生きてるだけで、愛。 関連記事

  • 映画『生きてるだけで、愛。』公開記念舞台挨拶に出席した趣里

    趣里、「おひとり様」好きを明かす “かき氷禁止令”が出たことも告白

    映画

     女優の趣里が10日、都内で開催された映画『生きてるだけで、愛。』公開記念舞台挨拶に登壇した。うつ病を抱えるヒロインを演じた趣里は「1人でどこかに旅に行くとか、1人でカラオケに行くとか、大好き」と、“おひとり様”好きを明かした。@@cutter うつ病による過眠症を抱える引きこもりの寧子(趣里)が、恋人でゴシップ記者の津奈木(菅田)、そして津奈木の元恋人・安堂(仲里依紗)と織りなす切実な愛、そして現代の生きづらさを描き出す本作。当日は、共演した菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、関根光才監督らも登壇した。    イベントでは、登壇者がそれぞれ愛するものを紹介する一幕があり、菅田は「偏愛という意味で…」としたうえで「シューマイには辛子だけで、愛」と回答し、会場は大ウケ。最近、シューマイに何をかけるかで論争になったという菅田は「俺は絶対、辛子だけ」とこだわりを語ったが、趣里と西田、そして関根監督は「辛子酢じょうゆ」をかけると答えた。菅田は「辛子酢じょうゆというジャンルを、知らないわ。そんなものあんの?」と驚いていた。なお、仲は「酢じょうゆと、なんだっけ? 柚子こしょうみたいなやつ」と笑顔を見せていた。  一方の趣里は「おひとり様だけで、愛。」と回答し、「(答えに)かき氷を禁止されたんです。言いすぎちゃっているから、今回は違うので言ってみましょうって(言われた)」と、自身がかき氷好きをさまざまなところで語った結果として、“かき氷禁止令”が出たことを告白。「1人でどこかに食べに行くとか、1人でカラオケに行くとか、大好き。そういうお話(笑)」と続けていた。  また趣里は、作品への思いを聞かれると「人生は、やっぱり楽しいことだけじゃなくて、自分で変えたいと思っていても変えられないこととか、分かっていてもどうしようもないこと、辛いこと、苦しいこと、たくさん人には言えないこと、あると思います」とコメントしていた。  そして「(劇中の)『青いスカートがまた見たいと思ったから』というセリフが、本当に残っていて。そういう一瞬があるから、誰かとつながってるなと、少しでも感じる時間があるから、少しでも明日に向かっていけるのかなと、私はこの作品を通して感じました」と振り返っていた。  映画『生きてるだけで、愛。』は公開中。

