クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ドクター・スリープ 関連記事

  • 映画『ドクター・スリープ』メイキングカット 一番左がマイク・フラナガン監督、中央がダニー役のユアン・マクレガー

    S・キングも信頼 『シャイニング』を引き継いだ俊英、『ドクター・スリープ』監督の手腕に注目

    映画

     スティーヴン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督作『シャイニング』(1980)の40年後を描く映画『ドクター・スリープ』。キングが2013年に発表した小説を基に、ユアン・マクレガーが大人になったダニーを演じる本作で監督と脚本を務めたマイク・フラナガンの手腕に対し、原作者のキング、キャスト、プロデューサーから絶賛の声が寄せられた。@@cutter 閉ざされた雪山のホテルで狂気にとらわれた男ジャック(ジャック・ニコルソン)とその家族に襲い掛かる恐怖を描いたホラー映画『シャイニング』。本作では、キングの小説『ドクター・スリープ』を基に、惨劇から生き残ったジャックの息子ダニーの40年後が描かれる。  これまでキング原作のNetflix映画『ジェラルドのゲーム』(2017)をはじめ、『ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~』(2016)、『オキュラス/怨霊鏡』(2013)、Netflixドラマ『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』など多くのホラー作品を手掛けてきたフラナガン監督。最新作となる『ドクター・スリープ』では、完成作を観たキングから「この映画は単体でも成立するが、キューブリックによる『シャイニング』の続編としても素晴らしい」と厚い信頼を寄せられている若き俊英だ。  『ドクター・スリープ』は、キングの原作に忠実であることに加え、キューブリック版『シャイニング』に登場する“呪われたホテル”のセットなどが映像で完全再現されている。ダニー役のユアンは「彼は物語を綴るのがうまく、どんなショットが必要なのか完全に把握している。キューブリックの作った映画の映像美を踏まえて、マイクと撮影のマイケル・フィモナリがこの映画を作り上げていくのを見て、興奮を覚えたよ。カメラの使い方だけでなく、オーバールックホテルの再現方法までにそれは活かされていた。そのすばらしいセットで僕らは演技をすることができた。本当に良い体験だった」とフラナガン監督の的確な演出を称える。  謎の女ローズを演じたレベッカ・ファーガソンは「マイクが最も優れている点は、このジャンルの世界観を知り、この映画に必要なものを理解していることよ。それはただ怖い映画を作るということだけではない。この映画では、観客が比較するであろう以前の作品を踏襲する必要があった。その上で独立した映画としても作り上げた」とコメント。  さらに「マイクは繊細で優雅な監督法で、キューブリックに敬意を払い、『シャイニング』とのつながりを見事に描いている。スティーヴン・キング小説を引き継ぎ、キューブリック映画とも美しく結びつく映画を、独立した自分自身の作品として作り上げたのよ」と、フラナガン監督がキング版とキューブリック版の両方に敬意を払いつつ、オリジナルの作品を作り上げたと絶賛した。  プロデューサーのジョン・バーグも「キングの『シャイニング』、キューブリックの『シャイニング』、そしてキングの続編を彼ならどう折り合いをつけるかを聞いてみた。すると、彼はすでにその点についてものすごく考えていて、すばらしい解釈をしていることが分かったんだよ。マイクは、ほんとうに才能豊かな脚本家・監督であり、すばらしいフィルムメーカーだ。彼はキングにもキューブリックにも敬意を抱いており、彼の解釈は両方の作品をつなげられるユニークなものだった」とフラナガン監督が本格的に作品に取り掛かる前からしっかり構想を練り上げていたことを明かしている。  映画『ドクター・スリープ』は11月29日より全国公開。

  • 映画『ドクター・スリープ』場面写真

    『シャイニング』の40年後…『ドクター・スリープ』本予告&“赤・黄”2種類のポスター解禁

    映画

     スティーヴン・キング原作の『シャイニング』に登場する息子ダニーの40年後を俳優のユアン・マクレガーが演じる映画『ドクター・スリープ』より、日本版本予告と本ポスター2点が解禁。本予告では、40年前に惨劇が起こった“呪われたホテル”を、主人公ダニーが再訪する様子が映し出されている。@@cutter 鬼才スタンリー・キューブリックが手掛け、閉ざされた雪山のホテルで狂気にとらわれた男ジャック(ジャック・ニコルソン)とその家族に襲い掛かる恐怖を描いた1980年のホラー映画『シャイニング』。本作では、キングが2013年に発表した小説『ドクター・スリープ』を基に、惨劇から生き残ったジャックの息子ダニーの40年後が描かれる。  日本版本予告は、雪山のホテルの惨劇を“特別な力”で生き残り、いまはホスピスで働きながら人を避けるように暮らしているダニー(ユアン)のもとに、謎のメッセージが届く瞬間から始まる。ごう音に目覚めたダニーが鏡越しに見つめた先には“REDRUM”という文字列が浮かび上がる。逆から読むと“MURDER”、つまり“殺人”を意味するメッセージだ。その後、ダニーの前に、“特別な力”で「事件」を目撃した少女アブラ(カイリー・カラン)が現れる。  映像の後半では、児童連続失踪事件を引き起こす謎の狂信的集団の姿や、事件の謎を追い、40年前に惨劇が起こったあの“呪われたホテル”へとたどり着いたダニーとアブラを襲う恐怖の一端が映し出される。  併せて公開された2点の本ポスターは、『シャイニング』をほうふつとさせるインパクトの強いビジュアルが目を引くデザインに仕上がった。  1枚目は、赤く染まった“呪われたホテル”の廊下で、三輪車に乗る幼きダニーと大人になったダニーが向き合う形で写し出されたもの。2枚目ではホテルに狂わされた父親ジャックさながらに、“破壊されたドア”越しに部屋の中をのぞき込むダニーの姿が浮かびあがる。いずれのポスターにも「呪われたホテルが、目を覚ます」という“新たな恐怖”を予感させる一文が記され、ダニーの視線の先にいったい何が待ち受けているのか気になるビジュアルとなっている。  映画『ドクター・スリープ』は11月29日より全国公開。

