クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

サクラダリセット 前篇 関連記事

  • 平祐奈、“妹力”で愛されるブレイク女優 厳しい躾が輝くような存在感育む

    平祐奈、“妹力”で愛されブレイク女優に 厳しい躾が輝くような存在感育む

    エンタメ

     女優・平祐奈が、平家の「20歳になるまでやってはいけないこと」をバラエティ番組で発表して話題となっている。「眉毛剃り禁止」「恋愛禁止」「炭酸飲料やコーヒー禁止」などびっくりするような約束事があるようだが、この愛あふれる躾が平のピュアな魅力を引き立てているように感じる。出演映画も目白押しのブレイク女優、平祐奈・18歳の魅力に迫る。@@cutter 2017年に入ってから、『キセキ -あの日のソビト-』『きょうのキラ君』『サクラダリセット』『暗黒女子』『ReLIFE リライフ』とすでに5本の出演映画が公開されている。間違いなく“ブレイク女優”の筆頭にあげられる平。是枝裕和監督の映画『奇跡』で女優デビューを果たし、『紙の月』では主人公を演じる宮沢りえの少女時代を演じたが、キリリとした眉、意志の強そうな瞳など清潔感と存在感あふれる姿で、「あの子は誰?」と大きな話題となった。  出演映画が目白押しなだけに、舞台挨拶やイベント、インタビューに登場することも多くなった。マンガアプリ「comico」で連載中のSF青春ストーリーを映画化した『ReLIFE リライフ』のプレミア完成披露舞台挨拶では、高校を卒業したばかりというタイミングでステージに立った平。当日はサプライズで、主演の中川大志とともに卒業証書が贈られ、ボロボロと感激の涙を流したのも印象的だ。中川からは「泣いてんのかよ!」とツッコミが入り、平は思わず泣き笑い。平の純粋な素顔に、会場の女子からも「かわいい!」と声が上がっていた。  また秋吉理香子の同名小説を映画化した『暗黒女子』の初日舞台挨拶では、平と千葉雄大をのぞくキャスト陣&監督が、別会場の舞台挨拶の移動後に渋滞にハマってしまい、遅刻してしまうハプニングも。二人だけで観客の前に登場した平と千葉は「今日は『明白男子』の舞台挨拶ですね」と架空の映画の挨拶に変え、他キャスト陣が到着するまで軽妙なやり取りで会場を盛り上げた。会場は大いにウケており、千葉と平の舞台度胸とトーク力には記者陣も感心していた。@@separator 舞台挨拶やイベントで目にする平は、いつも屈託なく笑い、泣きたい時には泣き、周囲にいじられ、かわいがられる“妹力”を発揮している。実生活でも6人兄弟の末っ子。自他共に認める“妹気質”の持ち主だ。彼女が現れるとパッとその場が明るくなるようなパワーがあり、これはもう、育ちと天性の才能としか言いようがない。取材をした映画ライターは「インタビューでも平さんの話が止まらなくて、すごく盛り上がる。時間に限りがあるインタビューでは、焦るくらい」と苦笑い。裏表のないまっすぐさで、関係者からも好感を持たれているそう。  前述の厳しい躾からもわかるように、周囲から愛情をたっぷり受け、今どき珍しいほどのピュアさと、輝くような明るさを身につけた彼女。『暗黒女子』ではエロティックなシーンにもチャレンジしており、本人も「色気を意識した」と語るほど。『サクラダリセット』でも大人っぽい表情を見せるなど、新境地にもトライしている。確かに今は天真爛漫さが際立ち、色気がちょっと足りないかもしれないが、それこそが現在の平祐奈の魅力。彼女が平家の約束事から解き放たれ、色気ある大人の女性に変身するのが今から楽しみだ。

  • 映画『サクラダリセット』野村周平と『貝社員』がコラボ!?

