チア男子!! 関連記事

  • 映画『チア男子!!』初日舞台挨拶にて

    横浜流星、「俺は流星」流ちょうなラップ披露に大盛り上がり

    映画

     俳優の横浜流星が10日、都内で開催された映画『チア男子!!』初日舞台挨拶に登壇。流ちょうなラップを披露し客席を沸かせていた。@@cutter 本作は直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアチームをモデルに描いた小説を映画化。ケガをきっかけに幼少期から続けてきた柔道を断念した大学生の晴希(横浜)が、親友の一馬(中尾暢樹)の誘いで始めたチアリーディングを通じて、仲間の大切さや、前に進む勇気を得ていく姿を描いた青春物語。舞台挨拶には、横浜のほか、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、主題歌を担当した阿部真央、風間太樹監督も出席した。    撮影に入る前の3ヵ月、チアリーディングの特訓を行った横浜らメンバーたち。登壇者は口々に、その濃密な時間を過ごしたからこそ、絆とチームワークが生まれたと語る。瀬戸は「みんなで寝て風呂も入った。本当に青春を味わうことができた」と懐かしそうに語ると「謎のラップが流行ったよね」と言及する。続けて瀬戸が「『俺、流星』みたいなのやっていたよね」とつぶやくと、中尾も「やってた」と追随する。    会場から「やって!」という声が上がると、横浜は照れくさそうに笑いながらも「俺は流星、彗星のごとく現れた流星、今日の空は快晴! みんなに『チア男子!!』見てもらいたいぜ!」と流ちょうなラップを披露。客席からは大歓声が上がった。    またイベント後半では、浅香が横浜に熱い思いを吐露するシーンも。メンバーのなかで年上の浅香は、これまでイベントでは横浜に対してイジるような対応が多かったが、この日は「彼は責任感が強くて熱い男。大きなケガをして撮影が一時中断したときは、悔し涙を溜めていた。それでもケガをしてパンパンの手をかばいながらもやり切った姿は本当に格好良かった」とメッセージを送る。    横浜は「大したケガじゃなかったんです。神様に感謝です」と語りつつも「みんなが一生懸命頑張ってきたことを無駄にしたくなかった。やり切れてよかった。浅香さんには本当に支えていただき、心強かったです」と熱い抱擁を交わしていた。

  • 映画『チア男子!!』公開直前イベントにて

    横浜流星、主演作『チア男子!!』は「身を削りながら全力で作った」

    映画

     俳優の横浜流星が7日、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて行われた主演映画『チア男子!!』公開直前イベントに登場した。横浜は公開が3日前ということで「すごくワクワクしています。身を削りながらも全力で作った作品なので、1人でも多くの方に見てほしいです」とアピールした。@@cutter 本作は『桐島、部活やめるってよ』『何者』などの作品で知られる作家・朝井リョウが、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに執筆した同名小説を実写化。道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の坂東晴希(横浜)が、負傷をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)と一緒に、大学チアリーディング界初となる男子チアチーム「BREAKERS」結成を目指す姿を描く。イベントには横浜のほか、中尾、瀬戸利樹、浅香航大、岩谷翔吾、菅原健、小平大智らキャストも登場した。  公開を控え瀬戸は「心と身体を全力でぶつけた作品なので、少しでもみんなの背中を押せる作品になればいいなと思います」、そして浅香は「3ヵ月の撮影期間、あのときの思いにうそはありません。自信をもってお届けできる作品です」と思いを語った。  この日は主題歌を担当したアーティストの阿部真央もステージに登場。本作のために書き下ろした主題歌『君の唄(キミノウタ)』を、感情たっぷりに生歌披露した。今回が公の場で初披露となった『君の唄(キミノウタ)』を聴き終えた横浜は、「本当に素敵でした。撮影のときのことを思い出したりして、感動しました」と感想を語った。  また、この日のイベントでは、ヒット祈願として、本作のキャッチコピ ーでもある“全員で、跳べ!”にちなみ、大型の樽を使った“黒ひげ危機一髪”ふうのゲームにチャレンジ。横浜を筆頭に順番に樽にナイフを刺しこんでいくが1巡目は誰も当たりを引けず。そして2巡目になり横浜がナイフを刺すと見事大当たり。横浜が“持ってる男”ぶりを示した。  最後に横浜は「本気でチアリーディングに挑戦して、一人一人が何かを抱えながら前に進んでいく姿に勇気を与えることができる作品なので、楽しみにしてくれたらうれしいです」とつめかけたファンに語りかけた。  映画『チア男子!!』は、5月10日公開。

