青の帰り道 関連記事

  • 『青の帰り道』初日舞台挨拶に登壇した真野恵里菜

    真野恵里菜、紆余曲折の主演映画公開に涙「ようやくこの日を迎えられた」

    映画

     女優の真野恵里菜が7日、都内で行われた映画『青の帰り道』初日舞台挨拶に出席。キャストの交代や撮影中断などを経てようやく公開にたどり着いた本作に「スタッフさんやキャストの各事務所さんの協力でようやくこの日が迎えられました」と涙を流しながら喜びを口にした。当日は、真野のほか森永悠希、秋月三佳、戸塚純貴、冨田佳輔、藤井道人監督も出席した。@@cutter 本作は、東京近郊に住む7人の若者たちが、試行錯誤しながら自分たちの人生に向き合っていく姿を描いた青春群像劇。前述したように、ようやく公開日を迎えられたことに感無量な表情を浮かべた真野は、急きょキャストに加わった戸塚に対しても「相当なプレッシャーがあったと思いますが、そんなことも感じさせないぐらいしっかり着いてきてくれた」と主演として労をねぎらった。  さらに仕事の関係で出席できずビデオメッセージを届けた横浜流星と清水くるみを含めた共演者にも感謝の意を述べ、「作品から離れてそれぞれが違う場所に行ったのですが、また集まったときしっかりみんなで力を発揮できた。私もやり切った感があります」とあらためてこの作品に全てを捧げられたことを強調した。  そんな真野の姿に藤井監督も「みんなが主演の真野さんにしっかりとついていってくれていました。俳優部の人たちが互いに尊敬し合っている、とても敬意に満ちあふれた現場でした。だからこそ、僕らも俳優たちと意見を言い合えた」と称賛を送った。  最後まで目を潤ませていた真野は、客席に向かって「この映画を選んでくださって本当にうれしいです。観終わったあと、引っかかったり、納得いかない部分もあるかもしれません。でもきっと何かを感じる作品になっています」とアピールしつつも「作品が(自分たちの手から)離れるのは寂しい」とまたもや涙。それでも「人生には可能性があります。いつからでもやれることがある」と作品に込めた思いを語っていた。  映画『青の帰り道』は公開中。

  • 映画『青の帰り道』に主演する真野恵里菜にインタビュー

    真野恵里菜、公私ともに変化した2018年 「支えになりたい」が基本に

    映画

     女優・真野恵里菜の主演映画『青の帰り道』が12月7日より公開を迎える。本作で真野は、歌手を目指す女性の夢や希望、葛藤や挫折、憤りなど揺れ動く機微を見事に表現している。2018年は本作を含め4本の劇場映画公開、さらにプライベートでは結婚と公私ともに大きな転換期を迎えた。今、真野はどんな思いを抱いているのだろうか――胸の内を聞いた。@@cutter 真野が演じたカナは、東京近郊に住む歌手を夢見る女の子。自身の“才能”を信じつつも、現実はそう甘くない。それでも“夢”を信じて前を向く姿は、真野の心に大きく響いたという。「歌手になりたい、東京に行って夢を叶えたいというのは、私と似ている部分がある」と語ると「これまで役をいただくとき『自分で大丈夫かな』と不安に思うことが多かったのですが、台本を読んだとき『この役は私がやるんだ!』という強い決意が持てた」と真野にとって特別な位置づけの作品になる予感があったという。  真野自身、アイドルから芸能活動をスタートし、その後女優へと軸足を移したときの気負いや葛藤、苦しさなどを過去のインタビューでも隠すことなく語っていたが、本作で演じたカナが、過酷な人生に落ちていってしまうことに「私も、少し違う道を歩いていたら、底のない穴に落ちていってしまったかもしれない」という恐怖心があった。しかし、だからこそリアルな表現ができた。真野が演じたカナの生々しさは特筆できる。「私がやりたかったお芝居ってこういうことだったのかも」と大きな気づきが得られた現場だったという。 @@insert1  本作は、出演者の突然の降板などで、一旦撮影が中止になり、完成まで想像を絶する困難があった。「残された私たちはどうしたらいいか。今まで考えたことがなかったことをたくさん考えました。悔しさもありましたが、苦楽を共にした仲間のおかげで、負の感情を抱くぐらいなら、撮影の再会を目指して前を向いて頑張ろうという気持ちになれました。その意味でも私にとって忘れられない作品なんです」。  さらに真野は「撮ったものが人に届いて初めて役者という仕事が成り立つんだなと思った」としみじみ語ると「その人の生きざまが作品に出ると思う。その意味で怖さもあるし、決して楽しいことだけではないけれど、この作品を経験して、お金を払って映画を観てくださった方々に、何かしら残したいという思いが強くなりました。自分が役者というお仕事をする意味も考えさせられましたし、この仕事を続けていきたいと強く思えるようになった映画でした」と強い視線で語る。@@separator 女優という仕事へのやりがいを再認識したという真野だが、今年7月、プロサッカー選手・柴崎岳と結婚し、生活の拠点をスペインに移した。今は「家庭を優先したいと思っています」ということだが「使いたいと思ってもらえるということが前提ですが、役者って何歳でもできる仕事だと思うんです。その意味で、今の海外の生活や、日常をしっかり過ごすことによって真野恵里菜という人間をより磨いていけるのかなと思っています」と現在の状況も女優業に対してはプラスになると考えているようだ。  人間を磨くという意味で、環境の変化は大きく真野の心を変えた。なによりも考え方がシンプルになったという。「横にいてくれる人ができたことはとても心強いです。今までは“格好いい自分”を見せようという思いがどこかにあったのですが、今はそんなことをする必要がない。誰かに批判や指摘されることを恐れていると、小さい世界で収まってしまう。それではもったいないですよね」。 @@insert2  さらにパートナーができたことで、新しい感覚も芽生えた。これまではご飯を作るのも、家のことをするのも、仕事もすべて自分のためだった。しかし今は「パートナーの支えになりたい」というのが行動の基本だという。こうした感覚を得たことで、改めて自分を応援してくれる人への感謝の気持ちが強くなった。「人の夢が叶う瞬間がこんなにも幸せなことなんだ」と実感したという。  日々の生活の中で感じることすべてが新鮮で、乾いたスポンジのように真野の心に吸収されていく。「今はたぶんインプットの時期だと思う」とはにかんだ真野。「未来が楽しみですね」と投げかけると「これまでは“こうなりたい”というものを思い描き過ぎていたのですが、今はとてもフラットな状態。毎日を大事に生きることだけなんです。でも逆に目標を立てるよりも、10年後、20年後、どんな未来が待っているか、すごく楽しみなんです」と希望に満ち溢れた表情で語ってくれた。(取材・文:磯部正和 写真:松林満美)  映画『青の帰り道』は12月7日より全国公開。

