クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ! 関連記事

  • 30代実力派イケメン俳優が活躍!

    藤原竜也、田中圭、賀来賢人…30代実力派イケメン俳優が活躍!

    映画

     近年さまざまなジャンルの作品で存在感を発揮する、30代の実力派イケメン俳優たち。2020年も、若さを残しつつ大人の色気も兼ね備えた彼らが登場する作品が続々と公開される。今回は、ドラマやCMにも引っ張りだこな藤原竜也、田中圭、賀来賢人という3人の30代イケメン俳優たちの最新作をご紹介しよう。@@cutter■再び自身最大の当たり役「カイジ」を熱演した藤原竜也(37)  1997年に蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』の主役オーディションでグランプリを獲得してデビュー以来、第一線で活躍し続ける藤原。2019年は映画『Diner ダイナー』『人間失格 太宰治と3人の女たち』と2本の蜷川実花監督作品に連続して出演。2020年初となる映画では、藤原最大の当たり役と言われる“カイジ”が登場するシリーズ最新作『カイジ ファイナルゲーム』(公開中)で、再び主人公のカイジ役を熱演している。  『カイジ ファイナルゲーム』は、福本伸行による漫画『カイジ』が原作で、多額の借金を抱える主人公・カイジがさまざまなギャンブルに挑む姿を描くシリーズの最終章。原作者の福本自らが脚本に携わってオリジナルストーリーを考案し、原作にはない全く新しい4つのオリジナルゲームにカイジたちが挑んでいく姿を描く。藤原本人も「一般的なレベルの温度での芝居をしていたら『カイジ』の世界では通用しないので、脳みそが疲れて大変でしたが(笑)」と最後のカイジ役に全身全霊で挑んだことを明かしている。  これまで個性の強いキャラクターを数多く演じてきた藤原。今年38歳の誕生日を迎える5月15日には、吉田修一のサスペンス・アクション小説を映像化した『太陽は動かない』の公開が控えている。心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェントという難役に挑んだこの作品が、藤原の新たな代表作となるか注目したい。 ■最新作で“モテまくり”の花屋を好演! 希代の愛され俳優・田中圭(35)  2018年にドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)の主演で大ブレイクを果たし、2019年に製作された『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』、ドラマ新シリーズ『おっさんずラブ‐in the sky‐』にも引き続き主演。どこか頼りなく甘えん坊だが優しい性格で周囲にかわいがられ、異性だけでなく同性相手からも好意を寄せられる春田創一というキャラクターを演じ、希代の愛され俳優の地位を確立した。  そんな田中が、2020年最初の主演作となる映画『mellow メロウ』(公開中)で演じるのは再び“モテ”役で、独身で恋人のいない、街で一番オシャレな花屋の店主・夏目誠一。近所のラーメン屋の若い女店主、常連客の人妻、近所の美容室の女子中学生など、さまざまな人々の恋模様が展開されるなか、果たして彼の想いは? という恋愛群像が描かれる。メガホンをとった今泉力哉監督は、主人公の夏目のキャラクターは「アイデア段階ではこんなにモテる予定じゃなかった」と明かしており、愛され俳優・田中だからこその魅力あふれるキャラクターに仕上がったことを匂わせている。  今年俳優生活20周年を迎え、俳優としてはベテランの域に達しながらも、キュートな笑顔で幅広い年齢層の女性から支持を受ける田中。今後は、長野五輪の日本スキージャンプチームを描く実話ベースの映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(6月公開)にて、実在の元日本代表選手役で主演を務めることが発表されている。これまでとはひと味違う役柄への挑戦に、新たな期待が集まる。@@separator■『映画 おかあさんといっしょ』に念願の初出演! カメレオン俳優で1児の父・賀来賢人(30)  ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ)、『アフロ田中』(WOWOW)など、最近ではコメディでの活躍が目立つ賀来。しかし2019年は、ドラマ『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐』(日本テレビ)でシリアスな役柄を、ディズニー映画『ライオン・キング』(2019)では主役の吹き替えを担当して圧倒的な歌唱力も披露し、カメレオン俳優ぶりを印象づけた。  そんな賀来の2020年最初の出演作は、歴史ある国民的子ども番組『おかあさんといっしょ』の劇場版最新作『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』(公開中)。2018年9月に初めて映画化・劇場公開された『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』に続く本作は、おなじみの楽曲をスクリーンのお兄さんお姉さんたちと一緒に歌ったり踊ったり、さまざまなクイズや指令に答えたりと、親子で楽しめる<体験型映画>へと進化している。  1児の父でもあり、『おかあさんといっしょ』について「子どもにとっても僕にとっても大切な番組」と語る賀来は、本作へのゲスト出演に大感激。イタズラ好きでいろいろなものをすりかえる番組の人気キャラクター“すりかえかめん“と“すりかえお嬢”が登場する本作で、秘密を握る謎の仮面、“いれかえマン”役を担当し映画を盛り上げている。そんな憧れの世界の一員になるという念願を叶えた賀来は、今後も主演映画『今日から俺は!!劇場版』の公開を7月に控えており、再びコミカルな演技を見せてくれる予定だ。

