クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ 関連記事

  • 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の日本公開日が11月20日に決定

    公開延期の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、日本公開日が11.20に決定!

    映画

     俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の日本公開日が11月20日となることが発表された。当初は4月10日公開の予定だったが、英米両国での公開日がそれぞれ11月12日と同25日に延期されたのを受け、日本での公開も延期された。@@cutter 公開延期の理由は「MGM、ユニバーサルならびに本作のプロデューサーであるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリにより全世界の映画興行における状況を検証し、熟慮を重ねた結果」とされている。  本作は『007 スペクター』以来5年ぶりのシリーズ最新作で、ダニエルがボンド役を演じるのはこれで5作目。『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜てきされたほか、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ジェフリー・ライト、レイフ・ファインズらが出演する。  監督は新たに日系のキャリー・ジョージ・フクナガが務める。製作陣にはシリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。主題歌には、本年度のグラミー賞にて史上最年少18歳で主要4部門受賞、5冠の快挙を達成したビリー・アイリッシュが起用され、さらなる話題を呼んでいた。  シリーズ1作目『007ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住したジャマイカをはじめ世界各国での壮大なロケ撮影に加え、ボンドを演じるのは今回が最後とも報道されるダニエルの体を張った大迫力アクションも注目されている。  映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は11月20日より全国公開。

  • 6代目ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグ(※『007 スペクター』の場面写真)

    ダニエル・クレイグ、『007』最新作が“呪われた映画”呼ばわりされることに怒り

    映画

     イギリスの人気スパイ映画『007』シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、英米の公開が4月から11月に延期されたが、完成するまでもさまざまな問題に見舞われた。そんな理由で、海外メディアでは“呪われた映画”と言われることがしばしばあり、6代目のジェームズ・ボンドを演じる俳優のダニエル・クレイグは怒っているという。@@cutter 前作の『007 スペクター』から5年後の公開となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。ダニエルのボンド降板の噂から始まり、ダニー・ボイル監督が「創作上の意見の相違」を理由に降板。映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本などで知られるキャリー・ジョージ・フクナガが監督に決まり、撮影が始まると、今度はダニエルが足首を負傷。撮影スタジオでは爆発事故にも見舞われた。  ダニエルは男性誌「GQ」アメリカ版でのインタビューで、作品が“cursed(呪われている)”と言われると「腹が立つ」とコメント。「(そう言われることで逆に) “俺たちの映画に災いを招くな”っていう気分になる。こっちはベストを尽くしてやってるんだ」と、“cursed”と言う言葉に敏感になっている様子だ。  ダニエルはインタビューで『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』について、「これが(ボンドを演じる)最後の作品になる」と断言している。また、これまでは尊重から脚本に口出ししなかったが、そうしなかったことを後悔したという。それで今回は積極的に脚本作りにも関わったそうだ。

  • 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』メイキングカット

    監督が語る『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は「ダニエル・クレイグにとっての最終章」

    映画

     俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、最新映像が解禁。本編やメイキング風景のほか、監督と脚本を務めるキャリー・ジョージ・フクナガがボンドの“ヒーロー像”や作品について語るコメントを収めている。@@cutter 今回解禁された映像は、銃口の中からボンドのシルエットが登場し、スクリーンの観客に向かって銃を撃つという007シリーズ伝統のオープニングシーンからスタート。続いて迫力の場面の裏側を捉えたメイキングや本編映像がふんだんに収められている。フクナガ監督は「脚本家、そして監督として、ボンドを捉え直すことに重点をおいた。MI6を退いて5年―彼はどこにいてどう変わったのか」と今作のボンドは年月の流れにより変化していることを明かす。  続いてボンドについて「00(ダブルオー)の任務にもがく姿は傷ついた獣のようだ」と評し、「世界は変わった。そしてルールも変わった。非対称戦争時代のスパイのルールも複雑になった。ボンドが家族のように想う仲間も皆が脅威に晒されている」と今作でボンドが置かれた状況を説明。映像では思い詰めた表情のボンドの恋人マドレーヌ(レア・セドゥ)の姿が映し出され、ダニエル版ボンドの1作目『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)でボンドの恋人だったヴェスパー(エヴァ・グリーン)の悲劇が繰り返される可能性があることを匂わせている。  また、ラミ・マレック演じる敵役については「ボンドが挑んだ相手で最も危険」だとし、「最初から最後までノンストップ。レースさながらだ」と、激しいカーチェイス、バイクチェイス、銃撃戦や肉弾戦といった迫力のアクションシーンが登場することもアピール。  そして最後は「世界と人類の命をも救う。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』はボンドの集大成だ。彼が出会ったすべて、トラウマや失ったものまでも。最も挑戦的で困難な任務。それが今作の狙いであり、特別なものにしたかった。007シリーズの根底にあるもの、危険であり感情が揺さぶられるもの、そして語られることのなかったもの、全てが明らかになる。ダニエル・クレイグにとっての最終章だ」と熱くコメント。本作でボンド役引退を公言したダニエルの最後にふさわしいフィナーレを迎えることを示唆している。  シリーズ25作目となる本作は、ダニエル演じるボンドが過去4作で追ってきた事件がすべて関連していたことが明かされた前作『007 スペクター』以来5年ぶりの最新作。『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミが悪役を務め、新旧の豪華キャストが出演する。主題歌には、本年度のグラミー賞で主要4部門含む5部門を弱冠18歳で獲得したビリー・アイリッシュを起用したことでも話題を呼んでいる。  映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は4月10日より全国公開。

