クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~ 関連記事

  • (左から)『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』大ヒット御礼舞台挨拶に登場した田中圭、林遣都

    林遣都、田中圭に感謝「自分もいつか圭くんのように」尊敬の思い明かす

    映画

     俳優の田中圭と林遣都が4日、都内で開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇。田中と林がお互いに感謝のメッセージを贈り合った。@@cutter モテない独身ダメ男・春田(田中)と、理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係を描き、社会現象を巻き起こしたラブコメディドラマを映画化した本作。イベントは全国30ヵ所の会場に生中継され、瑠東東一郎監督も出席した。  同日で100万人を突破し、会場は23回観たファンも。ファンに感謝した田中は「俺らよりセリフ覚えてるね」と驚き、「役者仲間も見てくれていて、周りからめちゃくちゃ面白かったって言ってもらえて」とニッコリ。  林も「地元が滋賀県で普段映画館が混雑する地域ではないんですけど、初日は満席だったそうで。母の目の前に中学の担任もいたそうでうれしかったです」とエピソードを披露。その途中、林をずっと見つめていた田中が突然「今日いつもより目大きくない?」と問いかけ、林が「真面目な話してるのに…今日整えてきたんで」と照れ笑いする一幕もあった。  イベントでは、公式SNSで募集した本作の好きなシーンベスト3が発表になり、第1位はラストシーンの春田と牧に。同シーンは最終日の朝に撮影したそうで、田中は監督がセンチメンタルになっていて「それが遣都にも伝染して、俺にも伝染して、大変だった」と回顧。  逆に林は「『朝一かよ』って感じでした」と明かすと、田中は「いやセンチ入ってたでしょ!?」とツッコミ。続けて田中は「オールアップしたあとの僕の挨拶で遣都が泣いてて、『泣いてたね』って声をかけたら、『圭くんの話聞いてなかった』と言われて。すごいショックだった」と文句を。林は「あたりさわりのないこと言ってるなと思って」と追い打ちをかけ、会場の笑いを誘っていた。  最後にはそんな田中と林がメッセージを交換する一幕も。田中が林に「ピュアなラブストーリーになったのは、遣都が牧を生きたから。これから先も付き合いは一生もの。ひとつだけ言うと、たまにずれてるから気を付けろよ」とにんまり。  それを受けて林は「ダメな部分とか全部ひっくるめて付き合ってくれる人。圭くんの周りはいい人間関係で、私生活でも仲良くしてもらっていて。春田はずっと俳優業を積み重ねた人しかできないと思うし、自分もいつか圭くんがやってるようなことをやりたいと思いながらこの仕事をしてます。尊敬してるし、一番感謝してます」と力強く明かしていた。  映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は公開中。

  • 8月31日~9月1日全国映画動員ランキング1位:『天気の子』

    『天気の子』公開7週目でも首位キープ!興収116億円突破

    映画

     8月31日~9月1日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、公開7週目の『天気の子』が週末土日動員34万7000人、興収4億1700万円をあげ、首位をキープ。集計日に映画ファーストデーが重なったものの、前週との比較で、動員比113.7%、興収比99.1%という高い数字をあげ、勢いはいまだ衰えていない。@@cutter 『天気の子』は累計では動員875万人、興収116億円を突破。歴代興収ランキングで『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜き23位になった。  2位は公開4週目の『ライオン・キング』が、週末土日動員26万4000人、興収3億4400万円をあげ先週の順位をキープ。累計では動員390万人、興収55億円目前となっている。3位も先週同様『劇場版おっさんずラブ -LOVE or DEAD-』が、週末土日動員20万5000人、興収2億5900万円をあげランクイン。累計では動員92万人、興収12億円を突破している。4位も『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』が、動員20万人、興収2億5200万円を記録し、上位をキープした。累計では動員358万人、興収47億円を突破した。  初登場は、5位に初週土日動員19万9000人、興収2億3800万円をあげた『引っ越し大名』が、6位には、初週土日動員17万人、興収2億2600万円をあげたレオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットが初共演した『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が、8位に、シリーズ累計850万部を突破する人気ライトノベルをアニメ映画化した『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』が、それぞれランクインした。  8月31日~9月1日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:天気の子 第2位:ライオン・キング 第3位:劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~ 第4位:劇場版 ONE PIECE STAMPEDE 第5位:引っ越し大名! 第6位:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 第7位:トイ・ストーリー4 第8位:映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説 第9位:ロケットマン 第10位:二ノ国

  • 『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』タカアンドトシの「帰れま10」での『おっさんずラブ』チーム(左から)田中圭、吉田鋼太郎、林遣都

    田中圭率いる『おっさんずラブ』チーム、『帰れま10』にガチ参戦!

