クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

殺さない彼と死なない彼女 関連記事

  • 映画『殺さない彼と死なない彼女』(左から)主演の間宮祥太朗、主題歌・音楽担当の奥華子、主演の桜井日奈子

    『殺カレ死カノ』主題歌は奥華子の書き下ろし 映画音楽にも初挑戦

    映画

     俳優の間宮祥太朗と女優の桜井日奈子がダブル主演を務める映画『殺さない彼と死なない彼女』の主題歌が、シンガーソングライターの奥華子が歌う「はなびら」に決定。奥は本作で初めて映画音楽を手がけることも分かった。@@cutter 本作は、ツイッターに投稿された3つの物語からなる連作4コマ漫画が原作。KADOKAWAより刊行された単行本は、重版10刷を突破する人気作となっている。今回の実写版は、単行本に収録された表題作「殺さない彼と死なない彼女」に登場する、“殺さない彼”=小坂れいと、“死なない彼女”=鹿野ななの物語を中心に据えた青春群像劇。れい役を間宮、なな役を桜井がダブル主演で務める。  主題歌について、⼩林啓一監督と制作陣は「映画のラストには“希望”を残したい」「本作の登場人物と観客に寄り添える、切ない、だけど温かさの残る曲にしていきたい」という思いのもと検討を重ね、原作のイメージと楽曲のイメージもシンクロするアーティストとして奥へオファー。偶然にも、彼⼥が原作を読んでいたことも判明し、書き下ろしの主題歌提供が実現した。  劇場版アニメーション『時をかける少⼥』の主題歌「ガーネット」で注目を集め、失恋バラードや⼼に深く刺さるメッセージソングなど数多くの楽曲を発表している奥は、主題歌に加えて初めて映画音楽も担当。小林監督と1曲1曲話し合いながら、ピアノをメインに21曲を作曲した。  奥は「(原作者の)世紀末さんの世界観が好きで原作を読んでいたので、主題歌と劇中音楽のお話を頂いた時は本当に嬉しかったです」と喜びを語り「主題歌『はなびら』は前向きな⼒強さと映画の優しい光の世界観もイメージしながら作りました。劇中音楽は初めての経験でしたが、⼩林監督と何度もイメージを共有しながら、とても繊細なところまで妥協なく作る事ができました。この音楽が映画と共に観た人の⼼に残れば幸いです」とコメントした。  主演の間宮と桜井もメッセージを寄せ「奥華⼦さんの音楽あってこそ、この映画は清く美しく感じてもらえると思います」(間宮)、「『ガーネット』や『楔』など以前から聴いていて、私も奥華⼦さんの曲に⼼を動かされたファンの1人なので、今回主題歌を担当されることを知ってとても嬉しかったです」(桜井)と語っている。  映画『殺さない彼と死なない彼女』は11月15日より全国公開。

