クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

カツベン! 関連記事

  • 映画『カツベン!』公開記念舞台あいさつに登場した成田凌

    成田凌「全てが変わった」『カツベン!』主演で役者としての意識の変化

    映画

     俳優の成田凌が14日、都内で開催された映画『カツベン!』公開記念舞台あいさつに出席。本作で演じた活動弁士の口上で2分間のひとりしゃべりを披露し、「こんなに緊張する舞台あいさつは初めて」と苦笑いするも、「なかなか声は出てたかな」と手応えを。また、本作で、役者として感じた意識の変化を明かした。@@cutter 本作は、今からおよそ100年前の大正時代を舞台に、サイレント映画の活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)を主人公にした物語。イベントには、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、竹中直人、井上真央、竹野内豊、周防正行監督も登壇した。  しゃべりのスターである活動弁士を演じるために半年にも及ぶ活弁の猛特訓を行った成田。同イベントの冒頭でも堂々とした活弁で会場を盛り上げたが、成田は「昨日まで鼻水ずるずるだったけど、朝起きたらピタッと治っていて。これが『カツベン!』主演の力かと」とニッコリ。  そんな成田の口上を見て、周防監督は「オーディションで会ったときに、舞台あいさつでも口上をしてもらうんだなんて…(思ってなかった)。(作品でも)すごいことを強いてしまった。本当にありがとう」と感極まっている様子。同じく活動弁士を演じた永瀬と高良も「気持ちが分かるので、俺がドキドキして。すごいよ」(永瀬)、「素晴らしかった」(高良)と成田のパフォーマンスを絶賛した。  本作が映画初主演となる成田。昨日の公開初日には友人と映画館に本作を見に行ったといい、「友達からメールがきたり、街中で『観るよ』って声をかけてくれる方もたくさんいて。多くの人に観ていただけてうれしい」と歓喜。宣伝のため、170にも及ぶメディアの取材や番組に出演したが、「楽しかった。少しでも多くの人に知ってもらえたのかもしれない」とはにかんだ。  第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞新人賞をはじめとしたさまざまな映画賞を受賞するなど、俳優として目覚ましい活躍を遂げているが、俳優としてのベースで大事にしていることを聞かれ、「この作品をやったことで、全てが変わった」と告白。「楽しむこと」を大事にしているそうで、「監督や共演者の皆さんにすごく影響を受けました。これからも主演をやっていきたいので、“自分がするぞ”っていう気持ちで責任感を持ってやってきたい」と誓っていた。  映画『カツベン!』は公開中。

