クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

永い言い訳 関連記事

  • 『この世界の片隅に』片渕須直監督と『永い言い訳』西川美和監督の対談が実現!

    『この世界の片隅に』片渕監督と『永い言い訳』西川監督が対談!“原作”への想いを語る

    映画

     戦時中の広島・呉で生きる少女すずの"ささやかな暮らし"を描き大ヒットした『この世界の片隅に』の片渕須直監督と、本木雅弘主演の話題作『永い言い訳』の西川美和監督の2ショット対談が実現。2016年の映画賞を席巻した両監督が、互いの作品の魅力や、それぞれの制作秘話などを語った。@@cutter 2月に行われた「第71回毎日映画コンクール」の授賞式で親交を深めたという片渕監督と西川監督。それぞれ、昨年10月~11月に小規模公開からスタートした映画ながら、口コミ等での評価が高く、大きな広がりをみせた。  『永い言い訳』は、西川監督が自ら執筆した小説を自身の手で映画化した作品。「小説は、映画化したときに予算がどうだとか、そういうことを考えず、書きたいことを存分に描いた理想的なもの。書き上げた時点で成仏させたという考えなので、映画のシナリオを作る際は、いったんすべてを白紙に戻しました。小説と違うからネガティブに捉えるわけではなく、本木さんからしか出てこないものを借りて作ろうという思いがありました」。  西川監督のアプローチ方法に、片渕監督が「小説と映画では同じ名前の主人公ですが、違う人物という認識ですか?」と質問すると「別物ですね。小説を読み返しても(主人公・衣笠幸夫に)本木さんの顔を思い浮かべることはないです」と即答。「でも、最終的に映画を観た人は、原作に近いと言ってくれる人がたくさんいたので、不思議な感じでしたね」と語る。  では、片渕監督は『永い言い訳』鑑賞後、どんな印象を受けたのだろうか?「善意でできているお話だなって思いましたね。主人公は何かが足りない空虚な人ですが、その足りなさに悪意がなさすぎる。そこに気づいてきて埋めようとしているときに、本物の善意の塊である竹原ピストルさんに会う。鑑賞後感が良い作品でした」と感想を述べる。  一方、こうの史代原作の漫画を映画化した片渕監督は「原作に出てくる人物に対して、最初に自分が抱いたイメージと別物にしてはいけないということは気をつけました」と西川監督とは違ったアプローチ方法で『この世界の片隅に』を完成させたことを明かす。続けて「もちろん作品によってアプローチ方法は違います。でも今回はあえて原作を信頼しきるというやり方、最良の読者になろうと思いました」と語る。  物語の舞台となった広島出身の西川監督は『この世界の片隅に』について「いろいろな感想がありますが、一番印象に残っていたのが、呉が空襲にあった昼間に、空に色とりどりの煙が浮かんだ場面で、すずさんが『いまここに絵の具があったらな』と言ったシーンなんです。極限まで追い込まれている状況で、ああいったことを思ってしまう人間の業のようなものに共感をしたし、生命力も感じたんです」と述べると、片渕監督は「あのセリフは原作になかったのです。こうのさんはもちろん、あの煙が色とりどりだったことをご存知でしたが『白黒で描かなればならなかったので色はつけられないんですよ』って仰っていたんです。でも、実際、ああいう非日常な出来事が起こった瞬間って人は現実を把握できないものだと思うんです」と意図を語った。@@separator 最後に両監督に“主演”はどういった経緯で決まったのか聞いてみると、西川監督は『私は以前から、男前の主人公が、七転八倒する活劇が撮れたら、本木さんにお願いしたいなとは思っていたんです。そんな中で、是枝(裕和)監督に脚本を読んでいただいたときに、主人公と本木さんが似ているって仰っていたんです。是枝監督は樹木希林さんや、本木さんのお嬢さんともお仕事をされたことがあったので、『(主人公と同じぐらい)厄介な人なんですか?』って聞いたら『厄介な部分もあるけれど、不思議と憎めない人。会ってみたらいいよ』って。それでお願いしたんです」とオファーした理由を明かす。  片渕監督は主人公・すずの声を演じたのんの起用理由ついて「この作品の監督補というのがうちの奥さんなのですが、彼女は20代後半から4人続けて子どもを産んだんです。子育てって全人格が否定されるぐらい、自分のことが何もできない。これまで培ってきたものをすべて分断されてしまったんです。やっと仕事に復帰すると、今度は仕事だけじゃ…ということで、山に行ったり、海に行ったり、そして、イルカと潜るためにダイビングを習ったんですが、そのダイビングのインストラクターが、『あまちゃん』で海女さんの指導をしてロケ現場にも行っていた人だったんです。そこで聞いた撮影時間外ののんちゃんの感じの中に映画の主人公のすずさんと共通しているものを見つけることが出来て意識し始めたんです。そこからは彼女しか思い浮かびませんでした」と、思わぬところで接点があったことを話してくれた。  さまざまな出会いや縁で出来上がった両作品。これまでも作家性の強い作品を世に送り出してきている二人だが「映画って作り手の思いだけでは成立せず、受け止めてくれるお客さんがいてはじめて成り立つんです。そのことを大事に映画作りをしていって欲しいですね」と片渕監督が若い世代にエールを贈ると、西川監督も「誰でも最初は“自分の話”を描こうとするのですが、観ている人のことも同時に描けていないとコミュニケーションツールとしては成熟していかないと思うんです。私も映画を作るたびにそのことを気付かされますし、受け手がいてはじめて映画になることを意識してものづくりをしていきたいですね」とメッセージを残してくれた。(取材・文・写真:磯部正和)  映画『永い言い訳』のブルーレイ&DVDは現在発売中。映画『この世界の片隅に』はロングラン上映中。