  • 映画『ドクター・スリープ』場面写真

    『シャイニング』ホテルの住人が“戻ってくる”『ドクター・スリープ』US版最新予告到着

    映画

     俳優のユアン・マクレガーが主演し、スティーヴン・キング原作の『シャイニング』に登場する息子ダニーの40年後を演じる映画『ドクター・スリープ』より、US版最新予告映像が到着。40年の時を経て、『シャイニング』のホテルの呪いが解き放たれる。@@cutter 閉ざされた雪山のホテルで、狂気にとらわれた男ジャック(ジャック・ニコルソン)とその家族に襲い掛かる恐怖を描いた1980年のホラー映画『シャイニング』。鬼才スタンリー・キューブリックが手掛け、後世のさまざまな作品に影響を与える金字塔的作品となった。  本作では、キングが2013年に発表した小説『ドクター・スリープ』を基に、惨劇から生き残ったジャックの息子ダニー(ユアン)の40年後が描かれる。共演に映画『グレイテスト・ショーマン』のレベッカ・ファーガソン、監督・脚本を、キング原作の海外ドラマ『ジェラルドのゲーム』でメガホンを取ったマイク・フラナガンが務める。  US版予告は、ユアン演じる大人になったダニーがあの“ホテル”に到着するシーンから始まる。REDRUMと刻まれたドアの亀裂から覗くと、ダニーの視界に、「ハロー・ダニー」と囁く双子の姉妹が現れ、封印されたはずの住人が戻って来ることを予感させる。  映像には、ダニーの周りで起こる不可解な児童連続殺害事件や、特別な力によって殺害事件を目撃した少女アブラ(カイリー・カラン)の「ハロー、聞こえる?」というメッセージ、謎の女性ローズ(レベッカ・ファーガソン)率いる狂信的な集団が少女が襲う姿などが次々に登場。  アブラの存在に気付いたローズが、離れた場所にいるアブラにメッセージを送るも、アブラが「頭に入ってこないで!」と全身で拒絶し、アブラの凄まじい力によってローズが弾き飛ばされる様子も描かれている。しかし、「こんなに強い力は初めてよ」「さあ、逃げなさい。必ず見つけて、一生苦しませてあげる」とほくそ笑むローズ。  そして、事件の謎を追うダニーとアブラが向かった先は、40年前に惨劇が起きたあの場所だった。ラストには、たくさんの手に押さえつけられるダニーの姿が映し出され、彼らにさらなる恐怖が迫ることを予感させて幕を閉じる。  映画『ドクター・スリープ』は11月29日より全国公開。

  • 映画『ドクター・スリープ』場面写真

    呼び起こされる記憶…再びあのホテルへ『ドクター・スリープ』日本版特報解禁

    映画

     俳優のユアン・マクレガーが主演し、スティーヴン・キング原作の『シャイニング』に登場する息子ダニーの40年後を演じる映画『ドクター・スリープ』の日本公開日が11月29日に決定し、日本版特報と場面写真が解禁された。@@cutter 閉ざされた雪山のホテルで、狂気にとらわれた男ジャック(ジャック・ニコルソン)とその家族に襲い掛かる恐怖を描いた1980年のホラー映画『シャイニング』。鬼才スタンリー・キューブリックが手掛け、後世のさまざまな作品に影響を与える金字塔的作品となった。  本作では、キングが2013年に発表した小説『ドクター・スリープ』を基に、惨劇から生き残ったジャックの息子・ダニー(ユアン)の40年後が描かれる。共演に映画『グレイテスト・ショーマン』のレベッカ・ファーガソン、監督・脚本を、キング原作の海外ドラマ『ジェラルドのゲーム』でメガホンを取ったマイク・フラナガンが務める。  40年前の雪山のホテルの惨劇で、狂った父親に殺されかけたトラウマを抱えるダニー。大人になった今も人を避けるかのように孤独に暮らしているが、彼の周りで児童ばかりを狙った不可解な連続殺人事件が起きる。ある日、彼の前に謎の少女が現れる。その少女は特別な力でその事件を目撃してしまったのだという。ダニーと少女はこの事件の謎を追う中で、あの惨劇が起きた『シャイニング』のホテルに辿り着く。亡霊たちが巣食い、人を狂わせる呪われたホテルで起きる新たな恐怖。そしてふたりに待ち受ける想像を絶する結末とは…。  日本版特報は、眠っているダニーが、突如何かが崩れるような轟音でベッドから転がり落ちるシーンからスタート。起き上がった先の鏡には、亀裂の入った黒板の中央に“謎“のメッセ―ジ“REDRUM”の文字が浮かび上がり、ダニーは戦慄の表情を浮かべる。  続いて謎の少女とダニーが会話するシーンが映し出され、その合間に“呪われたホテル”で目にした不気味な双子の姉妹や、大量の血が流れ出すエレベーターなど印象的なシーンが次々に登場。そして『シャイニング』でのジャックさながらに、“破壊された壁”越しに部屋の中を覗き込むダニーのシーンで終了し、その視線の先にどのような恐怖が待ち受けるのかが気になる映像となっている。  映画『ドクター・スリープ』は11月29日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access