ライオン・キング 関連記事

  • 映画『ライオン・キング』(左から)ドナルド・グローヴァー、日本版オフィシャルソングを歌うRIRI、ジョン・ファヴロー監督

    『ライオン・キング』日本版オフィシャルソングを歌うのは19歳の新人歌手RIRI

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、日本版オフィシャルソング「サークル・オブ・ライフ」を19歳の新人女性アーティスト・RIRIが担当することが決定。あわせてミュージックビデオと楽曲が初解禁された。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  アニメーション公開当時から『ライオン・キング』のテーマとしてファンに愛されてきた「サークル・オブ・ライフ」は、エルトン・ジョン、ティム・ライスが作曲し、アカデミー賞にもノミネートされた伝説的名曲。日本版オフィシャルソングである「サークル・オブ・ライフ」を歌うアーティストに大抜擢されたのは、19歳の新人女性アーティストRIRI。幼いころから洋楽を聞いて育ち、中でもビヨンセが大好きだというRIRIは、まさにビヨンセを彷彿とさせるソウルフルで圧巻の歌声を評価されての抜擢となった。  今回LAに渡航したRIRIは、ジョン・ファヴロー監督と、本作の主人公のシンバ役を務め、ビヨンセとのデュエットソング「愛を感じて」を歌い上げるグラミー賞アーティストのドナルド・グローヴァーと対面を果たし、なんと彼らの前で「サークル・オブ・ライフ」をアカペラで生披露。歌い終えたRIRIに監督は「凄い!」と称賛、ドナルドも「『ライオン・キング』に出演したほうがいいよ! 君、本当にビヨンセみたいだ。ヤングバージョンのね!」と大絶賛した。  RIRIは「『サークル・オブ・ライフ』は、生と死という意味だけでなく、愛でつながるっていう意味があると思います。一人ひとりが輝く存在で、自分には才能がない! とか夢なんか叶えられない! とあきらめてしまう人に映画を通じて自信をもって前に進んで欲しいし、パワーをもらって欲しい」と語っている。  今回初解禁されるミュージックビデオでは「サバンナの地平線から登る太陽や生き物の躍動する生命力をイメージして思いを込めて歌った」と話しており、映画の映像と合わさり壮大な仕上がりとなっている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』日本版ポスター

    『ライオン・キング』、プレミアム吹替版の予告解禁 ムファサは大和田伸也が続投

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、プレミアム吹替版の予告が解禁された。主人公シンバの父ムファサの声は、アニメーション版『ライオン・キング』(1994)で同役の吹き替えを務めた大和田伸也が続投している。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。  プレミアム吹替版予告では、壮大な世界観を彩る名曲「サークル・オブ・ライフ」にのせて、吹き替えキャストが演じるキャラクターの“声”が解禁。大和田は、未来の王となる息子シンバを愛情深く育てる一人の父親として、またサバンナを治める偉大な王として、シンバを導く威厳に満ちた風格を醸し出す父ムファサを演じる。  大和田は「丘の上で息子シンバに語りかける父ムファサの姿は、私自身と重なり、一心同体になったように感じていました。今回“超実写版”で改めてムファサを演じることになり『やったー!』と胸躍らせました。新たな魅力、感動を載せて頑張ります」と、新たに生まれ変わった『ライオン・キング』に参加できる喜びのコメントを寄せた。王となる運命を背負ったシンバを厳しくも優しく導くムファサを演じることにについて、大和田は「父親が息子を送りだす気持ち、決意を込めて、崇高な想いで演じさせていただきました」と語っている。  さらに、本作で新しく登場するキャラクターで、スカーと手を組むハイエナたちのリーダー的存在であるシェンジの声を務めるのは、『ルパン三世』シリーズ(2011~)の峰不二子(三代目)役や『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2018)で女戦士ヴァルキリーを演じた沢城みゆき。またシェンジの仲間のハイエナ・カマリを『デッドプール』シリーズ(2016~)の主人公デッドプール役でおなじみの加瀬康之が演じるなど、個性豊かな豪華声優陣も集結している。  そして今回の予告編では、俳優・江口洋介が迫力ある演技で王の座を狙うシンバの叔父スカーの声を演じているほか、シンバと冒険を繰り広げるおなじみのコンビ、プンバァ&ティモンの吹き替えを担当する、俳優・佐藤二朗&ミキ・亜生の2人が往年のヒット曲「ライオンは寝ている」を高らかに歌い上げる歌声も初披露となっている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』プレミアム吹替版声優発表イベントにて

