麻雀放浪記2020 関連記事

  • 映画『麻雀放浪記2020』主演の斎藤工

    斎藤工、映画本来の“ギャンブル性”に刺激「全身全霊で向かっていく」

    映画

     俳優の斎藤工と『孤狼の血』(2018)などの白石和彌監督が初タッグを組んだ映画『麻雀放浪記2020』が4月5日よりついに公開された。本作は、イラストレーターの和田誠がメガホンを取った1984年版『麻雀放浪記』を“名作”として称える斎藤が、映画化を切望したことから企画がスタートし、構想10年の歳月をかけてようやくたどり着いた夢の結晶。「先の見えないものに全身全霊を懸けた」という斎藤が、本作への並々ならぬ思いと、とどまることを知らない日本映画への愛を語った。@@cutter 本作は、阿佐田哲也のベストセラー小説を基に、『東京ゾンビ』『東京闇虫』シリーズの佐藤佐吉が脚色し、白石監督がiPhoneなどを駆使した新たな世界観で再映画化した衝撃作。舞台は第三次世界大戦で東京オリンピックが中止となった2020年、第二次世界大戦後の1945年から時空を超えてやってきた主人公・坊や哲(斎藤)は、少子高齢化に伴う人口減少、マイナンバーによる過剰な管理社会、AI導入による労働環境破壊など、想像を絶する未来の戦後に愕然としながらも、“自動雀卓”という新たなステージで死闘を繰り広げる。 @@insert1  原作、そして1984年版の映画をこよなく愛する斎藤は、映画化することに「ワクワクすると同時に恐ろしさも感じていた」と、企画立ち上げ当初の心情を振り返る。ところが、佐藤の大胆な脚本を読んで吹っ切れた。「これが本当に『麻雀放浪記』? と思うほど鋭角的で奇天烈な世界観に唖然・呆然としながらも、気がつくと、喉が渇き切るように最後までページをめくっていました。これこそ、邦画がいつの日か失った、映画が持つ自由表現の行使であり、阿佐田哲也のスケール」と絶賛。 @@insert2  そして、このプロジェクトに白石監督が参加することで、「原作をリスペクトしながらも、佐藤氏×白石監督という掛け算が、リメイクではなく“リニューアル”と言ってもいいほどの強度を持った」と自信をのぞかせる斎藤。「白石監督の目には正解が見えていて、そこにわれわれを自然と導いてくれました。新たな挑戦にも意欲的で、前作で描かれた伝説的なシーンを完璧に再現するというトライには鳥肌が立ちましたし、さらに今回、全編iPhoneでの撮影にも果敢に挑戦している。回転寿司の皿にiPhoneを乗せて寿司を撮るシーンがあるんですが、“寿司の気持ちになれる”あのアングルは、映画史上初かもしれません(笑)」。@@separator また、主人公・坊や哲の新たな役づくりについては、「屈強な敵の長所を吸収しながら成長していく順応性が坊や哲らしさ。決して完全無欠ではなく、傷を負いながらも、そこがカサブタのように分厚くなっていく成長譚みたいなものを表現できればと思いました。あとは、昭和の匂いを象徴する存在であることは、常に意識していました」と述懐。さらに、「今回は、勝負にこだわる昭和の雀士が、イカサマの通用しない現代の自動雀卓で勝負したらどうなるのか、というところも見どころの1つ。撮影中は、(手になじむように)右手に1945年当時の竹牌、左手に自動雀卓の牌をクルクル回しながら過ごしていました」と麻雀漬けであったことを明かした。 @@insert3  それにしても、斎藤の映画に注ぐ愛の深さはハンパない。俳優業はもとより、長編映画『blank13』で監督に挑戦したり、移動映画館「cinema bird」を運営したり、さらにはカメラマンとして映画のメインヴィジュアルを撮影したり、その活動は多岐にわたる。「俳優以外の角度から映画に携われるのは、俳優を長く続けてきた時間があるからこそ。コンパスの中心はあくまでも俳優であり、そこは勘違いしてはいけない」と自身を戒める。ただ、「その一方で、マルチに活躍している海外の俳優たちを見ていると、いろんな関わり方があってもいいのかなという思いもあって、自分と映画との距離が一番自然なところを今、模索しているところ」と笑顔を見せる。 @@insert4  構想10年を費やした本作もその一環だが、「先が見えないものに全身全霊で向かっていく」という映画本来のギャンブル性に「好奇心を刺激された」という斎藤。「企画の段階から“損”をしない方向で作られたものにワクワクしないですよね。でも、この映画は、それこそ麻雀ではないですが、劇場にどれだけの方が足を運ぶか“賭け”に出た作品」と目を輝かせる。「映画は世界の共通言語。かつて日本映画が世界と渡り合いながら会話ができた時代を取り戻したい。そういった意味では、白石監督のような存在は貴重です」。永遠の映画少年・斎藤の夢は始まったばかりだ。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『麻雀放浪記2020』は全国公開中。 @@insert5