    エンタメ

     8月26日放送の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系/8月26日19時)に、俳優の田中圭、吉田鋼太郎、林遣都ら、公開中の映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』のメンバーがゲスト出演し、焼き肉店の人気メニュー当てに挑戦する。@@cutter 賞金100万円を目指し、タカアンドトシとゲスト陣が飲食店の人気メニューベスト10を当てようと奮闘する人気企画「帰れま10」。今回の舞台は焼き肉チェーン店で、田中、吉田、林のほか、沢村一樹、志尊淳、内田理央ら『劇場版おっさんずラブ』チームがガチ参戦する。「映画に勢いをつけるためにもパーフェクトを出したい!」と意気込む田中は、林ともプライベートでこの焼き肉チェーン店によく行くと語り、パーフェクト達成への自信を見せる。  “OL民”(『おっさんずラブ』の大ファン)として知られるゲストのおかずクラブ・オカリナは「はるたん(田中)と部長(吉田)で焼肉を食べているところを見せてほしい」とリクエスト。田中が口いっぱいに頬張っておいしそうに食べる“はるたん”を披露すると、「こんなにかわいく食べる人はこの世にいない!」ともん絶する。  途中参戦の沢村は、俳優としては最多出演となる6回目の大ベテラン。席に着くなり、「すでにだいたいのところは見えています」と余裕を見せる。続いて“OL民”待望の林も登場。はるたん&部長&牧が勢ぞろいする。    田中が「遣都が僕の誕生日にサプライズパーティーを企画してくれたんですけど…僕、そのパーティーがあることを知らなかった(笑)」と、林のおっちょこちょいエピソードを披露するほか、スマホでのグループトークの内容など、キャスト陣の素顔を垣間見ることのできるエピソードも続々登場する。  ベスト10の予想中も常に穏やかだった吉田は、ある時を境にひょう変。突如スパルタ部長と化す。おなかがいっぱいで眠たくなってきたのか、疲れてしまったのか、メニューを握り締め、メンバーに厳しくダメ出しをする事態がぼっ発する。  一方、秘境路線バスに乗ったサンドウィッチマンとゲスト陣が、サイコロを振って出た目の数だけバス停を進み、飲食店を見つける旅企画「バスサンド」のゲストは、おなじみ長嶋一茂と、初登場のブラックマヨネーズ・小杉竜一、そして紅一点のすみれ。一行は、南アルプスの麓に位置する“日本一人口の少ない町”山梨県の早川町を舞台に、飲食店探しの旅に出る。  『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』はテレビ朝日系にて8月26日19時放送。

  • 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』で共演する沢村一樹&志尊淳

    尊すぎる! 『劇場版おっさんずラブ』志尊淳&沢村一樹の超密着ショットにファン大興奮

    映画

     俳優の志尊淳が23日、自身のインスタグラムに俳優の沢村一樹とのツーショットを公開。公開中の映画『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』で共演する二人の超密着ショットに、ファンから「ちょっと! こんな写真が!?」「癒されました」「と、尊い、、」などのコメントが多数寄せられた。@@cutter 投稿されたのは、座っているスーツ姿の沢村を、はにかんだ笑顔の志尊が後ろからハグする様子を収めた写真。沢村は右手で志尊の頰に触れており、2人が身体を密着させている姿が捉えられている。  志尊と沢村による超密着ショットに、ファンからは「いやぁぁ〜んステキ」「めっちゃ可愛いです! 癒されました」「萌えすぎる」「照れてて可愛いw」などの声が殺到。  現在公開中の映画『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』で、志尊は劇場版オリジナルキャラクターで主人公の後輩・山田正義(ジャスティス)役を務めており、沢村も同じく劇場版オリジナルキャラクターの狸穴迅を演じている。  志尊は別の投稿で、スーツに蝶ネクタイ姿でブーケを差し出すキャラクタービジュアル撮影のオフショットを投稿し「少しでも多くの人にジャスの“想い”が届きますように」と思いを綴っている。 引用:「志尊淳」インスタグラム(@jun_shison0305)

  • 沢村一樹&志尊淳、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』インタビューフォト

    沢村一樹&志尊淳、『おっさんずラブ』チームは「熱量がすごい」

    映画

     おっさん同士の純愛を描いたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)はなぜ多くの人を魅了するのか――。『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』で新キャストとして、田中圭、吉田鋼太郎、林遣都と“おっさん同士のラブ・バトルロワイアル”を繰り広げた沢村一樹と志尊淳は「さまざまな熱量がすごい」と言及する。そこには座長・田中のナチュラルさや現場の団結力があるようだ。@@cutter モテない独身ダメ男・はるたんこと春田創一(田中)と理想の上司・黒澤武蔵(吉田)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係を描き、春田と牧のハッピーエンドでラストを迎えたドラマ版。劇場版ではその後が描かれ、沢村は牧の新たな上司で春田の強敵・狸穴迅、志尊は春田を慕う新入社員・山田正義(ジャスティス)を演じている。  人気作の続編ということで「楽しみが大きかった」と語る沢村だが、撮影が進むにつれ気持ちに変化が。「ファンの方の好き度が濃くて熱量も高い。それがこの現場から生まれたんだなと改めて感じ、プレッシャーが強くなりました」と振り返る。逆に撮影前にプレッシャーを感じていたという志尊だが、そこを払拭したのが共演経験のある田中の気遣いだったと言う。「圭くんが初日に僕が悩んでいるのを察してくださり、食事に連れて行ってくれて。その時に『受け止めるからなんでもやってこい。別にお前は心配してないから』と言われ、安心したんです」とはにかむ。 @@insert1  また、志尊は田中をはじめキャストの団結力にも刺激を受けたと回顧。同世代の金子大地に闘争心を沸かせるような言葉をかけられたりしたそうで、「みんなの熱がすごくて。圭くんを中心にキャスト同士で切磋琢磨できる環境ができあがっていて。でもそれが燃えるんですよね」と打ち明けると、沢村も強く同意する。  沢村は田中のことを「いつも全身全霊」と表現。「体でぶつかってくる芝居をし、相手のスイッチを入れるのが上手い。はるたんにピッタリで、いい意味でセリフなのか、アドリブなのか分からない。あのナチュラル感は圭くんの持ち味だし、マネしようとしてもできない」と賛辞の言葉を贈り、志尊も「圭くんとのお芝居は楽しくて仕方なかったですね」と笑顔を見せる。 @@insert2  劇中では、春田、部長、牧、狸穴、ジャスティスがサウナで鉢合わせするシーンも見どころの一つだが、志尊は「僕が現場に入ったら、温度が5度ほど上がってて(笑)。セットが揺れて崩れるかと思いました」と当時の空気感を熱弁する。  牧と部長の感情がぶつかり白熱しつつも笑えるシーンだが、沢村は「遣都くんが決まっていた内容を無視するんです。そして鋼太郎さんがそれにぶつかり、めちゃくちゃ面白かったですね。遣都くんは憑依型だから役に入っちゃったんじゃないかな。でもそれはドラマのときに圭くんが遣都くんのスイッチを押してあげたからだと思います」と分析。@@separator さらに沢村は3人の関係性についても言及する。「遣都くんが暴れるのを圭くんが抑え、圭くんは鋼太郎さんという存在が後ろにいるから怒られるまで自由にやってる。そして鋼太郎さんがやんちゃすると、今度は遣都くんが抑えるっていう(笑)」。 @@insert3  田中を中心に広がる作品への熱量はキャストだけでなく、制作陣も同様だ。志尊は「全員のベクトルが同じ方向を向いてる」と断言し、「若いスタッフさんが多いんですが、皆さんが作品を愛してそれぞれのこだわりを持っていて。どの現場もそうではあるんですけど、ここはその熱量や団結力がより強いんです」と答える。  『おっさんずラブ』が多くの人を魅力する理由を聞くと、志尊は「具体的に名言しないところが面白さにつながってると思う」と回答。「ふわっとした遊びがあることで、この人とこの人だったらどうなるんだろうとか想像力が膨らむのかも」と言うと、沢村も「これが正解って1つも言ってないもんね」とうなずく。 @@insert4  沢村は「奇跡的に『アベンジャーズ』になってる」と言い、「それぞれキャラクターが立っていて、存在が絶妙なバランスで。誰かを好きになってみたり、昨日の敵に塩を送ってみたり、見守ってみたり、時代劇要素が詰まってる」と持論を。  続けて、「今は"許さない"風潮が強いけど、この作品は何があっても何回も相手のことを"許してる"。優しい話ですよね」とほほ笑むと、志尊も同意し「嫌な人が一人もいないですもんね」とニッコリ。キャストや制作陣が作品に全力で向き合い、人への誠実な向き合い方を描いた作品だからこそ、多くの人を虜(とりこ)にさせるのかもしれない。(取材・文:高山美穂 写真:高野広美)  『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は公開中。 @@insert5