    『ライオン・キング』、シンバ役吹替えは賀来賢人 「全身全霊でやった」

    映画

     映画『ライオン・キング』プレミアム吹替版声優発表イベントが8日、都内で行われ、シンバ役を賀来賢人、スカー役を江口洋介、プンヴァ役を佐藤二朗、ティモン役を亜生(ミキ)、ナラ役を門山葉子が演じることが発表された。賀来は「ずっと言いたくてしょうがなかったんです」とシンバ役への喜びを爆発させると「全身全霊でやりました」と強い視線で語っていた。@@cutter 本作は、ディズニーの傑作アニメーションとして誕生し、ブロードウェイ・ミュージカルへと発展を遂げた「ライオン・キング」をまったく新しい形で表現した超実写版。サバンナの王国プライド・ランドを舞台に、偉大なる王の息子として生まれながらも、策略によって王国を追放されてしまったライオンの子・シンバが、自らの未来に立ち向かう姿を描いた物語。    オーディションで役を得た賀来は「もともと『ライオン・キング』が大好きだった」と笑顔を見せると「年下の後輩が劇団四季でヤングシンバを演じていて、打ち上げで『愛を感じて』や『ハクナ・マタタ』を一緒に歌っていました。すごく縁を感じていたし、うちにも小さい子どもがいるので、絶対シンバ役をやりたいと思っていたんです」と念願がかなったことを明かす。    賀来にとって初の吹替えとなるが「すごく難しかったのですが、超実写版の映像は圧倒的で、ライオンの表情もすごく繊細。演じているうちにシンバになっていくような不思議な感覚でした」とアフレコを振り返ると、本国ではシンバ役をドナルド・グローヴァー、ナラ役をビヨンセというグラミー賞受賞経験のある二人が演じることについて「二人が歌う『愛を感じて』は素晴らしかったのですが、同時に、門山さんの歌声を聴いて、日本版ならではの『愛を感じて』を表現できると確信しました」と歌への自信をのぞかせる。    賀来の歌を聴いたという亜生も「賀来さんの歌声を聴いたのですが、惚れてまいますよ。抱かれてもいい」と絶賛すると、門山も「賀来さんのシンバはすごく素敵でした」と二人のコンビネーションへの期待をあおっていた。   映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    『ライオン・キング』監督が語る、最先端VRを使用した“超実写版”の世界

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、ジョン・ファヴロー監督のコメントが到着。過去に手掛けた映画『ジャングル・ブック』(2016)との違いや作品に込めた思いなどを語っている。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  マーベル作品や映画『スター・ウォーズ』のドラマシリーズなどで、監督、役者、脚本家など幅広く活躍するファブロー監督。2016年に監督を務めた映画『ジャングル・ブック』では、ファブロー監督の指揮のもと、ハリウッド最高峰の製作チームが集結。現実には存在し得ない“人間味”あふれる動物たちと、美しいジャングルを生み出した。  『ジャングル・ブック』では、主人公の男の子モーグリ以外のキャラクターはすべてCGアニメーションで作られ、モーグリを中心に周りの動物たちが製作された。しかし『ライオン・キング』には、本物の人間や動物、風景は一切登場しない。  ファブロー監督は「モーグリという肉体的な要素がひとつなくなったことで、ブルースクリーンを利用したり、実際的なセットを使用したり、本物のカメラを使わなければならないという限界から私たちは解放され、すべてがヴァーチャルになった。実物を通して撮影する必要がなくなったことで、全く新しいアプローチを撮るためのドアが開かれたんだ」と振り返る。  『ライオン・キング』では、モーグリのような基準にする物体がなくなったことで、ヴァーチャルの世界を舞台に映画を製作できる状態に。ファブロー監督は「(『ライオン・キング』は)『ジャングル・ブック』とはまったく違う感覚だよ。簡単に言えば、この映画を作る目的だけのために存在するVRフィルムメイキング・ゲームを築き上げたんだ」と製作の舞台裏を明かす。実物とキャラクターを合わせなければならないという制限から解放され、映像の可能性が無限大に広がったのだ。  さらに、ファブロー監督は「私は人々に、“これは、今でも『ライオン・キング』だ”と感じてもらいたい。その一方で、“どのようにして人々を驚かせ、新鮮で新しいものだと感じさせることが出来るのか?”ということも大事にした」と今作に込めた思いも語る。  1994年のアニメーション以来、舞台や音楽など、形を変えて世界中で愛されてきた『ライオン・キング』。その決して色褪せない魅力を残しつつも、最先端のVR技術を駆使して作られた“超実写版”の映像美によって、新鮮な作品へと仕上げたファブロー版『ライオン・キング』に期待したい。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』日本版ポスター

