クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ルパン三世/カリオストロの城 関連記事

  • 『ルパン三世 カリオストロの城』4DX版でルパンと一体化!

    『ルパン三世 カリオストロの城』4DX版でルパンと一体化 振動や水効果でアクションを堪能

    アニメ・コミック

     『ルパン三世』劇場用長編第2弾として1979年に公開された『ルパン三世カリオストロの城』は、宮崎駿監督の劇場初監督作品として知られ、アクションとドラマ性の素晴らしさに、今なお多くのファンに愛され続けている作品だ。そんな不朽の名作が、40年の時を経て4DX版として期間限定公開中。テレビ放送やDVDでは不可能な驚きと興奮を、早速体験してきた。@@cutter ある国営カジノから50億の札束を盗み出したルパンと次元。だが、それはゴート札と呼ばれる偽札だった。そこでルパンは、ゴート札が発行されたカリオストロ公国を次のターゲットに決める。公国に入り、ルパンたちが車を走らせていると、ウエディングドレスを着た少女・クラリスが運転する車と、それを追いかける武装した男たちが乗る車に、猛スピードで抜かれてしまった。当然、ルパンは少女の側につくのだが…。  今回上映される4DX版では、モーションシート(座席)が、映画のシーンに合わせて前後&上下左右に激しく動き、雨や嵐のシーンでは水が降ったり、雷鳴のときには劇場全体がフラッシュしたりなど、エモーショナルな特殊効果によって、体全体で映画を楽しめる、アトラクションスタイルの究極の映像体験ができるからだ。  まず驚かされるのが、最初のカジノ強盗の一幕だろう。車のエンジン音に合わせて、モーションシートが小刻みに振動し始め、そこにもう一台の車が加わると、別の振動がプラス。そのリアルさに感動していたら、まだまだ序の口であったことを、公国でのクラリスを巡るカーチェイスで思い知らされることとなる。ここのシーンでは小刻みな振動に加え、車のジャンプに合わせてシートが上下に大きく揺れるため、体が飛び跳ねる、飛び跳ねる。カーチェイスのすさまじさが味わえるだろう。  さらに、ドアミラーやドアなど、前から障害物が飛んできたら、シュッと顔の横を強烈な風が吹き抜け、車が止まった瞬間にバンパーが落ちてしまうと、ふくらはぎ近辺にエアショットが発動!このように、細かなアクションまで見事に再現しているので、全身でルパンのアクションが堪能できる。まさに、ルパンと一体化!  また、振動やエアショットなど、4DXは激しい動きだけが得意なように思えるが、実は、穏やかなシーンでも抜群の効果を発揮してくれる。クラリスやルパンの感情に合わせてシートがゆりかごのようにゆっくりと揺れ、立食パーティーのシーンでは場内に美味しそうな香りがただよう。  余韻に浸れるポイントでは、座席が少し斜めとなり、自然と俯瞰の状態にしてくれる。そう、4DXは観客の気持ちに寄り添えるのだ。これぞ、泣かせるシート!ラストの銭形警部の名セリフのシーンはどうなっているのか。こちらは、ぜひ劇場で確認してもらいたい。  他にも、ルパンが屋根を大ジャンプするシーンでは、シートが最適な速度で揺れ、ジャンプのふわっと感と着地の衝撃を再現。“敵”と戦うスピーディーなアクションシーンでは、エアショットも振動も大サービス。そして、何かが爆発した際は風が顔を覆い、激しい雨のシーンでは、水が上から降り、強風も巻き起こりと、館内が一気に冷え込むほど。物語に入り込めた感が相当だったのはもちろん、2D作品であるにもかかわらず3D作品を観ているかのような感覚に陥ってしまう不思議な体験ができた。  今年は10月に『ルパン三世 カリオストロの城』シネマコンサートが開催されたのを皮切りに、12月6日から劇場映画最新作『ルパン三世 THE FIRST』が公開され、年末にかけてルパン一色となる。(文:安保有希子)  映画『ルパン三世 カリオストロの城』4DX版は、全国上映中。