  • 趣里、映画『生きてるだけで、愛。』インタビュー

    趣里、過去の挫折と向き合い「他人事と思えない」難役に共感

    映画

     女優・趣里。今、彼女のことが気になっている視聴者は多いのではないだろうか? 特に今年は、ドラマ『ブラックぺアン』(TBS)で演じたクールな看護師・猫田で鮮烈な印象を残したかと思えば、現在放送中の『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日)では主人公に想いを寄せるキュートな芸者役。そんな趣里の主演映画『生きてるだけで、愛。』が、11月9日より公開される。@@cutter 原作は、本谷有希子の同名小説。趣里が演じる寧子は、過眠症で引きこもっているという人物だ。ゴシップ雑誌の編集者である恋人・津奈木(菅田将暉)の部屋で同棲生活を送っているが、自分でうまく感情をコントロールできずに津奈木にも当たり散らす日々。そんな中、津奈木の元恋人・安堂(仲里依紗)が突然現れ、寧子にカフェでのバイトを無理やり決めてしまう…というストーリー。  一言で言ってしまえば、寧子はエキセントリックで“面倒くさい”キャラクターだ。鬱症状のためほとんど外に出ることができず、バイトも続かず、そんな自分への苛立ちを津奈木に理不尽にぶつける。しかし最初にこの作品の脚本を読んだ時、趣里は「絶対にこの役をやりたい」と強く思ったという。  「彼女は客観的に自分のことも分かっているんだけど変えられない、でも頑張ろうと思っているという部分が、すごく理解できたんです。もちろん表現の方法は全然違うけど、そういう思いは自分の中にもあったし、他人事とは思えなかった。誰もが普遍的に彼女みたいになる可能性もあるし、人生の中でそういうことにぶつかることもあるんじゃないかな。だから、寧子に共感できる人は多いと思います」。  明るく、あっけらかんと話す彼女は、映画の寧子とは一見かけはなれているように見える。でも彼女がこの役に強く惹かれたのは、過去に経験した“挫折”が大きく関係している。  幼い頃からバレエを習い、高校時代には海外に留学するなど本格的にバレエダンサーへの道を志していた彼女。しかし、足の故障によりその夢は絶たれてしまう。今回寧子を演じることは、彼女にとって“思い出したくない感情”に再度向き合う作業でもあったという。  「ケガをした時は毎日どう過ごしていたか覚えてないくらいの日々がありました。一瞬にして夢がなくなってしまったので。自分の体だし『もう無理だな』と分かりつつも、まだ頑張っている自分もいました。あの頃は『なんで生きているんだろう』とも思った事もありました。だから寧子と自分を、そこで重ね合わせることができたのだと思います」。@@separator 今回監督を務めた関根光才とはクランクイン前、過去の嫌だったこと、苦しかったこと、どうしようもないことなど、パーソナルな部分も含めいろいろと話していったという。そういった役と、そして“自分自身”とも向き合う事前の準備作業もあり、彼女いわく「寧子という役と仲良くなれた」。なのでヒリヒリするような画面とは裏腹に、撮影はとても楽しく進んでいったのだとか。  「俳優って、不思議ですよね。どんなシーンでも自分がどこかに出るお仕事。でもだからこそ、私も寧子という役に救われたのかな。次に進むためにも、あの時のことと向き合えてよかったなと思っています」。  また、バレエに挫折し絶望していた彼女を変えたのは、たまたま観に行った舞台作品だった。その体験が彼女を俳優へと導くことになるのだが、自分がエンターテイメントに救われた経験があるからこそ、この映画にかける思いも大きい。  「いろんな見方ができるとは思いますけど、この作品で観てくださった方の心が何か少しでも動いてくれたらうれしい、そう思っています」。  自分がかつて感じていた、エンターテイメントの持っている力を信じたい。そう語る彼女の表情は、“演じる”という仕事への喜びに満ち満ちていて。そんな趣里がまさに全身全霊で挑んだ主演作、観た人の心は必ず揺さぶられるはずだ。(取材・文・写真:川口有紀)  映画『生きてるだけで、愛。』は、11月9日より全国公開。

