クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

サヨナラまでの30分 関連記事

  • 映画『サヨナラまでの30分』完成披露試写会に登場した新田真剣佑

    新田真剣佑、“笑かしアドリブ”被害を訴えられるも「僕は楽しかった」

    映画

     俳優の新田真剣佑と北村匠海が2日、都内で行われたダブル主演映画『サヨナラまでの30分』完成披露試写会に久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、萩原健太郎監督と参加した。@@cutter 本作は、1年前に死んだバンドボーカルのアキ(新田)と、人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太(北村)が、アキが遺したカセットテープをきっかけに出会い、“今”を駆け抜ける青春音楽ラブストーリー。  宮田アキ役の新田は「みんなからは見えてない、でも匠海からは見えているという設定。僕は話しかけているのに、みんなには見えない。だから寂しいところがありました」と難しい役どころに苦心した様子を明かすも、北村からは「アドリブで笑かしにくる!」とのクレームが。これに上杉から「僕らは真剣佑が見えてはいけないので笑ってはダメなのに…」と笑かしアドリブの被害が訴えられたが、当の新田は「僕は楽しかった」となぜかクールな表情だった。  映画の内容にちなんで「もしも30分だけ誰かに入れ替われるとしたら?」というお題に、新田は「今日ずっと考えていたんだけれど、今わかった!」と挙手して「映画公開の2020年はオリンピックの年! なのでオリンピックの100メートル走で1位をとった後の選手になりたい! ゴールした後の取材とかを受けたい」と妄想。  そんな新田は、葉山から「僕は真剣佑になりたい! 30分くらい渋谷を出歩いてキャーキャー言われたい。真剣佑は肉体美も造形美もすごい」と羨望の眼差しを向けられると、数パターンの決め顔を披露するも「…イヤだよ」と名指しされて恥ずかしそう。  一方の北村は「柊平君になってゴリゴリにラップをしたい」のに加えて、「182センチくらいの身長の高さになってオシャレを決め込んで、渋谷の街を歩いてファッションスナップを撮られたい」と願望を吐露していた。  映画『サヨナラまでの30分』は、2020年1月24日公開。

  • 映画『サヨナラまでの30分』追加キャスト陣(上段左から)牧瀬里穂、筒井道隆、(下段)松重豊

    真剣佑×匠海『サヨナラまでの30分』、牧瀬里穂、筒井道隆、松重豊ら追加キャスト発表

    映画

     俳優の新田真剣佑と北村匠海がダブル主演を務める映画『サヨナラまでの30分』の追加キャストとして、牧瀬里穂、筒井道隆、松重豊の出演が発表された。併せて予告編とポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、1年前に死んだバンドボーカルのアキ(新田)と、人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太(北村)が、アキが遺したカセットテープをきっかけに出会い、“今”を駆け抜ける青春音楽ラブストーリー。  牧瀬は、アキの恋人だったカナ(久保田紗友)に明るく寄り添う母・村瀬しのぶ役。筒井は、就活に苦戦する颯太を見守り、そっと背中を押す父・窪田修一役。松重は、アキが所属していたバンド「ECHOLL」を応援し、地元のフェスを主催する音楽プロデューサー・吉井冨士男役を演じる。  予告編は、歓声の中、振りむくアキ(新田)の表情で幕を開ける。熱狂する野外フェスの様子を映し出しながら「この世界からいなくなったアイツが、僕たちの世界を変えたんだ」と、まるでひと時のキセキを振り返るような颯太(北村)のナレーションが重なる。  人付き合いが苦手な颯太の前に現れたのは、1年前に死んだミュージシャンのアキ(新田)。「お前しかいないんだよ、俺のこと見えるの。お願い、体貸して?」。彼が遺したカセットテープを拾ったことから颯太にだけ見えるようになったアキ。そのカセットが再生される30分だけ、2人は1つの体を共有する。  アキの目的は、自分がいなくなったことでバラバラになって解散したバンド「ECHOLL」の再結成、そして音楽をやめてしまった恋人カナ(久保田)の笑顔を取り戻すこと。颯太の体を借りて歌うアキ。そんなことはもちろん知らず、最初は戸惑いつつも、やがて颯太を受け入れ始めるかつての仲間たち。人付き合いが苦手だったはずの颯太もバンドメンバーと心を通わせていく。  しかし、カナは颯太が歌う姿にアキを重ねてしまい、悲しみから抜け出すことができない。颯太の体を使ってカナに再会するアキだったが、次第に颯太自身がカナに引かれ始めていることを察する。特殊な三角関係が紡ぐ切ない恋模様に胸をかき立てられる中、次第に颯太と入れ替わる時間が短くなっていることに気づくアキ。「忘れたくない」とアキを思って涙を流すカナ。アキと颯太の奏でる歌がカナに届く時、世界が大きく変わり始める―。  楽曲面では、先日解禁されたリード曲「瞬間(sayonara ver.)」に加え、もうひとつのリード曲であり、アキと颯太が歌う「もう二度と」がこの映像で初解禁された。「瞬間(sayonara ver.)」とは対照的にバラード調の「もう二度と」は、まるで喪失感をすくい取るかのような切ない曲となっている。「“サヨナラ”がくれた、僕たちの“はじまり”の物語」と銘打たれている通り、エモーショナルで心揺さぶられる映像だ。  映画『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日公開。