  • 黒島結菜

    黒島結菜、自分の“甘さ”に気づいた周防正行監督からの言葉

    映画

     2013年公開の映画『ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜』でスクリーンデビューを果たして以来、数々の映画や、連続テレビ小説、大河ドラマなど着実に出演作を重ね、女優としてのキャリアを積んできた黒島結菜。そんな彼女がヒロインを務めた映画『カツベン!』において、名匠・周防正行監督からかけられた一言で、芝居に取り組む姿勢が大きく変わったという——。@@cutter◇ダメ元で挑んだオーディション @@insert1  100人以上のオーディションの中、ヒロインの座を勝ち取った黒島。彼女が演じた役は、成田凌扮する活動弁士を目指す主人公・染谷俊太郎の初恋の相手であり、女優を目指す栗原梅子。大正時代を舞台に、夢を追いながらも、厳しい現実に直面する複雑な思いを抱える女性を好演した。  300館規模の公開作品で、しかも監督は、日本アカデミー賞で史上最多の14冠を達成した『Shall we ダンス?』や『シコふんじゃった。』など傑作を世に送り出してきた周防正行。黒島は「やりたいとは思っていたのですが、オーディションには、これまで主演を務めてきた人もたくさん来ているだろうし、私じゃ無理だろうな」とダメ元で挑んだという。しかし、だからこそ「いつもなら緊張するのですが、割とリラックスして臨めたんです。どうせ受からないだろうからと思ったので…」とあっけらかんと当時を振り返る。 ◇女優に「自信がないんだと思います」 @@insert2  気負わず自分を出せたという黒島。結果的に、周防監督は黒島に「女優という仕事に対して迷いとか居心地の悪さ」を感じとり、それが梅子という役とシンクロすると確信したことが選考理由になったというのだ。  黒島は「それって間違っていないんですよね」と苦笑いを浮かべると「お芝居は好きですし楽しいです。もちろん一生懸命やるし、妥協もしないと決めています。でも女優が私のすべてかというと、そこまでの覚悟では臨んでいなかったと思うんです」と胸の内を明かす。はたから見ていると、途切れることなく作品が続き、しかも主役やヒロインを務めることも多く、充実した女優生活を送っているように感じられるが「自信がないんだと思います」とつぶやく。 @@insert3  真意を問うと「毎回新しい作品に入るたびに不安はありますし『私でいいのでしょうか』という気持ちになるんです。謙遜しているとかではなく、タイプ的に自分からいろいろとアピールするのが苦手というのもあるのですが…」と理由を説明する。確かに聞けば聞くほど、梅子というキャラクターへの親和性が高いように感じられる。@@separator◇自分の甘さに気づけた周防監督からの言葉 @@insert5  そんな黒島だが、現場で周防監督からかけられた一言で気持ちが大きく変わったという。「私がカツベンをするシーンがあって、事前にすごく練習をしました。でも不安だったので、周防監督に『私大丈夫ですか?』と聞いたら『大丈夫にするから』と言われたんです」。  黒島は、周防監督に「大丈夫だよ」という優しい言葉や「こうした方がいいんじゃない?」というアドバイスをしてもらいたかったのだが、返ってきたのは「大丈夫にするから」。そのとき黒島は「ハッとしました。人任せにしている自分の甘さに気づいたし、もっと自分で考えて作品の役に立たないといけないんだ」と危機感を抱いた。  これまで現場では、なるべく監督の指示に的確に応じることが正解だと思っていた黒島。しかしそれだけでは「面白くない」と感じ、自分から役柄についての質問や提案をするなど、能動的に作品へ参加するようになった。すると見え方も変わってきた。偉大な先輩たちもたくさん出演している本作。竹中直人や渡辺えりといった俳優たちの芝居にも魅了されたという。 @@insert4  大きなターニングポイントになった作品が2019年末に公開となる。今年は大学を辞め、女優業一本になった年でもあるが「いま仕事とプライベートのバランスがとても良く、いいペースで仕事ができています」と笑顔を見せる。プライベートで自身の知的好奇心を満たし、それが仕事に跳ね返ってくる…。この循環を大事にしていきたいという黒島。同世代には活躍する女優が多いが「私は私。いまのペースを大切にしていきたいです」と強い視線で語ってくれた。(取材・文:磯部正和 写真:高野広美)  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

  • 映画『カツベン!』本ポスタービジュアル

    成田凌が蝶ネクタイ&燕尾服の正装で登場『カツベン!』ポスター解禁

    映画

     俳優の成田凌が映画初主演を務め、黒島結菜がヒロインを演じる周防正行監督最新作『カツベン!』より、燕尾服に蝶ネクタイという活動弁士の正装姿であいさつする主人公・俊太郎(成田)や、彼を取り巻く個性豊かなキャラクターたちの姿を収めた本ポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、今からおよそ100年前の大正時代を舞台に、サイレント映画の活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)を主人公にした物語。キャストには成田や黒島のほか、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、池松壮亮、山本耕史、成河、さらに周防監督作品ではおなじみの竹中直人、渡辺えり、小日向文世らも名を連ねる。脚本は、長年周防組の助監督を務めてきた片島章三。  一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れ着く。隣町のライバル映画館に客も人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、人使いの荒い館主夫婦、ごう慢で自信過剰な弁士、酔っぱらってばかりの弁士、気難しい職人気質な映写技師と、くせ者ぞろい。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現わる大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手。俊太郎の夢、恋、青春の行方は…。  本ポスタービジュアルでは、俊太郎が、燕尾服に蝶ネクタイをし、“カツベン”の正装姿であいさつをする様子が捉えられている。その姿はまさに映画『カツベン!』の始まりを告げるかのようだ。  周りには、ヒロインの黒島をはじめ、本作に登場する個性豊かなキャラクターの姿が写り、俊太郎の周りで巻き起こる壮大な物語を感じさせる。周防作品でおなじみの竹中や渡辺のユーモアのある表情からは、本作に面白さあふれるコメディー作品の要素が含まれていることもうかがえる。  一番後ろでは、成河演じる映写技師がスクリーンに無声映画を映し出し、その前で俊太郎が“カツベン”を披露している姿も。まさに「日本映画」をテーマにした本作ならではの要素満載のポスタービジュアルになっている。  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

