こはく 関連記事

  • 映画『こはく』完成披露上映会・舞台挨拶に登場した大橋彰(アキラ100%)

    アキラ100%も「異常な緊張」 “裸芸”で遠藤久美子の妊娠を祝福

    映画

     お笑い芸人・アキラ100%こと大橋彰が26日、都内で行われた映画『こはく』完成披露舞台挨拶に遠藤久美子らと共に登壇した。先日、第2子妊娠を発表した遠藤をアキラがおなじみの“裸芸”で祝福すると、遠藤は「こんなに盛大にお祝いしていただいてうれしいです!」と喜んでいた。@@cutter 本作は、横尾初喜監督の幼少期の実体験を元に、両親の離婚で心に深い傷を負い、別れた父の姿を追い続ける男の姿を描く。井浦新が主人公・亮太を演じるほか、アキラ100%が本名の大橋彰名義で兄・章一役に扮し、さらに横尾監督の妻である遠藤が、亮太の妻役で出演している。  監督の自伝的ストーリーで主役を演じた井浦は「やっかいな仕事をいただいたなと思いました」と正直な心の内を明かした。「実在する人物役というのは今まで何回か演じさせていただいたんですけど、演じながらその人物が目の前にいるというのは初めての経験だったので、監督のOKの判断が怖かったです」と語り、「監督の思いを超えていくものを1シーン、1シーン投げ続けようという思いでやっていました」と撮影を振り返った。  一方、兄役を演じた大橋は「主要キャストで映像の仕事をいただくのが初めて、どうしていいのか不安な毎日でした」と心細かった思いを告白。だが「井浦さんと監督の雰囲気が温かかったので、不安を抱えながらもリラックスした状態で現場にいられたかなと思います」と現場に恵まれたことを明かした。  その後、大橋は一度降段し、改めて「正装」でアキラ100%として登場。自分の横に共演者が多数並ぶ中、「(裸芸にとっては)本来ダメなゾーンに人いっぱいいるんですけど。共演者の方はずっと前を向いててください」とポロリを目撃しないように警告。  母役の木内みどり、弟役の井浦もいる中での裸芸を「一度母親の前でネタをやったことがあるんですけど、そのときと同じ気持ちです。弟とお母さんにネタを見られるような」と照れつつ、「監督、遠藤さん、第2子ご懐妊おめでとうございます!」と叫ぶと、股間の前でお盆を瞬時にひっくり返して祝福の「花火」を出す芸を披露。「こんなにおめでたい花火は今までない」と言いつつ、「異常な緊張ですよ。感じたことがない…」とここでもアキラは緊張意味。なおイベントには、寿大聡、鶴田真由も登壇した。  映画『こはく』は長崎で先行公開中。7月6日より全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access