  • (左から)『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶に登場した林遣都、田中圭、吉田鋼太郎

    田中圭、『おっさんずラブ』公開に「感謝しかない」 吉田鋼太郎の言葉に涙こらえる

    映画

     俳優の田中圭が吉田鋼太郎、林遣都と共に23日、都内で開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶に登壇。田中は集まった観客に、「僕たちと一緒に作品を愛して、僕たち以上に盛り上げてくれた皆さんのおかげ」と感謝。また吉田からの言葉に涙をこらえる一幕があった。@@cutter モテない独身ダメ男・春田創一(田中)と、理想の上司・黒澤武蔵(吉田)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係をピュアに描き、社会現象を巻き起こしたラブコメディドラマを映画化した本作。舞台挨拶は全国の劇場と生中継され、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、瑠東東一郎監督も出席した。  314館、325スクリーンで公開され、本日の動員と土日の座席予約数を考慮すると、興行収入30億円超えを狙える大ヒットスタート。田中は「感謝しかありません」と言い、「映画化は僕らがプレゼントをもらった感じで、それを倍返しにしないといけないと葛藤してましたが、恩返しできるものになったかと思います」と胸を張ってアピール。  吉田も「心から愛してやまない人たちを肉眼で見られてうれしい」と笑顔を見せ、林は「改めてすごい作品に携わっていたんだと実感しました。幸せな1年間でした」と感極まった表情で振り返った。  トークでは本作の「ラブが止まらない」というキャッチコピーにかけて、「最近●●が止まらない」ものを明かす一幕も。林は「感謝」と答え、「ファンの皆さんあっての作品。『おっさんずラブ』に携わったこの1年間で僕自身もいろいろな変化があって。自分の頑張り以上にご褒美のような経験をいっぱいさせていただき、感謝しきれません」と思いを告白。  続いて、吉田は「田中圭」と回答。本作は3年前の単発ドラマで放送され、反響を呼び連ドラ化。そして社会現象を巻き起こし映画化されたが、「この仕事に携わっている者としては夢のような段階を踏んでいて、この中心に圭がいる。僕は、圭が“寅さん”の代わりになってくれると思っていて。圭がいろんな人に好かれるパターンで映画を続けて、圭にずっとこの役を演じてもらえたら。圭の代表作にしてほしい」と熱いコメントを。  涙をこらえながらその言葉を聞いていた田中は「ありがとうございます」と吉田に頭を下げ、「おっさんずラブ」と回答。「キャストやスタッフさんをはじめ、『おっさんずラブ』は大切な仲間を与えてくれました。これから皆さんの手で『おっさんずラブ』をより大切な作品にしてほしい。この作品がどこまでも進んでもらえたら」と思いを打ち明けていた。

  • (左から)田中圭、黒柳徹子

    田中圭に徹子が無茶ぶり「抱き合って!」 『おっさんずラブ』トリオにご満悦

    エンタメ

     俳優の田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の3人が22日、『徹子の部屋』(テレビ朝日系/毎週月曜~金曜12時)に出演。『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(8月23日公開)に出演する3人が、MCの黒柳徹子からの突然のムチャぶりに対応し、徹子を喜ばせた。@@cutter 『おっさんずラブ』は、結婚願望はあるがモテないサラリーマンの春田創一(田中)がある日突然、直属の上司である黒澤武蔵(吉田)と後輩の牧凌太(林)から告白されたことから始まる“おっさん同士の恋愛”を描いたラブコメディ。23日公開の劇場版では、その1年後が描かれる。  田中が同作について説明をすると、徹子が「ちょっとそこの2人で抱き合って」とムチャぶり。突然の注文に苦笑しながらも、吉田が田中の腕を取り始める。これに林も負けじと、田中を奪おうとすると、田中が「この2人すぐに喧嘩するんですよ」と仲裁に入った。    ドラマでもお馴染みの展開に、実は『おっさんずラブ』のファン=“OL民”だという徹子は「相当おかしい」と大爆笑しご満悦の表情。その後も、3人とのトークでは目尻が下がりっぱなしで終始ご機嫌だった。

  • 『徹子の部屋』にゲスト出演する『おっさんずラブ』の3人(左から)林遣都、田中圭、吉田鋼太郎と黒柳徹子

    『おっさんずラブ』田中圭&吉田鋼太郎&林遣都、『徹子の部屋』でラブバトルがぼっ発?

