ちえりとチェリー 関連記事

  • 映画『チェブラーシカ 動物園へ行く』場面写真

    『チェブラーシカ 動物園へ行く』かわいすぎ! 場面写真一挙解禁

    アニメ・コミック

     ロシア生まれのキャラクター、チェブラーシカを描く短編アニメーション映画『チェブラーシカ 動物園へ行く』より、かわいい姿が満載の場面写真が一挙解禁された。@@cutter 本作は、人一倍頑張り屋さんで優しく、思いやりたっぷりなチェブラーシカの魅力が詰まった最新短編。動物園で“ワニ”として働くゲーナが風邪をひいてしまい、人気者のワニがいなくなって困る動物園の仲間たち。そこでチェブラーシカは、友だちの代わりに“ワニ”として働くことになる。  ロシアでは1969年~1983年にかけて、合計4本のチェブラーシカの短編映画を製作。2010年、中村誠監督が27年ぶりとなる新作『劇場版 チェブラーシカ』を撮り、日本国内で30万人を動員するヒットを記録した。そして今回、中村監督が、再びチェブラーシカをオリジナルストーリーで製作したのが本作となる。主人公のチェブラーシカの声を声優の折笠富美子が担当。脚本作りの段階から、原作者のエデゥアルド・ウスペンスキーも参加している。  同作品は、2016年よりスローシネマという上映活動をスタートし、各地で上映会が行われてきたが、チケットの完売が続出するなど好評を博したことから、パペットアニメーション映画『ちえりとチェリー』の同時上映という形で、全国での公開が決定した。  今回解禁された場面写真は、チェブラーシカの最初の友だちとなるワニのゲーナが登場する場面を中心に4点。風邪で寝ているゲーナをドアから心配そうに見つめるチェブラーシカ、ゲーナが何かを語るアップ写真、ゲーナとチェブラーシカが仲良く並んで座る姿のほか、動物園の前でチェブラーシカがキリンのアニュータやライオンのレフらと一緒に立つ姿が収められている。  映画『チェブラーシカ 動物園へ行く』は全国のイオンシネマにて2月15日より2週間限定公開。

  • アニメ『ちえりとチェリー』場面写真

    高森奈津美&星野源W主演『ちえりとチェリー』、場面写真一挙公開

    アニメ・コミック

     声優の高森奈津美と俳優の星野源がW主演を務める冒険ファンタジーアニメ『ちえりとチェリー』より、場面写真が一挙公開された。大好きな父親を亡くし喪失感を抱えた少女ちえりが、いのちの輝きと向き合い、新たな未来に向けて一歩を踏み出そうとする姿を描く。@@cutter 『ちえりとチェリー』は、『劇場版 チェブラーシカ』を手掛けた中村誠監督が、主要スタッフを再集結して完成させた日本初となる長編オリジナルパペットアニメーション。主人公は、小学6年生の女の子・ちえり。幼いころに父を亡くし、母親と2人暮らしをしている。そんなちえりの唯一の友人は、蔵で見つけたボロボロのぬいぐるみ“チェリー”で、2人はいつも一緒にいた。ある日、久しぶりに祖母の家を訪れる。そこでちえりを待ち受けていたこととは…。  声の出演には、ちえり役を高森、助言者としてちえりに寄り添うチェリー役を星野が務める。さらに、ちえりの母親役に尾野真千子、そのほかにも栗田貫一やサンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしといったそうそうたるメンバーが顔をそろえている。また、チェリーのキャラクターデザインはオリジナル版「チェブラーシカ」の生みの親でもあるロシアニメ界の巨匠、レオニード・シュワルツマンが担当している。  今回公開となった場面写真では、ぬいぐるみのチェリーを大切そうに抱えるちえりや、仲間たちを一緒に何か相談をしているようなシーン、鳥と共に空に舞い上がって楽しそうに過ごすちえりの姿などをみることができる。    アニメ映画『ちえりとチェリー』は、全国のイオンシネマにて2月15日より2週間限定公開。チェブラーシカ最新作『チェブラーシカ 動物園へ行く』も同時上映される。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access