クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ラスト・ホールド! 関連記事

  • 『ラスト・ホールド!』完成披露試写会に登壇した塚田僚一

    塚田僚一、初主演映画お披露目に笑顔「塚ちゃん桜、満開です!」

    映画

     A.B.C‐Zの塚田僚一、ジャニーズJr.のSnow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)が、26日に都内で開催された映画『ラスト・ホールド!』の完成披露試写会に出席した。@@cutter 東京2020オリンピックの追加競技に決定した「ボルダリング」(スポーツクライミング)を題材に、超弱小ボルダリング部の落ちこぼれ大学生たちが日本一を目指す姿を描く本作。映画初主演で主人公の岡島健太郎を演じた塚田は「すっごいうれしい」とニッコリ。「(共演が)Snow Manって聞いたときに、ずっとバックついてたり、一緒にやってきたので、『あ、良かった。心強いメンバーで』と思って」としつつ「撮影が進んだり、色々な準備が進んでいくにつれていって、真壁監督もそうですし、『本当にこのメンバーで一緒にできて良かった』って思いました」と振り返った。  劇中のボルダリングについては「自分たちでやるっていうのは、最初からお話あったんですけど、『お、やってやろう!』って燃えていました」と回想。A.B.C‐Zによる初の映画主題歌『Future Light』に話が及ぶと「最後にA.B.C‐Zの歌が流れるというところで、A.B.C‐Zの仲間も手を差し伸べてくれているような、そんな気がして」と満足げな表情を見せた。  クールな一匹狼・河口亮二役の岩本は、物語に絡めて“壁の乗り越え方”を聞かれると「人生において壁が現れる確率が、他の人よりも多いのかなって実感するタイプ」としたうえで「逃げないで、諦めないで壁と戦って、最終的に壁を乗り越えた世界っていうのは、その人が頑張った分だけ、すごい世界が広がっていると思う」と力説。最後に再びマイクを握った塚田は「どの世代・どの年代にも、絶対心に届く作品になっています。一生懸命作りました」とアピールし「塚ちゃん桜、満開です!」という言葉とともに、美しいY字バランスを披露していた。  映画『ラスト・ホールド!』は5月12日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access