クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

小さな恋のうた 関連記事

  • 映画『小さな恋のうた』公開記念舞台あいさつの様子

    佐野勇斗、眞栄田郷敦ら、楽器講師からサプライズの手紙に涙

    映画

     MONGOL800のヒット曲をモチーフにした青春映画『小さな恋のうた』の公開を記念し、25日に都内で舞台あいさつが開催され、主演の佐野勇斗をはじめ森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア、橋本光二郎監督が登壇。楽器指導の宮内陽輔氏からのサプライズの手紙に登壇陣が涙する一幕があった。@@cutter 本作は、フェンスを隔てて一つの土地に日本とアメリカが存在する沖縄の小さな町を舞台に、プロデビューが決まった高校生バンドが、米軍基地内に暮らす孤独な少女のために「小さな恋のうた」を届けようとする様を描く。  劇中でバンドのメンバーを演じた俳優陣は、クランクインの約半年前から楽器練習に励んだが、楽器自体に初めて触れる者も多く、苦労の連続だったという。ベースを担当した佐野は「1年前の5月に練習を始めたけど、まあこれが難しい(苦笑)。MONGOL800の(上江洌)清作さんが最初にお会いしたときに自分のベースをプレゼントしてくださって『これはやるしかないやん!』とそれをきっかけに頑張ろうと思った」と振り返る。  森永はドラムの経験者だったが何より難しかったのはドラムとして「テンポを管理しなくてはいけないこと」と述懐。「どこに行くにもずっとメトロノームの音を聴いていました。地獄でした(笑)」と語る。  ギターに触れたのは「ほぼ初めて」と言う山田は「モンパチの(儀間)崇さんから『モンパチの曲は簡単だからね』と言われたけど、全然簡単じゃない!」と苦笑しつつ、同じくギター担当の眞栄田の存在が励みになり、「負けないようにと頑張った」と振り返った。  そんなメンバーたちに、楽器の講師陣を代表し、MONGOL800のサポートメンバーでもあり、本作の音楽・劇中曲のアレンジも担当している宮内陽輔氏からサプライズで手紙が到着。  メンバー一人一人の努力やバンド内での振る舞いを称える内容に眞栄田、山田らは思わず目頭を押さえ、佐野も「ヤバいですね…。陽輔さんは僕らにとってすごく大きな存在で、陽輔さんがいるから頑張ろうと思えたし…」と目を真っ赤にして言葉を詰まらせる。  最年長の森永が佐野の言葉を引き取り、宮内をはじめ、各楽器の講師の名を挙げ「3人とも熱を持ってやってくださって、本当に大きな存在だし、“講師s”の皆さんがいなかったら、こういう形のバンドに慣れていなかったと思います」と感謝の思いを口にし、会場は温かい拍手に包まれていた。

  • 佐野勇斗、「SAPPORO COLLECTION 2019SPRING/SUMMER」に登場

    佐野勇斗、主演映画『小さな恋のうた』に自信 「ハードルを上げて期待を」

    映画

     俳優の佐野勇斗が、27日に札幌で開催されたガールズエンタテインメントイベント「SAPPORO COLLECTION 2019SPRING/SUMMER」に登場。5月に公開される主演映画『小さな恋のうた』のPRを行った。@@cutter 当日、シークレットゲストとして登場した佐野。ランウェイを歩くサプライズ演出に、客席からは大きな歓声が上がった。北海道には映画の撮影や音楽活動の際に何度か訪れたことがあるという佐野は、初めて立つ札幌コレクションの舞台に「熱気がすごい!」と、その盛り上がりに驚いた様子。慣れないランウェイに緊張した様子を見せつつも、映画『小さな恋のうた』の話題になると、主演の風格でしっかりと作品の魅力をアピールした。  バンド・MONGOL800の名曲「小さな恋のうた」からインスパイアされた本作は、約8年もの歳月をかけて大切に作られた作品。主人公・真栄城亮多を演じた佐野は、「8年前って、僕はまだ中学生だったのですが、その頃からスタッフの皆さんが練りに練って出来上がった企画。多くの人の思いがこもった作品を、ぜひたくさんの人に観てほしい」と語った。  本作は、劇中で出演者が自ら楽器演奏をしていることに注目が集まっているが、佐野は5月22日に「小さな恋のうたバンド」としてCDデビューを果たすことについて、「楽器を触るのも初めてという状態で、半年ほど練習しました。一緒に過ごしたメンバー5人の仲の良さ、バンド感というのが作品に表れていると思います」と自信満々。  ステージの大きなスクリーンで流れた映画予告編に観客も見入る中、最後は、「母親が、僕の映画史上で一番感動したと言ってくれたんです。M!LK のメンバーも試写で観てくれて、とても良かったと言ってくれている作品なので、皆さん少しハードルを上げて、期待していただいても良いんじゃないかと思っています。北海道でも上映するので、是非劇場でご覧ください!」と力強くアピール、大きな歓声に見送られながらステージを後にした。  映画『小さな恋のうた』は、5月24日全国ロードショー。