  • (左から)映画『カツベン!』でエンディングテーマを担当する奥田民生と周防正行監督

    奥田民生、『カツベン!』エンディング曲担当 “パイノパイノパイ”「東京節」アレンジ

    映画

     俳優の成田凌が映画初主演を務める周防正行監督最新作『カツベン!』のエンディング曲を、奥田民生が担当することが発表された。「パイノパイノパイ」というコミカルなフレーズで大正期に流行した「東京節」の歌詞を本作用にアレンジした「カツベン節」を歌う。@@cutter 本作は、今からおよそ100年前の大正時代を舞台に、サイレント映画の活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)を主人公にした物語。  一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)は、小さな町の映画館「青木館」に流れ着く。隣町のライバル映画館に客も人材も取られて閑古鳥の鳴く青木館に残ったのは、人使いの荒い館主夫婦、ごう慢で自信過剰な弁士、酔っぱらってばかりの弁士、気難しい職人気質な映写技師と、くせ者ぞろい。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現わる大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手。俊太郎の夢、恋、青春の行方は…。  「東京節」は、米国の「ジョージア行進曲」のメロディに歌詞をつけて大正7年に発表。「ギッチョンチョンでパイノパイノパイ」というユーモラスな歌詞が大流行し、ドリフターズやなぎら健壱などによる多くの替え歌も生まれ、長年歌い継がれてきた。  その「東京節」の歌詞を、脚本の片島章三が本作用に書き換えたのが、「カツベン節」。歌詞には映画黎明期のスター“めだまの松ちゃん”こと尾上松乃助や、『怪盗ジゴマ』『椿姫』『雄呂血』『不如婦』など歴代の名作が登場。さらに時代を代表する活動弁士・駒田好洋が活弁の際に口癖のように言っていた「頗(すこぶ)る非常」という説明や、生駒雷遊の「ああ、春や春、春南方のローマンス」でも知られる名調子もちりばめられた、映画愛あふれる曲となっている。  クランクイン前から音楽監督の周防義和の提案で「東京節」を本作の中で使おうと構想していた監督は、「東京節」が持つ時代感を現代にも通じる味わいに変える歌手は誰かと考えたときに、自身も好きな奥田が思い浮かんだという。  周防監督は「奥田さんとお仕事するのは初めてでしたが、楽曲の狙い、映画の狙いを見事に表現してくれた」と、奥田の歌う「カツベン節」を絶賛。奥田も「子供の頃、大人たちが歌っていた感じというか、ムードを思い出してやりました。自分が昭和の生まれなので、この歌がもっていた心は分かると思います」と語っている。  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

