凜-りん- 関連記事

  • 佐野勇斗&本郷奏多、映画『凜‐りん‐』プレミア試写会舞台挨拶に登壇

    本郷奏多、佐野勇斗は「ダークな部分が見えない。今のところは」

    映画

     俳優の本郷奏多が25日都内で、主演映画『凜‐りん‐』のプレミア試写会に登場。ダブル主演を務めたM!LKの佐野勇斗に関して「すごく真っ直ぐでカワイイ子。一瞬たりともダークな部分が見えない。本当にいい子なんだなと思う。今のところは」と評した。@@cutter 本作は、芥川賞作家・又吉直樹書き下ろしの舞台作品『凜』(07)を原作とする青春群像サスペンス。「100年に一度、村から子供が消える」という伝説がある村で巻き起こる騒動を描く。  今回のイベントには本郷や佐野のほか、須賀健太、亀田侑樹、櫻井圭佑、平祐奈、石田ひかり、池田克彦監督が出席した。  佐野は、事務所の先輩でもある本郷について「優しい兄貴」と好評価。「事務所に入る前から知っていて、よくドラマとか好きな作品とかに出られていて、すごくミステリアスな役が多い印象だった。勝手に“ミステリアスな方かな”と思っていたら…違う。本当に優しい」と話し、「(本郷が)LINEとかも交換してくれた」と笑顔を弾けさせた。  そんな佐野について本郷は「すごく真っ直ぐでカワイイ子。撮影や宣伝でたくさん一緒にいる機会があったけど、一瞬たりともダークな部分が見えない。本当にいい子なんだなと思う。今のところは」と話した。他方、須賀が「本郷さんとは、共演したことがなかったので楽しみだった。撮影待っている時には『須賀健太、好きだわ』と言ってくださった。それがうれしかった」と明かすと、本郷は間髪入れずに「子役出身の人間って、大体心がひねくれてる。シンパシーを感じた」とあけすけに語り、会場を笑わせた。  映画『凜‐りん‐』は、2月22日よりロードショー。

  • 『凜‐りん‐』に出演する山口紗弥加

    佐野勇斗&本郷奏多W主演『凜』、山口紗弥加が保険教師役で出演

    映画

     俳優の佐野勇斗と本郷奏多がダブル主演する映画『凜‐りん‐』に、追加キャストとして山口紗弥加が保健教師役、堀部圭亮が神主役で出演することが発表された。@@cutter 本作は、芥川賞作家・又吉直樹が受賞前に舞台脚本として初めて書き下ろし、2007年に上演された『凜』を、池田克彦監督が映像化したミステリー作品。「100年に一度、村から子供が消える」という伝説が伝わる村に住む高校生5人組を描く。  山口は、5人組が通う村の高校に臨時で働くことになった保健教師、里中のぞみを演じる。「初めて台本を読ませていただいた時、泣いてばかりいた十代を思い出しました」という山口。「多感な時期の『友情』は、脆くて、しょっぱい。だからこそ、余計に眩しいのかもしれません。それはとても温かくて、愛おしいものです。私は、5人の男の子たちの“友情の形”を浮き彫りにできたら…という思いで、彼らを応援するつもりで参加させていただきました」と本作への思いを語った。  堀部は、村に伝わる伝説の真相を知りたがる高校生5人組に、自分たちで詮索しない方がよいと警告する神主の役。本作について「『あぁー、そういうアレか…』なんてナメてると、とんでもなく裏切られます! なに? このどっぷりミステリー感! それぞれの“闇”も見せちゃう、骨太な人間ドラマ感!! くそぅ…芥川賞作家め」とコメントしている。  映画『凜‐りん‐』は2019年2月22日公開。

  • 『凜』本ポスタービジュアル

    又吉直樹原作、佐野勇斗&本郷奏多ダブル主演『凜』本予告到着

    映画

     俳優の佐野勇斗と本郷奏多がダブル主演を務める映画『凜‐りん‐』から、本予告映像が解禁。公開された本予告には、不気味な伝説が残る村で展開する殺人事件が描かれている。@@cutter 本作は、芥川賞作家でお笑い芸人の又吉直樹が『火花』の前に書いていたという初の長編小説『凜』を実写化したミステリー映画。佐野と本郷のほか、須賀健太や亀田侑樹、櫻井圭佑、大沢ひかる、平祐奈、片桐仁、石田ひかり、山口紗弥加ら豪華俳優陣がキャスティングされている。  予告編は、消えた小さな女の子を探す母親たちを捉えた物々しい映像からスタート。純朴な高校生・耕太(佐野)たちの元に、東京からの転校生・天童(本郷)が現れる。抱えている秘密を打ち明けない天童と、彼と衝突する耕太。そんな中、友達の1人が消え、仲間たちは疑心暗鬼になっていくさまが描かれている。  映画『凜‐りん‐』は2019年2月22日より全国公開。

  • 『凜』本ポスタービジュアル

    佐野勇斗&本郷奏多W主演『凜』公開日決定&ポスター解禁

    映画

     俳優の佐野勇斗と本郷奏多がダブル主演を務める映画『凜‐りん‐』の公開日が2019年2月22日に決定。併せて、主演の2人の姿を配したポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 本作は、芥川賞作家でお笑い芸人の又吉直樹が書き下ろした初の長編小説『凜』を実写化したミステリー映画。主演の佐野と本郷のほか、須賀健太や亀田侑樹、櫻井圭佑をはじめ、大沢ひかる、平祐奈、片桐仁、石田ひかり、山口紗弥加など豪華俳優陣がキャスティングされている。  高校2年生になる野田(佐野)が通う村の高校に、東京からの転校生・天童(本郷)がやってくる。天童は程なくクラスに溶け込み、野田とも楽しい日々を過ごしていた。ある日、野田の友達の1人が姿を消してしまう。村で語り継がれる「100年に一度、村から子どもが消える」という伝説が人々の脳裏をよぎる中、小さな村は混乱し、天童に疑いの目が向けられることに…。  先日開催された京都国際映画祭にて特別上映された本作。舞台挨拶に立った主演の佐野は「あまり主演をやらせたて頂いたことがなく立ち振る舞いが分からず困った時に、事務所の大先輩である本郷さんの背中を学ばせて頂きながらこの役をやり切れたという思いがあります」とコメント。さらに本郷は「フレッシュな若い子のお芝居が魅力的で最後まで見て頂けたらきっと心に響く映画になっていると思います」と語った。  公開日決定と併せて解禁されたポスタービジュアルは、野田を演じる佐野の力強い眼差しと、本郷扮する天童のクールな表情の対比が特徴的なデザインに仕上がっている。  映画『凜‐りん‐』は2019年2月22日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access