クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

日本で一番悪い奴ら 関連記事

  • 映画『孤狼の血』に出演する(左上から時計回りに)中村獅童、ピエール瀧、中村倫也、音尾琢真

    『孤狼の血』に中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也ら追加キャスト

    映画

     白石和彌監督の最新作『孤狼の血』の公開日が2018年5月12日に決定し、併せて中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也の出演が発表された。劇中ビジュアルやキャストらのコメントも届き、中村は「年々減少傾向にある“男臭い作品”に関われたことを、とても幸せに感じています」と出演の喜びを語っている。@@cutter 第69回日本推理作家協会賞を受賞した、柚月裕子の同名小説を基にする本作。暴力団対策法成立以前の広島を舞台とする物語は、ヤクザと癒着していると噂されるベテラン刑事・大上(役所広司)と新人の日岡(松坂桃李)が、ヤクザの抗争に巻き込まれる姿を描く。白石監督の『日本で一番悪い奴ら』にも出演し、本作では大上について嗅ぎ回る安芸新聞の記者・高坂隆文を演じる中村獅童は「監督! またやっちゃいましたね! ウン! こうなったらとことんやっちゃいましょう!!!」と語り、本作が過激な映画になることを匂わせる。  『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』で白石組に参加し、本作では大上と旧知の仲である全日本祖國救済同盟の代表・瀧井銀次を熱演したピエールは「この『孤狼の血』は、脚本を読んで胸を打たれ、少しでもお役に立てたらと思えた作品でした。撮影スケジュールがタイトで、1週間で東京~呉を5往復してお尻が擦り剥けましたが、それもいい思い出です」と出演に満足している様子。同じく『日本で一番悪い奴ら』に出演していた音尾は、江口洋介が演じる一之瀬守孝が属する尾谷組と敵対する加古村組の構成員・吉田滋を演じており、「私の役割は少々ゲスいですが自分では気に入っております。見所のシーンもあります。ありがたい」とコメントを寄せた。  ピエールや音尾とともに『日本で一番悪い奴ら』に出演し、本作では尾谷組の構成員・永川恭二を演じた中村は、「永川という人物は、白石監督曰く『狂犬』。こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でしたが、松坂桃李演じる日岡が『真っ当な正義』だとするなら、永川は『アウトローなりの正義』」と役柄を紹介。また「彼の持つある種の純粋さに五感を澄まし、挑みました。信頼する監督のもと、偉大なる大先輩たちと芝居を交わし、年々減少傾向にある“男臭い作品”に関われたことを、とても幸せに感じています」と出演の喜びを語っている。  映画『孤狼の血』は2018年5月12日公開。

  • 男たちが過激に対峙する韓国映画『アシュラ』に各界の著名人から絶賛コメント到着

    大谷亮平&橋本マナミ、『アシュラ』衝撃映像に「ゾクゾク感止まらない」「息をのむ」

    映画

     韓国を代表する俳優チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフンが豪華共演を果たした映画『アシュラ』。権力、出世、信念がうず巻く“悪人”たちの生き残り合戦が繰り広げられる本作を、一足先に鑑賞した各界の著名人からコメントが到着。先日、本作のキム・ソンス監督が来日した際にイベントにも出席した橋本マナミは、「息をのむ強烈な映画」と語り、現在ドラマでも活躍中の大谷亮平は「ゾクゾク感が止まりませんでした!」と絶賛している。@@cutter 映画『アシュラ』は、架空の都市“アンナム市”を舞台に、悪徳市長とその市長に利用される刑事、彼らの悪事を暴こうとする検事たちの駆け引きを描くノワール・エンターテイメント。その過激な作風から、韓国版の『アウトレイジ』とも称されている。  既に韓国での活躍経験を持つ大谷は、「これまでの韓流バイオレンス作品を超える凄まじいシーンの数々に驚愕!韓国を代表する名優達が悪の泥沼にはまっていく様にゾクゾク感が止まりませんでした!」と作品の魅力を伝えると、一方の橋本も「ショッキングな展開に目が離せない。息をのむ強烈な映画でした!!」と太鼓判を押している。  他には、任侠映画などにも数多く出演する白竜は「韓国ノワールパンチ効いてます!キャスティング外さないね。ラストシーンのチョン・ウソン圧巻でした。これぞ男の映画!」とべた褒め。映画『日本で一番悪い奴ら』などで知られる白石和彌監督も「痛い。とにかく痛い。残酷描写が痛いのは当然として、悪に染まる男たちの魂の叫びが痛い。キム・ソンス監督の妥協のなさと反骨精神が見事に人間の闇を照らしエンタメへと昇華させた」と称賛している。  映画『アシュラ』は、3月4日より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