    『ライオン・キング』ビヨンセの歌声初披露 名曲「愛を感じて」解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、主人公シンバの声を務めるドナルド・グローヴァー、そしてシンバの幼なじみのナラ役を担当するビヨンセが歌う名曲「愛を感じて(原題:Can You Feel the Love Tonight?)」を収録した最新スポット映像が解禁された。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド、その幼なじみでメスライオンのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  優しく包み込むようなメロディーに、愛と葛藤をつづった楽曲「愛を感じて」は、エルトン・ジョンとティム・ライスが、かつてアニメーション版『ライオン・キング』(1994)の主題歌として作曲し、アカデミー賞主題歌賞、ゴールデングローブ賞歌曲賞を受賞した名曲。今作でドナルドとビヨンセが歌う「愛を感じて」は、シンバが出会う仲間や家族との絆の中で生まれる“愛”を表しており、新しい魅力を吹き込んだものとなっている。  スポット映像は、サバンナを治める偉大な王ムファサが、隣にいるシンバに「シンバ、星をみてごらん。歴代の王たちがあそこから我々を見守ってる。いつでも王たちが空から導いてくれる。この私もな」と優しく語りかける姿や、舞台となるアフリカの壮大な映像が映し出されたもの。そして、そんな2人に、ドナルドとビヨンセが歌う「愛を感じて」が、優しく寄り添うように流れる。シンバの過酷な運命を予感させながらも、親子の大きな愛が感じられる映像となっている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    『ライオン・キング』シンバが王となる運命に立ち向かう! 日本版予告解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、日本版本予告が解禁された。主人公シンバが王となる運命に立ち向かっていく姿が、臨場感あふれるサバンナの大地や、表情豊かで生き生きとした動物たちなどとともに映し出され、“日本だけ”の最新映像も盛り込まれている。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみでメスライオンのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  偉大な王ムファサの息子として、プライド・ランドの地に誕生したシンバ。いつか自分も父のような王になる日を夢みるものの、好奇心旺盛で、まだ未熟な彼は、なかなかその一歩を踏み出せないでいた。「自分を信じろ 王となるのだ」と語る父ムファサの言葉を胸に、未来の王としてこの広大な大地を舞台に壮大な冒険へと旅立ち、新たな世界での仲間との出会いを通じて、自分が生まれてきた意味、使命とは何かを学んでいく。  日本版予告では、地平線に浮かびあがるオレンジの太陽、プライドロックに集まってくる動物たち、そして誰もが知る「サークル・オブ・ライフ」が流れる壮大なオープニングで、新たなる未来の王、シンバの誕生シーンが描かれる。「いつの日かお前が新たな王となるのだ」と告げる父ムファサの言葉を胸に、自分も父のような“王”になる日を夢見るものの、好奇心旺盛でまだ未熟なシンバに、「勇気と無謀は違う」と厳しく説くムファサ。彼はこの広大なサバンナの“未来の王”を担うことへの責任と使命を、愛する息子に教えようとしていた。  しかしそんなシンバに突如“悲劇”が降りかかる。さらに王位を狙う闇に生きるライオン・スカーの企みにより王国を追放されてしまい、一人飛び出したシンバは、まだ見ぬ世界での新たな出会いや冒険を通じ、王としての使命は何なのかを学んでいく。シンバの壮大な冒険を通して伝えられる“自分が生まれてきた意味は何か”というメッセージが、世代や国境を超え、観る者の心を揺さぶる映像となっている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』日本版ポスター