  • 映画『小さな恋のうた』ポスタービジュアル

    佐野勇斗が涙…演奏シーン収録『小さな恋のうた』メイキング映像

    映画

     俳優の佐野勇斗が主演を務める映画『小さな恋のうた』より、メイキング映像とポスターが解禁された。映像では、メインキャストたちが校舎の屋上や中庭のステージ、部室やライブハウス、米軍基地のフェンス前など、さまざまな場所で「小さな恋のうた」を演奏するシーンとともに、彼らが本作や音楽への思いを語る姿が収められている。@@cutter MONGOL800の同名の楽曲を題材とする本作。フェンスを隔てて一つの土地に日本とアメリカが存在する沖縄の小さな町を舞台に、プロデビューが決まった高校生バンドが、米軍基地内に暮らす孤独な少女のために「小さな恋のうた」を届けようとする様を描く。メガホンをとったのは、『雪の華』の橋本光二郎監督。  主人公の真栄城亮多役を、映画『ちはやふる‐結び‐』『3D彼女 リアルガール』『凜‐りん‐』などに出演し、ボーカルダンスユニットM!LKとしても活躍中の佐野が演じる。亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎には、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でドラムを習得した森永悠希。唯一の女性バンドメンバー・譜久村舞を演じるのはロッテ・ガーナミルクチョコレートのCMに出演中の山田杏奈。舞の兄で亮多の親友でもある譜久村慎司には、本作が役者デビューとなる眞栄田郷敦。同じくバンド仲間で苦渋の選択をするベース担当の新里大輝に、MEN’S NON‐NOモデルであり、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に生徒役で出演した鈴木仁が扮する。  メイキング映像には、クランクインの半年前からバンドの練習を続けてきたというメインキャストたちによる演奏風景とともに、彼らが本作や音楽についての思いを明かすインタビューを収録。主演の佐野は撮影を振り返り、「正直スゲー長かったです。座長を務めさせてもらうのも、たくさん経験があるわけではないし、プレッシャーもある中で楽器を実際に練習したので…」。山田は作品について「『別れ』というのがキーワードにあるんですけど、観ている人にもちゃんと届くだろうなって。画面の中だけの世界じゃなくて、音楽というものの力を使って、ちゃんと届けられるような映画になっているだろうなって」と語っている。終盤では佐野が感極まって涙しながら演奏しているシーンもあり、本気の熱い思いが伝わってくる映像となっている。  併せて解禁されたポスタービジュアルには、中央に米軍基地のフェンスと、その向こうにたたずむ一人の外国人少女の姿が。それを囲むように、メインキャストたちが楽器を演奏したり歌ったりしている姿が写し出され、「届け。あなたに―。」というキャッチコピーとともに、国境を越えてしまうほどの彼らの強い思いを象徴したようなビジュアルとなっている。  映画『小さな恋のうた』は5月24日より全国公開。

  • 『小さな恋のうた』記者会見より

    『小さな恋のうた』主演に佐野勇斗 共演に森永悠希&山田杏奈ら

    映画

     映画『小さな恋のうた』の完成披露会見と舞台挨拶が13日に行われ、主演を俳優の佐野勇斗が務めることが発表された。@@cutter MONGOL800の同名の楽曲を題材とする本作は。フェンスを隔てて一つの土地に日本とアメリカが存在する沖縄の小さな町を舞台に、プロデビューが決まった高校生バンドが、米軍基地内に暮らす孤独な少女のために『小さな恋のうた』を届けようとする様を描く。メガホンをとったのは、『雪の華』の橋本光二郎監督。  主人公の真栄城亮多役を、『ちはやふる‐結び‐』『3D彼女 リアルガール』『凜‐りん‐』などに出演し、ボーカルダンスユニットM!LKとしても活躍中の佐野が演じる。亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎には、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でドラムを習得した森永悠希。唯一の女性バンドメンバー・譜久村舞を演じるのはロッテ・ガーナミルクチョコレートのCMに出演中の山田杏奈。舞の兄にして亮多の親友である譜久村慎司には、本作が役者デビューとなる眞栄田郷敦。同じくバンド仲間で苦渋の選択をするベース担当の新里大輝に、MEN’S NON‐NOモデルであり、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に生徒役で出演した鈴木仁が扮する。注目の若手俳優陣が集結し、本編中では「小さな恋のうた」はもちろん、「DON’T WORRY BE HAPPY」「あなたに」など、MONGOL800の名曲を半年以上ものトレーニングを経て披露している。  完成披露会見で、佐野は「半年前から作品に向けて準備したことはないし、本編で実際に楽器を弾いて歌うのも初挑戦。練習期間があったからこそ、バンド感が映画にも出た。実のある濃い時間でした」と手応え十分な様子。楽器経験はリコーダー程度だったといい、「ベースを弾いて歌うのが僕の中での課題であり壁だった。でも大好きなMONGOL800さんの歌をうたうので失礼のないよう、死に物狂いでやろうと思った」と意気込みを明かした。  橋本監督は「演じる彼らが楽器を覚えなければいけないという苦労もあったけれど、その準備期間があったからこそ、自然と築かれた関係性があった。バンドの成長を見守れたのは嬉しいことだし、まるで自分の子供を見守るような感があった」と思い入れを明かした。  舞台挨拶では、「完成した作品をはじめて観たときは、内容もキャストも芝居も凄くて感動した。学校の屋上で歌うシーンは演じていても、観ていても気持ち良くて感情移入できた」と見どころをアピールした佐野。「大自信作です!」と公開に向けて胸を張っていた。  完成披露会見と舞台挨拶にはほかに、出演が発表されたトミコクレア、世良公則も出席した。  映画『小さな恋のうた』は5月24日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access