クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

HELLO WORLD 関連記事

  • 『HELLO WORLD』初日舞台挨拶にて

    浜辺美波、10年後の福原遥は結婚すると妄想「ブーケ受け取りたい」

    アニメ・コミック

     女優の浜辺美波が20日、都内で行われたアニメーション映画『HELLO WORLD』の初日舞台挨拶に登壇。共演した北村匠海らと、本作にちなんだ妄想トークを繰り広げた。@@cutter 本作は、『劇場版 ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』の伊藤智彦監督が手がけたオリジナルのSF青春ラブストーリー。京都の男子高校生・堅書直実(北村)と同級生の一行瑠璃(浜辺)の恋愛模様や世界の秘密を描く。  本イベントには浜辺や北村のほか、松坂桃李や福原遥、伊藤監督が出席した。  北村は今回、アニメの声優初挑戦。収録は「プレスコという手法で、ラフなものを見ながら、僕らの声を主体に作ってきた。最初はどんな絵になるのか分からなかった」と回想。「映画ができるまで、階段を着実に進んでいく感じを僕らも味わった。完成した時、今までにない感動を、実写で映画を撮る時と違う感覚で映画の完成を見届けられた」と話した。  また、直実が行使する創造の能力「神の手」(グッドデザイン)をもし使えるならどうするか、と問われて「ガンダムには乗りたい。これは揺るぎない」と願望を吐露。対して松坂は、右手を広げて「やっぱり螺旋丸(編注:『NARUTO ‐ナルト‐』の主人公・うずまきナルトの必殺技)ですかね」と言い、「劇中の直実と10年後の直実の修行シーンが、まさに螺旋丸を作る時の修行と似ている」と語った。  二人の話を聞いて浜辺は「そんな夢のあることが思い浮かばなくって…」と前置きし、「マンションを建てて、下の階を売ろうかなと思っていた(笑)。なんかダメだな。ということで、お城にします」と回答。監督から、劇中の能力設定では建築物の維持は難しいと言われると「山をちょっと平らにしようかな…。土地を手に入れちゃおうかな」と現実路線を貫いた。  さらに、劇中の直実同様、どの時代にアクセスしたいか問われると、北村は「縄文時代。アウストラロピテクスと対話したい」と回答。松坂は「戦国時代で、宮本武蔵の構えが本当にあの絵の構えなのかどうか確かめたい」と述べた。  続けて浜辺は「平成時代の自分が小学校1、2年生の時に戻りたい。その時の年齢でどれくらい脂肪細胞があるかで、その後の太りやすさが変わるらしいんですよ。だからそこへ行って、食指導をしたい」と浜辺節を続け、会場を笑わせた。  本作にちなんで、北村と松坂、浜辺と福原が、それぞれ互いの10年後を予想。北村は「(松坂には)アニメーションの監督とかチャレンジしてほしい。役者初アニメーション監督」と言うと、松坂は「いや~! ハードルが高いな~!」と反応。やるなら「『ギャートルズ』や『ターちゃん』(『ジャングルの王者ターちゃん』)みたいな、そういう時代のものをテーマにしたい」と言い、北村に「ターちゃんみたいな役をやってもらうよ」と笑った。  浜辺は、福原の10年後に思いを馳せて「福原さんの花嫁姿をぜひ見たい。絶対似合う。結婚式に呼んでほしいな。絶対いいお母さんにもなると思う。天使のような子供たちに囲まれて、木陰とかで本の読み聞かせとかしてほしい」と妄想を爆発。「(結婚式で)福原さんの投げたブーケを受け取りたい。投げてください、こっちに」とおねだりした。

  • 映画『HELLO WORLD』プロジェクト始動イベントにて

    北村匠海、初のアニメ声優「僕のキャリアの中でかなり挑戦的なものだった」

    アニメ・コミック

     北村匠海、松坂桃李、浜辺美波が8日、都内で開催されたアニメ映画『HELLO WORLD』プロジェクト始動イベントに登壇。“プレスコ”という手法で声優に挑戦した3人が収録を振り返った。@@cutter 『劇場版 ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』の伊藤智彦監督初のオリジナル劇場アニメになる本作は、高校生の直実(北村)が未来からきた10年後の自分・ナオミ(松坂)と共にのちに彼女になる瑠璃(浜辺)を救うべく奮闘するSF青春ラブストーリー。イベントには、伊藤監督、主題歌を担当するOKAMOTO’S、Official髭男dism、Nulbarichも出席した。  声優初挑戦となる北村。伊藤監督がついていた細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』などのオーディションを受けたこともあったそうで、「本当にうれしい」と喜び、「僕のキャリアの中でかなり挑戦的なものだったけど、そこに負けないよう果敢にいこうと思いました」と回顧。  『パディントン』で声優を務めたこともある松坂は、また動物を演じるのかと思ったそうで「人間で意表を突かれた」と笑い、監督から手紙でオファーをもらったことを告白。アニメ好きで『ソードアート・オンライン』をずっと見ていたと言う浜辺は、「監督とお会いできること、お仕事できることはすごくすごくうれしかったです」と感慨深い表情で明かした。  伊藤監督が「皆さんの芝居感をなるべく生かせるようにしたかった」との理由から、今作は先にセリフを収録してそこから映像を作るプレスコという手法で製作。自身と監督にしか世界がない中で吹き替えすることは難しかったそうで、北村は「(緊張して)何回も水を飲んで、トイレに行きました」としみじみ。  松坂は「想像力を膨らませながら声を入れないといけなく、監督の要求がミリ単位ですごかった」と触れ、『新世紀エヴァンゲリオン』のシーンを共通認識として監督と芝居を詰めたことを興奮気味に打ち明けていた。  今作では、劇中で流れる劇伴を制作するため、OKAMOTO’S、Official髭男dism、Nulbarichらアーティストが『HELLO WORLD』限定プロジェクト・2027Soundを結成。自身もDISH//として音楽活動も行い、OKAMOTO’Sと親交もある北村は「ものすごいメンツがそろっていて。実験的だと思いましたし、こんな映画音楽聞いたことない。早く映画館で聴きたい」と期待を寄せていた。  映画『HELLO WORLD』は9月20日より全国公開。