  • (左から)長澤まさみ、浜辺美波

    長澤まさみ、浜辺美波の主演作も! この春観たい「邦画」ランキング

    映画

     20~50代の男女が選ぶ「この春に観たい『邦画』ランキング!」が発表され、第1位に劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が輝いた。第2位は『コンフィデンスマンJP』、3位は『キングダム』が選ばれた。@@cutter 今回の結果は「株式会社CMサイト」が2019年3月7日、インターネットリサーチを実施。20~50代の男女8194名の有効回答を集計したもの。  第1位の『紺青の拳』(4月12日公開)は、劇場版『名探偵コナン』シリーズ第23弾となる最新作。劇場版シリーズ初の海外・シンガポールを舞台にコナン君、怪盗キッド、劇場版初登場の京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。第2位の『コンフィデンスマンJP』(5月17日公開)は、痛快エンターテインメントコメディードラマとして放送された、フジテレビ月9ドラマの映画化。主演には長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が名を連ねている。第3位の『キングダム』(4月19日公開)は、原作コミックの累計発行部数が3800万部を突破する大人気作品。山﨑賢人、吉沢亮、長澤まさみら豪華俳優陣が、古代中華戦国大河ロマンを紡いでいく。  第4位の『空母いぶき』(5月24日公開)は、累計350万部突破のベストセラーコミックが、西島秀俊、佐々木蔵之介をはじめとした俳優陣によって初の実写映画化を果たした。第5位の『貞子』(5月24日公開)では、ジャパニーズ・ホラーブームおよび、貞子というホラーアイコンを生み出した映画『リング』で監督を務めた中田秀夫が再びメガホンを取る。  第6位は『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)、第7位は『チア男子!!』(5月10日公開)、第8位は公開中の『えいがのおそ松さん』、第9位『映画 賭ケグルイ』(5月3日公開)、第10位は『パラレルワールド・ラブストーリー』(5月31日公開)がそれぞれランクインしている。

  • 映画『麻雀放浪記2020』完成報告&舞台挨拶の様子

    斎藤工、『麻雀放浪記2020』公開決定に安堵「誰よりも待ちわびている」

    映画

     俳優の斎藤工が20日、都内でおこなれた主演映画『麻雀放浪記2020』完成報告会見&舞台挨拶に、共演のもも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、そして白石和彌監督らと出席。同日朝にノーカット公開が決まった本作について、斎藤は「(公開日の)4月5日を誰よりも待ちわびている人間の一人です」と思いを語った。@@cutter 作家・阿佐田哲也のベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジし、和田版を生涯ベストの1つと公言する斎藤が主人公の天才ギャンブラー・坊や哲を演じる。  斎藤は、本作に出演するピエール瀧の逮捕など、紆余曲折を経ての公開決定への思いを聞かれると「今朝、公開すると発表があるまで、本当にどうなるかわからない、不安の中で過ごしてました」としたうえで「本当にほっとした気持ちでいっぱいです」とコメント。  一方の白石監督は「(ノーカットでの公開決定が)正しかったのか正しくなかったのか、わからない状態ではあるんです」と本音を吐露。自身の監督作でたびたびタッグを組んできたピエール瀧に関しては「長い時間を共にした作品もあったし、その中で気づけなかったのは、自分の不徳の致すところ」と反省の弁を述べ、過去作品で禁止薬物を描写してきたことにも言及。「啓発運動だったりとか。そういうことは作品とはまた別に、個人的に取り組んでいきたい」と胸中を明かしていた。  その後、一同は舞台挨拶にも登壇。斎藤は和田誠版について「映画というフィクションを見ているはずなんですけど、本当にドキュメントを見ている(ような)、子ども心に、ある種のトラウマを覚えた映画でもありました」と発言。続けて「戦後、日本の人々はこうやって立ち上がって、自分を犠牲にしながら、何かをつかんで、今に至ったんだなっていう、見えない何かを強烈に成分として吸収しちゃったんですよね。だから自分の一部じゃないですけど、そういう作品でした」と振り返っていた。  イベントでは和田誠版が上映され登壇者が観客とともに鑑賞したほか、本作のムビチケカードが観客にプレゼントされた。  映画『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開。

