クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

全員死刑 関連記事

  • 間宮祥太朗『全員死刑』インタビューカット

    間宮祥太朗、“ゆとり同世代”監督とタッグで映画初主演 最凶の男役に俳優魂注ぐ

    映画

     充実している男は、放つオーラが違う。ここ1年の間宮祥太朗の躍進ぶりを見れば納得するほど、イケメン先輩、情けない高校生、ハーフの高校生と、作品ごとに役柄も印象も変幻自在に操る。そんな間宮が、映画初主演に選び取った役こそが『全員死刑』で家族のために人殺しを繰り返す最凶の男だ。実在の事件と手記をモチーフに映画化した本作は、壮絶な暴力描写もいとわないR15+指定、「お前ら全員、ぶっ殺(さら)う!」というキャッチコピーと、決して万人受けとは言いがたいかもしれない。だが反面、一度観たら強烈に脳裏に刻み込まれ忘れられない1本になるだろう。俳優魂を注ぎ込んだ、間宮の決意を聞いた。@@cutter かつて福岡で起こった強盗殺人死体遺棄事件では、被告である家族4人に死刑判決が下った。その死刑囚の獄中手記をベースにした『我が一家全員死刑』を基に映画化したのが『全員死刑』である。借金で首が回らなくなった父のために、近所の資産家・吉田家の財産を強奪する計画を長男にそそのかされ、次男タカノリ(間宮)が実行、その場にいた吉田の息子を殺してしまう。以降は「ひとり殺すなら全員殺すも同じこと」と、一家惨殺のシナリオが始まる。  俳優の世界を志すきっかけになったのは映画だという間宮だからこそ、多種多様な作品が存在することの意義を強く感じている。「『全員死刑』に限らず、バイオレンスや実録ものに対して、拒否反応を示す人はいるとは思います。ただ、僕は想像もつかない作品を観ることによって、過ごす世界や日常は違えど、共通する人間の性みたいなものも見えると思う。そういう映画があっていいと思うし、そうした役をできる役者でいられたらと思うんです」と、一言ずつかみしめるように作品参加への想いを語る。  最初の殺しはおっかなびっくり手をかけていたタカノリだが、一人、二人…と重ねるにつれ常軌を逸してくる。特に終盤、目の色ひとつ変えず殺りくを行う場面では、まるで人の顔ではない間宮の表情をカメラが捉える。「殺していくにつれ、何と言うか、慣れていく部分と諦めていく部分がありました。この映画は人を殺す映画ではなく、人を殺すことに至るまでの映画。僕が嫌悪感を持っていたらタカノリはできないので、やっているときは当事者の気分というか、できるだけフラットに入っていきました」と撮影を振り返る。@@separator 間宮の演技にうならされる理由の一つに、タカノリという役をアンチヒーローに仕上げていない点が挙げられる。派手なパフォーマンスやクールなインパクトは狙わず力まない演技が、より恐怖を掻き立てるばかりか、作品の重みとしてそのまま役者・間宮の魅力につながる。「やるにあたって、格好よく見えてはいけないと思いました。ほかの作品で、ヒールが格好よく見えることはあると思うんですけど、そういうものではないですし。こういう役だからといって、役者のエゴみたいなものを入れてはよくないと思ったんです」。  今回初めてタッグを組んだ小林勇貴監督は、間宮と3歳差という年齢の近さ。「僕と小林監督は同じ世代で、『ゆとり』と言われ育ってきました。例えば、今の世の中や、何か小さなことに対して怒っているとして、共感できる部分が濃くなるのは、同じ時代を生き、かつ同じくらいの年で体感しているからというのが、すごくあると思っています。年が離れた監督だと、経験の積み重ねも異なるので、ものの感じ方が少しは違う気がします。この先もどんどん一緒にやっていきたいと話していますし、すごくいい出会いでした」と、一緒に組んだことが「運命的」と感慨深くかみしめていた。(取材・文・写真:赤山恭子)  映画『全員死刑』は11月18日より全国公開。

  • 小林勇貴監督(フランス・パリ「エトランジェ映画祭2017」にて)