    エンタメ

     『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(8月23日全国公開)に出演する俳優の田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の3人が、本日22日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にゲスト出演することがわかった。実は『おっさんずラブ』のファン=“OL民”だという黒柳徹子のムチャぶりに3人がタジタジになる。@@cutter 番組では黒柳が「皆さんが来てくださるのを本当にお待ちしておりました」と、3人の登場に大喜び。作品を「本当に面白い!」と絶賛したかと思えば、突然「今、お2人で圭さんを取り合ってみてくださる?」とムチャぶりを発動し、田中らはタジタジに。しかし、吉田がそっと田中の腕を取ると、思わず林が割って入り…。  今やプライベートでも大の仲良しだという3人。田中が「面白いこととか、ときにはグチとか…3日空くことはないですね」と語るほど、グループトークで密に連絡を取り合っているのだとか。「しばらくほっておくと、400件くらいたまっているんです。そういう時はもう読まないこともあります(笑)」と言う吉田に、「だからたまに鋼太郎さんからメッセージが送られてくるとうれしいんです」と林もニッコリ。3人の素顔が垣間見られるプライベートトークも盛り上がる。  田中に対して「私、あんまり作品を見て笑うことがないんですけど、本当に何回も笑っちゃった」と語る黒柳。田中は「普通に見えて普通じゃないって素晴らしい!」と黒柳から演技を大絶賛される。田中はほかに、オーディション秘話や、バイトと役者を掛け持ちしていた時代についても語る。  一方吉田は、田中、林から尊敬されているという話の最中に突然「ふとモニターを見て、改めて思ったんですけど…僕、顔が大きいですね(笑)」と言い始め、田中と林と同じサイズになるようのけぞるなど、キュートな“おっさん”吉田の魅力も引き出される。  初登場で緊張気味の林は、「かわいい! ホントにチワワみたいね」とすっかりメロメロになった黒柳に何かと「かわいい」を連発される事態に。さらに、黒柳だけでなく田中も思わず「かわいいー!」ともん絶した、子犬みあふれる14歳の林の写真も登場する。  映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』の3人が出演する『徹子の部屋』は、テレビ朝日系にて本日8月22日12時より放送。

  • 『劇場版おっさんずラブ ~ LOVE or DEAD ~』メインカット

    『劇場版おっさんずラブ』公開直前! おさらい&気になるポイントまとめ

    映画

     “おっさん同士の純愛”を真正面から描き、Twitter世界トレンド1位や2018年度の新語・流行語大賞トップ10入りを果たすなど社会現象的な人気を巻き起こした『おっさんずラブ』。『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』(8月23日公開)の封切りを控えた今、映画をより楽しむために押さえておくべきポイントをまとめてみた。@@cutter■ “おっさん同士”が繰り広げるド直球の純愛ファンタジー  『おっさんずラブ』は、結婚願望はあるがモテないサラリーマンの春田創一(田中圭)がある日突然、直属の上司である黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩の牧凌太(林遣都)から告白されたことから始まる“おっさん同士の恋愛”を描いたラブコメディ。春田への気持ちをストレートにぶつける黒澤の乙女っぷりや、同性との交際経験のない春田との恋愛に苦悩する牧の姿をときにコミカルに、ときにシリアスに描いた物語は、世代や性別を超えて多くの視聴者の共感を生んだ。また黒澤や牧からのアプローチに困惑するものの、2人を拒絶せず真剣に向き合おうとする春田の姿も本作の人気を後押しした。 @@insert1 ■ “はるたん”と“牧くん”は交際継続中も…  本作のメインとなるのは春田とパートナーの牧の恋愛だ。ドラマ版の前半では2人の出会いからルームシェア、そして交際へ至る過程を笑いを交えつつ活写。そして後半では同性との恋愛経験のなかった春田の困惑や、彼にとっての幸せを考え苦悩する牧の姿がエモーショナルに描き出された。紆余曲折を経たドラマ版の最終回では改めてお互いの思いに気づき2人は晴れて結ばれることに。ラストシーンでは愛と笑顔にあふれた2人の幸せなキスシーンで視聴者の涙を誘った。劇場版では1年に及ぶ遠距離恋愛を終えて日本で交際を続けることになる春田と牧。しかし牧はある会社のプロジェクトを巡って春田に立ちはだかることに…。 ■ 恋に破れた部長、そのほかのキャストの恋路は?  春田への思いと乙女チックなアプローチでファンの間では“ヒロイン”として知られる武蔵(吉田)。劇場版ではある事故をきっかけに記憶喪失になってしまい春田への恋心が再燃するという展開に。そのほか、ドラマ版最終回で、優男風のイケメンをゲットしたちず(内田理央)や、ちずの兄・鉄平(児嶋一哉)と交際することになった春田の同僚“まいまい”こと舞香(伊藤修子)、武蔵の元妻・蝶子(大塚寧々)に猛烈にアタックをしていた春田の後輩・歌麻呂(金子大地)ら、それぞれのカップルの進展は描かれるのだろうか。 @@insert3@@separator■ 新キャスト・沢村一樹&志尊淳は恋にどう絡んでくる!?  俳優の沢村一樹と志尊淳が劇場版新キャストとして発表されるとSNSにはファンからの「凄いメンバー!」「ヤバすぎですね」などの歓喜の声が殺到。沢村が演じるのは、春田の勤める天空不動産で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のリーダーで、春田の前に立ちふさがる強敵・狸穴迅(まみあなじん)。狸穴は本社勤務となった牧をプロジェクトに巻き込むだけでなくただならぬ感情を抱いているようで…。一方の志尊が演じるのは、春田が所属する天空不動産第二営業所に配属された新入社員・山田正義(ジャスティス)。陽気な性格の彼は春田を兄のように慕い、やがてその気持ちに変化が訪れていく。 @@insert2 ■ 爆発、本社VS支社…ドラマからのスケールアップ!  劇場版は言うまでもなくドラマ版から格段にスケールアップ。ドラマ版で描かれた春田、牧、武蔵の三角関係は、狸穴とジャスティスを含めた五角関係に発展。ドラマ版は、ほとんどが天空不動産の東京第二営業所内での出来事だったが、劇場版では新たなプロジェクトを立ち上げる本社との対立も描かれる。さらに大規模な爆破シーンの撮影や香港ロケも行われており、劇場版はまさに“LOVE or DEAD”のサブタイトルにふさわしい内容にスケールアップへの期待が募る。23日、われわれ観客はスクリーンでどんな“LOVE”と“DEAD”を目撃するのだろうか。 @@insert3