  • 蒼井優、阿部サダヲと白石監督が初タッグを組んだ映画『彼女がその名を知らない鳥たち』

    蒼井優×阿部サダヲ、最低男女の“究極の愛”に挑む 人気ミステリー小説を映画化

    映画

     沼田まほかるの人気ミステリー小説『彼女がその名を知らない鳥たち』が映画化され、主演を蒼井優と阿部サダヲが務めることが明らかになった。蒼井は役柄について、「ご覧になる方に自ら嫌われる勇気をどこまで持てるのか、試したいと思いました」と語っている。@@cutter 本作は、八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子(蒼井)と、なじられながらも十和子に異様な執着を見せる陣治(阿部)の姿を描くミステリー映画。劇中では、十和子と関係を持った水島の失踪を機に、スリリングなドラマが展開する。『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督がメガホンを取り、撮影は昨年10月8日から約1ヵ月間、原作の舞台である大阪を中心とした関西で行われた。  蒼井は自分勝手な十和子について、「自分に対する諦めができない人。かといって何か行動を起こすわけでもない、甘ったれた女性。共感は全くできない役だったけれど、ご覧になる方に自ら嫌われる勇気をどこまで持てるのか、試したいと思いました」とコメント。そんな蒼井を白石監督は「この最低な役をよくぞ引き受けてくれたと今でも信じられません。作中では今までに見たことのない様々な表情を見せてくれました。とんでもなく凄まじい女優です」と絶賛している。  一方の阿部は、「食べ方が汚いとか、たんが絡んだ咳をするとか、とにかく汚い男に見せるために、監督と色々相談しました。現場ではスタッフの方達とも楽しみながら、汚い男を追及しました」と役作りを述懐。そして、「蒼井さんとの共演はほぼ初めてなのですが、今乗ってる女優さんと言ったらこの人!って必ず名前が上がる方だし、最近は迫力も出てますよね。実際すっごい迫力ありました(笑)一緒にお芝居していて楽しかったです」と語っている。  映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は今秋全国公開。

  • 映像界に引っ張りだこな綾野剛、“常にネクストワン”な姿勢がクリエイターを虜に

    映像界に引っ張りだこな綾野剛、“常にネクストワン”な姿勢がクリエイターを虜に

    映画

     2016年も存在感のある役柄で、強い個性を発揮している俳優・綾野剛。公開中の最新作『日本で一番悪い奴ら』でも、「日本警察史上最大の不祥事」と呼ばれた事件の強烈な主人公を怪演している。彼と現場を共にした監督や共演者は口を揃え、メンタリティーや佇まいを絶賛する。多くのクリエイターを虜にする綾野の魅力とは……。@@cutter ここ数年、映画ばかりではなく連続ドラマの主演を務めるなど、幅広い活躍を見せる綾野。昨年放送された連続ドラマ『コウノドリ』では、これまでのミステリアスで繊細な青年像にプラスして、どこまでも深い愛情で人を包み込む柔らかい一面も見せてくれるなど、視聴者に毎回新鮮な感情を与えてくれる俳優として、お茶の間での認知度を上げた。  そんな綾野が『日本で一番悪い奴ら』では、権力や欲望の渦に巻き込まれる北海道警の刑事を好演している。劇中、綾野演じる諸星は序盤こそ“社会正義”という抽象的な概念に従い行動していくが、“警察組織内での正義”に気づき、権力を持つことによって得られる“うま味”に取りつかれると徐々に変貌を遂げる。その巻き込まれ溺れていくさまが、身につまされる恐怖を感じつつも、非常にチャーミングなのだ。  まさに綾野ならではと唸らされるキャラクター造形だ。メガホンをとった白石和彌監督は綾野を「共犯者」と表現した。クリエイターにとって「理詰め」でガチガチに作り上げる作品もあるが、現場のライブ感から色々なものを積み上げていくやり方もある。白石監督は「毎日空腹で現場に来てもらって、毎シーン一緒にご飯を食べている感じ」と綾野との現場を振り返っていた。とは言いつつ、綾野自身は「手綱を握っているのは監督。自分のイメージした映像をすべての部分で凌駕している」としっかりと役割分担を理解し、その上で絶大な信頼を置く。監督と俳優がタッグを組み、作品を作り上げるという意味では理想的な関係に感じる。@@separator さらに綾野は「出来上がった作品が“最大の敵”になる」という表現を使う。常に次回作が代表作になるよう、自身を鼓舞する。どんな趣の違う作品でも「一度使ったプロセスは使えない。また新しい自分で1からスタートする。そこから50にできるか、100にできるか」と自身にプレッシャーをかけ続ける。これだけの実績を積んでいても、次の作品に入る時にはリセットし、全身全霊で挑む。    作り手が作品に込めた想いを俳優と共に作り上げていく。そんな中で、常に新しい表現方法を模索し、期待に応えようとする綾野。この構図は、予想だにしない相乗効果を生み出す。『日本で一番悪い奴ら』でも、白石監督は、主人公のモデルとなった人物の“武骨”というイメージを、内面からにじみ出る“色気”にシフトチェンジして綾野を起用した。そんなリクエストを面白がって臨む姿勢……。この二人の関係を垣間見ると、綾野が映像界から引っ張りだこである理由が容易に想像できる。