  • 映画『生きてるだけで、愛。』完成披露上映会に登壇した(左から)仲里依紗、趣里、菅田将暉

    仲里依紗、夫・中尾明慶との“シンクロ体験”を告白

    映画

     女優の仲里依紗が20日都内で、趣里主演の映画『生きてるだけで、愛。』の完成披露舞台挨拶に登場。夫で俳優の中尾明慶とは、「仕事終わる頃かなと思って、LINEで『終わった?』って送ると同時に、『終わった』って(メッセージが)届くことがある」と仲むつまじい“シンクロ体験”を告白した。@@cutter 本作は、本谷有希子の同名小説を原作とする社会派ラブストーリー。同棲して3年の寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)を中心に、若者の葛藤を描く。  本イベントには趣里や仲の他、菅田将暉、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督が出席した。  過眠症で引きこもりのヒロイン・寧子を好演した趣里は、自身の役柄について「外から見たら難のあるキャラクター。生きていたら楽しいことだけじゃなくて、辛いことや悲しいこと、どうしようもないこともある。寧子に共感できる部分がたくさんあった」と話した。また、菅田の印象は「すごく自然体な方。現場でもこのまま。寧子のちょっとエキセントリックな部分をしっかり受け止めてくれた」と笑顔を見せた。  出版社でゴシップ記事を書くことにジレンマを感じる津奈木役の菅田は「今日は静かにお送りします」とニコリ。「(趣里演じる)寧子に会わないと始まらないな、と思った。そんな寧子と3年くらい一緒にいるところからのスタートだったので、現場行ってからだと思った」と撮影時の思いを回想した。  津奈木の元恋人・安堂を演じた仲は「とりあえずセリフが長かった。それが辛かった。ずっと永遠とよく分からないことを喋ってる(笑)。あと、覚えづらい」と話すと、脚本も務めた関根監督が「すみませーん」と平謝り。  仲は、16mmのフィルムで撮影したことにも言及。「フィルムで撮る映画は本当に久々だった。それで身が引き締まった。フィルムは(価格が)高いし、『(NGを出してフィルムを消耗しないように)頑張らないと!』というプレッシャーと、『セリフ長いし、どうしよう!』ってパニックになっていた」と述べた。  本作にちなんで、“分かりあえた瞬間”のエピソードを求められた菅田は「この間コンビニに入ったら『愛が~』って俺の曲(『さよならエレジー』)が流れていた。その時、店員さんと目が合った。『この人かな、俺の曲かけたの』って思った。いつの間にか、(店員と一緒に)曲に合わせた動きにお互いなったような…ごめん。嘘つきました(笑)。ちょっと、(同コンビニに)行きにくくなった」と笑った。  仲は、夫である中尾とのシンクロ体験を告白。「旦那さんが仕事終わる頃かなと思って、LINEで『終わった?』って送ると同時に、『終わった』って(メッセージが)届くことがある。そういうのが1、2回じゃなくてけっこうある。あと、『今日何を食べたい?』って送って、(返信が)返ってこないからハヤシライスを作っていたら、(帰ってきてから)『ハヤシライス食べたかった!』って言う。嘘かもしれないけど。そういうことがけっこうある」と語ると、客席から自然と拍手が沸き起こった。  映画『生きてるだけで、愛。』は、11月9日より全国ロードショー。

  • 『生きてるだけで、愛。』本ポスタービジュアル

    衝突する趣里×菅田将暉、仲里依紗登場『生きてるだけで、愛。』本予告

    映画

     女優の趣里が主演し、菅田将暉、仲里依紗らが出演する映画『生きてるだけで、愛。』から、若いカップルの激しい衝突と、すれ違い続ける様を描き出した予告映像とポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 小説家・劇作家・演出家として活躍する本谷有希子の芥川賞・三島賞候補作となった同名小説を実写映画化した本作は、今を懸命に生きる、不器用な男女の真っすぐでエモーショナルなラブストーリー。  鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子(趣里)と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れる寧子の同棲相手・津奈木(菅田)。津奈木の元恋人・安堂(仲)の登場をきっかけに、カフェバーでアルバイトを始めた寧子は、マスターの村田(田中哲司)、その妻の真紀(西田尚美)、先輩の莉奈(織田梨沙)に見守られつつ、今の自分と生活から抜け出そうと奮闘する。しかし、自分をコントロールできず、現実との折り合いをつけることも苦手な寧子は問題を起こしてしまう。一方、津奈木も職場で疲労とストレスの限界に達し…。  TBS系ドラマ『ブラックペアン』で鮮烈な印象を残した趣里が、不安定なメンタルと真っすぐ過ぎる性格を持つ寧子を熱演。菅田は大きな葛藤を抱える津奈木を、仲はその元恋人・安堂を演じる。ほかにも松重豊、石橋静河ら実力派俳優陣が名を連ねる。メガホンを取るのは、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』のMVを手がけ、本作が初の長編監督作となる関根光才。  予告映像では、自分の言葉に気のない声で応じる津奈木に対し、寧子が「『うん…』ばっかじゃん、さっきから!」と怒声を浴びせる場面を皮切りに、安堂が不敵な笑みを浮かべながら「ハッキリさせたいの。あの人とヨリを戻せるかどうか。…別れてよ」と寧子に言い放つ様子を活写。  さらに頭から血を流し笑いながら夜の路上を疾走する寧子や、職場の窓ガラスめがけてパソコンを思い切り放り投げる津奈木といった激しいシーンのほか、恋人らしい微笑ましいやり取りも確認できる。  ポスターでは、涙を流す寧子と物憂げな表情の津奈木をフィーチャー。「ほんの一瞬だけでも、分かり合えたら。」というキャッチコピーも相まって、不器用ながらも真っすぐに生きようとする2人の心情を代弁するかのようなビジュアルに仕上がっている。  映画『生きてるだけで、愛。』は11月9日より全国公開。

