クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

マレフィセント2 関連記事

  • 実写化されたディズニー・プリンセスたち

    オーロラ姫、ベル、ジャスミン…ディズニー・プリンセスの実写化にハズレなし!

    映画

     映画『シンデレラ』(2015)や『美女と野獣』(2017)、『アラジン』(2019)など、ディズニー・アニメーション作品が実写化されるたびに必ず大きな話題となるのが、美しきプリンセスたちの姿だ。映画『マレフィセント』(2014)で可憐にオーロラ姫を演じ人気を集めた女優のエル・ファニングが、10月18日に公開される続編『マレフィセント2』ではさらに美しくなり、大人の女性に成長した姿で登場する。@@cutter 可憐で華やかなビジュアルと、ピュアで透き通った心を併せ持つ、いつの時代も女性が憧れるディズニー・プリンセス。これまで『美女と野獣』のベルをエマ・ワトソン、シンデレラをリリー・ジェームズ、『アラジン』のジャスミンをナオミ・スコットが実写版で演じ、その美しきプリンセスたちの姿が大きな注目を集め、大ヒットを生んできた。  さらにアニメーションの世界観を再現した豪華なセットや、プリンセスを象徴する華やかなドレスが世界中のファンの心を鷲づかみにしている。  2014年に公開された実写版『マレフィセント』で、オーロラ姫としてディズニー・プリンセスを体現したエルも、アニメーション版から飛び出してきたようだと世界中から絶賛された。その続編となる『マレフィセント2』では、かわいらしい少女からエレガントな大人の女性に成長を遂げた姿を見せている。  エルが演じるオーロラ姫の美しさは、エルと母娘のように仲良しだとされるマレフィセント役のアンジェリーナ・ジョリーも絶賛。「彼女はオーロラ姫が持つエレガントさや繊細さ、愛情深さなどのすべてを表現できる素晴らしい女優なの。スクリーンに映る彼女に世界中の誰もがクギ付けになるはずよ!」と太鼓判を押している。  監督のヨアヒム・ローニングも「前作では16歳だったエルが、今では21歳になっているんだ。彼女自身が大人になっているから、演じているオーロラ姫もナチュラルに大人になっているんだよ。2人が自然に年齢を重ねていることは、監督としても最高なんだ!」とエルの自然な成長ぶりに満足していることを明かした。1人の女性として、女優として、大きく成長したエルの姿に期待したい。  映画『マレフィセント2』は10月18日より日米同時公開。

  • 映画『マレフィセント2』コンセプトアート:オーロラ城

    壮麗なる世界観が明らかに!『マレフィセント2』コンセプトアート一挙解禁

    映画

     アンジェリーナ・ジョリーが主演し、『眠れる森の美女』に隠された呪いの秘密を描いた映画『マレフィセント』の続編『マレフィセント2』より、オーロラの城やイングリス王妃の衣裳部屋、アルステッド城など、美しく壮大な世界観が描かれたコンセプトアートが一挙解禁された。@@cutter 本作は、前作から数年後を舞台に、フィリップ王子とめでたく結婚することになったオーロラ姫が、フィリップ王子の母イングリス王妃が仕掛けた“罠”により、マレフィセントとの絆が引き裂かれ、究極の愛が試されることになる物語。  アンジェリーナが前作に引き続きマレフィセント役に加え製作総指揮を務め、オーロラ姫をファッション・アイコンとしても世界的な人気を集めるエル・ファニングが演じる。2人の運命を左右する謎の王妃・イングリス役をミシェル・ファイファーが務める。  解禁されたのは、映画『GODZILLA』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』など、様々なハリウッド超大作でデザインを手掛けてきたパトリック・タトポロスが産み出した、今作の舞台となる数々の城の外観や内部のコンセプトアート。  マレフィセントがオーロラ姫のために建てたオーロラの城は、美しい緑の木々や鮮やかな花が自由に咲き乱れ、森の中で育った純粋無垢なオーロラ姫を象徴するような外観。オーロラ姫にプロポーズするフィリップ王子やその母イングリス王妃が暮らすアルステッド城は、その高さがエッフェル塔2個分という大きさで、ゴシック要素を取り入れた独特な存在感を放っている。何事にも完璧なイングリス王妃の性格が城のデザインにも反映されており、王妃のドレスやティアラが綺麗に並べられている衣裳部屋の様子を切り取ったビジュアルも公開された。  本作の豪華な世界観についてパトリックは「ヨアヒム・ローニング監督が大事にしていたのは、この物語の壮大なスケール感だった」と告白。「巨大なイングリス王妃のお城やオーロラ姫のお城がある妖精の世界など、皆さんを様々な場所に連れて行くことができる壮大なファンタジーの世界を創造できたと思う。この映画を見たら“冒険した”と感じられる世界になっているはずだよ」と自信をのぞかせた。  映画『マレフィセント2』は10月18日より日米同時公開。