  • 映画『サヨナラまでの30分』メインカット

    新田真剣佑&北村匠海が至近距離で…『サヨナラまでの30分』新場面カット解禁

    映画

     俳優の新田真剣佑と北村匠海がダブル主演を務める映画『サヨナラまでの30分』より、きらびやかなバンド演奏シーンなどを収めた新場面写真9点が解禁された。@@cutter 本作は、1年前に死んだバンドボーカルのアキ(新田)と、人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太(北村)が、アキが遺したカセットテープをきっかけに出会い“今”を駆け抜ける青春音楽ラブストーリー。映画『ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した新田と、映画『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、ダンスロックバンド「DISH//」のヴォーカル&ギターとしても活躍する北村がダブル主演し、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔が共演する。  メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太(北村)が現れ、メンバーのヤマケン(葉山)、重田(上杉)、森(清原)、カナ(久保田)に再結成を迫る。実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキ(新田)。偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分間だけ2人は入れ替わり、1つの体を共有していたのだった。  人づきあいが苦手な颯太とは対照的で、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていく。だが「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。2人はカナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする。一方、カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく…。  今回解禁された9点の場面写真は、アキを筆頭にした「ECHOLL」のバンドメンバーや颯太が、ライブハウス、野外フェス、さらには彼らのたまり場となっている行きつけの店で、熱気を帯びながらきらびやかに演奏する姿を捉えたもの。そのほか、アキと颯太が至近距離で向き合う姿、アキと颯太がそれぞれカナを優しく見つめる姿なども収められている。  颯太の体を借りてカナに近づくアキによって、次第に関わりを持ち心通わせていくカナと颯太。カナを巡ってアキ、颯太それぞれが視線を向けるその表情は、特殊な三角関係が織りなす淡く切ないラブストーリーを予感させるものとなっている。  映画『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日公開。

  • 映画『サヨナラまでの30分』メインカット

    新田真剣佑“アキ”&北村匠海“颯太”のWボーカル!『サヨナラまでの30分』リード曲解禁

    映画

     俳優の新田真剣佑と北村匠海がダブル主演を務める映画『サヨナラまでの30分』より、新田演じるアキと、北村演じる颯太が歌うリード曲「瞬間(sayonara ver.)」の特別映像が解禁された。@@cutter 本作は、この世界にいないアキと、この世界が苦⼿な颯太という、出会うはずのない2⼈が“今”を駆け抜ける⻘春⾳楽ラブストーリー。映画『ちはやふる』にて⽇本アカデミー賞新⼈俳優賞を受賞し、その確かな演技⼒で話題作への出演が絶えない新⽥と、映画『君の膵臓をたべたい』にて⽇本アカデミー賞新⼈俳優賞を受賞し、ダンスロックバンド「DISH//」のヴォーカル&ギターとしても活躍する北村がダブル主演し、久保⽥紗友、葉⼭奨之、上杉柊平、清原翔が共演する。  解禁されたのは、本作のリード曲「瞬間(sayonara ver.)」の特別映像。新田演じるアキと、北村演じる颯太がヴォーカルを担当している。  映像は、アキがボーカルを務めるバンド「ECHOLL」のロゴと場面写真が映しだされる中イントロがスタート。そこからは、本作のエモーショナルなシーンが次々と映し出され、初公開映像がふんだんに盛り込まれている。アキの繊細かつ伸びやかな歌声と颯太の⼒強くまっすぐな歌声という、それぞれタイプの異なるヴォーカルが、ひとつの体を2⼈で共有するという劇中設定さながら、⾒事に融合した楽曲となった。  また、本作の⾳楽プロデューサーを、ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチと、その傑出した⾳楽性でシーンに頭⾓を現しているandropのボーカル&ギターの内澤崇仁が担当することも発表された。しかしながら、今回解禁となった「瞬間(sayonara ver.)」を含め、本作を彩るそのほかのオリジナル楽曲の数々を提供したアーティストは、未だ明らかとなっていない。  映画『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日公開。

  • 映画『サヨナラまでの30分』ティザービジュアル(表面)