  • 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』おっさんずフェスにて

    吉田鋼太郎、田中圭&林遣都に「いつも仲良くしている」と嫉妬!?

    映画

     俳優の田中圭、林遣都、吉田鋼太郎が13日、都内で開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』おっさんずフェスのトークイベントに浴衣姿で登壇。会場に集まったファンの熱量に笑顔を見せながら、撮影でのエピソードを明かした。@@cutter モテない独身ダメ男・春田創一(田中)と、理想の上司・黒澤武蔵(吉田)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係をピュアに描き、社会現象を巻き起こしたラブコメディドラマを映画化した本作。イベントには、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉(アンジャッシュ)、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、瑠東東一郎監督も出席した。    劇場版での撮影は「毎日楽しかった」と言う田中。林を見ながら「お泊りロケも楽しかったよね。初めて真面目な話したよね」と問いかけると、林も「平成最後の満月の夜でしたね」とニッコリ。そのロケは真島と金子らも参加したそうだが吉田は参加できなかったそうで、吉田は「(自身が)いつもいないんだよね。いつもこの2人が(田中と林が)仲良くしてるんだよね」と笑いながら明かしていた。  劇場版からの参加になる沢村と志尊。会場に集まったファンの声援を受け、沢村は「熱量がすごい、温かい拍手にホッとしました」と興奮しながら明かし、志尊も「不安もあったけど、皆さんの熱量を受けうれしい」と満面の笑みを見せた。  劇中では田中、林、沢村、志尊、吉田がそろうサウナのシーンがあるが、吉田はそのシーンについて「すごく大変だったんだけど、すごくやり切ったんでいろんな意味でお楽しみです」とニヤリ。それを受けて、沢村も「多分DVDになったときはモザイク入るけど、劇場版では入らない」とあおり、田中が「適当なこと言わないでください!」と慌てて突っ込み、会場の笑いを誘っていた。  最後に瑠東監督が「(キャストに)熱く演じきってもらった作品」と断言すると、田中も「ドラマでやりきったと思ってたけど、皆さんに支えられて『おっさんずラブ』という作品が成長して、全員そろってパワーアップして戻ってこれました。僕らができるすべての笑いと愛情が詰め込まれてる。大きなこと言いますが、この作品が大きくなると、日本が温かく愛情に溢れると思う」と胸を張ってアピールしていた。  『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は、8月23日より全国公開。

  • 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』林遣都が演じる牧凌太場面写真

    『劇場版おっさんずラブ』 林遣都が演じる完ぺキ男子・牧凌太の新カット解禁

    映画

     俳優の田中圭が主演を務める『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』より、林遣都扮する本作の絶対的アイドル・牧凌太の場面写真が到着した。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、ツイッター「世界トレンド1位」や「新語・流行語大賞2018」にノミネートされるなど社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマの映画化。  ドラマでは、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋をする上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩・牧凌太(林)の三角関係が描かれた。劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開される。  林が演じる牧は、春田と双璧を為す本作のもう1人の主人公。高学歴のエリート社員で、仕事はもちろん家事もそつなくこなす完ペキ男子の牧は、春田の上海転勤が決まり遠距離恋愛になるも、永遠の愛を誓い、会えない時間で愛を育んできた。  劇場版では、転勤を終えた春田が意気揚々と天空不動産に戻ると、そこに牧の姿は無く、なんと異動で本社へと戻った牧は、夢だった巨大プロジェクトの一員として春田の前に立ちはだかることになる。  解禁された場面写真には、日中はスマートなスーツをビシッとキメて会議に参加する姿と、残業でやや疲れを帯びた表情でジャケットを脱ぎ、少し肩の力を抜いたオフの姿が写し出され、ギャップを感じさせつつ、ひたすら仕事に明け暮れる牧の姿が垣間見れる。  新キャラクターも登場し、前代未聞の五角関係へと発展するという本作。ビッグプロジェクトに恋敵にと、あらゆる障壁が立ちはだかる2人の恋の行方に注目だ。  映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は8月23日より全国公開。 @@insert1

  • 田中圭

    田中圭 “お腹出し”熟睡ショットにファン興奮 Tシャツの文言にも注目集まる

    映画

     『おっさんずラブ』シリーズの公式インスタグラムが22日に、田中圭演じる“はるたん”のお休みモード写真を掲載。うたた寝をしている田中のキュートな姿に、多くのファンが興奮の声を送っている。@@cutter 「本日より夏休み 突入ということで…はるたんもお休みモード」というコメントとともに投稿されたのは、ソファーでうつぶせ寝をしている“はるたん”こと田中のショット。横腹とパンツがチラ見えしている、セクシーかつかわいらしい一枚だ。  同アカウントは「#春田さんの悪い所のうち1コうつ伏せで寝るぅー!の現場をおさめました」と説明。また、田中が着用する背中に大きく「ポンコツ」と記されたTシャツにも着目し、「#てかポンコツTシャツて…」「#はみ出るわがままボディ」など、ユーモアたっぷりのハッシュタグも添えられている。  この投稿を受け、ファンからは「かわいすぎでしょ」」「腰がぁ~!!!」「存在が罪~~~~~~~~!!!!」といった歓声が殺到。そのほかにも「お腹ありがとうございます」「癒されました」などの感謝の声のほか、やはりファンも気になったのか「ポンコツ」の文字に「ポンコツシャツ面白い!」などと注目する声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/ossanslove/