  • ディズニーヴィランの“子どもたち”が主人公のテレビ映画『ディセンダント3』

    マレフィセント、ジャファー、スカーにアースラ… ディズニーの“ヴィラン”はなぜ愛される?

    映画

     今年の6月に公開された『アラジン』のジャファー、8月に公開された『ライオン・キング』のスカー、10月公開予定の『マレフィセント2』のマレフィセントなど、時に主人公より注目を集め、人気を得るディズニー作品のヴィラン(悪役)たち。なぜ、彼らは老若男女問わず様々な世代から愛されているのか? ディズニー“ヴィラン”の人気の秘密を探った。@@cutter “善”と“悪”との対決。ディズニー作品に限らず、邦画でも洋画でも、テレビドラマでも頻繁に用いられる構図だ。いや、どのようなジャンルであっても、この構図なしには、物語は成り立たないだろう。ヒロインのライバル、正義のヒーローと悪の結社など、敵の力が強大であればあるほど、主人公は挫折や努力を繰り返し、魅力的となる。  つまり、悪は強くなくてはいけないのだ。中でも、ディズニー作品のヴィランは強くて、さらに賢いキャラクターが多い。圧倒的な魔力を操り、主人公を何度もピンチへと追い込む。時に大自然すら従えるその強さは、単純に見ていてかっこいい。自分がこんなことができたら…という想像は大人になってからも何度もしてしまう。そして、“派手な戦い”は、物語を盛り上げ、観客や視聴者を楽しませてくれるので、「ヒーロー(ヒロイン)に勝って欲しいけれど、もうちょっとこの戦いを観たい」という葛藤は、誰しも経験したことがあるのではないだろうか。  また、ディズニーのヴィランは自身の魔力に負けじと、衣装もド派手だ。ブラックのカラーをベースに、赤やゴールド、パープルなど、目立つ色を差し色に配置。デザインも、プリンセスや主人公に負けず劣らず“インパクト大”のものが多い。  さらに、マレフィセントのツノ、ジャファーの帽子、『101匹わんちゃん』のヴィラン、クルエラのヘアスタイルなど、衣装以外も強烈! 毎年、ハロウィーンの季節になると、ディズニーのヴィランの仮装が注目を集めていることからも、その人気の高さがうかがえる。  そして、ディズニーのヴィランで忘れてはならないのが、彼らの“物語性”だ。『アラジン』のジャファーは、周りが見えなくなるほど名誉やお金、力に執着し、アラジンやジャスミンを苦しめる。しかし、その人間の闇の部分を体現したキャラクターは、どこか共感してしまう部分があり大人には魅力的に映ることもある。  さらに、実写版で主人公にもなった『眠れる森の美女』のマレフィセントは、心を憎しみでいっぱいにさせ、悪に堕ちてしまうが、裏切りや絶望といった悲しい過去に涙した人も多いはずだ。  強さ、見た目、そして内面までその全てに愛される要素が満載のディズニー“ヴィラン”。しかし、ヴィランはやっぱり“悪”。映画では、最後はもちろん主人公にやられてしまうのだが、『ディセンダント』という作品があるのをご存じだろうか? 本作は、「もしディズニー・キャラクターに子孫がいて10代だったら…」という斬新な設定のテレビ映画で、マレフィセント、ジャファー、クルエラなど、ヴィランの子どもたちがなんと主人公なのだ。 @@insert1  ヴィランの子どもたちは、親が悪だから“悪”と決めつけられ、“悪役”として生きてきたのだが、ティーンとなり、親の言うことが絶対ではなくなってきた…。その時、そのまま悪で生きるのか、善になるのか、なんとも興味深いところを描いていく。さらに、物語では、『美女と野獣』のビーストとベルの息子、『眠れる森の美女』のオーロラ姫とフィリップ王子の娘、ムーランの娘など、ヒーローやプリンセスの子孫や子どもたちも登場し、“意外すぎる”一面を発揮。“善”側の子どもは絶対的に善人なのか――深い問いかけを反芻しながら、ヴィランの子どもたちとの絡みや対比にも注目だ。もちろん、本家のヴィランもド派手に出演しているので、2代に渡るヴィランたちの活躍&暗躍を楽しんでほしい。蛙の子は蛙なのか。果たして…?  『ディセンダント3』は、ディズニーデラックスで本日(9月13日)から最速配信開始。今秋ディズニー・チャンネルにて放送。『ディセンダント』『ディセンダント2』は、ディズニーデラックスで配信中。