  • 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌を担当するビリー・アイリッシュ&兄のフィネアス・オコネル

    ビリー・アイリッシュ、『007』楽曲提供の決め手はダニエル・クレイグが「気に入ること」

    映画

     第62回グラミー賞で主要4部門を含む最多5部門を制覇した人気歌手のビリー・アイリッシュ。英スパイ映画シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌を担当するが、同作に参加するにはジェームズ・ボンドを演じる主演俳優ダニエル・クレイグに曲を気に入ってもらう必要があったという。@@cutter 現地時間19日に開催されたイギリスの音楽の祭典、ブリット・アワードで映画と同名タイトルの主題歌『No Time To Die(原題)』を披露したビリー。兄で音楽プロデューサーのフィネアス・オコネルと、英ニュース番組『BBC Breakfast(原題)』に登場し、インタビューでフィネアスが「ダニエル・クレイグが楽曲を気に入らないと起用されない」と語ると、「彼の発言が決定を左右することを今回学んだ」と続けた。  「私たちは何年も、ボンド映画の歌を担当したかった。去年、チームのみんなに伝えたの。ボンド関連の話が来たら、できる限り参加したいってね」とビリー。昨年9月に映画プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとアイルランドでミーティングし、歌詞を書く参考にするため、映画の触り部分に関して、なんとなく教えてもらったことを明かした。  フィネアスいわく、主題歌は3日間ほどで書き上がったという。「テキサスにいる時に、ツアーバスの中で曲を作って録音した」そうだ。また曲作りを始める前に、ビリーとフィネアスは過去のボンド作品の楽曲を全て聴き、同じにならないよう気を付けたという。  ダニエルが録音された曲を聴いて気に入ったのは、今となっては明らかだが、4月10日から日本公開される本編にどのようにマッチしているのか、今から楽しみだ。