  • 映画 『麻雀放浪記2020』公開に関する会見に出席した、白石和彌監督

    ピエール瀧出演『麻雀放浪記2020』ノーカット公開決定 白石和彌監督「作品に罪はない」

    映画

     麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者(本名:瀧正則)が出演する映画『麻雀放浪記2020』の公開に関する会見が20日、東映本社で行われ、配給会社の東映株式会社代表取締役社長の多田憲之氏と監督を務めた白石和彌が出席。多田氏が予定通り、4月5日にノーカットで公開することを正式に発表し、白石監督が瀧容疑者への今の思いを目に涙を浮かべながら打ち明けた。@@cutter 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来35年ぶりに再び映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。和田版を生涯ベストの1つと公言する斎藤工が主人公・坊や哲を演じており、瀧容疑者は、坊や哲の運命を揺り動かす元五輪組織委員会長という重要な役どころを演じている。  事件発覚後、関係各所と協議を重ねてきたという東映。多田氏は「容疑が事実なら決して許されることではなく、大変憤りを感じている」と触れつつも、「罪を犯した一人の出演者ために、作品を待ちわびているお客様に公開しないという選択肢はとらないという結論に至った。劇場での上映は有料で、鑑賞の意志をもったお客様が鑑賞するクローズドなメディアなので、テレビやCMと異なる。賛否両論の意見があると思うが公開します」と宣言した。  現状、関係各所と協議は続いていて、今回の決定は配給を受け持つ東映としての判断。今各所に理解してもらってる段階で、すべての会社が総意なわけではないという。劇場側もまだ知らないそうで、現状51スクリーンで公開を予定しているが、「劇場からのどういうリアクションがあるかは分からない」とのこと。公開時の対応として、チケットを購入する客に対しては、瀧容疑者が出演しているという注意喚起をポスターや上映前などに行い、フォローしていくという。  一方、白石監督は逮捕の一報を聞いたとき、「驚き、容疑者に対して抑えられない憤りを感じた」と怒りをにじませ、「編集や追撮も考えましたが、東映さんに本当の気持ちを問われ、僕がベストだと思った形で公開したいと伝えました。この映画に関わったみんなが薬物に対して反対な立場。だけど、個人が犯した罪で作品そのものには罪はないんじゃないかと思う。大変でしたが、現状こういう形で公開できたことをほっとしています」と今の思いを告白。  白石監督はこれまで5作品で関わってきた瀧容疑者に対して、「僕を監督として大きく引き上げてくれた一人。彼のもってるキャラクターと男っぷりなどに惚れて仕事をしていました」と明かし、「20代の頃からやっていたとニュースで知ったけど、仕事をしているときは僕にはわからかった。今は言葉にできないし、バカヤローとしか言いようがない。今は自分の罪を反省して、薬を治療して人として歩いてほしい」と目を潤ませながら更生を訴えた。  映画『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開。

  • 映画『麻雀放浪記2020』に出演するヴァニラ

    全身2億超え整形のヴァニラ、『麻雀放浪記2020』で量産型セクサロイド役

    映画

     総額2億円以上の全身整形で話題になっているタレントのヴァニラが、俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』で映画初出演を果たすことがわかった。「量産型セクサロイド」役として、物語の随所に登場する。@@cutter 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来35年ぶりに再び映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジし、和田版を生涯ベストの1つと公言する斎藤が主人公・坊や哲を演じる。メガホンをとるのは、映画『孤狼の血』の白石和彌監督。  ヴァニラが演じるのは、科学技術が加速度的に発達し、国民の労働や生活の管理すべてを人工知能が支配する東京で、至るところに出現する量産型AI搭載セクサロイド。バッティングセンターの客寄せロボットや高級クラブのホステスとして、物語の随所に登場する。全身整形に総額2億円以上を費やしたというヴァニラは、まさに人類が追い求める理想の姿。見た目は人間だが魂のないアンドロイドという難しい役どころだが、彼女の究極の美で量産型セクサロイドの醸し出す虚無感を体現する。  本作が映画初出演となるヴァニラは「初めての映画出演でとても緊張したけど、和気あいあいの現場でとても楽しかったです。監督やスタッフさんに色々とご指導頂きながらアンドロイド役を演じさせて頂きました。びっくりしちゃうようなシーンもあるので是非皆さん楽しみにしていてくださいね!」と出演の喜びを語った。  白石監督は「究極の美しさを求めるヴァニラさんに強い感銘を受け、量産型アンドロイドを演じて頂きました。二度登場しますが、少しアンドロイドとしての仕様が違います。将来のアンドロイドがヴァニラさんの容姿になったら最高だと思いました」とコメントを寄せている。  映画『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開。

