女の機嫌の直し方 関連記事

  • 早見あかり、映画『女の機嫌の直し方』インタビュー

    早見あかり「これまでの恋愛とは全然違った」 “わがまま”になれた夫との関係

    映画

     女優の早見あかりが主演する映画『女の機嫌の直し方』が6月15日に公開される。AI研究者・黒川伊保子による同名書籍を原案にした本作は、結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを解決していくハートフル・コメディ。男女の話題だけに和気あいあいだったという撮影現場の雰囲気から、本作を「もっと早く知りたかった」と思ったという自身の結婚、仕事観について語ってもらった。@@cutter 「まず思ったのは、『面白い』と、『勉強になるなあ』でした」。最初にこの作品の脚本を読んだときの感想を聞くと、早見は笑いながらそう答えた。演じるのは大学でAI(人工知能)を研究し、データ収集のため結婚式場でアルバイトを始める理系女子・真島愛。松井玲奈と佐伯大地が演じるカップルの結婚式を担当するものの、さまざまなトラブルが勃発。愛がそれを「男女脳の違い」をもとに解決していくという物語だ。  作中には男女の考え方の違いや、なぜそこから男女間のトラブルが起こってしまうのか…という知識がぎっしり。そのため、撮影中は出演者もスタッフも、作品について常に和気あいあいと話し合っていたのだとか。 @@insert1  「男性も女性もみんな、『これはこうだよね』とか、『分かる』『いや、分からない』って話をしていて。こんなにみんなが共通して話せるテーマってなかなかないし、人によっては過去の恋愛事情だったりとか、『こんなこと、初対面の人には話さないよね』みたいなことも話していたり。だから撮影期間は短かかったんですけど、すごく深いところまでみんなのことを知ることができた気がします」。 @@insert2  劇中では結婚式のために奔走する役柄だが、早見自身は昨年末に結婚したばかり。この映画に出てくるような“男女のぶつかり合い”について「最近はそういうのもなくなった」というが、「(本作を)もっと早く…一番ケンカが多くてイライラしてる時期に知りたかったです(笑)」とも。「4年間お付き合いしてから入籍したんですけど、最初の2~3年はケンカすることもやっぱり多かったです。本当にぶつかることがありすぎて、『違う人間同士が同じ価値観にすり合わせることは無理』だと分かった上で結婚したので…」と明かす。@@separator こう聞くと、物事をはっきり言うタイプに見えるかもしれない。しかし意外と、“内”と“外”があるようだ。「恋愛でも日常生活でも、家族や身近な人だけに自分の気持ちをぶちまけるタイプです。そういう相手にはすごくわがままになるし、逆にそれ以外の人とはぶつかったり、揉めることはほとんどないんですよ。『面倒くさいからいいや』って飲み込んじゃう。恋愛も、とにかく相手に尽くすタイプだったんです」と自己分析する。  ただ一方で「でも今の夫に対しては、最初からわがままになれて、これまでの恋愛とは全然違ったんですよね」と夫との関係性を明かす。 @@insert3  その表情から、公私ともに充実している雰囲気が伝わってくる。こうなってくると気になるのは、家庭と女優業のバランス。ただ、彼女自身は「自分で働きたいタイプです。家にずっとこもっているのは本当に無理」ときっぱり。「お芝居がすごく大好きで、女優という仕事がとにかく楽しい。この仕事は出会った人と3ヵ月ぐらいでお別れが来て、また新しい人と出会って、ずっと新しいことに挑戦し続けないといけない。それがまた私にとっては楽しいんです。飽きないですよ!」。 @@insert4  女優として飛躍していく彼女の姿が、今後も観られそうで一安心。まずは今作で生き生きと走り回る、彼女の魅力を確認しようではないか。(取材・文:川口有紀 写真:高野広美)  映画『女の機嫌の直し方』は6月15日より全国順次公開。