  • アンジェリーナ・ジョリー&エル・ファニング、「D23Expo 2019」に登場

    まるで映画から出てきたよう! アンジェリーナ・ジョリー&エル・ファニングの姿に歓声

    映画

     アメリカ・カリフォルニア州のアナハイム・コンベンションセンターで開催中のディズニーファンイベント「D23Expo 2019」にて最新映画のプレゼンテーションが行われ、映画『マレフィセント2』の主演および製作総指揮を務めるアンジェリーナ・ジョリー、オーロラ姫を演じるエル・ファニングが登壇した。@@cutter アンジェリーナとエルは、それぞれのキャラクターを思わせるような黒とピンクのドレスで登場。アンジェリーナはシックだが、凛とした美しさが際立つ黒のドレスという装い。続いて、永遠の眠りから目覚めたプリンセス、オーロラ姫を演じるエル・ファニングが、まるでオーロラ姫がそのまま画面から現れたかのような、大きなリボンの付いたピンクのかわいらしいドレスを着て登場し、集まったファンからは大歓声が沸き起こった。  昨年5月、エルのインスタグラムに撮影現場でのアンジェリーナとの2ショットが投稿され、ファンを喜ばせた2人。久々に公の場にそろい、会場は大きな熱気と興奮に包まれた。  イベントには、今作から登場する新キャラクターを演じた2人の名優ミシェル・ファイファーとキウェテル・イジョフォーも登壇した。  アンジェリーナ・ジョリーは続編を作った理由を「とにかく彼女(マレフィセント)が恋しかった」と答え、さらに今作について「マレフィセントとオーロラは前作で心を繋ぐことができました。彼女らは家族で、お互いを愛しています。今作でオーロラは成長し、ある危機に直面します。そして2人は離れ離れになることを強いられます。今作は、家族とは何かを語るもの。それは必ずしも血のつながりだけではないのです」と、マレフィセントとオーロラ姫の特別な絆、そしてアンジー自身が歩んできた人生とマレフィセントの生き方が重なるようなテーマを語った。  一方エルは「1作目を撮影した時私は14歳、公開されたのは16歳の時でした。今私は21歳。まるでオーロラと同じように、人生の特別な時を振り返って見つめ直しているような気がします。1作目は私にとってかけがえのない体験だったので。」と語り、前作でアンジーと出会い、そしてオーロラを演じ、その役とともに成長してきた感慨について語った。  映画『マレフィセント2』は10月18日より日米同時公開。

