クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

アシュラ 関連記事

  • 韓国映画『アシュラ』×ラッパーACE、異色コラボで書き下ろし「修羅」予告編解禁

    韓国映画『アシュラ』×ラッパーACE、異色コラボで“書き下ろし”ラップ挿入の予告解禁

    映画

     チョン・ウソンとファン・ジョンミョン、チュ・ジフンらが豪華共演し、韓国版『アウトレイジ』とも称される映画『アシュラ』と、人気急上昇中のラッパーACEとの異色コラボが実現。“野獣たち”の魂の叫びに共鳴したACEが書き下ろしたイメージソング「修羅」と名付けられたラップが挿入された、日本版の特別予告編が解禁となった。@@cutter 映画『アシュラ』は、架空の都市“アンナム市”を舞台にしたノワールエンタテインメント。悪人の道に入り込んだ刑事のハン・ドギョン(ウソン)、悪徳市長のパク・ソンペ(ジョンミョン)、そしてドギョンの後輩刑事で、やがてソンぺの手先となるムン・ソンモ(ジフン)らが繰り広げる、壮絶なサバイバルを描く。  今回、フリースタイルダンジョンで人気沸騰のACEとのコラボでは、思わず血の気が引くような拷問シーン、手に汗握るカーチェイス、激しい銃撃戦、大規模な爆発といった劇中の見どころと、ACEが登場人物たちそれぞれから浮かんだインスピレーションをもとに書き下ろした歌詞が見事に調和。ラストの「修羅の果ては、光か闇か、闇か光か」は、物語の展開が気になる印象的な一節に仕上がっている。  ACEは「不良の方々は、この映画をみて自分の行いを悔い改めた方がいいかも」とジョークを飛ばしつつ、「絶対閉じない瞼、観に来いよ、アシュラ!」と、瞼を閉じる暇もないほど魅力的な作品であることをアピール。現在、本作の公式ホームページでは、ACEが本予告編を収録する風景を収めた、貴重なメイキング映像も楽しむことができる。  映画『アシュラ』は2017年3月4日より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

  • 男たちが過激に対峙する韓国映画『アシュラ』に各界の著名人から絶賛コメント到着

    大谷亮平&橋本マナミ、『アシュラ』衝撃映像に「ゾクゾク感止まらない」「息をのむ」

    映画

     韓国を代表する俳優チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフンが豪華共演を果たした映画『アシュラ』。権力、出世、信念がうず巻く“悪人”たちの生き残り合戦が繰り広げられる本作を、一足先に鑑賞した各界の著名人からコメントが到着。先日、本作のキム・ソンス監督が来日した際にイベントにも出席した橋本マナミは、「息をのむ強烈な映画」と語り、現在ドラマでも活躍中の大谷亮平は「ゾクゾク感が止まりませんでした!」と絶賛している。@@cutter 映画『アシュラ』は、架空の都市“アンナム市”を舞台に、悪徳市長とその市長に利用される刑事、彼らの悪事を暴こうとする検事たちの駆け引きを描くノワール・エンターテイメント。その過激な作風から、韓国版の『アウトレイジ』とも称されている。  既に韓国での活躍経験を持つ大谷は、「これまでの韓流バイオレンス作品を超える凄まじいシーンの数々に驚愕!韓国を代表する名優達が悪の泥沼にはまっていく様にゾクゾク感が止まりませんでした!」と作品の魅力を伝えると、一方の橋本も「ショッキングな展開に目が離せない。息をのむ強烈な映画でした!!」と太鼓判を押している。  他には、任侠映画などにも数多く出演する白竜は「韓国ノワールパンチ効いてます!キャスティング外さないね。ラストシーンのチョン・ウソン圧巻でした。これぞ男の映画!」とべた褒め。映画『日本で一番悪い奴ら』などで知られる白石和彌監督も「痛い。とにかく痛い。残酷描写が痛いのは当然として、悪に染まる男たちの魂の叫びが痛い。キム・ソンス監督の妥協のなさと反骨精神が見事に人間の闇を照らしエンタメへと昇華させた」と称賛している。  映画『アシュラ』は、3月4日より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

  • 橋本マナミ、韓国映画『アシュラ』キム・ソンス監督来日記念トークイベントに出席

    橋本マナミ、「監督に奪われたいです」 韓国映画巨匠もタジタジに!?

