで見たことのない子じゃないかな。でも子供みたいに元気で力いっぱい、この映画にはピッタリ」と、杉咲の印象を語る。  また、この日は撮影されなかったが、雪絵と仙石の絡みは見どころの一つ。2人の間に展開するラブストーリー的な要素の中に込められた真意を、金子監督は「彼女の言葉で、仙石は導かれてきますが、この物語ではそんな特殊能力者を描きながら、実はそこに一般的な人間の生き方を語っているとも思います。決して遠い物語ではない」と話す。さらに、「基本はロマンチシズム。それが子供のリリカルな世界から、大人の世界まで、いろんな側面から語られている。自分の演出の集大成的なところでもあります」と、アピールした。映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は、2016年GWに全国公開。

  • 『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』 2016年GW全国公開

    関ジャニ∞・安田章大、刑事役に初挑戦!“異色コンビ”野村萬斎&宮迫博之と共演

    映画

     関ジャニ∞の安田章大が、映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(2016年GW全国公開)で刑事役に初挑戦することが決定した。野村萬斎&宮迫博之の異色コンビと共に行方不明事件解決へと奔走する警視庁捜査一課の若手エリート刑事を熱演する。@@cutter 本作は、現代劇初挑戦の野村が、残留思念を読むことができる人間嫌いの元お笑い芸人・仙石和彦を熱演。宮迫扮する昔の相方・丸山竜司と共に、とある行方不明事件を追う様子を描く。解決のため、警察の力を借りようとする彼らに対し、刑事たちが疑いの目を向ける中、唯一助力するのが安田演じる若手エリート刑事であり警察官僚の息子・佐々部悟だ。  安田は関ジャニ∞のメンバーとして活動する一方、ドラマ『夜行観覧車』、映画『エイトレンジャー』シリーズなど様々な話題作に出演し、その演技力には高い評価を受ける。本作でも野村や宮迫を始め、多ジャンルの第一線で活躍する個性的なキャストの中においても、全く引けを取らない個性と演技を披露している。  安田は、佐々部役を演じるにあたり「初めての刑事役でしたが、何かを参考にしたりはしませんでした」とコメント。「警察官僚の息子として見られる事に葛藤があるのに、それを表向きには見せない。その一方で、ガンガン事件に突き進んでいき、真相を絶対掴むぞっという思いの強い刑事だと思ったので、とにかく、単純にこの事件を解決してやるという思いだけで演じました」と役作りについて明かす。  また、本作のキャストについて「面白い役者さんが揃っているのかなと思います」と語り、「萬斎さんの目線、宮迫さんの目線…、それぞれの役に自分の目線を置いて頂けたらなと思います。もちろん、佐々部の目線でもいいので。皆で作り上げた作品なので是非見に来てください」とアピールした。

  • 『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』でヒロインに決定した木村文乃と杉咲花

    木村文乃×杉咲花、野村萬斎主演『スキャナー』でWヒロイン決定

    映画

     野村萬斎が現代劇に初主演する映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(2016年GW全国公開)で、女優の木村文乃と杉咲花がWヒロインを務めることがわかった。木村は行方不明となった美しく謎めいたピアノ教師役、杉咲は雪絵の行方を探す女子高生役として、物語のカギを握る重要な役どころに挑む。@@cutter 本作は、残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読める元・お笑い芸人の仙石和彦(野村)と、口は悪いが仙石が唯一本音でぶつかれる相方の丸山竜治(宮迫)が、様々な事件の解決に奮闘するストーリー。脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』『探偵はBARにいる』シリーズを手掛ける古沢良太、映画『デスノート』シリーズの金子修介監督がメガホンをとる。  木村が演じるのは、ある日突然行方をくらます熱意あるピアノ教師・沢村雪絵。仙石と丸山がかつて組んでいたコンビ・マイティーズのファンであり、人間嫌いの仙石がひょんなことから残留思念の中で彼女に出会い、その美しさ、優しさに心動かされてしまい、元・相方の丸山と共にその行方を探すことになる…という物語を大きく動かす人物だ。  一方、杉咲扮する秋山は、雪絵のピアノの教え子であり、雪絵の好きだったマイティーズに捜査を依頼しようとする女子高生ピアニスト。持ち前の行動力で丸山と共に半ば強引に仙石を捜査に引き込んだり、雪絵の思念が残りそうな場所へ次々と2人を連れ回すという役どころだ。杉咲は、狂言師・野村、芸人・宮迫という実際に話芸を極める2人との共演シーンでも、全く引けを取らない掛け合いを披露している。

  • 古沢良太が書き下ろす映画『スキャナー』で野村萬斎と宮迫博之が初共演!

    野村萬斎、人気脚本家・古沢良太書き下ろしで現代劇に初挑戦!宮迫博之とコンビに

    映画

     野村萬斎が、TVドラマ『リーガル・ハイ』や映画『エイプリルフールズ』などを手掛ける人気脚本家・古沢良太が書き下ろす新作映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』で、現代劇に初挑戦することがわかった。さらに、野村がコンビを組む相方・芸人役を宮迫博之が演じる。@@cutter ホームズとワトソン、明智小五郎と小林少年、ルパンと次元など、事件ものではその時代を代表するようなコンビが生まれてきた。本作では、野村と宮迫が、これまでにないコンビを組み、事件に挑む。  残留思念を読み取ることができる特殊能力を持った男・仙石和彦(野村)は、かつてその能力でマイティーズというコンビとして日本中を沸かせていたが、その能力の代償に神経をすり減らし、コンビも解散、以来、マンションの管理人として人目を避けた生活を送っている。一方、相方のマイティ丸山(宮迫)もピン芸人になるものの、鳴かず飛ばずでクビ寸前の状態だった。そんな時、秋山亜美という一人の女子高生が仕事の依頼で訪れる。その依頼とは、解散したマイティーズに、行方不明となったある女性を捜して欲しいというものだった。  野村は、「僕も漫才師になったような不思議な気分です(笑)。狂言もセリフ術ですが、今回セリフの応酬で魅せる部分もあるこの作品の中で話芸を培われた宮迫さんと一緒にやると非常にテンポ感が出ます。お互いが楽しんでいて、それを人が見て楽しい。そんなコンビネーションになっていると思います」と宮迫との共演について語る。  一方の宮迫は、「本来、映像のお仕事に限らず、ある程度の緊張を持って仕事に臨むんですけど、今回は芸人ということもあって今の所、ほぼフラットです(笑)」と撮影への思いを話すと、「萬斎さんとお仕事させてもらうのは初めてなんですけど、とにかく初対面の感じがしなかった。不思議と何の違和感もなくリズムよくできたんです」と野村の印象を語った。  違う世界で活躍する2人がこれまでにない新たなコンビとして誕生する映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は2016年GW全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access