  • 映画『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー場面写真

    離婚したアンジェリーナ・ジョリーを苦しめたストレス・顔面麻痺…復活劇を支えたのは子どもたち

    映画

     女優のアンジェリーナ・ジョリーが主演し、『眠れる森の美女』に隠された呪いの秘密を描いた映画『マレフィセント』の続編『マレフィセント2』より、アンジェリーナのコメントが到着。作品についてのほか、俳優のブラッド・ピットと離婚した困難な時期に子どもたちの存在が大きな支えになっていたことなどを明かしている。@@cutter 劇中で圧倒的な美しさと強さを兼ね備えたマレフィセントを演じるアンジェリーナは、現在女優業だけでなくUNHCR国連難民高等弁務官特使としても活動。しかし、そんな華々しい活躍の一方で、2016年に俳優のブラッド・ピットとの離婚申請後、ストレスなどから“ベル麻痺(顔面神経麻痺)”や“高血圧“を患っていたことも明かしている。それでも、アンジェリーナは自分の病気よりも子どもたちの生活を第一に考え、すぐには治療せず子どもと過ごす時間を最優先にしていたという。  アンジエリーナはその当時を振り返り「家族がいる女性は時に子どものことを優先して、症状が悪化するまで自分のことを後回しにしてしまうの。私は家族を第一に考えているし、子どもたちが寝る時には本を読んであげて、良き母でいるように努力したわ」と語り、自身も精神的に辛い時期だったが、何よりも子どもたちの存在が大きな支えになっていたことを明かした。  そんなアンジーはシングルマザーになっても、離婚前から変わらない「実子も養子も平等に愛する」という子育ての信念を貫いている。アンジーは「私と性格的に最も似ているのは、血のつながった子どもではなくマドックス(長男・養子)なの。遺伝子を受け継ぐとかそんなことは関係ないわ」と語っており、離婚前はブラピと子育ての方針で喧嘩することもあったと報じられていたが、子どもへの責任と愛は変わらないようだ。  本作は、アンジェリーナがブラッドとの離婚後に選んだ女優復帰作。アンジェリーナ自身が「マレフィセントは自分自身と変わらないキャラクターよ」と断言し、アンジー=マレフィセントと言われるほどのハマり役を再び熱演する。  前作でエル・ファニング演じる美しいプリンセス・オーロラ姫と真実の愛を見つけたはずだったが、本作では“めでたしめでたし”では終わらない、衝撃のその後が描かれる。アンジェリーナは、「マレフィセントとオーロラ姫には新たな困難が待ち受けているの。2人は一緒にいるべきなのか? そもそも違うものを持っている人が一緒にいてもいいのか?? 2人の関係が作品の核になっているわ」と語っている。  映画『マレフィセント2』は10月18日より日米同時公開。

  • 映画『マレフィセント2』ピンクのドレスに身を包んだエル・ファニング場面写真

    『マレフィセント2』オーロラ姫のアニメーション版ドレスが実写に!

