クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

サバイバルファミリー 関連記事

  • 2月25日~2月26日全国映画動員ランキング1位:『ラ・ラ・ランド』

    アカデミー賞で前代未聞のハプニングに見舞われた『ラ・ラ・ランド』が首位発進!

    映画

     2月25~26日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、第89回アカデミー賞で作品賞は逃したものの監督賞、主演女優賞、主題歌賞など最多6部門を受賞した『ラ・ラ・ランド』が約260館で公開され、初週土日動員29万人、興収4億1600万円という数字をあげ、初登場1位に輝いた。@@cutter 32歳のデイミアン・チャゼル監督は、86年ぶりに監督賞の史上最年少記録を塗り替えたことでも話題になったが、彼の前作『セッション』は口コミによって数字を上げていっただけに、本作のロケットスタートは興収30億近くまで期待できそうだ。  先週、151スクリーンでの公開ながら30万8376人という動員を記録し1位だった『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は、今週も高い数字をキープし2位、先週2位の『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』も3位と好位置。  その他、初登場組をみると、4位に『トリプルX』シリーズ12年ぶりの新作『トリプルX:再起動』が、初週土日動員11万5000人、興収1億4500万円を記録しランクイン。8位に映画『プラダを着た悪魔』のデビッド・フランケル監督最新作『素晴らしきかな、人生』が食い込んだ。  また公開27週目を迎えた『君の名は。』は先週の8位からワンランクアップして7位になったが、公開から15週連続してランクインしていた『この世界の片隅に』はついに圏外になった。  2月25日~26日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:ラ・ラ・ランド 第2位:劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 第3位:相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 第4位:トリプルX:再起動 第5位:一週間フレンズ。 第6位:サバイバルファミリー 第7位:君の名は。 第8位:素晴らしきかな、人生 第9位:キセキ-あの日のソビト- 第10位:ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

  • 2月18日~2月19日全国映画動員ランキング1位:『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』

    『劇場版 ソードアート・オンライン』動員30万人超え首位!アニプレックス初の快挙

    映画

     2月18~19日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が初週土日動員30万人超え、興収4億2500万円を記録し、初登場1位を飾った。本作はスクリーンアベレージも280万円を超える数字を出しており、配給するアニプレックス史上最高のスタートを切った。3月10日より、4DX/MX4Dを導入している全66館で4D版が上映されるなど、しばらくこの勢いは続きそうだ。@@cutter 先週首位だった『相棒‐劇場版IV‐首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』は2位。週末土日動員18万人、興収2億2700万円、公開から9日間の動員数は80万人を突破するなど、こちらもシリーズ最高成績に向けてばく進中だ。  3位に初登場の『1週間フレンズ。』が初週土日動員12万5000人、興収1億5300万円という数字でランクイン。川口春奈と山崎賢人のW主演作だ。ちなみに、近作の山崎が出演した作品の初週土日動員を見ていくと、広瀬すずと共演した『四月は君の嘘』が動員20万人、興収2億4500万円、二階堂ふみと共演した『オオカミ少女と黒王子』が動員19万2000人、興収2億3300万円、土屋太鳳と共演した『orange‐オレンジ‐』が動員26万1000人、興収3億1000万円という結果だったことを考えると、やや物足りない数字か。  また公開から26週目を迎えた『君の名は。』が8位、公開15週目の『この世界の片隅に』は9位。『この世界の~』は、ついに上映館数が301スクリーンまで増え、いよいよ『君の名は。』よりも上位にランクインされる可能性が出てきた。  2月18日~19日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール 第2位:相棒‐劇場版IV‐首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 第3位:一週間フレンズ。 第4位:サバイバルファミリー 第5位:ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち 第6位:キセキ-あの日のソビト- 第7位:ドクター・ストレンジ 第8位:君の名は。 第9位:この世界の片隅に 第10位:マリアンヌ