    野村周平、“貝”になって劇場幕間に登場! アニメ『貝社員』に新企画ぶっこむ

    映画

     野村周平が、アニメ『貝社員』に前代未聞の“野村周平貝”になって劇場幕間CMに登場することがわかった。映像内で“野村周平貝”は、『貝社員』のアサリや部長ら主要キャラクターたちと共演し、“新企画”として映画『サクラダリセット』の宣伝をぶっこんでいる。@@cutter 『サクラダリセット』は、河野裕の同名ライトノベルシリーズの実写映画化。“「リセット」の一言で、世界を最大3日分巻き戻すことができる”その能力を巡って、能力者たちが暮らす街“咲良田”を舞台に、驚異的な「記憶保持」の能力を持つ高校生・ケイが、「リセット」の能力を持つと共に、2年前に亡くなった同級生をよみがえらせるために、様々な能力を組み合わせた作戦に挑む姿を描く。  主人公の浅井ケイを演じるのは野村。ヒロイン春埼美空役には黒島結菜、その他平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里ら豪華若手俳優陣が集結。さらには、前篇に加賀まりこ、後篇には及川光博など性派俳優陣も出演。監督は『神様のカルテ』シリーズを手掛けた、深川栄洋が務め、flumpoolが本作の為に書き下ろした主題歌「ラストコール」が、壮大な物語の世界を繊細に彩く。  日本テレビ朝の情報番組『ZIP!』でもおなじみであり、全国のTOHOシネマズ(一部劇場を除く)の幕間に上映されている「キャラクターバトルクラブ」で年間チャンピオンを獲得するほどの大人気キャラクター『貝社員』。身の回りにいそうなダメな会社員を貝にみたて、ダメ貝社員を歌と共に紹介するこのアニメで、実在の人物が貝のキャラクターになるのは今回が初めて。『貝社員』側からの熱いリクエストに野村サイドが快諾、まさかの企画が実現したという。  “野村周平貝”の声を務めるのはもちろん野村本人。監督の演出のもと、終始ノリノリで臨んだアフレコでは、本家キャラクターに負けず劣らずの高いテンションで“野村周平貝”に息を吹き込んでいる。その幕間コラボCMは、2月25日~3月24日の約1ヵ月間、映画『サクラダリセット 前篇』の上映を行うTOHOシネマズの幕間にて上映される予定となっている。  映画『サクラダリセット』は、前篇が3月25日、後篇が5月13日より全国公開。

  • flumpool山村隆太、野村周平と対談「お互い大人になったね」 ※「山村隆太」ツイッター

    flumpool山村隆太、野村周平と対談「お互い大人になったね」

    エンタメ

     フジテレビ系のドラマ『突然ですが、明日結婚します』に出演しているロックバンドflumpoolのメンバー・山村隆太が、11日に自身のツイッターアカウントを更新。俳優の野村周平との対談を行ったことを、ツーショット写真と共に呟いている。@@cutter 野村はかつて2009年にflumpoolが発表した曲「見つめていたい」に出演。また3月25日より公開される野村の主演映画『サクラダリセット』で、flumpoolは主題歌を担当しており、ゆかりのあるもの同士となっている。  この日のツイートで山村は「flumpoolのMVに出てもらってからもう7年。お互い大人になったね…」と感慨深い思いをつぶやく一方で、ハッシュタグにて「誰がおじさんや」と冗談っぽい一言を付け加えている。  このツイートには「周平くんは大人に!隆太さんはおじさんに…いや、更に素敵な大人になりましたよ」「周平くんのことまだ全然しらなくて、かわいいこの男の子!!ってなってました」「可愛い少年が 素敵な青年に!隆太さんも 7年前も格好良かったですが今はますます素敵にカッコいい男性になられましたよ」と山村同様に7年前を懐かしむ声が多く寄せられている。 引用:https://twitter.com/fp_Yamaryu