  • 『日本で一番悪い奴ら』綾野剛と白石和彌監督インタビュー

    綾野剛が語るモラルと不道徳 タブーだらけの問題作で「シンパシー感じる」

    映画

     映画『凶悪』で強烈な存在感をみせた白石和彌監督が、綾野剛とタッグを組んだ『日本で一番悪い奴ら』が公開を迎える。実際にあった北海道警・警部の不祥事「稲葉事件」をモチーフに、警察の闇や人間の奥底に潜む弱さなどをえぐり出す問題作だが、「登場人物にある種のシンパシーを感じる」という綾野と白石に、本作の魅力や自身のピカレスク(悪漢)という題材に対する考えなどを聞いた。@@cutter 本作の主人公・諸星要一のモデルになっているのは、2002年に北海道警で起きた「日本警察史上最大の不祥事」と呼ばれる「稲葉事件」稲葉圭昭氏だ。柔道の猛者であり、暴力団と親密な関係をもち、自身も覚せい剤取締法違反などで逮捕された人物。一見するとスマートな綾野と結びつかない印象があるが「稲葉さんの原作を読み、第一稿を書いたときは、まったくイメージする人がいなかったんです。でも稲葉さんご本人に会ったとき、骨太な印象はあったのですが、非常に色気があってモテる感じ。そちらの線でいった方が映画は成功すると思ったんです。そうしたら綾野君の顔が浮かんだ」とキャスティングの理由を説明する。  そんな白石監督の言葉に「僕にこの役を振ってもらえたことがとても嬉しかった。なかなか来そうにない役です。でもこの役を演じられたおかげで『役者をやっています』ということを何の恥じらいもなく言えるきっかけになったと思います」と運命的な出会いを感じたという。  本作に入る前から、綾野にとって白石監督は特別な存在だった。『凶悪』を観て強い共感を覚えたという。「白石監督は、悪さをしている人間の快楽主義的な部分だけじゃなく、ある種、人間として一番まっとうな部分も描いているんです。白石監督は、生きていることを選んでいない人間、本当にダメな奴は嫌いなんです。『凶悪』もこの作品も、本当の意味でのダメな奴ではない。そういう部分がとても僕には響いたんです」。  実際に現場に入ってからも、白石組の魅力に取りつかれた。「白石組は唯一無二なんです。すごく役者に自由に芝居をさせてくれる中で、決定的な部分では手綱を握ってくれている。いつムチを叩くか、いつブレーキを掛けるか……そのセンスがとてつもない。その意味では諸星という人間は白石組が作ってくれた産物なんです。出来上がった作品をみたとき、どのシーンでも『こんな顔をしていたんだ』と自分がイメージしたものを凌駕していた」と舌を巻く。@@separator スタッフ、出演者ともに強い気持ちで臨むことができた題材。「僕は実録ものが続いていますが、それって小説やマンガと違って、分からないことが多いんです。事件を引き起こした動機や目的が何なのかを探していく作業=『人間って何なの?』という所につながっていく。とても魅力的ですよね」と白石監督は本作の魅力を語る。  一方で、暴力シーンや覚せい剤など、現代社会では表現することもタブー視されることも多い。「今の世の中は本当に潔癖症。不倫したら人生全否定みたいな。この主人公もつかまった時の報道だと『なんてひどい奴なんだ』で終わってしまう。でも彼にも青春があったり、当たり前に人としての営みもある。表現する場としては、それを描くべきだし、僕らはインモラルなことこそ見て、色々なことを学んで来た世代。日本全体がこういうご時世、一人ぐらいこういうことをやっていいんじゃないですかね」と白石監督。  綾野も「面白い映画です。笑いながら観てもらっていい作品。白石監督の言葉を借りれば『不道徳なものから道徳を学ぶ』。今は比較するものがないから、モラルという言葉も非常に曖昧になってしまっている。こういう不道徳な作品があるからこそ、道徳の意味が分かるんだと思います」と追随する。  インタビュー中、何度も二人が口にした「こういうのって楽しいじゃないですか」という言葉。インモラルなものをエンターテインメントに昇華していくために、お互い最高のパートナーを得たと笑顔を見せる。「スコセッシとディカプリオみたいにね」と、今後何度も続くことを示唆した白石監督&綾野のタッグから目が離せない。(取材・文・写真:磯部正和)  『日本で一番悪い奴ら』は6月25日より全国公開。