    新田真剣佑×北村匠海『サヨナラまでの30分』特報&ビジュアル解禁

    映画

     俳優の新田真剣佑と北村匠海がダブル主演を務める映画『サヨナラまでの30分』より、特報とティザービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、1年前に死んだバンドミュージシャンのアキ(新田)が、大学生の颯太(北村)の体を借り、もう一度、仲間と音楽をやろうとする青春音楽ストーリー。2人は、アキの遺したカセットテープが再生される30分間だけ入れ替わることができる。  「俺のこと見える人! 聞こえる人!」と声を上げるアキ(新田)。しかし道行く人々は誰もアキに気付かない―。そんな印象的なシーンで特報は幕を開ける。明るく物おじしない前向きな性格のアキと、人と接することが苦手で引っ込み思案の颯太(北村)の紹介カットを挟み、全くの他人で性格も正反対の2人が入れ替わるきっかけが明らかになる。それは1年前に死んだアキが遺したカセットテープ。偶然テープを拾った颯太が、再生した瞬間、颯太の体にアキが入り、2人は入れ替わる。  共同生活を始めることになるアキと颯太。入れ替わりの瞬間やアキが率いていたバンド「ECHOLL」のメンバーであり恋人のカナ(久保田紗友)、同じくメンバーのヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)の3名とのセッションシーンや自転車をこぐ颯太、はかなげにこちらを見つめるアキなど、鮮やかな映像がふんだんに盛り込まれている。「出会うはずのなかった彼らに起きた、30分のキセキの物語」というナレーションも物語への期待感をあおる。  ティザービジュアルでは、プールサイドで分断されたアキと颯太の姿が写し出され。すでにこの世界にはいないアキと、この世界が苦手な颯太の関係性を表している。アキの「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して」、颯太の「大っ嫌いです、あなたみたいな人」という劇中せりふからも、全く正反対の性格な2人が織りなす物語ということが感じられる。  映画『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日全国公開。

  • 映画『サヨナラまでの30分』ヒロイン役の久保田紗友

    新田真剣佑×北村匠海『サヨナラまでの30分』、ヒロインに久保田紗友

    映画

     俳優の新田真剣佑と北村匠海がダブル主演を務める映画『サヨナラまでの30分』に、女優の久保田紗友がヒロイン役で出演することが発表された。ラブストーリー初挑戦となる久保田は、クランクイン前から猛特訓で挑んだピアノ演奏も本作で初披露する。@@cutter 一年前に死んだバンドミュージシャンのアキ(新田)は、明るくて物おじせず、率先して人を引っ張っていく前向きな性格だった。アキとは正反対の性格で、人と関わる事が苦手な大学生の颯太(北村)。そのせいで就職活動も失敗ばかりの颯太が、ある日拾ったカセットテープ。それが再生されるたった30分間だけ、颯太の体の中身は死んだはずのアキになる。出会うはずのない二人をつないだカセットテープはアキが遺したものだった。颯太の体を借りて、アキは恋人やバンド仲間に会いに行く。それは颯太と彼女との出会いでもあった―。アキと颯太の歌が彼女に届くとき、三人の世界が大きく変わり始める。  久保田が演じるのは、アキの生前のバンドメンバーであり、恋人でもあったカナ。バンドではピアノを担当していたが、アキが死んでバンドが解散してからは音楽も辞めてしまい、普通の大学生活を送っている。そんな中、颯太の体を借りてバンド再結成をたくらむアキがカナに近づいていくことにより、颯太とも関わりを持つことになり、二人は次第に心を通わせていく―。  久保田は「撮影に入る前の準備段階で、ピアノの練習やボイトレ、バンドメンバーとリハを重ねたりと、約半年程常に私の心の片隅にカナがいて、現場では自然と役に入り込むことができました」と語る。役どころについては「カナは真っ直ぐで芯の強い女の子ですが、大切な人を亡くしそれでも前に進もうと頑張る姿に私自身共感して苦しいと感じることもありましたが、監督、スタッフ、キャストの皆さんの支えがあり、カナという人物、人生を全身で感じて向き合うことができました」と振り返る。  萩原健太郎監督は、ヒロイン役のオーディションで出会った久保田について、「負けず嫌いな性格が強く出た、まるでこちらを拒否しているような眼差しがカナというヒロイン像と重なりました」と起用の理由を明かした上、「撮影が進んでいくにつれ、芝居に対しての感の良さはもちろんのこと、自らを解放しどんどん自由に、いきいきと変化していく姿に驚きました。久保田さんのお陰でカナという役が想像していたよりも何倍も魅力的なキャラクターになったと思います」と絶賛している。  映画『サヨナラまでの30分』は2020年1月公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access