  • 映画『HELLO WORLD』主題歌を担当する「2027Sound」参加アーティスト陣

    『HELLO WORLD』OKAMOTO’SとOfficial髭男dismの主題歌入り本予告解禁

    アニメ・コミック

     声優として俳優の北村匠海、松坂桃李、女優の浜辺美波が出演するアニメーション映画『HELLO WORLD』の主題歌を、OKAMOTO’SとOfficial髭男dismが担当することが決定。併せて主題歌入り本予告編とポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 本作は、興行収入25億円のヒットを記録した『劇場版 ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』の伊藤智彦監督初のオリジナル劇場アニメ。  主人公・堅書直実の声を、声優初挑戦となる北村が担当。直実の10年後の自分・カタガキナオミ役に、監督からの熱いオファーにより本作にキャスティングされた松坂が、2人が救おうとするヒロイン・一行瑠璃役を、自身も伊藤監督作品のファンである浜辺が務める。  今回発表されたのは、3曲ある主題歌のうちの2曲で、OKAMOTO’Sが「新世界」、Official髭男dismが「イエスタデイ」を本作のために書き下ろした。この2組に加え、Nulbarichがもう1曲の主題歌を担当することも決定している。さらに、彼ら3組と、OBKR、Yaffle、STUTS、BRIAN SHINSEKAIの同世代のジャンルを超えたメンバーが集結し、『HELLO WORLD』限定プロジェクト・2027Soundを結成。劇中で流れる43曲の劇伴が制作された。  自らも音楽活動をしている北村は「こんなにも多く音楽シーンを担っている凄い音楽人達が連なっているのを初めて見ました」と語り、主題歌を担当するOKAMOTO’Sについて「OKAMOTO’Sさんが作り出す音楽はエネルギーが違います。難易度の高い音楽で、各々のスキルも凄いと思います。ベースのハマオカモトさんは僕が日本人で一番好きなベーシストです。OKAMOTO’Sさんに音楽をやってもらえて僕も凄い光栄でした」と絶賛している。  公開された予告では、「この街も僕も…」とこの予告編の為だけに別撮りをした北村のナレーションと共に、前半にOfficial髭男dismの「イエスタデイ」が、後半にOKAMOTO’Sの「新世界」が初披露されている。  併せて解禁されたポスタービジュアルは、崩れ落ちるかのような街並みを背景に、3名のメインキャストが佇みながら、上部に「たとえ世界が壊れても、もう一度、君に会いたいー」というコピーが配置されたビジュアルとなっている。  映画『HELLO WORLD』は9月20日より全国公開。

  • (左から)アニメ『HELLO WORLD』で声優を務める浜辺美波、北村匠海、松坂桃李

    北村匠海×松坂桃李×浜辺美波、『SAO』監督最新作アニメ『HELLO WORLD』の声優に決定

    アニメ・コミック

     興行収入25億円のヒットを記録した『劇場版 ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』の伊藤智彦監督による最新アニメーション映画『HELLO WORLD』に、声優として俳優の北村匠海、松坂桃李、女優の浜辺美波が出演することが発表された。また、物語の舞台となる京都の神社や名所が色鮮やかに描き出された特報映像も解禁された。@@cutter 本作は『ソードアート・オンライン』シリーズなどで知られる伊藤監督初のオリジナル劇場アニメ。脚本は『正解するカド』の野崎まどが担当し、伊藤監督と初タッグを組む。キャラクターデザインは『らき☆すた』や『けいおん!』などを手掛けている堀口悠紀子。アニメーション制作を、劇場オリジナルCGアニメ『楽園追放 ‐Expelled from Paradise‐』を手掛けた制作会社グラフィニカが担当する。 @@insert1  北村は、主人公の京都に住む内気な16歳の高校生・堅書直実役で声優初挑戦。「もともと、アニメが好きでずっと声優に挑戦したいなと思っていたところに、『HELLO WORLD』のオーディションのお話を頂いて、是非! やりたい! と“即答”でした」という。共演の2人については「浜辺美波さんとは久々の共演、そして松坂桃李さんとも以前ご一緒したドラマ以来で、またこうやってお二人と“再会”できたことがとても嬉しかったです」と話している。  10年後からやってきた堅書自身の未来の姿・カタガキナオミ役の松坂は、「伊藤監督から『パディントン』を見て、とオファーをいただいたので今度は何の動物なんだろう? とちょっと不安もありましたが、ちゃんと人間だったので安堵しました」とした上、「アニメーションならではのスペクタルな世界観。そこに声だけで命を吹き込む作業は難しさもありますが、楽しさ、やり甲斐もありました」と語る。  浜辺は、物語の鍵を握るヒロインで、直実とクラスメイトの女子高生・一行瑠璃役。「監督の作品を以前から大好きで観ていたので、お仕事出来ることが不思議な感じがしました」という浜辺。「私自身、アニメがとても大好きだからこそ声優さんの難しさがすごくわかり、アニメ作品に関わることが出来る嬉しさと共に、不安もありました」と振り返る。  30秒の特報には、物語の舞台となる2027年古都・京都の伏見稲荷大社、上賀茂神社、出町柳の鴨川デルタなどの史跡や名所が描かれており、極限までこだわり抜いた映像、鮮麗な色彩で仕上げられている。  映画『HELLO WORLD』は9月20日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access