  • 『青の帰り道』完成披露上映会に登壇した真野恵里菜

    真野恵里菜、思わず号泣! 紆余曲折あった主演映画完成披露で

    映画

     女優の真野恵里菜と俳優の横浜流星が13日、都内で行われた映画『青の帰り道』の完成披露上映会に清水くるみ、秋月三佳、冨田佳輔、藤井道人監督と参加した。@@cutter 高校時代の仲良し男女7人が、夢と現実の狭間で揺れながらも未来に向かって歩いていく姿を描く本作。2016年8月に撮影中の群馬県で、出演予定だった高畑裕太氏が起こした騒動によって撮影中止を余儀なくされたものの、再びキャスト・スタッフが集結し、完成させた経緯がある。  藤井監督は「この映画は紆余曲折あって2016年8月14日から撮り始めて2017年8月13日に撮り終わりました。長い長い旅を、真野さん含めたくさんのスタッフ・キャスト欠けることなく駆け抜けた1年でした」と回想し「そこからもう1年編集に時間をかけて…こうやって皆さんに観ていただけるのは感無量」と作品完成に並々ならぬ思い。  その言葉を聞いた真野は「公開初日を迎えていないので、まだ油断はできないけれど…なんですかね」と感極まって思わず号泣。それに横浜は「みなさんの前に立つといろいろな感情が出てくるよね」と真野の心境をおもんぱかり、清水も「監督が私たちの思いを話してくれた」としみじみと口にしていた。  また映画の内容にかけて「自分が自分でいられる場所」を聞かれた真野は「実家に帰ったときに地元の駅を降りた瞬間、今まで感じなかった地元の匂いを感じて、帰ってきたなぁとすごく感じた。有名なものも目立ったものもない普通の田舎だけれど、その空気感が東京と違ってホッとするなぁと最近感じた」と故郷の存在が愛おしそう。  同じ問いに横浜は「自分の部屋」といい「誰にも気を遣わず自分の好きなことを好きな時間にできるから。自分は悩みとかを人に相談しないタイプだから、自分の部屋にいるときの自分を見つめ直す時間や向き合う時間を大切にしています。だから家にいる時間も多くなる」とインドア派の理由を打ち明けていた。  映画『青の帰り道』は、12月7日より全国順次公開。

  • 映画『青の帰り道』場面写真

    真野恵里菜、横浜流星ら出演『青の帰り道』場面写真一挙公開

    映画

     女優の真野恵里菜、俳優の横浜流星らが出演する映画『青の帰り道』より、主要キャストの場面写真が一挙到着した。@@cutter 本作は、7人の若者達が群馬県前橋市と東京を舞台に繰り広げる苦悩と成長を描いた青春物語。それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいく様を瑞々しく映し出す。  真野が演じるのは、歌手を夢見て地元を離れ上京するカナ。家族とうまくいかず、実家を出て東京で暮らすことを決めたキリに清水くるみ、漠然とデカいことをやるとイキがるリョウに、横浜が扮する。カナとの音楽活動を夢見ながらも、受験に失敗し地元で浪人暮らしが決定したタツオを森永悠希、子供が出来て結婚を決めたコウタとマリコをそれぞれ戸塚純貴と秋月三佳が演じる。さらに、現役で大学に進学し、意気揚々と上京するユウキを冨田佳輔が担当する。  公開された7人の場面写真は、楽しそうな表情や寂しげな顔、日常での一コマなど、彼らの様々な状況が映し出されたもの。誰もが通過する青春時代の一幕と、大人への道程が切り取られたショットとなっている。  映画『青の帰り道』は12月7日より全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access