  • 野村周平の誕生日を広瀬すずらが祝福

    野村周平「誕生日おめでとう俺」 広瀬すず&玉城ティナら共演者が祝福メッセージ

    エンタメ

     映画『ミュージアム』(公開中)に出演している俳優の野村周平が14日、自身のツイッターアカウントにて「誕生日おめでとう俺」と誕生日を迎えたことを報告。これまで映画などで共演してきた女優の広瀬すずなどから祝福の言葉が寄せられている。@@cutter 14日に23歳の誕生日を迎えた野村に対し、映画『ちはやふる』で共演した広瀬すずからは「私の数少ない友人の中でも、本当に何でも話せる人。なんだかんだ割と真剣に話を聞いてくれて心ある言葉をくれます」と普段の生活の中での感謝をつづりながら、祝福の言葉を野村に送っている。  他にも2017年春に公開される映画『サクラダリセット』で共演する玉城ティナからは「お誕生日おめでとうございます!サクラダではお世話になりました。よき一年を〜」とのメッセージが送られており、同映画に出演の恒松祐里からも「お誕生日おめでとうございます野村さん!」とお祝いコメントが送られている。  さらにかつて野村が出演した映画『ビリギャル』の原作の著者である坪田信貴からも「お誕生日おめでとうございます。 さらなる大活躍をされてるのが本当に嬉しいです。お互い頑張りましょう」とお祝いの言葉を送っている。  その他にもファンからは、「アモーレおめでとうございます」「周平、周平、周平おめでとう!」「おめでとう!これからもずっと応援してます周平く」「これからも頑張ってください!素敵な1年になりますように」と祝福の言葉が多く寄せられている。

  • 加賀まりこ、及川光博の出演発表!野村周平×黒島結菜出演映画『サクラダリセット』

    及川光博、『サクラダリセット』出演決定! 主演・野村周平と頭脳バトル

    映画

     野村周平×黒島結菜で贈る、河野裕の人気ライトノベル実写映画化『サクラダリセット』。共演に、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里ら、豪華若手俳優の集結に注目が集まる中、新たに加賀まりこ、及川光博らの出演が発表された。@@cutter 本作は、架空の地方都市・咲良田(サクラダ)を舞台にした青春ミステリーで前篇・後篇の2部作で描かれる。過去に体験したすべての“記憶を保持する能力”をもつ高校生・浅井ケイ(野村)と“「リセット」という世界を最大3日分巻き戻す能力”を持つ春埼美空(黒島)は、取り戻せない過去があった。それは2年前に「リセット」の影響で死んでしまった同級生の命。さまざまな能力者に出会い、二人は死んだ相麻の命を再生させることができるのではないかと考えはじめるが……。  この度、新たなキャストとして前篇で「未来を知る」能力を持つ通称「魔女」役に加賀、後篇で“管理局”の対策室長・浦地正宗役を及川が務めることが発表された。加賀は「私自身は、未来を先に知ってしまうのは、つまらないのでは?と思ってしまうので、この役柄が不思議で、なかなか演じることができなくて、難しかったです。つながった映像を見て『こういうことなのね』ってきっと納得するのでしょうね(笑)。今から完成がとても楽しみです」とコメント。  及川は、「能力者の街、咲良田の未来をかけて、主人公・浅井ケイと対立し、頭脳バトルを繰り広げます」と明かす。また、「若い共演者の方々にも刺激を受け、『初心』の大切さを改めて感じました。登場人物それぞれの“能力”による戦いと、ラストに向けてのスリリングな展開をぜひ楽しんでいただきたいと思います」と見どころを語っている。  そのほか、吉沢悠、丸山智己、中島亜梨沙、大石吾朗、八木亜希子ら、実力派俳優が脇を固める。映画『サクラダリセット』は2017年春、前後篇の2部作で全国公開。