  • 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』キャラクタービジュアル

    『劇場版おっさんずラブ』はるたんら11人のタキシード&ドレス姿が尊い…キャラビジュ完成

    映画

     『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』より、キャスト勢ぞろいのキャラクタービジュアルが公開された。タキシードとドレスで決めた11人の姿が収められている。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを映画化。テレビ版の“その後”のストーリーが展開する。  キャラクタービジュアルは、前代未聞の五角関係を巻き起こし熱い恋の火花を散らす5人、春田創一(田中圭)、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、牧凌太(林遣都)、狸穴迅(沢村一樹)、山田ジャスティス(志尊淳)をはじめ、おっさんずラブの世界を取り巻くお馴染みのメンバーたちである、ちず(内田理央)、マロ(金子大地)、舞香(伊藤修子)、鉄平(児嶋一哉)、武川(眞島秀和)、蝶子(大塚寧々)が大集合。  男性陣はタキシードやスーツ、女性陣はドレスの華やかな装いを身にまとい、みな結婚式を思わせる白い薔薇のブーケを手にした神聖な雰囲気漂う尊い瞬間が収められている。  彼らの切なげな表情やとびきりの笑顔、そしてそれぞれ大切な相手をまっすぐに想うピュアな言葉が重なり、1枚1枚が胸アツな仕上がりとなっている。  『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は8月23日より全国公開。

  • 田中圭&瑠東東一郎監督、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開記念!連続ドラマイッキ見上映会に登場

    田中圭、35歳の誕生日サプライズに感謝 『おっさんずラブ』への熱い思い明かす

    映画

     俳優の田中圭が9日、都内で開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開記念!連続ドラマイッキ見上映会に、監督の瑠東東一郎ともに登壇。田中のサプライズ誕生会が行われ、田中が『おっさんずラブ』への熱い思いと共に35歳の抱負を明かした。@@cutter モテない独身ダメ男・春田創一(田中)と、理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係をピュアに描き、社会現象を巻き起こしたラブコメディドラマを映画化した本作  イベントでは、劇場版最新ポスタービジュアル・予告編解禁やゆいP(おかずクラブ ゆい)の出演、オフィシャルブック発売、劇場前売特典内容、完成披露試写会&イベント「おっさんずフェス」開催など、さまざまな情報が解禁に。  発表ごとに集まったファンからは大歓声が起こり、田中は「作品を愛してくださってる皆さんだから、声やばいっすね」と満足げな表情。さらに、「なんで瑠東ちゃんなんだろう…、遣都だろう。って話だよね」とニヤリ顔で瑠東監督に突っ込み、会場の笑いを誘っていた。  田中は本作への思いを聞かれると、「連ドラでたくさんの方に愛していただける作品になって。映画はみんなで『連ドラを越えるぞ』と言って始め、プレッシャーや不安もありましたが、やってみるとできちゃいました」と照れ笑い。まだ作品は見てないと言うが、「キャスト全員やり切っていて、悔いが全くないんです。僕らの思いは絶対届くと思うし、めちゃくちゃ面白いので純粋に楽しみにしていてください」と自信をのぞかせた。  最後には、10日で35歳になる田中の誕生日サプライズも。田中は、春田の顔が描かれた弁当を模倣したケーキとファンからのたくさんの「おめでとう」に、満面の笑みで感謝。  35歳の抱負を聞かれると、「『おっさんずラブ』の現場で学んだことがたくさんあって」と切り出し、「自分ひとりでできることはたかがしれていて、みんなでやると作品が何倍も膨らむんです。全ての現場でこうあるべきと言えるくらい、僕はこの現場が好きだったので、違う作品でもそういう現場を目指してやっています」と真剣な表情で告白。  続けて、「『おっさんずラブ』の世界って、キャストもスタッフも話も全く悪意がないんですよ。人も環境も違うんでそのときそのときでベストの形は変わると思うけど、どの現場も作品もそういう風にしてみんなに楽しんでもらいたい。35歳も『おっさんずラブ』で学んだものを少しずつでも広めていきたい」と熱く誓っていた。  『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は、8月23日より全国公開。

  • 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』ポスタービジュアル

    『劇場版おっさんずラブ』新ポスター&予告解禁 最終追加キャストはおかずクラブ・ゆいP

    映画

     本日都内にて開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開記念、連続ドラマ一気見上映会のイベント内にて、劇場版の最新ポスターと予告編、追加キャストが解禁。併せて、劇場版のオフィシャルブック発売決定、「おっさんずフェス」開催も発表された。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを映画化。テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋する上司の黒澤武蔵(吉田)と後輩・牧凌太(林)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開する。  最新ポスタービジュアルは春田、黒澤、牧に加え、狸穴(沢村一樹)、ジャスティス(志尊淳)という映画版でさらにスケールアップした“五角関係”の5名と、連続ドラマからおなじみのメンバー、ちず(内田理央)、マロ(金子大地)、舞香(伊藤修子)、鉄平(児嶋一哉)、武川(眞島秀和)、蝶子(大塚寧々)が勢ぞろいした賑やかな1枚に。  予告映像には春田を中心とした新たなラブ・バトルロワイアルを繰り広げる狸穴のキャラや、ジャスティスとの出会いのシーンを盛り込みつつ、本社VS営業所の対立構造までもが描かれる。さらに、黒澤が階段から転落し、春田のことだけ忘れる記憶喪失になるという衝撃展開も。ほかにも、結ばれたと思った春田と牧の「別れよう」というショッキングなセリフや、「最悪の事件」というテロップののち、春田が爆破事件に巻き込まれる模様も映し出され、物語の行方が気になる映像となっている。  今回、劇場版最終追加キャストが解禁となり、お笑いコンビ・おかずクラブのゆいPが出演することが判明。ゆいPは天空不動産会長の御令嬢を演じる。なお、おかずクラブの2人は『おっさんずラブ』の大ファンで知られるが、相方のオカリナは「好きすぎるので出演できません!!」とオファーを断ったとのこと。  そのほか、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』のオフィシャルブックが公開初日の8月23日に発売されることが決定。ここでしか見られないビジュアルやインタビューが満載となっている。また、本作の前売券が7月12日より全国上映劇場にて販売開始。特典として、全国合計3万名限定でオリジナルポストカード3枚セット(選べる3種)が付いてくる(無くなり次第終了)。  8月13日には「おっさんずフェス」と題し、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて全国一度限りの試写会を開催。同日は試写会のほかにも、六本木ヒルズアリーナにて各種イベント開催を予定している。  『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は8月23日より全国公開。