  • 映画『女の機嫌の直し方』完成披露舞台挨拶にて

    新婚の早見あかり、男女の間には「許与する心も必要」

    映画

     女優の早見あかりが22日、都内で開催された映画『女の機嫌の直し方』完成披露舞台挨拶に出席。早見は男女のトラブル解決を描く本作への出演を「許与する心も必要だなと。本当に勉強になりました」と振り返り、苦手な男性のタイプなども明かした。@@cutter 本作は、大学でAIの研究を行っている真島愛(早見)が、卒論用のデータを集めるために結婚式場でアルバイトを始め、さまざまな男女のトラブルを脳科学に基づき解決に導いていく様を描く。舞台挨拶には早見のほか、平岡祐太、松井玲奈、佐伯大地、有田駿介監督が登壇した。  作品について早見は、「自分でなんでイライラしているのか分からないことって、女性ってあると思うんです。それが、明確に言葉にされている。それを脚本として読んだときに、私がイライラしてもやもやしていた理由は、こうだったんだっていうのが分かった」とコメント。  また「男性がなぜこんなふうにイライラさせるのか、女性はなんでイライラしてしまうのかっていうのが、言葉にして明確になっていると、自分自身も笑えちゃうというか。自分が求めすぎていたのかもしれないとも思いましたし、相手に対して、求めるじゃなくて、許与する心も必要だなと。本当に勉強になりました」と作品への思いを語った。  その後、理想の夫婦像に話が及ぶと、愛が初めて担当する結婚式場の新婦・北澤茉莉に扮した松井は自身の両親に言及し、今でも手を繋いだり腕を組んで出かけていることを紹介。「子どもがいても、子どもと手はあんまり繋いでくれず、夫婦でずっとルンルンルンみたいな。お出かけ~みたいな感じだったので(笑)。いつまでも腕を組んだり、手を繋いでお出かけしてるっていうのは、すごく素敵な夫婦像というか。その背中が素敵だなと思いましたね」と白い歯を見せた。  これを受けた既婚の早見は「4年間お付き合いして、結婚して半年経たないんですけど、手も繋がないし腕も組まない(笑)」と告白したうえで「心は本当、通じ合ってる」と補足。その後、物語にちなんで、レッドカードを出したくなる男の言動を聞かれた早見は「自分の家族だったり、大切な人のことを大切にしてくれない人は、ちょっと一緒にいられないかな」とも話していた。  映画『女の機嫌の直し方』は、6月15日より全国順次公開。

  • 映画『女の機嫌の直し方』劇場版ポスター

    早見あかり主演『女の機嫌の直し方』予告編&劇場版ポスター完成

    映画

     女優の早見あかり主演の映画『女の機嫌の直し方』の予告編と劇場版ポスタービジュアルが完成した。3月に日本テレビで放送された連続ドラマの劇場版となり、クライマックスとなる嫁&しゅうとめの戦いが描かれる。@@cutter 本作は、著書『妻のトリセツ』が話題のAI研究者・黒川伊保子氏による『女の機嫌の直し方』(集英社インターナショナル刊)を原案として、連続ドラマ&映画化したもの。6月15日の全国公開に先駆けて、4月18日から4月21日に沖縄で開催される「島ぜんぶおーきな祭第11回沖縄国際映画祭」のTV DIRECTOR’S MOVIE部門に正式出品されることも決定している。  「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」をテーマに卒業論文を執筆中に、データ収集のため“男女トラブルの宝庫”結婚式場でアルバイトすることにしたリケジョの主人公・真島愛(早見)。先輩ウェディングプランナー・青柳誠司(平岡祐太)とともに、結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを男女脳の違いを分析した最新のAI研究をもとに次々と解決していく。  解禁された予告映像は、式の準備を進めるにつれ不満爆発の新婦・芙莉(松井玲奈)とその不満が理解できない新郎・悠(佐伯大地)のトラブルシーンからスタート。新郎同僚女子・梓(水沢エレナ)と同僚男子・林(前田公輝)や、新婦の伯母(原日出子)と伯父(金田明夫)、さらに芙莉と姑・晴美(朝加真由美)と悠など、続々と発生する問題をテンポ良く紹介しつつ、そのトラブルに対し男女脳の違いに基づいた理論で冷静にアドバイスしていく主人公・愛の姿が印象的だ。  併せて公開された劇場版ポスタービジュアルは、結婚式場で起こる数々の男女トラブルをウエディングケーキのケーキスタンドに配置したキュートなデザインとなっている。  映画『女の機嫌の直し方』は6月15日より全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access