一礼して、キス 関連記事

  • 中尾暢樹、『一礼して、キス』インタビュー

    中尾暢樹、今は“ギラギラ育成期間” 快進撃続くも「やっとスタート地点」

    映画

     映画『一礼して、キス』はダブル主演を務めた池田エライザと中尾暢樹の超接近ポスターが、強烈なインパクトを残す恋愛映画でありながら、弓道部を舞台にしていることもあり、どこか文学的な香りが漂う一作だ。主人公の三神曜太を演じた中尾も「ふわふわキラキラ系だと思って観ていたら置いていかれる、知性を感じさせられるような文学的な映画」と説明しつつ、「初の“壁ドン”も満喫した」と屈託のない笑顔を見せる。『動物戦隊ジュウオウジャー』のジュウオウイーグルから一転、恋愛映画の主演へと俳優としてのキャリアを華々しく歩み始めた中尾が語る「今はギラギラ育成期間」の理由を聞いた。@@cutter 2016年、『動物戦隊ジュウオウジャー』の主人公ジュウオウイーグル(風切大和)でセンセーショナルに映像デビューを飾った中尾は、その後もドラマに出演を重ね、本作へと快進撃が続く。だが本人的には、泥臭い日々の積み重ねがあったという。「ポンポンと作品が決まっているイメ―ジを持たれることが多いんですが、高校1年(16歳)のときに養成所に入って、ずっとコツコツやっていたんです。今は、やっとスタート地点に立ったと思っています」と、落ち着き払ったトーンで語る様子は、20歳という実年齢よりも、いくぶん大人びて映る。  そんな中尾が初めて恋愛ものに挑戦した最新出演作『一礼して、キス』では、まず3ヵ月間みっちり弓道の稽古をした。「稽古の期間も『ジュウオウジャー』のヒーローショー中でした。土日はヒーローショーに行って、ヒーローショー後や平日にはロケや練習に行って、という忙しい期間が続きました」と振り返る。仲良しの『ジュウオウジャー』メンバーには、「自分の弓を持って移動したんですけど、『今日、それで戦うの?』っていじられて(笑)」と、懐かしそうに目を細めた。@@separator 中尾が演じたのは、弓道部の先輩女子・岸本杏(池田)に強烈な想いを寄せる後輩男子・三神曜太。不器用にぐいぐいと杏に迫る三神は、いつしか杏のことを振り回すようになり、両想いながらもすれ違っていく、という切ない展開を見せる。「原作の漫画が結構攻めたものだったので、映画としてもギリギリまで近づけようという話になったんです」というように、思いがけないほどの胸キュンゼリフや「ドキドキしっぱなし」というシーンの連続だ。  攻めの姿勢の効果か、現場ではアドリブも増えた。「男子更衣室の前で、杏を押しつけるシーンはアドリブです。押しつけるだけじゃなくて『そのまま押し倒せるんじゃない? ドア(を開けて)押し込めるんじゃない!?』って、現場で思いついてやりました。壁ドンで終わらなくて、壁突きドン、みたいな。新しいですよね(笑)」。  印象的なのは、ヒロインの池田に負けず劣らず、中尾のアップのショットが多いこと。現場でもアップを撮るとわかれば、「全部の表情が映っていると、目の動きひとつを取っても意味が変わってしまうので、本当に一瞬も気を抜けなかったです」と微調整を重ね、役に徹したことがうかがえる。物言わぬ大きな瞳に、観客の心も動かされるだろう。  本作を皮切りに、今後も出演作が続々と控えている中尾。同じ事務所には城田優や瀬戸康史ら先輩をはじめ、今ノリに乗っている山田裕貴、志尊淳なども近い存在として光っている。彼らについては、「全然別のタイプかなと思っています。僕より高いところにいる人たちなので」と尊敬の念を込めつつ、「あくまでも自分は自分。僕は僕で、しっかり僕の道を行かないと。追うのではなく、並びたい感じです」と冷静に受け止める。千里の道も一歩から。着実に歩く中尾だが、周りからは期待にも似た煽りの声も届く。「ギラギラしていないのがダメだって言われるんですよね。自分に対してのギラギラはあるんですけど、人に対してはなくて。だからもっと貪欲にギラギラ育成期間です、今は(笑)」。(取材・文・写真:赤山恭子)  映画『一礼して、キス』は全国公開中。