  • 田中圭

    『おっさんずラブ』“はるたん”を香港で隠し撮り!? 部長のインスタに感謝の声が殺到

    映画

     ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)に登場する武蔵部長の公式インスタグラムが2日、香港滞在中の“はるたん”こと春田創一演じる田中圭の“隠し撮り”に成功。はるたんの近影を写した投稿に、ファンからは「かわいい」といった声や、部長に対する感謝の声も寄せられている。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマ。テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田(田中)を主人公に、彼に恋する上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係が描かれた。8月公開の『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開され、春田が上海・香港転勤を経て帰国し、天空不動産第二営業所に久しぶりに戻ってくるという。  ドラマ本編では恋に破れた部長。インスタグラムには1日の夜「世は働き方改革ということで、黒澤武蔵、夏休みとりま~す」「#というわけで香港到着なう」というコメントとともに香港の写真が投稿されていた。  その数時間後である2日に、香港で偶然にも遭遇した春田の隠し撮りショットを披露。「ちょ待、ちょ待てよ!!なんてこった!!こんな偶然があっていいのだろうか否ない!!でもあった!!パニック!!武蔵大パニック!!」とパニックになった様子を表現。結局春田にバレてしまったことを明かし、彼が饅頭を決められないキュートな表情を撮影した写真を公開した。部長はハッシュタグにて「#いや本当にもう可愛いかよ」「#はるたん罪深みマジで罪深み」と心の叫びを表している。  この投稿を受け、コメント欄には「可愛いぃぃぃぃぃ!!はるたんも部長も超可愛い!!!罪深イイ!!!」「はるたんまた無自覚の可愛み溢れさせてる」といったファンの悲鳴が殺到。また、はるたんの近影が投稿されたことに、「部長ありがとう!! 感謝しかないっす」といった声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/musashis_room/

  • 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』ティザービジュアル

    『劇場版おっさんずラブ』、“禁断の五角関係”満載の特報&ビジュアル解禁

    映画

     俳優の田中圭が主演を務め、吉田鋼太郎、林遣都らが共演する『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』より、特報とティザービジュアルが解禁。特報は、田中、吉田、林と、劇場版で新たに加わった沢村一樹と志尊淳の5人が繰り広げる“禁断の五角関係”を垣間見られるものとなっている。また、本作の主題歌がドラマ版からの続投となるスキマスイッチの楽曲「Revival」に決定したことも併せて発表された。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを映画化。テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋する上司の黒澤武蔵(吉田)と後輩・牧凌太(林)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開する。  「おれと結婚してください!」と永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田。久しぶりに戻ってきた天空不動産第二営業所では、黒澤をはじめおなじみのメンバーが顔をそろえ、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊)も加わり春田を歓迎する。  そんな彼らの前に、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のメンバーが突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村)は、春田たちに即刻営業所から立ち去るよう言い放つ。その側にはなんと、本社に異動した牧の姿も。そして、何も知らされていなかった春田を尻目に、牧は狸穴とともに去って行った。激しく動揺する春田と、そんな春田を元気づけるジャスティス。さらに、あの日終わったはずの黒澤の恋心にも再び火が付いて…。  特報では、劇場版本編シーンを初公開。手と手が触れ合い見つめ合う春田と山田ジャスティス、「ちょっと付き合えよ」と色気たっぷりに牧を誘う狸穴、「結婚って…本気で言ってます?」と意味深に言う牧、さらには謎の手編みセーターを抱えてほほえむ黒澤の姿も。そのほかにも、浴衣姿で指輪を見つめる春田、キス寸前状態で対峙する黒澤と狸穴など、“禁断の五角関係”が次々と展開。最後は、麺を食べている春田が、ブラインドの隙間から自身を見つめる黒澤に気づき喉に詰まらせそうになるコミカルな場面で締めくくられる。  ティザービジュアルは、田中、吉田、林、沢村、志尊のメインキャスト5人が、それぞれタキシード姿で闊歩する姿を写したもの。その後ろには大爆破の炎によって大きく形作られたハートと「ラブがとまらない」というキャッチコピーが踊り、彼らの五角関係がどのように展開していくのか期待させるビジュアルとなっている。  『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は8月23日より全国公開。

  • (左から)田中圭、志尊淳

    『おっさんずラブ』志尊淳、田中圭&沢村一樹との仲良しショット公開!

