クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

GODZILLA 決戦機動増殖都市 関連記事

  • 5月19日~5月20日全国映画動員ランキング1位:『名探偵コナン ゼロの執行人』

    【映画ランキング】『名探偵コナン ゼロの執行人』がV6でシリーズ最高興収を更新!

    映画

     5月19~20日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『名探偵コナン ゼロの執行人』が週末土日動員16万1000人、興収2億1800万円をあげ、公開から6週連続で1位を獲得した。5月20日までの38日間の累計動員は552万6858人、興収72億176万3500円を記録し、前作『名探偵コナン から紅の恋歌』の興収68億9000万円を抜き去り、シリーズ最高興収を更新した。@@cutter 2位は、初登場の『ピーターラビット』が、初週土日動員14万5000人、興収1億8600万円をあげランクイン。全世界で2億5000万部を超える発行部数を誇るビアトリクス・ポターによる名作絵本「ピーターラビットのおはなし」を実写映画化。20代~50・60代まで幅広い年齢層の女性が来場しているという。  3位も初登場の『のみとり侍』が、初週土日動員10万1000人、興収1億2200万円をあげランクイン。『後妻業の女』などの鶴橋康夫監督の最新作で、主演の阿部寛をはじめ、寺島しのぶ、豊川悦司、風間杜夫、大竹しのぶら日本を代表する名優たちが出演。比較的高い年齢層に支持されており、平日の動員も見込めそうだ。  4位も初登場の『ランペイジ 巨獣大乱闘』が、初週土日動員9万6000人、興収1億4100万円という数字でランクイン。遺伝子実験の失敗で巨大化、凶暴化した動物たちが、シカゴの街を破壊するパニック・アクションだ。  その他、初登場は『ゴジラ』シリーズ初の長編アニメーション映画3部作の第2部『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が8位にランクインしている。  既存作品では、公開3週目の『ラプラスの魔女』が累計動員81万人、興収10億円を突破している。  5月19日~20日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:名探偵コナン ゼロの執行人 第2位:ピーターラビット 第3位:のみとり侍 第4位:ランペイジ 巨獣大乱闘 第5位:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 第6位:孤狼の血 第7位:ラプラスの魔女 第8位:GODZILLA 決戦機動増殖都市 第9位:さらば青春、されど青春。 第10位:映画 クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

  • (左から)『GODZILLA 決戦機動増殖都市』公開記念舞台挨拶に登壇した櫻井孝宏、宮野真守、諏訪部順一

    宮野真守、『GODZILLA』話題のキスシーン映され「見るなしぃ~」と照れ

    アニメ・コミック

     ゴジラ映画史上初のアニメーション映画『GODZILLA』三部作の第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の公開記念舞台挨拶が19日、ゴジラヘッドのある東京・TOHOシネマズ新宿にて行われ、声優の宮野真守、櫻井孝宏、諏訪部順一、小澤亜李、静野孔文監督、瀬下寛之監督が出席した。@@cutter 2万年もの間、地球に君臨し続けてきたゴジラ・アースと絶滅の縁に追い詰められながらも、それに抗う人類の物語。体高300メートルを超える歴代最大のゴジラ“ゴジラ・アース”を倒すべく、シリーズ不動の人気を誇るメカゴジラが、人類最後の希望として新たな姿で登場する。  「ゴジラだよ~」と謎の自己紹介で笑わせたハルオ役の宮野は「一章とは違う感情、心の訴えができたと自信を持って言える。キャラクターの内面性をフィーチャーできた。たくさん波乱します」と見どころをアピール。メトフィエス役の櫻井も「ゴジラというタイトルの大きさは出演してさらに分かった。ファンの皆さんの期待を裏切らないとんでもないものになった」と同調。「ミニラだよ~」と挨拶したガルグ役の諏訪部は「どんな映像になっているのかと思ったけれど、完成したものを観て『こういうことかぁ~』と画面にくぎ付けになった。ビジュアルイメージを楽しみにしてほしい」と自信を覗かせた。  予告編でも流れるハルオとユウコのキスシーンも話題の本作。その場面がスクリーンに映されると宮野は「見るなしぃ~」とテレつつも、「こういうシーンが描かれるのが第二章の特徴」と描かれる濃厚な人間ドラマに自信を見せた。さらにハルオとメトフィエスが顔を寄せているカットが映し出されると、宮野は「あれ!? 三角関係!?」と期待を煽り、すかさず櫻井が「メトフィエスがハルオの体臭を確認しているところ」と偽説明を始め、宮野も「耳の裏側辺りからにおうからね~」とボケた。  それでも宮野は「僕らのこんな戯言をインプットして本編を観ても『うわっ!』となるシーンです」と注目シーンに挙げ、「こうやって楽しくできるのも、チーム間の良さと作品への愛情の表れ。自信を持ってお届けできる作品ができた証拠です。僕もちゃんと主人公しています」と胸を張っていた。