  • 2月11日~2月12日全国映画動員ランキング1位:『相棒‐劇場版IV‐首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』

    『相棒』最新作、前作を大きく上回る数字で首位発進!『この世界』興収20億突破

    映画

     2月11~12日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、『相棒‐劇場版IV‐首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』が初週土日動員31万7000人、興収4億200万円をあげ初登場1位を記録した。この数字は2014年に公開された前作『相棒 ‐劇場版III‐ 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』の初週土日動員約21万2500人、興収約2億7400万円と比較しても大幅に上回る数字であり、好スタートを切ったといえるだろう。@@cutter 矢口史靖監督の最新作『サバイバルファミリー』が初登場2位。初週土日動員13万人、興収1億6500万円という結果だった。矢口監督の前作『WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常』が、初週土日動員8万2000人、興収1億700万円、前々作『ロボジー』が初週土日動員約16万4000人、興収約2億200万円。矢口ブランド的には水準のスタートとなった。その他初登場組は、ロバート・ゼメキス監督&ブラッド・ピット主演で贈るラブストーリー『マリアンヌ』が7位にランクインした。  公開から25週目を迎えた『君の名は。』は、先週の4位から2ランク落としたものの6位をキープ。同じくロングランとなっている公開14週目の『この世界の片隅に』は8位。昨年63スクリーンで公開を迎えた本作は、ついに289スクリーンまで数字を伸ばし、累計動員150万人、興収で20億円を突破した。  2月11~12日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:相棒‐劇場版IV‐首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 第2位:サバイバルファミリー 第3位:ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち 第5位:ドクター・ストレンジ 第4位:キセキ-あの日のソビト- 第6位:君の名は。 第7位:マリアンヌ 第8位:この世界の片隅に 第9位:君と100回目の恋 第10位:恋妻家宮本

  • 映画『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶に登壇した藤原紀香、時任三郎、小日向文世、深津絵里

    深津絵里、『サバイバルファミリー』で“夫”の小日向文世に「大好きです!」

    映画

     映画『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶が11日、都内で行われ、主演の小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな、時任三郎、藤原紀香、大野拓朗、志尊淳、そして矢口史靖監督が登壇した。深津は、過酷を極めた撮影を共に乗り越えた小日向に「こんなキュートな63歳はどこにもいません。ずっと可愛い人でいてください。大好きです!」と笑顔で語りかけていた。@@cutter 本作は、映画『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』の矢口監督が、「ある日突然、地球上から電気が消えてしまったらどうなるか?」をテーマに、人々の混乱を描いたサバイバルエンターテインメント作品。  一昨年11月、水温7度の川での撮影や、食べ物や飲み物がなく、虫を食べたり、川の水を飲んだり…挙句の果てには奔走するブタを確保しようと奮闘したりと、とにかく撮影は過酷さを極めた。さらに身体を張ったプロモーションにも挑んだ小日向は「やっとすべてが終わる」と初日を迎えられたことに安堵の表情を見せたが、深津からの愛のある一言に「今までの辛い思いはすべて吹っ飛びました。矢口監督にとって最高傑作だと思います。ヒットすれば第2弾もやると約束してくれました。ぜひ応援してください」と次回作にも意欲をみせた。  そんな小日向に矢口監督は「あの約束は社交辞令なんですけれどね」と苦笑いを浮かべるも「意外に思うかもしれませんが、この作品は『ウォーターボーイズ』の次にやろうと思っていた企画。15~16年間温めて、ようやく初日が迎えられました。皆さんの力でヒットすれば、続編も出来るかもしれません。今度はすごい寒い思いをしてもらおうかなと考えています」と次回作へまんざらでもないことを明かしていた。  また、この日は、小日向ら扮するサバイバルに弱い鈴木家とは正反対に、アクティブに困難を乗り切る斎藤家を演じた時任や藤原も登壇。ただですら過酷な撮影だったが、矢口監督は「藤原さんはすごい雨女で、彼女が来た日に限って雨が降るんですよ」と藤原にクレーム。さらに「本当に藤原さんは天然というか、あるシーンで台本について藤原さんから意見をもらったので、それを考慮して台本を変えたら、本番でもとのセリフをしゃべるんです」と驚きのエピソードを披露。そんな矢口監督のクレームに「やっぱり練りに練られた台本ですから。変えるのはね」と釈明していた。  映画『サバイバルファミリー』は全国公開中。