    エンタメ

     俳優の志尊淳が22日、自身のインスタグラムを更新。『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』で共演する田中圭、沢村和樹らとの仲良しショットを投稿し、ファンからの大きな反響を呼んでいる。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを映画化。テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋をする上司の黒澤武蔵(吉田)と後輩・牧凌太(林)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが描かれる。  新キャストとして発表され、沢村と共に早くもファンの間で話題となっている志尊。この日、「8月23日公開映画‬ 『劇場版 おっさんずラブ〜LOVE orDEAD〜』‬に新入社員・山田正義役で出演させて頂きます!!‬」というコメントとともに、主演の田中との仲睦まじく寄り添ってピースサインを掲げる2ショットを投稿した。  続いて志尊は「沢山の愛の中、撮影してます!‬皆さんとどのように絡んでいくか…お楽しみに!‬」と語り、「#楽しみにしててだお‬」などといったお茶目なハッシュタグを添えている。その次の投稿では「ダンディーで紳士でカッコよすぎる方」と、同じく新キャストである沢村との2ショットを披露。しゃがみ込む2人のキュートな写真を投稿している。  コメント欄には、「笑顔が素敵」「可愛い」といった称賛が殺到しているほか、「おっさんずラブに出てほしいなって思ってました!嬉しすぎる」「新キャストが志尊くんと沢村さんで嬉しい」など、志尊や沢村の出演決定に対しての歓喜の声も多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/jun_shison0305/

  • 『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』沢村一樹&志尊淳が新たに参戦

    志尊淳&沢村一樹が嵐を巻き起こす! 『劇場版 おっさんずラブ』新キャスト解禁

    映画

     俳優の田中圭が主演を務めたドラマ『おっさんずラブ』の劇場版のタイトルが『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』に決定。田中や吉田鋼太郎、林遣都らテレビ版からのキャストに加え、新たに俳優の沢村一樹と志尊淳が出演することも発表された。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを映画化。テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋をする上司の黒澤武蔵(吉田)と後輩・牧凌太(林)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開する。  沢村が演じるのは、春田の勤める天空不動産で新たに発足したプロジェクトチームのリーダーで、春田たちの前に立ちふさがる強敵・狸穴迅(まみあなじん)役。沢村は「現場では皆さんの人間関係や人間関係を超えたラブみたいなものが出来上がっているとすごく感じました。今回は仲間というよりは、少し敵対するような役柄ですので、みなさんの輪の中にずっと入っていられないのが残念なのですが、楽しく演じさせてもらっています」と話す。  志尊は、春田が所属する天空不動産第二営業所に配属されたキラキラネームの陽気な新入社員・山田正義(ジャスティス)役。撮影の雰囲気について「普段のみなさんの関係性が作品に色濃く反映されていると感じる現場です。今回映画から参加させて頂くということで、チームのみなさんの空気感に早く馴染めるように心掛けました」と明かし、役柄について「テンションを高くキープすること、また現場で感じる生の空気感を真っ直ぐ受け取って発信するということを意識し大切にしています」としている。  主演の田中は「沢村さん演じる狸穴とは、営業所と本社でぶつかりあいますが、沢村さんの大きな瞳に吸い込まれながら楽しく撮影をしています。志尊くんは早くも東京第二営業所の仲間みたいな感じで一つのシーンを皆で作る時も参加してくれるので、新キャストのような感覚は既にないです(笑)」とコメント。劇場版の内容については「ドラマの時は三角関係がどうなるのか?というのが大きなテーマだったと思うのですが、映画はスケールアップして五角関係になっています。爆破あり、笑いあり、涙あり、そしてアクションありのスペクタクル超大作! となっていますので、ぜひ劇場でお待ちしております」と語っている。  映画『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は8月23日より全国公開。

  • 『おっさんずラブ』公式インスタグラムが公開した映画新キャストバックショット ※『おっさんずラブ』公式インスタグラムより

    『おっさんずラブ』新キャストは誰? うしろ姿公開に予想コメント多数

    映画

     劇場版の公開が8月23日に決定した『おっさんずラブ』公式インスタグラムが20日、劇場版新キャストのバックショットを公開した。突然の発表にファンからは「わわわわ!誰?誰?」「気になりすぎます」などのコメントが殺到している。@@cutter 「ここで突然シークレット発表」というコメントと共に投稿されたのは、背広を着た2人の男性の後姿を捉えた1枚の写真。さらに公式アカウントはコメント欄に「映画ではなんと...強力な新キャラクターがラブバトルに参戦!?」と書き込んでおり、公開された写真が劇場版に登場する新たなキャストであることをほのめかしている。  突然公開された新キャラクターのバックショットに、ファンからは「焦らしすぎです!」「強力な新キャラクター!期待しています」などのコメントが殺到。  さらに一部のファンからは「右側、西島秀俊さんに見える!」「左 片寄涼太に見える...」「希望的に佐々木蔵之介さん!」といった予想や願望のコメントが多数投稿されており、正式な発表が注目される。 引用:https://www.instagram.com/ossanslove/

  • 田中圭

    田中圭 『おっさんずラブ』“おかえりはるたん”ショットにファン歓喜

    エンタメ

     ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の公式インスタグラムが6日、はるたんこと春田創一を演じる俳優の田中圭が、「春田」家の表札を手にほほ笑んでいる写真を投稿。昨年発表された映画『劇場版 おっさんずラブ(仮)』の撮影進行が順調であることを報告し、ファンからの大きな反響を呼んでいる。@@cutter 「劇場版 おっさんずラブ 春田家の表札前にて おかえり、はるたん」というコメントとともに投稿されたのは、「春田」と書かれた表札を手ににっこりとほほ笑む田中の姿。バックに写るのは、ドラマ版でもさまざまな悲喜こもごものドラマが繰り広げられた春田の自宅とみられる。  さらに、表札を見つめるキュートな横顔が披露されている。続いて「#懐かしすぎるぅー」「#相変わらず存在が罪」「#ロケ現場は春といえどまだ寒み」「#てなわけで休憩中はフリース装着」「#でも中身は...」「#半袖半パンだお」「#夏verはるたんをお楽しみに」「#撮影は順調」と、ハッシュタグを用いて撮影の様子を報告。そして公開まであと139日とカウントダウンを行った。  コメント欄には、待ちに待った報告に歓喜の声をあげるファンが殺到。「お帰りはるたん」「やっぱりはるたん好き!」といったエールの他、ドラマ内の部長(吉田鋼太郎)のように「はるだぁぁぁぁん!!」と絶叫する者も現れるなど、大きな盛り上がりを見せている。 引用:https://www.instagram.com/ossanslove/

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access