  • 『GODZILLA 決戦機動増殖都市』宮野真守インタビュー

    宮野真守、「共通点を探すより共感すること」 役へのアプローチ明かす

    アニメ・コミック

     衝撃の展開に次ぐ展開で、観客の心を鷲掴みにしたアニメーション映画『GODZILLA』の第1章『GODZILLA 怪獣惑星』。そしてその続編として、シリーズ屈指の人気を誇るメカゴジラが、“新たな姿”で登場する第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が公開を迎える。全三部作を通し、主人公・ハルオを演じる宮野真守も「第3章にむけて、最高のハードル上げができた」と自信を覗かせる“アニゴジ”第2章。絶望の淵へと追いやられた人類は、どうゴジラに立ち向かっていくのか。宮野がアニゴジについて語った。@@cutter 本作は、全三部作で描かれるアニメーション映画『GODZILLA』の第2章。第1章の最後に、地中深くから体高300メートルを超える歴代最大の真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現し、その圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちが散り散りになってしまうという“最悪の終わり”の続きから始まる本作。ハルオは、人類の生き残りと目される “フツア”の民、ミアナに命を救われる。そして、ゴジラの攻撃を逃れたメンバーと合流し、「対ゴジラ決戦兵器」として開発するも、起動寸前で破壊された“メカゴジラ”開発プラントを富士山麓で見つける…。  「第1章で最高の自己紹介をすることができた」と胸を張った宮野。そのため第2章では、「種族間の違いや、感情がもたらす結果などをより色濃く見せることができたと思っています」と、人物描写にスポットを当てた作りになっていると明かす。宮野曰く「ハルオと(ハルオを救った)フツアの物語は、とても面白い」とのことで、注目ポイントであるとのことだ。    第1章に続き、人類を導く中心人物であるハルオ。第2章では第1章では見られなかった自身の決断に対して思い悩む姿も描かれている。そんなハルオの姿も魅力的に映っているという宮野は「彼(ハルオ)の行動は人を惹き付けると思います。今回改めて、『ハルオの選択はカッコイイ』と思いました。そう思わせてくれるのが、ハルオの持つカリスマ性なのかな」とも。  だが、カッコイイと思う反面、カリスマ性を持つハルオのような革命家タイプの考え方が、演じる上で難しいポイントであるとも語る。カリスマ性は「作ろうと思って作れるものではない」という宮野。しかし「役者として、カリスマ性を持たせないといけないので、台本を読んだり、資料を集めたり、納得するまで監督と話し合ったり…。特別な“革命家”を演じると考えずに、彼の信念やこだわりなどを大切にしていけば、自ずとそういう風に見えていくのかなと思いました」と、ハルオへのアプローチについて語った。@@separator 宮野の役へのアプローチだが、自身との“共通点”は、あまり考えないのだという。「演じるうえで共通点は、気にしないですね。役を任された以上、自分の感情で演じるしかないので。ある意味、ずっと共通であるのかもしれません。ハルオが感じていることは僕が感じていることですし、ハルオを通して僕がどう感じているのかしかない。自分の中でハルオの存在をどう大きくしていくか…なんだと思います」。  また、「ハルオを演じているときは、僕とハルオの共通点が増えて、僕にもカリスマ性があったのかもしれない(笑)」とユーモアたっぷりに振り返る。「ハルオという存在を好きになること」を大事にしていたという宮野は「(キャラクターに)共感する部分はたくさんあったりするんです。なので『共通点を探すというよりは共感すること』です」。  『ゴジラ』映画史上初となる全三部作のアニメーションで描く本作。宮野は第1章で得た手応えに自信を覗かせる。「僕等の世代で、ゴジラを観たことがない方やこれまでゴジラに触れてこなかったファンの方たちに、新たにゴジラに触れてもらう機会を提供できたのかなと思いました。これまでゴジラに触れてきたファンの方は、新たなゴジラとして楽しんでくれていましたし、ゴジラの面白さがより広がり、すごく嬉しかったです」。(取材・文・写真:ほりかごさおり)  『GODZILLA』の物語はさらなる深淵へと進む『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は5月18日より公開。

