クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

素敵なダイナマイトスキャンダル 関連記事

  • 前田敦子『素敵なダイナマイトスキャンダル』インタビュー

    前田敦子、独自のスタンス「制限を設けてしまうことは、人生の損」

    映画

     2012年8月、AKB48卒業以降、個性的かつ魅力的な映画監督の元、意欲的な作品に出演し続けている女優・前田敦子。最新作『素敵なダイナマイトスキャンダル』でも、実母がダイナマイト心中を図ったという体験を持つ伝説の雑誌編集者・末井昭の妻・牧子を、1960~80年代という時代にフィットした佇まいで好演している。@@cutter AKB48在籍時、最後の映画出演となった『苦役列車』(2012)をはじめ、『さよなら歌舞伎町』(2015)、『武曲 MUKOKU』(2017)、そして本作など、スクリーンから“匂い立つような生々しさ”を描いた作品への出演が多い前田。自身も「私は青春映画をほとんど通らなかったなという自覚はあります。現役で(アイドルを)やっていたころは、タイミングが合わなかったんでしょうね」と苦笑いを浮かべる。  「タイミングが合わない」という言葉が前田のスタンスを物語っている。「私は自分で『こういうことはやりたくない』と制限を設けてしまうことは、人生の損だと思っています。声をかけていただけるだけでうれしいので、ご縁と運、タイミングは大切にしています」。  こうした前田のスタンスは、AKB48をプロデュースしていた秋元康の影響も大きかったという。「秋元さんは名言が多いのですが、私は何度も『敷かれたレールに乗っかっていくことを怖がってはいけない』と言われていたんです。その言葉は私にとって大きくて、どんなことに対しても『私はこうなんです。こうしたいんです』という凝り固まった考えは持たないようにしています」。  AKB48卒業後、なすがままに進んでいった前田の女優人生。大きな分岐点となった作品は山下敦弘監督の『苦役列車』だという。「『苦役列車』が公開された時点では、まだAKB48にいたのですが、女優さんとしてやっていきたいと思った大きなきっかけになった作品です。この作品の打ち上げで『もらとりあむタマ子』のお話もいただけて…。山下監督が、何も知らない私を、こんなに素敵な映画の世界に引っ張っていってくれたんです」。  前述したとおり、その後、前田は、山下監督をはじめ、廣木隆一監督、沖田修一監督、熊切和嘉監督、黒沢清監督ら、映画ファンから非常に高い評価を受けている監督作品への出演が続いている。「本当にありがたいです。AKB48を卒業してから、面白い映画監督さんが手招きをしてくれて、そっちの世界に飛び込んでいけたのは、私にとって幸せなことでした」としみじみと振り返る。@@separator 現在の自身の活動について「とても充実しています」と笑顔で語った前田。本作でメガホンをとった冨永昌敬監督についても「こんなに早くご一緒できるとは思っていませんでした」と“縁”に感謝を述べる。劇中では、柄本祐演じる末井の妻・牧子を演じているが「祐さんは人として大好きなのですが、役者さんとしての佇まいも素敵です。計算してお芝居をするのではなく『僕はそこにいるだけです』というだけで、役柄を成立させてしまう方。本当にすごい俳優さんです」と映画初共演の印象を語ると、自身の芝居の方向性も見えてきたという。  「いま舞台(『そして僕は途方に暮れる』)の稽古をやっていて、いろいろと知らないテクニックを教えていただいているのですが、演出家の三浦(大輔)さんから『前田さんにはこうしたテクニックは覚えてほしくない。手慣れた人たちが出せないような生々しさが武器だと思う』と言っていただけたんです。私自身もテクニックはないと思っていましたし、お芝居というのはすべて嘘なのですが、自分の心にまで嘘をついたら、心ここにあらずになってしまう。いまは自分の気持ちを拠り所にやってみようと意識しています」。  冨永監督からは、面白い演出は受けたものの、牧子の心に対しては、何も触れられなかったという。前田自身が「自分の心のなかで嘘のない芝居」で挑んだ牧子という女性。「末井さんと牧子はシンプルにつながっていて、第三者が入ってこない関係。いまの時代、外からいろいろなものが入ってくるので、こうした関係はなかなか成立しないと思うのです。だからこそ二人で完結する夫婦のつながりを観てほしいです」と語っていた。(取材・文・写真:磯部正和)  映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は全国公開中