  • 映画『カツベン!』劇中無声映画に出演する(左から)草刈民代、城田優、上白石萌音、シャーロット・ケイト・フォックス

    『カツベン!』劇中無声映画に草刈民代、城田優、上白石萌音ら集結

    映画

     俳優の成田凌が映画初主演を務める周防正行監督最新作『カツベン!』の劇中で上映される無声映画に、俳優の城田優、女優の草刈民代、上白石萌音、シャーロット・ケイト・フォックスが出演することが発表された。@@cutter 本作は、今からおよそ100年前の大正時代を舞台に、無声映画の活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)を主人公にした物語。劇中に登場する無声映画はすべて撮り下ろしで、元の映画が現存するものは当時の映像を参考に再現している。  世界中で幾度となく映画化され、オペラとしても知られる『椿姫』は、ルドルフ・ヴァレンチノとアラ・ナジモヴァが共演した1921年版を完全再現。パリの社交界を舞台に“椿姫”と呼ばれる高級娼婦マルギュリットと都会に出て来たばかりの純情な青年アルマンとの悲しくも美しい愛の物語を、マルギュリット役に草刈民代、アルマン役に城田優がタッグを組んで熱演し、熱烈なキスシーンやラストで病床に倒れるマルギュリットのシーンなどをよみがえらせている。  草刈は「私は外人の役ですが、試写でご覧になった方で、何人か全く私に気づかなかった方がいらして、すごく嬉しかったです! 椿姫はバレリーナ時代にも踊ったことがあった作品でした。こういう形でまた同じ役ができるのは楽しいことです」と語る。城田は「今回の役は、いかに見本になった無声映画に近づけられるかがポイントでした」としている。  尾崎紅葉の代表作を映画化した『金色夜叉』は、オリジナル版が消失しているため、時代劇スターの林長二郎が貫一、田中絹代がお宮を演じてヒットした1932年版をもとに制作。上白石萌音がお宮役を務め、貫一から下駄で蹴り飛ばされる有名なシーンも熱演している。  周防作品には『舞妓はレディ』以来6年ぶりの出演となる上白石は「久しぶりに実家に帰る時のような、懐かしさ、温かさ、少しの緊張とくすぐったさがありました」とコメントしている。  周防監督が本作のために制作した完全オリジナル無声映画『南方のロマンス』では、シャーロット・ケイト・フォックスがヒロインを演じている。本作が周防組初参加となったシャーロットは「監督をはじめ、皆さんとご一緒できて、本当に嬉しかったです!」と喜びを表している。  ほかにも、『ノートルダムのせむし男』『十誡』『不如帰』といった元の作品があるものや、『後藤市之丞』『火車お千』といった完全オリジナル無声映画が登場する。  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

  • 映画『カツベン!』周防監督「全国しゃべくり道中」途中経過報告会に登場した成田凌

    埼玉出身の成田凌、「埼玉で愛されてる?」の質問に「怖い」

    映画

     俳優の成田凌と周防正行監督が23日、都内で行われた映画『カツベン!』「全国しゃべくり道中」途中経過報告会に出席。出身地の話や、周防監督の演出について語った。@@cutter 成田が映画初主演を務める本作、舞台は映画(活動写真)がサイレントでモノクロだった約100年前。活動弁士を夢見る青年が、小さな町の映画館に流れ着いたことから始まるエンターテインメント作品となっている。  現在、周防監督が全国を周り『カツベン!』の魅力を語る「周防正行の全国しゃべくり道中」が実施中。周防監督はこれまでに31都道府県を周り、地元の雑誌など、160もの媒体の取材を受けている。成田はキャンペーンについて「本当にありがとうございますとしか思えないというか、すごすぎますよ! 160媒体ってなかなかですよね」と驚きの様子。続けて「そんな監督と取材を一緒に受けていると、楽でしょうがない」と話し、笑いを誘った。  埼玉県出身の成田に周防監督は「埼玉で愛されてる?」と質問。成田が「怖い質問ですね」と返すと会場からは爆笑が起こった。周防監督は同キャンペーンで各地を周り、ご当地の役者が本当に愛されていることを感じたという。周防監督が「東京、神奈川とかはご当地感0だよ」と話すと成田も「そうなんですよ! 埼玉県くらいまではご当地感0です」と同調した。さらに成田は「実家からガチャって出たら若者2人が歩いてて『あ、本物だ』って言われました」と地元でのエピソードを披露した。  周防監督の演出で印象に残ったことを成田は「台詞が何もない、廊下を出入りするシーン」をチョイス。「台詞のないところをこだわってらっしゃったのがすごく印象的でしたね」と回答した。17テイクほど撮ったシーンもあるそうで、周防監督は「撮り方は活動写真を意識して、見えていないところはあるんだけどあえて見せないで、廊下の部屋の出入りだけでドタバタ感を表現したかったので」と撮影に対するこだわりを明かした。  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