  • ベッキー

    ベッキー、体のラインくっきり! アンドロイド役コスチューム姿に反響

    エンタメ

     タレントのベッキーが20日、自身のインスタグラムにて映画『麻雀放浪記2020』(4月5日全国公開)に出演することを報告。自身が演じるAI役のコスチューム姿を披露すると、「スタイル良すぎる」「セクシー」と反響が寄せられた。@@cutter 昨日20日、本作で「ヒト」と「アンドロイド」の2役を演じることが発表となったベッキーは、「4月5日に公開される映画『麻雀放浪記2020』でAIユキの役も演じさせて頂いてます。戦後のシーンでは八代ゆきとして、2020年のシーンではAIユキとして、2役を」と報告。同時にユキの体のラインがくっきりと出る衣装を着用した場面写真を掲載した。  主演の斉藤工は、結婚後初の映画出演となるベッキーに対し「ベッキーさんは演じるを超えて、ほぼ“憑依”されていました。麻雀も体得されていて、特にAIユキのハマり具合は衝撃的」とコメント。監督を務める白石和彌は「感情を持たないAIという難役で大変だったと思いますが、見事に演じてくれました」と語っていることから、ベッキーは「斎藤工さん、白石監督、素敵なお言葉ありがとうございました」と感謝の気持ちをつづっている。  コメント欄にはスタイル抜群のアンドロイド役ベッキーに「セクシー」「脚ながぁ!!」「スタイル良すぎる」といった絶賛の声が相次いでおり、「本当に本当に楽しみ」「観に行きます」といった期待の声も多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/becky_dayo/

  • 『麻雀放浪記2020』に出演するベッキー

    ベッキー、『麻雀放浪記2020』AI搭載アンドロイド役で1人2役

    映画

     俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』で、タレントのベッキーが、1人2役に挑戦していることが分かった。結婚後初の映画出演となるベッキーは、「ヒト」と「アンドロイド」という2つのハードな役どころに挑む。@@cutter 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来35年ぶりに再び映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジし、和田版を生涯ベストの1つと公言する斎藤が主人公・坊や哲を演じる。メガホンをとるのは、映画『孤狼の血』の白石和彌監督。  ベッキーは、1945年の【戦後】で斎藤演じる坊や哲が通っていた麻雀クラブのママ・八代ゆき役と、2020年の新たな【戦後】で、哲の前に現れる謎のAI搭載アンドロイド・ユキの2役に挑戦。東京オリンピックの中止を清算しようと、国家が新たな国策利用のため創造した“セクサロイド”ユキに扮し、端正な顔立ちと佇まいで、人工知能のもたらす利便性の裏に潜む無機質ゆえの不気味さを体現する。  結婚後初の映画出演となるベッキーは「二役もやらせていただけて嬉しかったです。二役と言っても、“人間と人間”ではなく“人間とAI”なので、かなりやりがいがありました。AIに心はないけれど、AIなりの心の動きがほんの少し伝わったらいいなぁと思っています」と、アンドロイドという難しい役を務める意気込みを語った。  主演の斎藤は「ベッキーさんは演じるを超えて、ほぼ“憑依”されていました。麻雀も体得されていて、特にAIユキのハマり具合は衝撃的。ベッキーさんにしか務まらない役柄でした」と絶賛のコメント。  白石監督は「感情を持たないAIという難役で大変だったと思いますが、見事に演じてくれました。AIという役の経験は結婚には役立たないかもしれませんが、八代ゆきの妖艶さは是非とも結婚生活に役立ててください!」と冗談交じりにコメントした。  映画『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開。