  • 映画『一礼して、キス』 場面写真

    池田エライザ、中尾暢樹からバックハグ! 『一礼して、キス』予告編&場面写真解禁

    映画

     池田エライザが初主演を務め、累計100万部を突破した加賀やっこ原作のコミックを実写化する映画『一礼して、キス』(11月11日より全国公開)から、予告映像と場面写真が解禁となった。予告編は、『動物戦隊ジュウオウジャー』で主演を務めた中尾暢樹演じる後輩男子が、池田演じる先輩女子を後ろからハグするなど、胸キュンシーンの連続になっている。@@cutter 今回解禁された予告映像では、ヒロイン・岸本杏(池田エライザ)を取り巻くイケメン胴着男子たちとの恋の行方が気になる中で、三神曜太(中尾)が杏に「耳元で囁き」「後ろからハグ」「畳ドン」「壁ドン」「頭ポンポン」するなど、胸キュン必至の場面が続出する。  また、予告映像にも流れる主題歌は、人気急上昇中のダンス&ヴォーカルグループlol(エルオーエル)が担当。結成当初から歌い続け、ファンの間で人気の高い楽曲である「think of you」がストーリーを盛り上げる。  一方の場面写真では、杏と曜太の胸キュンシーンのほか、2人を取り巻くイケメン共演陣のカットも多数公開。曜太の親友・由木直潔役の松尾太陽(超特急)をはじめ、『特命戦隊ゴーバスターズ』に出演した鈴木勝大、2.5次元舞台を中心に活躍中の前山剛久、ダンス&ボーカルグループlolの佐藤友祐、舞台『ハイキュー!!』“進化の夏” に出演した結木滉星といった次世代を担うイケメンがストーリーを彩る。     監督は『クローバー』『今日、恋をはじめます』を手掛けた古澤健が務める。  映画『一礼して、キス』は、11月11日より全国公開。

  • 映画『一礼して、キス』に出演する松尾太陽(超特急)

    超特急・松尾太陽、『一礼して、キス』出演決定!由木直潔役で弓道着姿も解禁

    映画

     漫画家・加賀やっこの人気少女コミック原作の実写映画『一礼して、キス』に、音楽ユニット「超特急」のタカシこと松尾太陽が出演することが決定した。松尾は『一週間フレンズ。』に続いて2作目の映画単独出演。本作では、闘病中の高校生という役どころに挑戦している。@@cutter 『一礼して、キス』は、高校3年生の弓道部の先輩・岸本杏の弓道をする姿に恋をした男子高校生・三神曜太のひたすらに一途な杏への片想いを描いたラブストーリー。監督を『クローバー』『今日、恋をはじめました』『ReLIFE』などを手掛けた古澤健が務める。  キャストには、杏役を「CanCam」専属モデルとしても人気の女優・池田エライザ、曜太役を『動物戦隊ジュウオウジャー』にて主演を務めた俳優の中尾暢樹が務める。  松尾が演じるのは、中尾演じる三神曜太の親友「由木直潔」役。由木は三神の中学時代の同級生で弓道が大好きな少年だったが、重病を患い闘病生活が続いている。病院ぐらしの由木をみて、三神は由木の代わりに弓道を始めたという経緯があり、また三神が恋する杏のある勘違いを基に、杏とも友達になるという、重要な役柄となる。  松尾は「自分自身が重病を抱えているのに、何事にも相手の事を優先して考えてくれる。でも、その中に自分の意見もしっかりある尊敬できるキャラクターだと感じました。そんな純粋で真っ直ぐな彼を思って役を生きさせて頂きました」とコメント。「撮影はあっという間でしたが、『して、キス』の現場は素敵なキャストの皆さんと監督・スタッフの皆さんで、とても環境にも恵まれているなと感じました!この作品に参加できて本当に良かったと思っています」と撮影を振り返っている。  映画『一礼して、キス』は2017年秋より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access