  • (左から)映画『チア男子!!』完成披露試写会に登場した横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹

    横浜流星、クライマックス撮影前に大ケガ 痛み止め「めちゃくちゃ飲んだ」

    映画

     映画『チア男子!!』(5月10日公開)完成披露試写会が15日、都内で行われ、ダブル主演を務めた横浜流星、中尾暢樹をはじめ、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、風間太樹監督が出席。同作撮影中、主演を務めた横浜が大ケガを負ったことが共演者から明かされた。@@cutter クライマックスのチアシーン撮影の話題におよぶと、浅香が「言おうか迷ったけど、流星が最後のチア撮影の前、大ケガをしてしまって」と告白。横浜は笑いながら「たいしたことじゃない」としたが、共演者は「いや、たいしたことあったから」「マジで焦った」と口々に振り返った。浅香も「映画、とんだなって思った。お蔵入りだなと」と大惨事だったことを示唆した。  大ケガを負った横浜だが、「みんなの頑張りはムダにしたくなかったので痛み止めをめちゃくちゃ飲んで頑張った」と体にムチを打って撮影を続行したという。浅香は「そういうのがあって撮影日はちょっと長くなったけど、そのチアのシーンは見どころ。最後のチアの発表するところは観てほしい」とファンに呼びかけた。  まもなく令和時代ということで、「新しく始めたいこと」を聞かれた一同。横浜は「健康的な生活を始めたい。作品に入ってしまうとのめり込み過ぎて食を忘れる。激辛が好きで食べ過ぎたり、炭酸を飲み過ぎたり。仕事柄、体が資本なので、いまは激辛を食べるのを止めている。今何を食べているか? サラダチキン!」と回答した。  横浜とダブル主演を務めた中尾は「ずっとマネージャーに言っているんですが、車の免許が取りたくて。22歳なんですけど、そろそろ持っておかないとダメな年齢かなと。今年無理やりにでもやりたい」と意気込み。続く浅香は「令和になって初めて映画館で観る映画は『チア男子!!』です!」と高らかに宣言し、拍手を浴びた。  本作は直木賞作家の朝井リョウによる小説を原作に、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに、男子チアリーディングチームの発足から成長を描く。この日、イベントには作品のモデルとなった早稲田大学男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」のメンバーも登場し、ファンの前でパフォーマンスを披露した。  映画『チア男子!!』は、5月10日公開。

  • (左から)長澤まさみ、浜辺美波

    長澤まさみ、浜辺美波の主演作も! この春観たい「邦画」ランキング

    映画

     20~50代の男女が選ぶ「この春に観たい『邦画』ランキング!」が発表され、第1位に劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が輝いた。第2位は『コンフィデンスマンJP』、3位は『キングダム』が選ばれた。@@cutter 今回の結果は「株式会社CMサイト」が2019年3月7日、インターネットリサーチを実施。20~50代の男女8194名の有効回答を集計したもの。  第1位の『紺青の拳』(4月12日公開)は、劇場版『名探偵コナン』シリーズ第23弾となる最新作。劇場版シリーズ初の海外・シンガポールを舞台にコナン君、怪盗キッド、劇場版初登場の京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。第2位の『コンフィデンスマンJP』(5月17日公開)は、痛快エンターテインメントコメディードラマとして放送された、フジテレビ月9ドラマの映画化。主演には長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が名を連ねている。第3位の『キングダム』(4月19日公開)は、原作コミックの累計発行部数が3800万部を突破する大人気作品。山﨑賢人、吉沢亮、長澤まさみら豪華俳優陣が、古代中華戦国大河ロマンを紡いでいく。  第4位の『空母いぶき』(5月24日公開)は、累計350万部突破のベストセラーコミックが、西島秀俊、佐々木蔵之介をはじめとした俳優陣によって初の実写映画化を果たした。第5位の『貞子』(5月24日公開)では、ジャパニーズ・ホラーブームおよび、貞子というホラーアイコンを生み出した映画『リング』で監督を務めた中田秀夫が再びメガホンを取る。  第6位は『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)、第7位は『チア男子!!』(5月10日公開)、第8位は公開中の『えいがのおそ松さん』、第9位『映画 賭ケグルイ』(5月3日公開)、第10位は『パラレルワールド・ラブストーリー』(5月31日公開)がそれぞれランクインしている。