  • 映画『麻雀放浪記2020』場面写真

    斎藤工『麻雀放浪記2020』 2つの“戦後日本”を描く予測不能の特報解禁

    映画

     俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』より、特報映像が解禁された。斎藤演じる坊や哲が1945年からタイムスリップしてきた2020年の世界で、核爆発を思わせる巨大なキノコ雲や朽ち果てた東京五輪のポスターなどが断片的に映し出されるショッキングな映像となっている。@@cutter 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来35年ぶりに再び映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジした内容となっている。和田版を生涯ベストの1つと公言している斎藤が主人公・坊や哲を演じる。メガホンをとるのは、映画『孤狼の血』などアウトロー映画の第一人者である白石和彌監督。  坊や哲が終戦直後の1945年からタイムスリップしてきたのは、2020年の東京。人口は減少し、労働は人工知能(AI)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれ、東京五輪が中止となった未来だ。そんな思わぬ状況での“麻雀”の死闘を描く。  特報映像は、戦後、焼け野原となった東京をさまよう坊や哲の後ろ姿から始まる。行く先に映し出されるのは、レンガ造りの建物。タバコの煙が立ち込める中、男たちが博打に命を賭けている様子が克明に描かれる。退廃的な世界で血をたぎらせ生命力を燃やすアウトローたちの姿は、まさに阿佐田哲也・和田誠が描いてきた『麻雀放浪記』の世界。しかし、突如として「伝説の傑作小説よ、さらば。」という高らかな宣言とともに、舞台はモノクロの1945年から2020年へ。そこにサブリミナル的に映し出されるのは想定外の東京の姿だ。こうこうとした光に包まれる謎の闘技場、朽ち果てた2020年東京五輪のポスター、核爆発、未来的な研究所、覚醒するアンドロイドの眼。映像は「これでいいのか、ニッポン」というメッセージで幕を閉じる。  映画『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開。

  • 『麻雀放浪記2020』に出演する(左から)的場浩司、小松政夫

    『麻雀放浪記2020』的場浩司ら出演決定! 原作に登場する重要キャラ

    映画

     俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』に、俳優の的場浩司、小松政夫が出演することが分かった。2人は原作小説にも登場する、主人公・坊や哲と激闘を共にするキャラクターを演じる。@@cutter 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を原案としながら、設定やキャラクターを大胆にアレンジした作品。10年間映画化を熱望していた斎藤が、1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー、坊や哲を熱演する。斎藤のほかに、竹中直人、チャラン・ポ・ランタンもも、ベッキーが出演。メガホンをとるのは映画『孤狼の血』の白石和彌監督だ。  このたび解禁されたのは、主人公の坊や哲がいたとされる1945年の“戦後”に登場するキャラクターを演じる俳優たち。的場は、並々ならぬ熱で麻雀に没頭するドサ健を演じる。自身の役作りについて「『ドサ健』を演じるにあたり強く意識した事は『リアルな雀士』である事」と語ると、続けて「プライベートで使った事がない竹牌を常に持ち歩き、手に馴染ませるよう努めました。自分なりの『ドサ健』を創れたのではないかと思います」と自信をのぞかせる。  小松は、勝つためには手段を選ばず完膚なきまでに相手を叩き潰す出目徳役を務める。小松は本作について「阿佐田哲也さんの原作をそのままリメイクするのかなと思っていたので、昭和の情景描写を感じながら演じていました」としつつ、「そしたらとんでもない展開になっていて唸ってしまいました。時にはSFであり、時には昭和の世界に戻り、前屈みになって見入ってしまうような作品になっていると思います」と語った。  また、鋭い眼光で卓を囲む坊や哲たちを翻ろうする“女衒の達”役に堀内正美がキャスティングされている。  映画『麻雀放浪記2020』は2019年4月5日より全国公開。

  • 映画『麻雀放浪記2020』に出演する岡崎体育

    岡崎体育、『麻雀放浪記2020』オタクテロリスト役で映画初出演

    映画

     ミュージシャンの岡崎体育が、斎藤工主演の映画『麻雀放浪記2020』で映画初出演を果たすことが分かった。岡崎は「ついに岡崎体育の憎らし&愛らしフェイスが劇場のスクリーンに映し出されるときが来ました。今後の僕の宿題として、アカデミー賞の新人賞にノミネートされたけど受賞には至らず、受賞された俳優さんに少し悔しさの見え隠れがある笑顔で賛辞を送るやつの練習しときます」とコメントを寄せている。@@cutter 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を原案としながら、設定やキャラクターを大胆にアレンジした作品。10年間映画化を熱望していた斎藤が、1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー、坊や哲を熱演する。斎藤のほかに、竹中直人、チャラン・ポ・ランタンもも、ベッキーが出演。メガホンをとるのは映画『孤狼の血』の白石和彌監督。  舞台は2020年。そこでは人口は減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれ、“東京オリンピック”が中止となった未来だった。1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲(斎藤)が見る驚がくの世界と、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは。  岡崎が演じるのは、戦後からやってきた坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子の熱烈なファン・ドク。映画版の完全オリジナルキャラクターで、電磁パルスを仕掛けるオタクテロリストとして坊や哲を翻弄する。白石監督は「岡崎体育さんの独自の世界観が好きでお願いしたのですが大正解でした。これからお芝居の仕事が増えるんだろうなと思います」と岡崎の役者としての才能に太鼓判を押している。  『麻雀放浪記2020』は2019年4月5日より全国公開。