  • 『GODZILLA 決戦機動増殖都市』場面写真

    『GODZILLA 決戦機動増殖都市』、本予告&新場面カット解禁

    アニメ・コミック

     『ゴジラ』映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の第二章となる『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の本予告と最新場面写真が解禁された。本作のカギであり、人類最後の希望とされる“メカゴジラ”がどのような姿で登場するのか、期待が高まる仕上がりとなっている。@@cutter 全三部作で描かれるアニメーション映画『GODZILLA』は二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”と絶滅の縁に追い詰められながらもそれに抗う「人類」の姿が描かれる。昨年11月に公開された第一章『GODZILLA 怪獣惑星』では、決死の戦闘でゴジラを倒すことに成功したが、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現し、圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう。  第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』では、かつての“メカゴジラ”の材料であった“ナノメタル”の謎に迫り、決戦に向けてそれぞれの思いが交錯する人間ドラマが描かれる。公開された本予告では、ハルオを救い、人類の味方であるはずの人類の生き残りとされる種族「フツア」と交戦するユウコたちや、そのフツアの長老らしき人物が語る“卵の歌”などゴジラファンには気になる要素も確認できる。  さらに、人類最後の希望とされる<メカゴジラ>の姿や、ハルオたちが操る高機動人型有人兵器“ヴァルチャー”と<ゴジラ・アース>のバトルアクションなどが続き、元富士山の雲海に圧倒的な存在感で現れる<ゴジラ・アース>が、全身を真っ赤な緋色に染める予告編ラストカットまで、ファンならずとも目が離せないシーンの連続となっている。  また、本作の劇場前売り券特典第2弾の<アニゴジ×パシリム スペシャルコラボクリアファイル>のビジュアルと、本作の主題歌を前作に引き続き、XAIが担当することも発表された。  映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は、5月18日公開。

  • 左から梶裕貴、諏訪部順一、上田麗奈、宮野真守、小澤亜李、櫻井孝宏、杉田智和 AnimeJapan 2018『GODZILLA 決戦機動増殖都市』ステージイベントにて

    <AJ2018>宮野真守「ゴジラファンはたまらない」アニメ『ゴジラ』で上田麗奈&小澤亜李が双子役

    アニメ・コミック

     ゴジラ映画史上初のアニメーション映画『GODZILLA』三部作の第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』のスペシャルステージが25日、東京ビッグサイトで行われたAnimeJapan 2018のREDステージで開催され、宮野真守、櫻井孝宏、杉田智和、梶裕貴、諏訪部順一が登壇。第二章の新キャストとして上田麗奈、小澤亜李の参戦が決定し、喜びを語った。@@cutter 本作は、二万年もの間、地球に君臨してきたゴジラと、絶滅の縁に追い詰められながらもそれに抗おうとする人類の物語。第四の種族“フツア”の双子の少女・マイナ役を上田、ミアナ役を小澤が演じる。  上田は「双子の少女のゴジラに対する思いは、他のメンバーと違う部分もある。物語としてどのように転がっていくのかも注目していただきたい。私は、第二章がこんな風に展開していくなんて予想していなかった! 意外性やびっくりすることも起こると思う」と双子の見どころとともに第二章をアピール。  小澤は「『GODZILLA』というタイトルの大きさもあってのオーディション。生まれる前から存在するシリーズに携われるというのは、大変光栄だなと思った」と述懐。「プレスコということもあって緊張したけれど、“麗奈ちゃんとやれるんだったら大丈夫だ”と安心もあった」と打ち明けていた。  主人公・ハルオを演じる宮野は「ゴジラファンはたまらないですよね」と双子の登場に興奮しきり。ガルグ役の諏訪部は「『ゴジラ』シリーズで双子といえば、小美人とかありますからね」とザ・ピーナッツが演じた双子の妖精について言及。「それをモチーフにしたようなキャラクターだと思う。作品にどう絡んでくるのか興味深い」と語っていた。  終始、誰かがボケれば誰かが突っ込むといったように、仲の良さが伝わるイベントだったが、宮野は「気心がしれた(メンバーの)なかで戦っていけるというのは心強かった。きっとこうしてくれるだろうという安心感がある」と共演者への信頼感を吐露。梶は「僕が演じた役はハルオを尊敬している部下のひとり。僕も同じで宮野さんを尊敬している。好きです」と語ると、宮野は「ありがとう!」と笑顔を弾けさせていた。  『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は5月18日より公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access