    映画

     アンジェリーナ・ジョリーが主演し、『眠れる森の美女』に隠された呪いの秘密を描いた映画『マレフィセント』の続編『マレフィセント2』より、エル・ファニング扮するオーロラ姫がピンクのドレスをまとった場面写真が解禁された。@@cutter 『眠れる森の美女』に隠された“本当の物語”として描かれた前作では、これまでの善悪の概念を覆し、オーロラ姫に呪いをかけたマレフィセントの本当の姿と真実の愛を描いた。本作では、前作から数年後、フィリップ王子とめでたく結婚することになったオーロラ姫だが、フィリップ王子の母イングリス王妃が仕掛けた“罠”により、マレフィセントとの絆が引き裂かれ、究極の愛が試されることになる。  アンジェリーナは前作に引き続きマレフィセント役に加え製作総指揮を務め、オーロラ姫をファッション・アイコンとしても世界的な人気を集めるエル・ファニングが演じる。2人の運命を左右する謎の王妃・イングリス役はミシェル・ファイファー。そして『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のヨアヒム・ローニングがメガホンを取る。  解禁されたのは、エル扮するオーロラ姫が『眠れる森の美女』に登場した“ピンクのドレス”をイメージした衣装をまとった姿が写し出された場面写真。  アニメーション映画『眠れる森の美女』のラストシーン、マレフィセントの呪いが解けてフィリップ王子とダンスする場面で、オーロラ姫は美しくかわいさにあふれたピンクのドレスを身にまとっており、オーロラ姫と言えば“ピンクのドレス”を誰もがイメージするキーアイテムとなっている。  そんなドレスだが、本作では、大人になったオーロラ姫に合わせて淡く美しいピンク色にバージョンアップして登場。実はエルの強い希望によってこのピンクドレスが登場することになったそうで、「私たっての希望で『眠れる森の美女』の誰もが知るピンクのドレスを登場させたかったの。アニメーションで描かれたデザインに強くインスパイアされていて、とてもお気に入りよ」と明かしている。  衣装を担当したエレン・マイロニックも「 今回のピンクのドレスは、私たちも今まで見たことないほど美しくて、本当に大好きなデザインになったわ。『眠れる森の美女』に登場したドレスのデザインに少しアレンジを加えて、ピンク色を少し薄くしてチュールに刺しゅうを施したの。襟の形は元のドレスの形と同じで、エルの華奢で美しいデコルテがキレイに見えるようなデザインになっているのよ」とこだわりを明かしている。  映画『マレフィセント2』は10月18日より日米同時公開。

  • 映画『マレフィセント2』場面写真

    アンジェリーナ・ジョリーの最恐の笑い声が響き渡る!『マレフィセント2』予告完成

    映画

     『眠れる森の美女』に隠された呪いの秘密を描いた映画『マレフィセント』の続編『マレフィセント2』より、予告編が解禁。アンジェリーナ・ジョリー演じる“最恐のヴィラン”マレフィセントの圧倒的な存在感が光る予告編となっている。@@cutter 本作の主人公は、『眠れる森の美女』のヒロイン・オーロラ姫に呪いをかけた魔女、マレフィセント。名作に隠された“本当の物語”として描かれた前作では、これまでの善悪の概念を覆し、オーロラ姫に呪いをかけたマレフィセントの本当の姿と真実の愛を描いた。そして、本作の舞台は前作から数年後。穏やかに暮らすマレフィセントとオーロラの絆が引き裂かれ、マレフィセントを再び邪悪な存在へ連れ戻そうとする敵が忍び寄る。  主演を務め、同時に製作総指揮も手掛けるのはアンジェリーナ・ジョリー。オーロラ姫役はファッション・アイコンとしても世界的な人気を集めるエル・ファニング。二人の運命を左右する謎の王妃・イングリス役を演じるのは名女優ミシェル・ファイファー。監督は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のヨアヒム・ローニングが務める。  今回完成した予告編では、冒頭「誰もが知る物語は、決しておとぎ話ではない」とのナレーションが入り、前作からの衝撃の“その後”を仄めかす。前作で、オーロラとの間に“真実の愛”を見つけたはずのマレフィセントだったが、続く映像では王妃・イングリスと対峙。圧倒的なパワーで衛兵に攻撃を向けると、オーロラから「何をしたの?」と嫌悪の表情を向けられるシーンが映し出される。そして、ラストには不気味な“あの笑い声”が響き渡る…。ディズニー最恐のヴィランと謳われるマレフィセントの復活を宣言するような予告編となっている。  映画『マレフィセント2』は、10月18日日米同日公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access