  • 「第90回キネマ旬報ベスト・テン」読者ベスト・テン(日本映画)第1位『この世界の片隅に』

    『キネマ旬報』読者選出ベスト10発表『この世界の片隅に』『ハドソン川の奇跡』1位に

    映画

    「2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン」の読者選出ベスト・テンが発表された。日本映画の第1位は『この世界の片隅に』となり、外国映画の第1位には『ハドソン川の奇跡』が選ばれた。@@cutter 『この世界の片隅に』は、太平洋戦争期の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも、前を向いて生きていくヒロイン・すずの姿を描いた感動作。女優ののんが初めてアニメの主演声優を務めたことで話題を呼んだ。一方、『ハドソン川の奇跡』は、クリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスがタッグを組み、マンハッタン上空で制御不能となった飛行機を不時着させ、乗員乗客155名全員生存という奇跡を成し遂げたサレンバーガー機長の姿を描く感動のドラマだ。  「キネマ旬報ベスト・テン」は、1924年(大正13年)から続く歴史ある映画賞。途中、戦争による中断を挟んだものの、継続的にベスト・テンが選出され続けており、今回で節目の90回目を迎える。『この世界の片隅に』と『ハドソン川の奇跡』は、ともに「2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン」作品賞とのダブル受賞という快挙を達成している。 読者ベスト・テン(日本映画・外国映画)は下記の通り。 読者ベスト・テン(日本映画) 1位『この世界の片隅に』 2位『シン・ゴジラ』 3位『怒り』 4位『君の名は。』 5位『リップヴァンウィンクルの花嫁』 6位『64‐ロクヨン‐ 前編』『64‐ロクヨン‐ 後編』 7位『湯を沸かすほどの熱い愛』 8位『永い言い訳』 9位『海よりもまだ深く』 10位『淵に立つ』 読者ベスト・テン(外国映画) 1位『ハドソン川の奇跡』 2位『キャロル』 3位『スポットライト 世紀のスクープ』 4位『ルーム』 5位『レヴェナント:蘇えりし者』 6位『オデッセイ』 7位『ブリッジ・オブ・スパイ』 8位『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 9位『ブルックリン』 10位『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