    間宮祥太朗主演『全員死刑』、小林勇貴監督がフランスで大暴れ! 首絞めシーン再現も

    映画

     間宮祥太朗が初主演を務める映画『全員死刑』が、フランス・パリで開催された「エトランジェ映画祭2017」の“モンドビジョン部門”枠に出品され、全世界初上映。上映後には小林勇貴監督が登壇してティーチインを行い、小林監督は劇中の首絞めシーンを再現するなど大暴れした。@@cutter 2004年に福岡県大牟田市で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件「大牟田4人殺害事件」。本作は、自ら犯した殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに、あまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語を描く。次男・タカノリを間宮が演じるほか、長男・サトシ役を毎熊克哉、その父役を六平直政、母役を入絵加奈子、タカノリの彼女役を清水葉月が務める。  上映後に開催されたティーチインで「この映画はずっと撮りたかった映画で、そのワールドプレミアをフランスで出来ることが嬉しいです」と喜びを口にした小林監督。つづいて「質疑応答もいいんですけど、やっぱり俺はみんなで一緒に楽しみたい!という気持ちが強いので、俺にタオルで殺されたいという人がいれば前に出てきてください!」と映画のワンシーンを再現することをいきなり提案。  タオル片手に観客を挑発するも、観客の失笑を受けた小林監督は、なんと下半身を露出。「カモン!カモン!」と叫び続ける小林監督の姿に、会場は次第に熱を帯び、志願者が続々と登場。首を絞める(ふりをする)小林監督と、それに応じて一生懸命に苦しがる(演技をする)観客という、なんとも愉快な茶番が繰り広げられた。  一通り事を終えるたびに、笑顔で「サンキュー」と観客にハグをする紳士的な小林監督の姿には、観客から親しみを込めた大きな拍手が送られ、映画祭の委員長も「こんなに観客と一体になった作品や監督を他に知らない!」と絶賛。観客からは「映画もあんたも狂ってるよ!」「最高のパンクムービー!」「一生忘れられない映画体験!」「若い頃の三池崇史みたいに衝撃的だ!」といった称賛の声が寄せられた。小林監督は、「映画でも舞台挨拶でも観客をぶっ殺すことができて嬉しかったです!」と満足気な表情を見せていた。  また、今回の映画祭での上演にあわせ、狂気さが5割増しになっているとも言われる、本作の英語字幕版インターナショナルトレイラーも公開された。  映画『全員死刑』は、11月18日より全国公開。

  • 映画『全員死刑』

    間宮祥太朗主演『全員死刑』の“過激すぎる”予告に「圧倒された!」と興奮の声

    映画

     間宮祥太朗が初主演を務める映画『全員死刑』より、本ポスター、本予告、前売り特典が一挙に解禁された。殺人劇を描く暴力的な物語の一部を映し出す予告を見たファンからは、「迫力に圧倒された!」と興奮のコメントが寄せられている。@@cutter 2004年に福岡県大牟田市で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件「大牟田4人殺害事件」。本作は、自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに、あまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語を描く。主演の次男・タカノリを間宮が演じるほか、長男・サトシ役を毎熊克哉、その父役を六平直政、母役を入絵加奈子、タカノリの彼女役を清水葉月が務める。  「お前ら全員ぶっ殺(さら)う!」の文字と、間宮の鬼気迫る表情が鮮烈な印象を残す本ポスターを手掛けたのは、これまでに『冷たい熱帯魚』をはじめ、数々の“けしからん”ビジュアルを手掛けてきた高橋ヨシキ。一方の予告では、間宮に加えて、毎熊、清水、六平、入絵が次々に登場し、型破りで暴力的な物語を彩る。予告を見たファンからは、SNS上に「予告だけでも間宮くんの迫力に圧倒された!」「絞められたい」「ぶっさらわれた」などのコメントが寄せられている。  本ポスターと予告の解禁に伴い、8月26日より発売開始となる前売り券の特典も発表。特典は、胸割りタトゥー姿の間宮と、間宮&毎熊の凶悪コンビが、死体を前に不敵な笑みを浮かべる姿を収めた撮り下ろしショットを落とし込んだ、“けしからん”特製ポストカード2枚組(数量限定)となった。  映画『全員死刑』は、11月18日より全国公開。

  • 間宮祥太朗、胸割りタトゥー姿解禁! 初主演作『全員死刑』公開日決定

    間宮祥太朗、胸割りタトゥー姿解禁! 初主演作『全員死刑』公開日決定

    映画

     俳優・間宮祥太朗の初主演映画『全員死刑』の公開日が決定し、さらに最新スチールが解禁となった。本邦初公開となるのは、背中から胸に掛けてパックリと割れた見事なタトゥー姿の間宮。憂いを帯びた表情には色気とヤバさが漂い、本作の狂気性が露わになった一枚となっている。また、リアルなタトゥーを書き入れるメイキング写真も解禁となった。@@cutter 2004年に福岡・大牟田で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件「大牟田4人殺害事件」。本作は、自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに、わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語を描く。  主演の次男・タカノリ役には『帝一の國』(17)や『トリガール』(17)など数々の話題作に出演中の人気若手俳優・間宮が務める。長男・サトシ役には『ケンとカズ』(16)で 2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が並ぶ。監督は、『孤高の遠吠』(15)で本物のヤンキー を出演させるという驚きの手法で映画界を揺るがせた弱冠26歳の小林勇貴が務める。  家族想いの主人公タカノリ(間宮)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平)とヒステリックな母・ナオミ(入絵)、愛する彼女・カオリ(清水)を守るため、姑息な兄サトシ(毎熊)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと。家族総出の資産家一家狩りが始まる…。  映画『全員死刑』は11月18日よりヒューマントラストシネマ渋谷・テアトル新宿ほか全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access