    『ライオン・キング』プライドロック頂上に親子の姿…日本版ポスター解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、日本版ポスターが解禁。未来の王となる子ライオンとその父親の威厳あふれる姿が雄大な自然の中で描かれ、主人公の壮大な冒険を予感させるポスターとなっている。@@cutter 雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く本作。声優には主人公シンバ役で、俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみで雌ライオンのナラ役には世界の歌姫ビヨンセが決定している。監督は『アイアンマン』シリーズ、『ジャングル・ブック』のジョン・ファヴロー。  偉大な王ムファサの息子として、プライド・ランドの地に誕生したシンバ。いつか自分も父のような王になる日を夢みるものの、好奇心旺盛で、まだ未熟な彼は、なかなかその一歩を踏み出せないでいた。「自分を信じろ 王となるのだ」と語る父ムファサの言葉を胸に、未来の王としてこの広大な大地を舞台に壮大な冒険へと旅立ち、新たな世界での仲間との出会いを通じて、自分が生まれてきた意味、使命とは何かを学んでいく。  ポスターは、広大なサバンナの朝焼けに照らされた「プライドロック」の頂上で、“未来の王“シンバと父ムファサがたたずむ姿が描かれ、「忘れるな、シンバ――自分が何者なのか」というキャッチコピーが添えられたもの。オレンジ色に光り輝く大地で、幼きシンバが前を見すえるビジュアルは、これから始まる壮大な冒険とその成長ぶりを期待させるものとなっている。  『ライオン・キング』の重要なテーマとされ、”生と死を繰り返して世代が受け継がれること“を表す、「サークル・オブ・ライフ(生命の環)」。ファブロー監督は今作の「サークル・オブ・ライフ」には新たなメッセージが込められていると明かし「世代を受け継ぐという意味だけでなく、私たちが生きるこの社会においても、お互いの繋がりの中で、それぞれが果たすべき役割、この世界において自分が生きる意味など、人生を生きる上で”大切な事“に気づかせてくれる」と語っている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    シンバの壮大な冒険の旅がはじまる『ライオン・キング』最新予告解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、最新予告映像が解禁された。まるでサバンナの大地に降り立ったかのような臨場感あふれる映像に、主人公シンバをはじめ表情豊かな動物たちが生き生きと描かれている。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。  偉大な王ムファサの息子として、プライド・ランドの地に誕生したシンバ。いつか自分も父のような王になる日を夢みるものの、好奇心旺盛で、まだ未熟な彼は、なかなかその一歩を踏み出せないでいた。「自分を信じろ 王となるのだ」と語る父ムファサの言葉を胸に、未来の王としてこの広大な大地を舞台に壮大な冒険へと旅立ち、新たな世界での仲間との出会いを通じて、自分が生まれてきた意味、使命とは何かを学んでいく。  予告映像では、よちよち歩きのシンバが、父ムファサから「何かを奪うのではなく 真の王は何かを与えるのだ」と教えを受けながら、さまざまな動物たちと出会い、世界を学んでいく姿が映し出される。やがて父から「出ていけシンバ 二度と戻ってくるな」と告げられ、シンバは冒険の旅に出る。  幼なじみのナラ、王の座を狙う叔父のスカーをはじめ、シンバが冒険の途中で出会う、陽気なイボイノシシのプンヴァとミーアキャットのティモンのコンビなど、主人公シンバを取り囲む個性豊かなキャラクターたちも登場。彼らとの出会いを経て、未来の王シンバが運命を切り開いていく物語が、壮大なスケールの映像で描かれる。トーケンズのヒット曲「ライオンは寝ている」のメロディーをプンヴァとティモンが陽気に口ずさみながらジャングルの中を駆けていくユーモラスなラストも見ものだ。  メガホンを取るジョン・ファヴロー監督は「本作の大切なテーマの一つに”サークル・オブ・ライフ(生命の環)の思想があります。これは、世界は皆で分かち合うものであり、一人一人が独立した人間でありながらも、お互いに繋がっていることを思い出させてくれます」と語っている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    未来の王“シンバ”誕生『ライオン・キング』特報解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、特報映像が解禁された。未来の王となるシンバの誕生に、詰めかけた多くの動物たちがひれ伏すオープニングシーンが、圧巻のスケールで描かれている。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。  1994年のアニメ版『ライオン・キング』は、全世界観客動員数がディズニーアニメ史上No.1、サウンドトラックの全世界売り上げがアニメーション史上No.1を記録。さらに、ミュージカル版は、演劇や映画、コンサートなどを含めた興行作品として史上最高の累計62億ドル(約6700億円)を稼ぎ出した。  その名作を、実写もアニメも超えた“超実写版”として復活させた本作。監督は『アイアンマン』シリーズ、『ジャングル・ブック』のジョン・ファヴロー。声優には主人公シンバ役で、俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみで雌ライオンのナラ役には世界の歌姫ビヨンセが決定している。全米で予告編が解禁になった際は、全世界から動画サイトにアクセスが集中し、わずか24時間で2億4200万回という再生回数をたたき出した。  特報映像は、壮大なアフリカの地平線に浮かび上がるオレンジの太陽で幕を開ける。「プライド・ランド」の新たなる未来の王が誕生し、生命が永遠に引き継がれることを意味する“サークル・オブ・ライフ”が流れる中、キリンやシマウマ、ゾウなど、たくさんの動物たちが新たな命の誕生を祝福するために「プライドロック」に集まってくる。  母の腕の中で眠りから目覚めた子ライオンのシンバは、あどけない表情ながらも、青く丸い瞳には意志の強さと輝きが宿っている。「いつの日か、おまえが新たな王となるのだ」というナレーションとともに、王国の呪術師ラフィキがシンバを抱き上げて群衆の前に掲げると、集まった動物たちがその場にひざまずく様子が映し出される。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access