  • 『素敵なダイナマイトスキャンダル』東京プレミア上映舞台挨拶にて

    前張りが外れる! 柄本佑、前田敦子を「自分だけのあっちゃんにしたい」

    映画

     柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、末井昭(原作)、冨永昌敬監督が、26日に都内で開催された映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の東京プレミア上映舞台挨拶に出席した。柄本は劇中の全裸シーンで付けた前張り(股間を隠す小道具)が外れてしまったことを告白、「半分くらい出てた」と明かした。@@cutter 本作は、伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭の生い立ちをベースに描く青春グラフィティ。母親が若い男とダイナマイト心中した過去を持つ主人公・末井に扮した柄本は、末井の妻で天然な牧子を演じた前田について「別の作品に出ているあっちゃんを見て、『あ、違う、僕はこのあっちゃんを、僕のこんなあっちゃんにしたいんだ』っていう風に思わせる、そういう魅力的な女優さん」とコメント。また「色気を漂わせた白いキャンパス」とも評し、これを受けた前田は「すごくいいキャッチフレーズを付けていただきました」と笑顔を見せた。  劇中で和服の女装シーンに挑んだ柄本は、末井からのアドバイスを受け、女性ものの下着を付けて撮影に挑んだことを告白。「衣装部さんのところに行って、『パンティーとブラジャーを用意してください』って言って、胸囲を図られて」と振り返り、「パンティー脱いで自分のトランクスを履く分は全然大丈夫でした。ただ、ブラジャーを外す時が、一人だったけど、トップを思わず隠してしまうという。女性がトップを隠される気持ちが、ちょっと分かりましたね」と明かして会場を沸かせた。  イベントでは、登壇者が人生でいちばん素敵なスキャンダルを明かす一幕も。柄本は劇中のストリーキングを行うシーンの撮影で、前張りが外れたことを挙げ、「走ってるうちに外れてて、半分くらい出てた」と自嘲。一方、前田は柄本が自信満々に送ってきたという女装姿の写真に言及し、「別に綺麗ではない(笑)」と切り捨て、尾野や三浦を笑わせていた。  映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、3月17日全国公開。

  • 『素敵なダイナマイトスキャンダル』に出演する柄本佑、前田敦子、尾野真千子、三浦透子

    前田敦子&尾野真千子、柄本佑主演『素敵なダイナマイトスキャンダル』に出演

    映画

     柄本佑が主演を務める映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』に、前田敦子、三浦透子、尾野真千子が出演していることが発表された。豪華女優陣と共演した柄本は「母親は尾野真千子さん、奥さんは前田敦子さん、愛人は三浦透子さん。改めて名前を並べてみると驚くほど贅沢だったんだと実感します」とコメントを寄せている。@@cutter 冨永昌敬監督がメガホンを取った本作は、嘘のような実話をもつ伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭の生い立ちをベースにした青春グラフィティ。母親が若い男とダイナマイト心中したという過去を持つ主人公・末井を演じる柄本は、「母親は尾野真千子さん、奥さんは前田敦子さん、愛人は三浦透子さん。改めて名前を並べてみると驚くほど贅沢だったんだと実感します」としみじみ。  「現場では主に前田さん三浦さんと一緒でした。尾野さんは爆発してしまっていたので」と明かす柄本は、「前田さんのあっけらかんとした明るい軽さと三浦さんの飄々とした佇まいは見ていてとても心地良かったです。そして母親が尾野真千子という、いやぁホント贅沢な現場でした」と振り返っている。  本作で柄本と初共演を果たし、天然な妻・牧子を演じた前田は「のちに夫になる彼を『はいはい』とたしなめつつもおもしろがって支えています。浮気をされても嫌味をいうだけ(!?)という包容力があって、自立している素敵な女性だと思いました」と役柄を紹介。  一方、電波な愛人・笛子役の三浦は「笛子さんの人生を想うと胸が苦しくなるけれど、実際に書かれた当時の編集後記の中にいた彼女は、愛嬌たっぷりで追いかけると逃げてしまいそうな不思議な魅力を持った女性でした。皆さんにもそれが伝われば嬉しいです」と期待を込める。  また、爆発な母・富子役の尾野は「実話とは思えない母を演じさせていただきました。そんな実話とは思えない台本を読んで、出来上がりが想像できず不安もありました。でも出来上がりを観たときこんな伝え方があったのかと自信を持ちました」と胸の内を明かしている。  映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、2018年3月全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access