  • 葵わかなインタビュー

    葵わかな、高校卒業控え決意新たに 2017年は「私自身で勝負しなければ」

    エンタメ

     女優の葵わかなが2017年版カレンダーを発売。2016年は『マネーの天使』に連続ドラマ出演したのに続き、秋にはドラマ『舞え!KAGURA姫』で初の単独主演、そして映画『ホラーの天使』で初主演するなど飛躍の年になった。一方、格安スマホサービス「マイネオ」や「アート引越センター」などのCMにも出演。知名度も一気に広がった。カレンダーとともに、そんな飛躍の一年を振り返った。@@cutter 自身4作目となるカレンダーは“ナチュラル”“キュート”“スポーティー”など7つのテーマの写真で、大人っぽい表情の「七変化」を見せている。“クレイジー”や“セクシー”がテーマの月では、これまでの清楚なイメージを打ち破るような写真になっているが、「賛否両論もあるかもしれませんが、今回のコンセプトでできて嬉しかったです」と納得のいく出来になったようだ。  「自分でも『こんな顔ができるんだ』という発見があったり、今までの自分も大事だけど、それ以外にどんな振り幅があるのか試してみたい気持ちがあって…」という。撮影にあたって「テーマがそれぞれあったので、役を演じるような感じでした。自分で見てもそれぞれ全然違う人に見えます」と自信を見せる。  飛躍の年になった一年。その一方で「自分はこれでいいのか」と思える経験もあったという。「主人公を任せていただくと、今まで以上に責任を感じるようになりました。いろんな作品に関わらせていただく中で、いろんな人と出会って、『自分ってこのままでいいのかな』と思い、『今の自分が考える正解だけが正解じゃない』、そんなことを考えるようになりました。まだまだ成長できるかもしれないというワクワク感もあります」と話す。昨年までは「自分の中の正解がこれだから、毎回毎回正解を出せるようにしようと頑張っていた」ところ、もっとほかの正解もあるんじゃないかと視野が広がったという。@@separator 「今のお仕事が好きなので、変化をしていくことが大事なのかなと思って。失敗することもあるかもしれないけど、恐れずにどんどん変化していきたいなと思います」と意気込む。来年2月公開の映画『サバイバルファミリー』では初のギャル役で、サバイバル生活を通してどんどん汚れていく様も体当たりで演じている。「今までは受け身の役が多かったんですけど、今回は何かと攻めていく、アクションを起こす役で勉強になりました。そして楽しかった!」と振り返った。  美しいロングの黒髪で清楚な雰囲気が印象的だった葵だが、現在はベリーショートに。これは現在撮影中の作品のために切ったもの。「この髪型通り攻めの役柄です!」とこちらでも変化した姿を見せてくれそうだ。  「普通の子の役でも、人によっては普通じゃないところもあるので好きなんですけど、突飛な役をやると、普通の役もまた違って見えます。それもあって面白いなと。突飛な役って体力使いますけど(笑)、もっとやってやるぞという気持ちになれて好きですね」と充実した表情で語る。  現在18歳で来春高校を卒業。「フレッシュということだけでなく、私自身で勝負しなければならない年齢になるので頑張らなければ」と意気込む。“女優第二章”に入っていく葵わかなの今後に注目したい。(取材・文・写真:田中裕幸)  『葵わかな オフィシャルカレンダー2017』は絶賛発売中。価格は2300円(税別)。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access