  • 『生きてるだけで、愛。』場面写真

    趣里主演『生きてるだけで、愛。』波乱の予感伝える場面写真一挙解禁

    映画

     女優の趣里が主演を務め、俳優の菅田将暉が出演する映画『生きてるだけで、愛。』から、場面写真が到着。公開された場面写真は、波乱の物語を予感させる、映画の世界観を切り取ったものとなっている。@@cutter 本作は、『異類婚姻譚』で芥川賞を受賞した小説家・劇作家・演出家の本谷有希子が2006年に発表した同名小説を映画化したラブストーリー。引きこもり気味で無職の寧子(趣里)と恋人の津奈木(菅田)、そして津奈木の元恋人・安堂(仲里依紗)が織りなす切実な愛と、現代の生きづらさを描いていく。  このたび解禁されたのは、全9点の場面写真。公開された写真の中には、切なそうに視線を交わすヒロイン・寧子と津奈木の姿や、メンタルの不安定さから絶叫する寧子を後ろから抱きしめる津奈木、さらに突然寧子の前に現れて、津奈木と別れるように迫る安堂、寧子をあたたかく迎え入れるアルバイト先の面々(田中哲司、西田尚美、織田梨沙)など、本作の波乱に富んだストーリーを想像させるシーンが捉えられている。  そのほか、敷きっぱなしの布団が目を引く寧子の生活感溢れる部屋や、彼女のアルバイト先となるオシャレなカフェバーといった物語の舞台となる場所が、美しい色合いや、光と影の絶妙なバランスで収められている。  映画『生きてるだけで、愛。』は11月9日より全国公開。

  • 『生きてるだけで、愛。』ティザービジュアル

    趣里×菅田将暉『生きてるだけで、愛。』特報&ティザービジュアル解禁

    映画

     女優の趣里が主演を務め、俳優の菅田将暉が出演する映画『生きてるだけで、愛。』から特報映像とティザービジュアルが到着。公開された映像には、趣里演じるヒロインとその恋人を演じる菅田の不器用な愛が映し出されている。@@cutter 本作は、『異類婚姻譚』で芥川賞を受賞した小説家・劇作家・演出家の本谷有希子が2006年に発表した同名小説を映画化したラブストーリー。引きこもり気味で無職の寧子(趣里)と恋人の津奈木(菅田)、そして津奈木の元恋人・安堂(仲里依紗)が織りなす切実な愛と、現代の生きづらさを描いていく。  このたび解禁された特報映像は、ヒロイン・寧子の「多分、私たちが分かり合えたのなんて、ほんの一瞬ぐらい」という切ないモノローグからスタート。本作で長編映画初監督となった映像作家・関根光才が鮮やかな色使いで、寧子と津奈木の日常をつづっていく。  鬱による過眠症で引きこもりがちな寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れる津奈木は同棲しているが、自分をうまくコントロールできない彼女は、恋人に理不尽な感情をぶつけるばかり。特報では涙を流して津奈木に寄りかかる寧子や、絶叫して暴れる寧子を黙って背後から抱きしめる津奈木など、不器用な二人の日常が描かれている。  特報映像の解禁と併せて公開されたティザービジュアルは、趣里と菅田の切ない横顔を捉えた写真が特徴的なデザインに仕上がっている。  映画『生きてるだけで、愛。』は11月9日より全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access