  • 『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』プレミア上映会舞台あいさつに登場した(左から)賀来賢人、小林よしひさ

    賀来賢人、『おかあさんといっしょ』出演で「子供の僕へのリスペクトがすごい!」

    映画

     俳優の賀来賢人が小林よしひさと共に、8日都内で開催された人気子ども番組の劇場版『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』プレミア上映会舞台あいさつに出席。賀来が小林に褒められ、笑顔を見せる一幕があった。@@cutter 1959年に放送が開始された人気子ども番組『おかあさんといっしょ』は、昨年9月に初めて映画化され、大きな話題に。最新作となる本作では、親子で楽しめる体験型映画として前作よりさらにパワーアップする。この日の舞台あいさつには、上原りさと横山だいすけも登壇した。  登場早々、賀来は小林らと共に劇場に集まった子供たちに「みんな、元気ー? 賢人お兄さんもー?」と呼び掛け、「元気ー!」と声を上げてもらい、「最高です。夢が叶いました。今まで聞いたことない声の質ですね」と満足そうな表情。  2歳半の子供を持つ賀来は番組の大ファンだったと言い、「朝ぐずっていたおチビが、『おかあさんといっしょ』をつけると大人しくなるんです。一緒に見始めると楽しいし、歌も踊りも言葉も覚えるし、感謝しかない」と熱い思いを告白。また、番組に出たいと各方面に言い続け今回のオファーをもらったそうで、「(決まったときは)飛び跳ねましたね。妻にも『やったぞ』と報告しました」とニヤリ顔で明かした。  体操のお兄さんを卒業して“よしりさロス”など社会現象を巻き起こし、今もテレビや舞台などで活躍中の小林。本作の撮影は番組卒業から3ヵ月後だったそうで、「安心した雰囲気の中、撮影できました」とニッコリ。「パント!」のお姉さんを卒業して、現在歌手としても活躍する上原も「ものすごく懐かしい気持ちになりました。すごく楽しかったです」と笑みを見せ、横山も「再びできるのはうれしい」と白い歯を見せた。  賀来は今回“いれかえマン”に扮するが、共演した小林は「勘がいいというか、番組をすごく見てくださっていることもあり、あっという間に溶け込んでいました」と賀来の器用さを絶賛。賀来は「うれしい!」と笑顔で喜んでいた。  また、娘を持つ小林は本作で映画館デビューさせたいそうで、「この映画は照明が明るいので、映画館デビューにはピッタリ」とアピール。すでに試写で子供に見せたという賀来は「大興奮でした。常にノリノリで、僕が出てきた瞬間に気付いて。そこから僕へのリスペクトがすごい。ありがとうございます!」と感謝しきりだった。  『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』は1月24日より全国公開。