  • 『ルパン三世 カリオストロの城』

    「金曜ロードSHOW!」、“ルパン祭り”開催! 豪華プレゼント企画も実施

    アニメ・コミック

     日本テレビの「金曜ロードSHOW!」にて『放送開始45年 ルパン祭り』と題し、1971年10月24日からテレビ放送を開始し、来月で45年を迎える『ルパン三世』の名作が3週にわたり放送される。@@cutter 『ルパン三世』シリーズは、1971年からのテレビアニメ第1シリーズ放送後、1977年から第2シリーズ、1984年から第3シリーズ、そして2015年に25年ぶりに復活した第4シリーズと、時代を超えて何度も映像化されており、個性的なキャラクターたち、観ているだけでワクワクするストーリーなどが愛され、今では日本を代表する人気アニメの一つとなっている。  今回放送されるのは、同じく国民的人気アニメ『名探偵コナン』と夢のコラボを果たした話題作『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』、宮崎駿監督が手掛けた名作『ルパン三世 カリオストロの城』、記念すべきルパン劇場版第1作の『ルパン三世 ルパンVS複製人間』の3作。  さらにデータ放送対応の企画として、放送当日はリモコンのdボタンをPUSHするとおなじみのキャラクターが登場する特別企画「ルパンすごろく」が実施される。これは番組を5分視聴するごとにサイコロをふることができ、出た目の分だけすごろくのマスを進むことができ、ルパンと仲間たちのマスや宝物のマスに止まるとポイントを獲得、番組公式ホームページで携帯ストラップ、ZIPPOライター、フィギュア、Tシャツなど豪華なルパングッズのプレゼントに応募することができるというもの。番組と合わせてファンにはたまらない企画となっている。    『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』は10月7日、『ルパン三世 カリオストロの城』は10月14日、『ルパン三世 ルパンVS複製人間』は10月21日より、それぞれ21時より放送。

  • 『ルパン三世 カリオストロの城 』デジタルリマスターとして復活!劇場公開決定

    『ルパン三世 カリオストロの城 』デジタルリマスターとして復活!劇場公開決定

    アニメ・コミック

     1979年に公開され35年、映画『ルパン三世 カリオストロの城』が、最先端のリマスター技術でデジタルリマスター化させた『ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター版』として、5月9日より全国で劇場公開することが決定した。@@cutter 当時の鮮やかな色と音が復活し、スクリーンに帰ってくることが明らかとなった本作。宮崎駿監督の劇場監督第一作としても知られ、綿密なキャラ設定とストーリー、カーアクションの迫力たるや、CGアニメ全盛となった今も色あせることがない。まさに全シーンが見所といえる。    この不朽の名作を、3年という異例の期間を費やしデジタルリマスター化。最新鋭の技術を駆使しつつ、更に手作業も含め映像に写りこんでいる汚れやごみを徹底してとりのぞくという気の遠くなるような作業を遂行したという。また音声についても細かなノイズを取り除き、さらに迫力ある5.1chサラウンドに対応するよう再収録。鮮やかな映像美と迫力満点の音が蘇った。    謎に包まれたカリオストロ公国の古城を舞台に、ルパンと仲間たちは国に隠された大きな秘密を追いかけ、最大の敵カリオストロ伯爵から王女クラリスを救い出すべく大暴れする。

  • 宮崎駿監督作品フォトギャラリー『カリオストロの城』から最新作『風立ちぬ』まで

    宮崎駿監督作品『カリオストロの城』から『風立ちぬ』まで話題作勢ぞろい<フォト集>

    アニメ・コミック

    『風立ちぬ』を最後に、長編映画制作の引退を発表した宮崎駿監督。今回、長きに渡り日本のアニメ業界の第一線で活躍してきた宮崎監督の“長編映画監督作”『ルパン三世 カリオストロの城』から『風立ちぬ』までフォトで振り返ります。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access