  • 『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止で困惑する斎藤工

    斎藤工『麻雀放浪記2020』、マカオ国際映画祭出品中止に 理由は「過激すぎ」

    映画

     俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』が、本日8日開幕の第3回マカオ国際映画祭で出品中止となっていたことがわかった。表現の過激さ、反逆的な背景設定等が原因だという。@@cutter 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を映画『孤狼の血』の白石和彌監督の手で実写映画化。10年の歳月をかけて映画化を熱望していた斎藤が、主人公・坊や哲を演じる。  ギャンブルが一つのテーマとなる本作。坊や哲がいるのは、2020年。人口は減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれ、“東京オリンピック”が中止となった未来だ。1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界、そして思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘を描く。  ギャンブラーの聖地であるマカオでのキックオフがふさわしいという理由から、第3回マカオ国際映画祭でのワールドプレミアを行う予定だった本作。しかし、上映ができないということで出品が叶わなくなってしまったという。  映画祭側の公式な見解では、「セックス&バイオレンスによる表現の過剰さ、そして設定となっている世界大戦が起きて東京オリンピック2020が中止になったというシニカルな背景設定など、その過激で反逆的なシーンが多い」との理由により、急きょ出品が中止という判断が下されたとのこと。しかも唯一の日本映画の出品作品として、マカオ国際映画祭から出品要請があり、調整していた矢先の判断だったという。  今回の中止を受け、ド派手な映画祭でド派手な映画を上映しようという夢が叶わなかったため、主演の斎藤が困惑している様子の写真も公開された。果たしてどれほどの過激なシーンと、2020年という設定に時事ネタとして危険視されるほどの未来が表現されているのか。公開の日を待ちたい。  『麻雀放浪記2020』は2019年4月5日より全国公開。

  • 映画『麻雀放浪記2020』に出演する(左から)竹中直人、チャラン・ポ・ランタンもも、斎藤工、ベッキー

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』 ベッキー、竹中直人ら追加キャスト発表

    映画

     俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』の第2弾キャストが発表され、竹中直人、ベッキーらの出演が明らかになった。第2弾キャスト発表と併せて、出演者の劇中での姿も解禁された。@@cutter 『麻雀放浪記2020』は、不朽の名作として読み継がれている阿佐田哲也のベストセラー小説『麻雀放浪記』が原案。2020年、オリンピックが中止されてしまった東京を舞台に、1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が、麻雀で死闘を繰り広げる。映画『凶悪』(2013)『孤狼の血』(2018)などで知られる白石和彌監督がメガホンをとる。  本作で竹中が演じるのは、地下アイドルたちを抱える芸能プロダクションの社長・クソ丸。竹中は「クソ丸という強烈なキャラクターを演じてみて、まだまだやり足りない感じです」と語ると、続けて「もっともっとクソになりたかったな…と思っています」と撮影を述懐。さらに斎藤との共演について「たくみくんとは久しぶりの共演でとてもうれしかったです。そして楽しかった…」と振り返った。  ベッキーが演じるのは、斎藤演じる主人公・坊や哲がいた元の時代で哲に麻雀を教えたアパートの大家であり、麻雀クラブ「オックスクラブ」のママでもある・ゆき。演じるベッキーは白石監督について「周りを緊張させない明るさと元気さがあり、会った瞬間に『あ!これは撮影楽しくなるかも!』と思わせてくださる方でした」とコメント。さらに撮影について「笑えるシーンも、シリアスなシーンも、明るい雰囲気で撮影が進んでいったのが印象的です」と語った。  また本作には、坊や哲の面倒を見ることになる地下アイドル・ドテ子役として、姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のヴォーカル、ももが出演。ももは今回の映画出演について「ぶっ飛んだ設定とキャラクターに最初は少し驚きましたが、演じた“ドテ子”というキャラクターに親近感や共感を覚えながら、次第に白石監督のリクエストに応えることにものすごくやり甲斐を感じられるようになって、緊張はいつの間にか消えていました」と語っている。  映画『麻雀放浪記2020』は2019年4月5日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access