  • 平祐奈、セーラー服姿3変化!ドSクール美少女、メガネ女子…一挙公開

    平祐奈、セーラー服姿3変化!ドSクール美少女、メガネ女子…一挙公開

    映画

     2016年に大ヒット映画『青空エール』に出演、CM起用社数ランキングでも見事6位にランクインした女優・平祐奈。2017年には映画『きょうのキラ君』『暗黒女子』『サクラダリセット』の公開が控える中、この度、各作品から平のセーラー服ショットが一挙公開された。@@cutter 1作目は2月25日公開の『きょうのキラ君』。中川大志演じる“キラ”の幼馴染で、ヒロインの“ニノ”(飯豊まりえ)と恋のライバルになるのか…それともただただイジりたいだけなのか…といった役の、ドSでクールな美少女・矢作澪役を演じている。  役どころについて平は「普段の自分とは違う役で、バッグの持ち方や腕の組み方などを意識して演じました」とコメント寄せており、すでに撮影を終え「心温まるキラキラ青春物語になっています。エンドロールまで、是非注目してください!」と作品をアピールしている。  2作目は4月1日公開の『暗黒女子』。セレブ女子高に特待生として入学するものの親がお金に困っており、全校生徒のあこがれの的、いつみ(飯豊まりえ)の妹の家庭教師のバイトをする二谷美礼役を演じる。  本作で平は「一人一人の物語になっていて、みんな違うことを言っていて、最後こうなるのかという驚きな展開があり、とても面白いと思いました。みんなより年下の1年生役で、私自身も妹なので、妹キャラとして現場を明るくしていきたいと思います」と撮影に向けての意気込みを語る。メガネキャラというビジュアルも特徴的だ。  3作目は、来春前後篇二部作にて連続公開が決定している青春ミステリー小説の実写化映画『サクラダリセット』。能力者が集う街・咲良田(サクラダ)を舞台に“世界を最大3日分巻き戻す能力―リセット”の影響を受けて2年前に死んでしまった女子高生・相麻菫を演じる。  「相手を転がすような完璧な女の子だと思い、初めて前髪を切ってキリっとした感じを意識しました。姿勢、歩き方、仕草などを台本に書き込みながら、常に『相麻菫だったらこうかな』という事を考えて役と向き合いました。ファンタジックな青春物語にどう絡んでいくかを注目して頂けたらと思います」と役作りにも気合を見せている。

  • 野村周平×黒島結菜、実写版『サクラダリセット』

    野村周平×黒島結菜『サクラダリセット』、“写真舞う”最新ビジュアル&特報映像解禁

    映画

     小説『いなくなれ、群青』で第8回 大学読書人大賞を獲得した、河野裕の人気ライトノベル『サクラダリセット』が前後編にわたり実写化され、野村周平、黒島結菜ら注目の若手俳優による最新ビジュアルと特報映像が解禁となった。@@cutter 映画『サクラダリセット』は、架空の地方都市・咲良田(サクラダ)を舞台にした青春ミステリー。住民たちが物理法則に反する特別な能力を持った街の中で、過去の記憶をすべて保持する能力を持った浅井ケイ(野村)、世界を最大3日分巻き戻せる「リセット」の能力を持つ春崎美空(黒島)たちは、ある同級生の“再生”を企てる。  原作は全7巻で完結。これまでもカルト的な人気を誇っていた本作であるが、今回、解禁されたビジュアルでは、「『リセット』たった一言。それだけで世界は最大3日分巻き戻る」という物語のキーワードと共に、前編の鍵となる「写真を破って写真の世界に入る」とう能力を象徴するかのように、空いっぱいに舞い散る写真が描かれている。  また、特報映像では、最新ビジュアルと同じくキーワードとなる「リセット」や写真が散りばめられているほか、ケイと美空のやり取りや、自分でコールしたモノを消す能力を持つ村瀬陽香(玉城ティナ)など、他の能力者を示す言葉や姿も映されている。  映画『サクラダリセット』は2017年春、前後篇の2部作で全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access