  • 映画『カツベン!』場面写真

    クセ者キャストが大暴れ! 成田凌×周防正行『カツベン!』予告編解禁

    映画

     俳優の成田凌が映画初主演を務め、黒島結菜がヒロインを演じる周防正行監督最新作『カツベン!』より、予告編が解禁された。小さな映画館で働くことになった主人公・俊太郎(成田)の周りでは、活動弁士や映画館主ら、くせ者ぞろいの面々が大暴れ、さらには大金を狙う泥棒が現れたりと、痛快なドタバタ活劇を期待させる映像となっている。@@cutter 本作は、今からおよそ100年前の大正時代を舞台に、サイレント映画の活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)を主人公にした物語。キャストには成田と黒島のほか、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、池松壮亮、山本耕史、成河、酒井美紀、さらに周防監督作品ではおなじみの竹中直人、渡辺えり、小日向文世らも名を連ねる。脚本は、長年周防組の助監督を務めてきた片島章三。  一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れ着く。隣町のライバル映画館に客も人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、人使いの荒い館主夫婦、ごう慢で自信過剰な弁士、酔っぱらってばかりの弁士、気難しい職人気質な映写技師と、くせ者ぞろい。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現わる大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手。俊太郎の夢、恋、青春の行方は…。  予告編では、成田演じる俊太郎が町の小さな映画館で働くことになり、映画館館主(竹中)や、その妻(渡辺)、かつて憧れた弁士で酒飲みオヤジ(永瀬)、ヒロインの新人女優(黒島)、ライバル映画館の親子(小日向、井上)など、一癖も二癖もある個性的な面々に囲まれ四苦八苦する姿や、イケメン看板弁士(高良)の声に女性客らが失神する様子などが映し出される。さらに俊太郎が謎の大金をめぐって泥棒(音尾)に追われ、ピストルを突きつけられたり、泥棒を追う熱血刑事(竹野内)も加わったりと、空前絶後のドタバタ大騒ぎが繰り広げられる。  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

  • 映画『カツベン!』発表されたキャスト(左から)池松壮亮、成河、酒井美紀、山本耕史

    成田凌主演×周防正行監督作『カツベン!』、追加キャストに池松壮亮&山本耕史

    映画

     俳優の成田凌が主演を務め、黒島結菜がヒロインを演じる、周防正行監督の最新映画『カツベン!』より、追加キャストとして池松壮亮、山本耕史、成河、酒井美紀の出演が発表された。@@cutter 本作は、今からおよそ100年前を舞台に、活動弁士を夢見る青年(成田)が、とある小さな町の映画館に流れついたことからすべてが始まるノンストップエンターテインメント。超満員の映画館、隣町のライバル映画館、再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察までをも巻き込み、やがて事態は誰もが予想もしなかった方向へと展開する。キャストには成田と黒島のほか、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、さらに周防監督作品ではお馴染みの竹中直人、渡辺えり、小日向文世も名を連ねる。  池松は、映画黎明期を支えた実在の映画監督、二川文太郎を演じ、山本は、日本映画の礎を築いた“映画の父”として知られる牧野省三を演じる。加えて、ミュージカル俳優として活躍している成河が技師の浜本を、酒井はヒロイン梅子の母親をそれぞれ務めることも発表された。  若き活動写真監督を演じる池松は「活動弁士が題材の映画と聞き、とても面白いなと思いました。日本にしか無かった文化だと知り更に興味を覚えました。実在の人物の役ですが、映画を純粋に繋いでくれた先人達には無条件の尊敬があります。周防監督のもと、職人気質なスタッフに囲まれて、ほんの数日間でしたが良い時間を過ごす事が出来ました」と思いを語った。  周防作品は映画『それでもボクはやってない』以来12年ぶりの参加となる山本は「監督の現場は相変わらず穏やかで、ひとりの役者として撮影に参加しているのがとても楽しい現場でした。日本映画の父と呼ばれる牧野省三役を演じさせていただきましたが、当時の映画人が持っていた勢いをみなさんに感じていただければと思います」と意気込んだ。  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access