  • 映画『チア男子!!』本ポスター

    横浜流星×中尾暢樹『チア男子!!』全力の本予告公開

    映画

     俳優の横浜流星と中尾暢樹がダブル主演を務める映画『チア男子!!』より、本予告と本ポスターが解禁された。映像には、全員20代の若手キャストらが3カ月徹底的に練習し、本気で挑んだ全力パフォーマンスによるチアリーディングの模様が映し出されている。@@cutter 本作は『桐島、部活やめるってよ』『何者』などの作品で知られる作家・朝井リョウが、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに執筆した同名小説を実写化。道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の坂東晴希(横浜)が、負傷をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾)と一緒に、大学チアリーディング界初となる男子チアチーム「BREAKERS」結成を目指す姿を描く。  本予告は、体育館での試合開始前に円陣を組んで気勢を上げるBREAKERSのメンバーたちの姿から始まる。続いて、ハル(横浜)が親友のカズ(中尾)から「2人で面白いこと始めようぜ!」と男子チアリーディング部の創設に誘われる姿や、悩みや葛藤を抱えながらも仲間を集め、少しずつ上達していく様子が映し出される。しかし順風に思われた時、ハルのスマートフォンに「ごめん。俺チア辞める」とカズからのメッセージが。それぞれの悩み、葛藤、思いが一気にあふれ出し、7人の間に亀裂を生んでしまう。  映像の後半では、葛藤や固定概念を7人でぶっ壊したいという思いでできあがったBREAKERSのそれぞれの思いや、ハルの「一人とか言うなよ!」という涙の訴えなど、心打たれる場面が描かれる。練習や撮影の見学、風間太樹監督との打ち合わせなどを経て本作のために書き下ろした阿部真央による主題歌『君の唄』も映像を彩っている。  本ポスターは、BREAKERSの仲間たちに囲まれた横浜と中尾がとびきりのビッグチアスマイルでこぶしを突き上げる姿を描いたもの。「チアをはじめていなかったら、こんな笑顔に出会えなかった。」というキャッチコピーとともに、感動の青春物語の始まりを予感させるデザインとなっている。  映画『チア男子!!』は5月10日より全国公開。

  • 映画『チア男子!!』に出演する(左から)伊藤歩、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋

    『チア男子!!』女性キャストに伊藤歩&清水くるみ&唐田えりか&山本千尋

    映画

     俳優の横浜流星と中尾暢樹がダブル主演を務める映画『チア男子!!』に、伊藤歩、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋が出演することが発表された。また、2019年5月に公開が決定したほか、特報とティザーポスターも解禁となった。@@cutter 本作は『桐島、部活やめるってよ』『何者』などの作品で知られる作家・朝井リョウが、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに執筆した同名小説を実写化。道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の坂東晴希(横浜)が、負傷をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾)と一緒に、大学チアリーディング界初となる、男子チアチーム結成を目指す姿を描く。  追加キャストとして発表となった伊藤が演じるのは、全国的に有名な女子チアリーディングチーム“DREAMS”のコーチ・高城さつき。清水は晴希の姉・晴子役。唐田は高城の姪・さくらに扮する。そして山本は、晴希たちの通う大学の学生会メンバーで“BREAKERS“の支援を申し出る小久保を演じる。  解禁された特報は、晴希が一馬に男子チアリーディングに誘われるシーンから始まる。「新しい何かが、始まる。」という言葉に続いて、チーム7人の掛け声が響き、チアに打ち込むメンバーたちの思いや、彼らが本気でぶつかり合う様子などが映し出される。そしてラストは大技のジャンプのシーンで、一馬の「翔べ!!」という叫びと晴希の一瞬の表情が捉えられている。  ティザーポスターは、男子チアリーディングのアクロバティックさを表現した迫力のあるものに仕上がった。青空の下でダイナミックに演技する7人の姿に、「全員で、翔べ!」というキャッチコピーが添えられたデザインとなっている。  映画『チア男子!!』は2019年5月全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access