クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

プリズン13 関連記事

  • 映画『プリズン13』で主演を務める堀田真由

    公開待機作6本控える堀田真由  多忙な日々も「人生を楽しみたい」と活動的に

    映画

     NHK連続テレビ小説『わろてんか』で主人公の妹・りんを印象的に演じ、その後もドラマ『チア☆ダン』『3年A組―今から皆さんは、人質です―』など話題作に立て続けに出演している女優の堀田真由。主演を務める映画『プリズン13』の公開を前に、衝撃的な役柄を演じた本作への思い、そしてフル活躍が続く現在の心境を聞いた。@@cutter 本作は、世界で最も邪悪な心理実験として知られる“スタンフォード監獄実験”を基に描いた密室サスペンス。監獄実験の被験者となった12人の男女が、看守と囚人に分かれ、監獄生活を疑似体験するうちに、行動がどんどんエスカレートしていくさまを描く。  堀田が演じるのは、被験者として実験室を訪れ、看守役になったものの、優しさがアダとなり囚人の暴走を許してしまう女性・マリ。この役を演じるにあたって堀田は、「普通の女の子が、この実験に参加していく中で、成長していく姿を描けたらいいなと思って、心の変化を大切にしました」と話す。さらには、“監獄生活”という設定を意識して「自分の体の変化も楽しんだ」とも。 @@insert1  「普段は、むくまないように、撮影前には足をマッサージしてから寝たりと、体のメンテナンスにも気をつけているんですが、今回は監獄の中にいるという設定だったので、体をきれいに保つよりも、自分の変化もあえてそのままにして、むくみや疲れている感じも生かそうと思いました。それは、私にとってはこれまでの作品にはないやり方でした」。  現在放送中の土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日)のほか、2019年は公開待機作6作を控える堀田だが、忙しい中にあっても、「どの作品も、やるからには“正解”にしたい。たとえそれがどんなに小さな役だったとしても、やってよかったと毎回思えるようにやろうと思って臨んでいる」と常に真摯(しんし)に役へと向かう姿が感じられる。改めて、彼女にとってのターニングポイントを尋ねると、「どの作品も私の中では大きな意味のある作品だった」と前置きしながらも、大きな反響があった作品として『チア☆ダン』を挙げてくれた。 @@insert2@@separator 「私が演じた稲森望という役は、最初は主人公チームと対立する役だったのですが、撮影のためのダンスレッスンでは、最終的に同じチームで踊るということもあり全員で仲良くチームワークを大切にしていました。なので、ダンスレッスンをしているときの気持ちと役を演じているときの気持ちがごちゃごちゃになってしまって…大変でしたが、でも、私の黒髪ロングが定着したのもこの作品で、街で声をかけられることもこの作品以降増えたように思います」。 @@insert3  女優として着実な成長を重ねる堀田だが、現在はバラエティ番組にも積極的に出演。『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ)にはレギュラー出演中だ。  「バラエティに出演させていただいて、自分自身の言葉の引き出しが少ないことに気づいて、それからは、これまで以上に社交的になったと思います。人とご飯に行く機会を増やそうと思っていますし、どなたとでも話そうというように意識が変わりました」。  その社交性、活動的な一面は休日の過ごし方にも反映されていて「何も決めずに、とりあえず友達と東京駅に集合して、チケット売り場の前で『今日はどこへ行く?』ってこともありました」。その行動力に驚いていると、「人生を楽しみたいなと思って。楽しんだもの勝ちだと思うんです!」と満面の笑みを浮かべて語ってくれた。愛らしい姿に加え、一途に女優業へ向き合う姿勢が相まって、これまで以上の活躍をますます目にすることになりそうだ。(取材・文:嶋田真己 写真:松林満美)  映画『プリズン13』は8月30日より公開。 @@insert4

  • 映画『プリズン13』メインビジュアル

    堀田真由の理性崩壊 『プリズン13』壮絶な実験現場を映した予告&場面写真解禁

    映画

     女優の堀田真由が主演を務める映画『プリズン』より、予告編と場面写真が解禁。予告編には、堀田が邪悪な心理実験によって極限状態に追い込まれ、理性が破壊されていく主人公を熱演する姿が収められている。@@cutter 本作は、世界的に有名な心理学実験として知られる“スタンフォード監獄実験”を基に描く密室サスペンス。映画『舟を編む』(2013)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作が、脚本と監督を手掛ける。  7日間の実験で100万円の高額報酬が得られる、人気V tuberソフィアの公開実験<監獄実験>。囚人と看守に別れた被験者12人のひとりに選ばれたマリ(堀田)は、4メートル四方の巨大な檻が鎮座する奇妙な実験室にいた。看守となったマリだったが、優しさがアダとなり囚人の暴走を許してしまう。  怒り狂った看守たちは戯れを理由に、囚人たちを苛め抜き、マリの立場も危うくなっていく。そして、ソフィアはさらにヒートアップする実験を煽る。1日2回アップされる配信動画は、圧倒的な視聴回数を記録。配信を見守るマリの姉であるユマは、夫のコウキの助けを借り、マリを救出すべく動き出すが…。  堀田のほか、マリを救い出そうと奮闘する姉・ユマを板野友美、ユマの夫・コウキを前野朋哉、元ヤンキーの囚人グレを中島健、看守長ゲーテを岩井拳士朗が演じる。  予告編は、壮絶な実験現場の様子を映し出したもの。始まった当初は和やかな雰囲気だったものの、やがて被験者たちの邪悪な側面がむき出しになり、囚人と看守による壮絶なゲームが繰り広げられる。最後はエスカレートしていく監獄実験に理性を破壊され、「もうやめたい!」と叫ぶ堀田演じるマリの悲痛な表情のアップで締めくくられている。  併せて解禁された場面写真は、看守役と囚人役のメンバーをそれぞれ捉えたものや、地面にたたきつけられたマリ、ユマとコウキが配信を見守るシーンなどを切り取ったものとなっている。  映画『プリズン』は8月30日より公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access