  • 『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』メインビジュアル

    賀来賢人ふんする“謎の仮面”も登場『映画 おかあさんといっしょ』予告&場面写真公開

    映画

     俳優の賀来賢人も出演する人気子ども番組の劇場版『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』より、予告映像と場面写真が公開された。賀来ふんする“謎の仮面”の姿も初公開された。@@cutter 1959年に放送が開始され、今年で60周年となる人気子ども番組『おかあさんといっしょ』。昨年9月には『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』のタイトルで初めて映画化・劇場公開され、大きな話題となった。そして、最新作となる本作では、親子で楽しめる体験型映画として前作よりさらにパワーアップする。  今作は“映画館でいっぱい遊ぼう!”のコンセプトのもと、お兄さんお姉さんたちと歌ったり踊ったり、みんなで一緒に参加できるクイズなど、親子で楽しめる要素が盛りだくさん。大人気の体操「からだ☆ダンダン」「ブンバ・ボーン!」のほか、手遊びでおなじみの「パンダうさぎコアラ」「こぶたぬきつねこ」「シェイクシェイクげんき!」「おまめ戦隊ビビンビ~ン」など人気曲がたくさん登場する。  解禁された予告編では、ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、誠お兄さん、杏月お姉さんがそろって登場するところからスタート。続いて卒業したばかりの体操のお兄さん・小林よしひさや、“イタズラ”が大好きなすりかえかめんとすりかえお嬢、そして、賀来によく似た“謎の仮面”も。  その後は、よしお兄さんが“ある動物”にすりかえられ、ガラピコはロケットのように猛スピードで空を駆け抜け、すりかえかめんたちが巻き起こす、ハラハラドキドキなシーンの一部が収められている。そのほか、横山だいすけさんが、あつこお姉さんと再タッグを組み、「シェイクシェイクげんき!」を披露する姿なども垣間見れ、盛りだくさんの予告映像となった。  併せて解禁された場面写真にも、予告編と同様に賀来ふんする“謎の仮面”も初公開。すりかえかめんとそっくりの、“なぞなぞマーク”が散りばめられた衣装に身を包みポーズを決めるこの“謎の仮面”は一体何者なのか、期待が膨らむ。  『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』は2020年1月24日より全国公開。

  • 『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』に出演する賀来賢人とレギュラーキャスト陣

    賀来賢人、『映画 おかあさんといっしょ』に謎のキャラクターで出演決定

    映画

     俳優の賀来賢人が、2020年1月24日より公開される『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』に謎のキャラクターで出演することが決定した。併せて、『おかあさんといっしょ』のお兄さんお姉さんたちと一緒に爽やかな笑顔を見せる賀来の姿が収められたポスタービジュアルも公開された。@@cutter 1959年に放送が開始され、今年で60周年となる人気子ども番組『おかあさんといっしょ』。昨年9月には『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』のタイトルで初めて映画化・劇場公開され、大きな話題に。そして、最新作となる『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』は、親子で楽しめる体験型映画として前作よりさらにパワーアップする。  今作は“映画館でいっぱい遊ぼう!”のコンセプトのもと、お兄さんお姉さんたちと歌ったり踊ったり、みんなで一緒に参加できるクイズなど、親子で楽しめる要素が盛りだくさん。大人気の体操「からだ☆ダンダン」「ブンバ・ボーン!」のほか、手遊びでおなじみの「パンダうさぎコアラ」「こぶたぬきつねこ」「シェイクシェイクげんき!」「おまめ戦隊ビビンビ~ン」など人気曲がたくさん登場する。  さらに本作では、とってもイタズラ好きでいろいろなものをすりかえる番組の人気キャラクター“すりかえかめん”と“すりかえお嬢”が、ついにスクリーンデビュー。2人のイタズラがスケールアップし、世界を変える大騒動を巻き起こす。映画のラストでは、スクリーンのお兄さん、お姉さんたちといっしょに撮影できる<記念写真撮影タイム>もある。  実生活で1児の父親でもあり、大の『おかあさんといっしょ』ファンである賀来は「子どもが産まれて、朝バタバタしている時、なかなか泣き止まない時、色々なシチュエーションで『おかあさんといっしょ』に何度も助けていただきました。『おかあさんといっしょ』で言葉を覚え、歌を覚えダンスまで出来るようになりました』と明かす。今回の出演については「子どもにとっても僕にとっても大切な番組です。恩返しという言葉はおこがましいかもしれませんが、映画の力に少しでもなれていたら幸いです」と父親としての顔をにじませている。  また、今作には、今年3月に番組を卒業した“体操のお兄さん”小林よしひさと“パント!のお姉さん”上原りさも出演する。2人について賀来は「りさお姉さん、よしお兄さんが卒業の回では、涙が止まりませんでした」と語っている。  『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』は2020年1月24日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access