  • 『ホンマでっか!?TV』で綾野剛の素顔が明らかに

    綾野剛は「勇猛果敢、大胆不敵な人」 心理評論家が分析

    エンタメ

     映画『日本で一番悪い奴ら』(6月25日公開)に出演する俳優の綾野剛が15日、バラエティ番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演。綾野は小心者かどうかの診断を受け、正反対の「勇猛果敢、大胆不敵な人」という評価を受けていた。@@cutter 心理評論家より、番組の出演者であるマツコ・デラックス、明石家さんま、磯野貴理、ブラックマヨネーズの二人を、信用できる人順に並べよという課題を与えられると、綾野は筆頭にマツコ・デラックス、次点に明石家と続ける。その理由を問われると「人間力ですね。信用=人間力」とコメント。  そのコメントにブラックマヨネーズの吉田敬をはじめ残りのメンバーは「ますます最下位になれないな」と緊張、結果的に最下位になったのは、ブラックマヨネーズの小杉竜一。その結果に少しふてくされるような表情を見せていた小杉だったが、綾野はその理由を「信用自体があまり意味を成さないというか、どちらかというと信頼の方がしっくり来ますね。それって安心感だと思っていて、最後に止めとして小杉さんがいることによって、最大の安心感があるんです」と最下位にもかかわらず予想外のホメ言葉をコメントしていた。  家に掛けたカギを、もう一度確かめに戻るか?という問いに「まずないです」と即答した綾野に対し、評論家陣の判定は、小心者とは正反対の「勇猛果敢、大胆不敵な人」という評価。しかしこの日の番組出演に際して綾野は「前回は出演前に事前打ち合わせがあったんですが、今回は全く無いので戦々恐々としているんですけど」と判定を覆す小心者ぶりを語り、笑いを誘っていた。

  • 映画『日本で一番悪い奴ら』に出演するTEAM NACS音尾琢真に注目

    TEAM NACSの最終兵器・音尾琢真、綾野剛と取っ組み合い!?

    映画

     大泉洋や安田顕など、今や日本映画界になくてはならない俳優たちが所属する演劇ユニット「TEAM NACS」の音尾琢真が、綾野剛主演、白石和彌監督の最新作『日本で一番悪い奴ら』に出演する。@@cutter 本作は、「日本警察史上最大の不祥事」と呼ばれる実際の事件をベースにしたエンターテイメント。主演を務める綾野は、「正義の味方、悪を絶つ」の信念を持ちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、あらゆる悪事に手を汚していく北海道警察の刑事・諸星要一を務める。  音尾は、そんな諸星の前に立ちはだかるライバル刑事・国吉博和役で登場。諸星の捜査方法が気に入らず、ことあるごとに衝突を繰り返し、取っ組み合いにまで発展するのだ。  音尾といえば、ナックス内の大泉、安田、戸次重幸、森崎博之ら個性豊かなメンバーに比べると、一般的には地味な印象があるが、実際には、舞台作品で歌、ダンス共に高い評価を受け、出演依頼も後を絶たない。  現在放送中のドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』に出演しているだけでなく、7月9日公開の野村周平・賀来賢人W主演作『森山中教習所』や内村光良監督作『金メダル男』など、出演作品の公開が続々と控えている。「TEAM NACS」の最終兵器との呼び名も高い音尾。本作で見せる高い演技力は必見の価値ありだ。  映画『日本で一番悪い奴ら』は6月25日より全国ロードショー。 ※記事初出時、「音尾琢真」さんのお名前を「琢磨」と掲載しておりました。訂正してお詫びいたします。

