永遠の門 ゴッホの見た未来 関連記事

  • 映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』メインカット

    ゴッホ役ウィレム・デフォーが熱演、ゴーギャンの姿も『永遠の門』予告

    映画

     俳優のウィレム・デフォーが主演し、第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝き、アカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たした映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』より、予告映像と場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きるゴッホが、唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとの出会いと共同生活の破綻、そして、いまだ多くの謎が残る死について描く。メガホンを取るのは、映画『潜水服は蝶の夢を見る』の鬼才、ジュリアン・シュナーベル監督。  解禁された予告映像は「あんたの絵など売れん、捨てろ!」「なんだこれ、変なの」と周囲から認められず苦悩するゴッホの姿からスタート。しかし「一緒に美術革命を起こそう」とゴッホに語りかけるポール・ゴーギャン(オスカー・アイザック)との出会いから様相が一変、「僕は思いのまま描く。僕にしか見えないものを人々にも見てもらいたい」と語るゴッホがカンバスと自然にひたすら向き合う姿が映し出される。さらに、ゴッホの数々の名作も登場。ラストは、ゴッホが草原で手を広げ、空を仰ぎ、自然を全身で感じている印象的な姿で締めくくられる。  場面写真には、草原に佇むゴッホの姿や、苦悩する姿のほか、オスカー扮するゴーギャンや、マチュー・アマルリック演じるガシェ医師、マッツ・ミケルセン演じる牧師の表情が切り取られている。  映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』は11月8日より全国順次公開。

  • 映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ポスタービジュアル

    ウィレム・デフォーがゴッホに 『永遠の門』自然と同化する姿を捉えたポスター解禁

    映画

     俳優のウィレム・デフォーが主演し、第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝き、アカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たした映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』より、ポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きるゴッホが、唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとの出会いと、彼との共同生活の破綻、そして、いまだ多くの謎が残る死について描く。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、映画『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督が、圧倒的映像美で映し出す。  ジュリアン監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめたウィレムは、アカデミー賞、ヴェネチア国際映画祭以外にも、サテライト賞最優秀主演男優賞(ドラマ部門)に輝き、第76回ゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)、放送批評家協会賞主演男優賞、フロリダ映画批評家協会賞主演男優賞ほか、数々の賞にノミネートされるなど、世界で高い評価を獲得した。  解禁されたポスターは、ウィレム演じるゴッホが草原で手を広げ、空を仰ぎ、自然を全身で感じている姿が大きく描かれたもの。自然と同化することで、芸術に昇華させようとするゴッホの生き様そのものが表されている。その下には、オスカー・アイザック演じるゴーギャンや、マチュー・アマルリック演じるガシェ医師、ゴッホの代表作『ひまわり』のカットも見ることができる。「ゴッホが見た世界が、あなたの魂を解放する、圧倒的感動体験」というコピーからも、心を打つ感動を予感させるビジュアルとなっている。  映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』は11月8日より全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access