    映画

     橋本マナミが17日、都内にて行われた韓国映画『アシュラ』のキム・ソンス監督来日記念のトークイベントにゲストとして登場。監督を相手に艶っぽい“愛人トーク”を繰り広げ、タジタジにさせた。@@cutter 韓国版『アウトレイジ』とも称される本作は、架空の都市“アンナム市”を舞台に悪徳市長とその市長に利用される刑事、彼らの悪事を暴こうとする検事たちの駆け引きを描いたノワールエンターテインメント。  この日のイベント後半、映画を観て「興奮が止まらなかったです」と高揚した表情で登場した橋本。監督に向かって「この映画を観たあとにお会いしたので、どれくらい怖い方かと思っていたら、すごく笑顔が素敵でギャップが魅力でした」と語りかけた。  トークでは、それぞれのキャストについて印象や魅力を橋本がコメント。主人公の刑事ハン・ドギョンについては「奥さんをちゃんと愛しているところに惹かれる」という橋本に、「(演じている)チョン・ウソンは恋愛をしたら浮気をしないジェントルマン。人間味に溢れる」と監督は猛プッシュ。それを聞いた橋本は「結婚するならハン・ドギョンとしても、チョン・ウソンさんでもどちらでも」と語る。  そして“愛人候補”として選んだのが、悪徳市長パク・ソンべ(ファン・ジョンミン)。「お金と名誉のためならなんでもやるという人。あまり深入りしないで、愛人はお金で解決するという立場なので、愛人になるのはちょうどいいんじゃないかな」と微笑む。  修羅場を描いた作品にちなみ、人生の修羅場経験を問われた橋本は、「昔、お付き合いをしていた男性がすごく年上の方で格好良く見えたんですが、海外旅行に行った時に喧嘩になりまして。『別れよう』と言われて、私も『いいよ』と答えたら、その男性がいきなり『なんで別れようなんて言っちゃったんだ!』と床の上を転がり出したんですよ。『この人大丈夫かな!?』と引いてしまいました」とトホホなエピソードを明かした。その男性とはほどなく別れたそう。  司会者が「『アシュラ』の次回作に橋本さんを…」と勧めると、「ちょうどキャストたちと次回作を作ろうという話で盛り上がっていたんですけど、橋本さんに出演していただいたら彼女を巡って自然と修羅場になる」と監督はコメント。すると橋本は「そうなったら監督に奪われたいです」と艶っぽい笑みを浮かべ誘惑(?)した。  映画『アシュラ』は、3月4日より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

  • 男たちが過激に対峙する韓国映画『アシュラ』予告編解禁!

    チョン・ウソンらが血まみれに!韓国ノワール映画『アシュラ』過激すぎる予告編解禁 

    映画

     チョン・ウソンとファン・ジョンミョン、チュ・ジフンらが豪華共演し、韓国版『アウトレイジ』とも称される映画『アシュラ』の予告篇が解禁となった。権力、出世、信念がうず巻く“悪人”たちの生き残り合戦が、いよいよベールを脱ぐ。@@cutter 映画『アシュラ』は、架空の都市“アンナム市”を舞台にした男たちによるノワールエンタテインメント作品。刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のため各所で犯罪を繰り返す悪徳市長のパク・ソンペ(ファン・ジョンミョン)の悪事の後始末を依頼されていた。しばらく時間が経ち、実の兄のように慕う同僚の刑事、ムン・ソンモ(チュ・ジフン)までも巻き込まれる中、男たちの“地獄の戦い”が繰り広げられる。  今回、“もっとも過激”と謳われる予告編映像が解禁。幕開けは、ドギョン刑事がイスに縛り付けられ、ボコボコに殴られるという痛々しいシーンから始まる。このほか、ソンペ市長から「飼い犬が主人を噛むとはな」というセリフと共にこめかみへタバコを押し付けられるドギョン刑事や、ソンモ刑事とのツーショットなど、来年の公開に先駆けて、早くも期待の高まる仕上がりとなっている。  映画『アシュラ』は2017年3月4日より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

  • チョン・ウソン主演『アシュラ』ポスタービジュアル解禁

    チョン・ウソン、チュ・ジフンら“野獣男”集結! 『アシュラ』ポスター&場面写真解禁

    映画

     韓国を代表する俳優チョン・ウソンとファン・ジョンミン、チュ・ジフンが豪華共演を果たしたことで話題となった映画『アシュラ』のポスタービジュアルと、場面写真が公開。ポスターは、野獣男(ヤジュメン)たちが集結したデザインで、男の色気がむせ返るような1枚に仕上がっている。@@cutter 本作は、架空の都市“アンナム市”を舞台に悪徳市長とその極悪市長に利用される刑事、彼らの悪事を暴こうとする検事たちの駆け引きを描いたノワールエンターテインメント。  市長の悪事を処理しながらも悪人の道に入り込んだ不正刑事ハン・ドギュンを、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンが演じる。また、そんな彼を利用し、利権と成功のために犯罪に手を染める市長パク・ソンベをファン・ジョンミン、極悪市長の手下になり悪に侵されていく若き刑事ムン・ソンモをチュ・ジフン、ゆがんだ正義を持つ検事キムをクァク・ドウォンが務める。  まさに地獄のような世界を生きる男たちを描いた本作。今回公開されたポスターでは、そんな世界を生き抜く4人の男たちの顔が並ぶ。さらに、3枚の地獄絵図と呼ぶにふさわしい場面写真も解禁。1枚目は、自身の疑惑が晴れ、怪しい笑みでマスコミにガッツポーズを掲げる極悪市長の姿、2枚目は市長の悪事を暴く検事が市長自身と対峙する緊迫のシーン、3枚目には狂気がぶつかり合う乱闘シーンが映る。  韓国版『アウトレイジ』とも言える、極悪人たちの闘いがここに始まる。映画『アシュラ』は、2017年3月4日より新宿武蔵野館ほか全国順次

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access