  • 『日本で一番悪い奴ら』完成披露舞台挨拶に出席した綾野剛

    綾野剛、役作りで体重10キロ増減!「剛ちゃんは大好きな俳優」中村獅童も魅了

    映画

     映画『日本で一番悪い奴ら』の完成披露舞台挨拶が25日、都内で行われ、主演・綾野剛を筆頭に“日悪チーム”が登壇。日本警察史上最大の不祥事と呼ばれる“稲葉事件”をモチーフとした本作について、撮影時のエピソードなどを語った。@@cutter 本作は、『凶悪』などで知られる白石和彌監督の最新作。裏社会の“S=スパイ”を率いて、あらゆる悪事に手を染めた北海道警察の警察官・諸星要一が、至るところに名刺をばら撒き、規格外の捜査を行っていく姿が描かれる。諸星の捜査協力者となる“S”として中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、ピエール瀧ら超個性派キャストが出演。バックに10名の警察官を従えた日悪チームが舞台挨拶に登場すると、満員の客席から大きな声援が飛んだ。  諸星役の綾野は「1人の男の一代記、人間賛歌を描いています」と作品を説明し、リアルな犯罪でもエンタテインメントで描いてしまう白石監督が手掛けるというだけで「これは参加するしかない」と出演を決意したという。  さらに、「一人ひとりのキャストが丁寧に描かれていて、諸星が(仲間に)どれほど愛されてるのかがきちんと描かれている」と見どころをアピールする綾野。役作りに関しては、クランクインからクランクアップまで体重を10キロ増減させたことを明かし、「全キャストの方たちに共犯者になっていただいて、この役を生きることが出来た」と自信たっぷりに振り返った。  そんな綾野について、以前NHK大河ドラマでも共演経験を持つ中村は「剛ちゃんは大好きな俳優。楽しかったし、勉強になった」と、作品への取り組みを称賛。綾野と強力タッグを組んだ白石監督も「綾野くんはずっと見ていてもあきない。底が見えない役者だ。また一緒にやりたい」と賛辞を送り、それには綾野も感激して「また来年やりましょう!」と即答していた。  同イベントの最後は、観客を“S”にするべく、舞台から札束と名刺がキャノン砲でばら撒く演出を実施。綾野は「1人の男がいろんな人たちと関わり合っていく中の、最悪、最愛の物語です。心地よく観てほしい!」とメッセージを送った。  映画『日本で一番悪い奴ら』は6月25日より全国公開。

  • 『日本で一番悪い奴ら』主題歌はスカパラ&Ken Yokoyama!

    綾野剛主演作、スカパラ&Ken Yokoyamaコラボ曲が主題歌に! 映像公開

    映画

     東京スカパラダイスオーケストラfeat. Ken Yokoyamaのコラボ曲「道なき道、反骨の。」が綾野剛主演映画『日本で一番悪い奴ら』の主題歌に決まった。この主題歌を含むシングルは、映画公開に併せて6月22日にリリース予定。また、主題歌が流れる本作の予告編も解禁された。@@cutter 本作は、やらせ捜査が発覚し<日本警察史上の最大の不祥事>といわれる実際の事件を題材に、北海道警察・刑事の壮絶な26年間を描いた物語。綾野演じる北海道警の刑事・諸星は、捜査協力者で“S”と呼ばれる裏社会のスパイとともに悪事に手を染めていく。“S”には中村獅童、YOUNG DAIS、お笑い芸人デニスの植野行雄をキャスティング。諸星の先輩刑事をピエール瀧が演じ、異色の犯罪チーム“チーム日悪”が結成される。監督は映画『凶悪』で2013年国内映画賞を総なめにした白石和彌が務める。  東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦は「僕らの時代には反骨のヒーローが輝いて見えました。今は反骨精神の時代ではないのかも知れませんが、今回は、敢えて、スカパラと横山健でそれを謳おうと思ったのです。夢を持って時流に反骨し、挫折しながら世の中を学び、仲間の大切さを知る。これは人生に於いてとても大切なプロセスだと思うのです」と今回のコラボの理由を明かす。  コラボ決定の報を聞いた綾野は「諸星要一として、一言。最後の最期で、正しい道を示していただけました。感謝の極みです」と喜びのコメント。白石監督は「もう最高な奇跡のコラボに一瞬にして体温が跳ね上がります。まさに諸星の人生を体現し、そして映画に新たな熱と速度をもたらしてくれる素晴らしい曲です」と絶賛している。    『日本で一番悪い奴ら』は、6月25日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access