  • 池松壮亮、『ラストサムライ』出演もトム・クルーズ知らず「知らない人をトムと呼んだ」

    池松壮亮、『ラストサムライ』出演もトム・クルーズは「誰だが知らなかった」

    エンタメ

     まもなく公開の映画『だれかの木琴』(9月10日公開)に出演する俳優の池松壮亮が、2日放送の[ 『A‐Studio』(TBS系)に出演。池松は映画デビューとなった『ラストサムライ』で共演したトム・クルーズや渡辺謙らの印象を振り返っていた。@@cutter 10歳で舞台『ライオンキング』に出演、2003年に映画『ラストサムライ』にて映画デビュー。昨今では『だれかの木琴』(9月10日公開)、『永い言い訳』(10月14日)、『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)と立て続けで映画出演を果たしている池松。  しかし幼いころから大舞台を踏んできた一方で、幼少期は「俳優という仕事が好きではなかった」と当時の本音を告白。『ラストサムライ』で共演した俳優トム・クルーズと共演した際にも「誰だか知らなかった。その知らない人に対してトムと呼んでいたんです」と撮影時のエピソードを告白。さらに「渡辺謙さんをギリギリ何となく知っていたくらい。本当にテレビとか見ずに育ったので」と、大舞台にもかかわらず気乗りしていなかった様子を明かす。  『ライオンキング』は、先に演技に興味を持った姉の影響でオーディションを受け、姉と二人そろって合格したという池松。笑福亭鶴瓶の、姉へのインタビューにより、そのころ池松がすぐお尻を出すという癖が発覚。当時の写真が公開されると「これ、俺ですか?いやこれは姉にやられたんです。姉にはよくやられました」と姉弟でやんちゃな時代を振り返りながら、姉の結婚までは二人暮らしをさせてもらい、お金まで貸してもらっていたことなど、改めて姉への感謝の言葉を口にした。

  • 予告編が解禁された映画『永い言い訳』

    本木雅弘、怒りと悲しみ…感情を爆発 西川美和監督『永い言い訳』予告解禁

    映画

     『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、本木雅弘を主演に迎えた最新作『永い言い訳』の予告映像第一弾が解禁。“不倫相手と密会中に妻を亡くした人気作家”という役どころを演じ、感情を爆発させる本木の姿が衝撃的に映し出されている。@@cutter 人気作家・津村啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)は、不倫相手との密会中、妻・夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、亡くなったとの知らせを受ける。世間に対して悲劇の主人公を装いながら、実は涙を流すことすらできない幸夫。ある日、共に事故で命を落とした妻の親友(堀内敬子)の遺族…最愛の母を失った幼い兄妹とトラック運転手の父親・陽一(竹原ピストル)に出会った幸夫は、ふとした思いつきから兄妹の世話をすることにした。これまで感じたことのない生きがいに、幸福感を味わう幸夫だったが…。  昨年度「日本アカデミー賞」最優秀助演男優賞を受賞し、今作で7年ぶりの映画主演を務める本木雅弘を筆頭に、竹原ピストル、堀内敬子、深津絵里、池松壮亮、黒木華、山田真歩ら実力派が勢揃い。さらに舞台・映画など様々なジャンルで活躍する屈指の個性派たちが脇を固め、緊張感と豊かさにあふれた映画空間を創り上げた。  解禁となった予告映像第一弾では、不倫相手と密会中に妻・夏子を亡くした幸夫が、鬱屈した心情を抱えきれずに周囲の人々へ思いを爆発させる様子、一方で寄る辺なく崩れ落ちてしまう人間の弱さと愛おしさを深く感じられる姿が衝撃的に映し出されている。「愛なんて、生きるための“言い訳”にすぎない」という一文を噛みしめるたび、幸夫にとって、夏子にとって、“愛”とはなんだったのか…そんな思いを巡らさずにはいられない映像だ。  映画『永い言い訳』は、10月14日全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access