  • 映画『殺さない彼と死なない彼女』キャラクタービジュアル

    『殺カレ死カノ』、恒松祐里&堀田真由らキャラクタービジュアル公開

    映画

     俳優の間宮祥太朗と女優の桜井日奈子がダブル主演を務める映画『殺さない彼と死なない彼女』より、共演の恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろうを捉えたキャラクタービジュアルと場面写真が公開された。@@cutter 本作は、ツイッターに投稿された3つの物語からなる連作4コマ漫画が原作。KADOKAWAより刊行された単行本は、重版10刷を突破する人気作となっている。今回の実写版は、単行本に収録された表題作「殺さない彼と死なない彼女」に登場する、“殺さない彼”=小坂れいと、“死なない彼女”=鹿野ななの物語を中心に据えた青春群像劇となっている。れい役を間宮、なな役を桜井がダブル主演で務める。  今回公開されたのは、原作でもメインキャラクターとして登場し、れいとななと同じ高校に通うきゃぴ子(堀⽥真由)、地味子(恒松祐⾥)、撫子(箭内夢菜)、八千代(ゆうたろう)のキャラクタービジュアルと場面写真。  きゃぴ子と地味子を写したキャラクタービジュアルは、高校の階段で、きゃぴ子が地味⼦の左腕をつかみピタっと寄り添う姿を捉えたもの。自分の可愛さを自覚し、周囲からの愛を求め続けるきゃぴ⼦は、“孤独を抱える達観したぶりっ⼦”。 地味⼦は、そんな真逆の性格の親友・きゃぴ⼦を厳しくも温かく⾒守る男前な少⼥だ。2人の横には、「待ってたって王⼦様なんて来てくれやしないわ(地味子)」「いっばい愛されなくちゃ⽣きてる意味がないわ(きゃぴ子)」と、2人の関係を物語るようなキャッチコピーが添えられている。  恒松は地味⼦について、「⼀⾒冷たいようで⼼の中は⼤きな優しさと愛が溢れている⼦を演じることが出来てとても嬉しかったです」、堀⽥はきゃぴ⼦について、「触れたら壊れてしまいそうで、でも触れなければ今にも崩れ落ちてしまいそうな。彼⼥の弱さを⾒ていると 私がぎゅっと抱きしめてあげたくなる」とコメント。場⾯写真での地味子ときゃぴ子は、そんな繊細で複雑な心の中を垣間見せるような表情を浮かべている。  撫子と八千代を捉えたキャラクタービジュアルは、高校の図書室にいる撫⼦と八千代を写したもの。好きな八千代に何度フラれても⽇課のように告⽩し続ける天真爛漫な撫⼦と、恋愛に無関⼼な草食男⼦・八千代。2人の横には「私はあなたに出会って“好き”を知ったわ(撫子)」「 僕は“好き”って感情がよくわからないんだよ(八千代)」という、2人の対照的な関係を表すようなキャッチコピーが添えられている。  今作がラブストーリー初挑戦となる箭内は「(撫子が)こんなにストレートに告⽩できることをうらやましいと感じていました」と明かし、ゆうたろうは「自分がこの作品の世界の中で⽣きるのは正直想像出来なくて不安もあった。役としてもゆうたろうとしても成⻑させてくれた」と⼩林啓⼀監督に感謝を述べている。そんな2人を捉えた場⾯写真は、ストレートに「好き!」と告⽩する撫⼦の無邪気さ、そんな撫子に⼾惑う八千代の表情を切りとったものとなっている。  映画『殺さない彼と死なない彼女』は11月15日より全国公開。

  • 映画『殺さない彼と死なない彼女』ティザーポスター

    間宮祥太朗×桜井日奈子W主演『殺カレ死カノ』特報&ビジュアル解禁

    映画

     俳優の間宮祥太朗と女優の桜井日奈子がダブル主演を務める映画『殺さない彼と死なない彼女』の公開日が11月15日に決定。特報とティザービジュアル、場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、ツイッターに投稿された3つの物語からなる連作4コマ漫画が原作。KADOKAWAより刊行された単行本は、重版10刷を突破する人気作となっている。今回の実写版は、単行本に収録された表題作「殺さない彼と死なない彼女」に登場する、“殺さない彼”=小坂れいと、“死なない彼女”=鹿野ななの物語を中心に据えた青春群像劇となっている。れい役を間宮、なな役を桜井がダブル主演で務める。  公開された特報映像では、生徒たちの喧騒から離れて、教室で殺されたハチを埋葬している鹿野ななが映し出される。そんな鹿野の姿に興味を抱いた小坂が、屋上から飛び降りようとする鹿野をあわてて止めたことをきっかけに、2人は一緒に過ごすように。さまざまな場面を通じて、2人のキャラクターと、友人とも恋人ともつかない絶妙な距離感が描かれるが、ラストは「ふたりの結末を見届けたとき、タイトルの本当の意味に涙する」という意味深なメッセージで締めくくられる。  あわせて公開されたティザービジュアルは、糸電話を耳にあてている小坂と鹿野の意味深なカット。「君の隣で、世界は変わる。」というキャッチコピーが、出会いによって大きく変わっていく2人のドラマを予感させる。  さらに、4点の場面写真には、ティザービジュアルの使用カットほか、“スマホ依存症”と“リストカット常習者”という2人のキャラクターを示すような小坂と鹿野のソロカット、高校の屋上で2人で過ごす小坂と鹿野のツーショット、そして屋上から飛び降りようとする鹿野を止める小坂を切りとったもの。どれも、ピュアで不器用な小坂と鹿野のキャラクターをとらえた重要なカットとなっている。  映画『殺さない彼と死なない彼女』は11月15日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access