  • 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ場面写真

    ボンドの恋人の秘密とは? 最新ガジェット&ド派手飛行シーンも登場する『007』新着映像解禁

    映画

     俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、新着映像が解禁された。ボンドが劇中で駆使する最新ガジェットやド派手なフライトシーンのほか、ボンドの恋人マドレーヌが大きな秘密を抱えていることを示唆する謎めいたセリフなどを収めている。@@cutter シリーズ25作目となる本作は、『007 スペクター』以来5年ぶりの最新作。『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜てきされたことも話題を集めている。加えて、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、アナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、デヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、レイフ・ファインズら新旧の豪華キャストが出演。シリーズおなじみの主題歌を、本年度のグラミー賞で主要4部門を含む5部門を弱冠18歳で獲得したビリー・アイリッシュが担当する。  ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フィリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘拐された科学者を救出するという任務は想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが―。  新着映像は、ダニエル演じるジェームズ・ボンドと、殺しのライセンスを有するコードネーム“00(ダブルオー)”を2年前から与えられている女性エージェントのノーミ(ラシャーナ)がクールなサングラス姿で登場する場面からスタート。「乗ったことは?」と尋ねるボンドに対し、「ないわ」と一言余裕たっぷりに返してみせるノーミ。すると、二人が乗る小型のポッドのような機体が飛行機の格納庫から急発進。落下しそうになるも両翼を広げ小型飛行機へと早変わりし、空へと飛び立っていく。  このド派手なフライトシーンに続き、ダニエル版ボンドの1作目『007/カジノ・ロワイヤル』の最後の場面を連想させる水中のボンドや、酒場風の建物からタキシード姿で華麗に銃を操るボンドの姿が映し出される。さらに、思い詰めた表情を浮かべるボンドの恋人マドレーヌ(レア・セドゥ)、シリーズ史上一番“ヤバい”とされる敵(ラミ)、前作『スペクター』に続き登場するM(レイフ)、宿敵ブロフェルド(クリストフ・ヴァルツ)、アナ・デ・アルマス演じる新キャラクターなどが続々と登場。中にはボンドがよき理解者として敬愛していた前任のM(ジュディ・リンチ)の肖像画もチラリ。  映像にはまた、「彼女の秘密を知れば、君は死ぬ」とマドレーヌがボンドに関わる大きな秘密を抱えていることを示唆するセリフも挿入され、これまでの事件に隠された新事実が明らかになることを予感させる。さらに映像には「シリーズ最新作(25作目)がすべてを変える」というコピーも挿入され、本作がダニエル版ボンドの集大成かつ、約50年に渡り続いてきたシリーズの重要な転換点となることを匂わせるような映像に仕上がっている。  映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は4月10日より全国公開。

  • 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ベン・ウィショー演じるQのキャラクタービジュアル

    007ファンにメリー“Q”リスマス! ボンドとの複雑な関係を語るQの特別映像到着

    映画

     俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、いつもボンドに振り回されがちなQ(ベン・ウィショー)が、ちょっぴりすねた口調でボンドとの複雑な関係を解説する特別映像が解禁された。@@cutter 『007 スペクター』以来5年ぶりのシリーズ最新作で、ダニエルがボンド役を演じるのはこれで5作目。『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜てきされたことも話題を集めている。監督は新たに日系のキャリー・フクナガが務める。製作陣にはシリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。  ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘拐された科学者を救出するという任務は想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが―。  QはMI6(英国諜報部)秘密兵器開発担当主任として、時に振り回されながらもボンドを健気に支える本作に欠かせない存在で、ボンドとQのやりとりはファンの間でも人気の1つ。特別映像では、そんなQが自身のデスクで「僕とボンドの関係は複雑だ」と悩ましげな表情で語り始めるのだが、本編では現役を退いたはずのボンドがMI6の仲間であるマネーペニーとともにQを訪れ、「生きていたのか」と再会を喜ぶシーンが収められている。  一見仲良さげに見えるが、過去に敵に狙われたボンドが『007 スカイフォール』でアストンマーチンDB5をハチの巣にしてしまったり、『007 スペクター』でQ課から改造を施したアストンマーチンDB10を無断で持ち出してローマへ行った揚げ句に水没させたことを忘れないかのように、「軽いノリもたまにはいいがもっと慎重になって欲しい。いつも彼に振り回される。どこまでも命知らずだ」と苦い表情で不満を吐露。そんなQの心情を表すかのようにボンドが本編で橋から飛び降りるシーンが流れ、ボンドの命知らずなダイナミックなアクションが本作でも見られることに期待がかかる映像に仕上がっている。  映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年4月10日より全国公開。

  • 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドのキャラクタービジュアル

    おなじみから新キャラまで『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』キャラポス6枚一挙解禁

    映画

     俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、シリーズおなじみの顔ぶれから、本作の重要な鍵を握るであろう新キャラクターまで、一同そろい踏みの豪華なキャラクターポスターが一挙解禁された。@@cutter シリーズ25作目で、前作『007 スペクター』から5年ぶりの最新作となる本作。ダニエルにとってボンド役を演じるのは5作目となるが、自らの口で本作が最後とも語っており、今後の続報に注目が集まっている。製作陣にはシリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。監督は新たに日系のキャリー・フクナガが務める。  今回解禁となった日本版キャラクターポスターには、ダニエル演じるジェームズ・ボンドや、映画『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞し、今年度の第77回 ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で主演男優賞にノミネートされたラミ・マレックが演じる「シリーズ史上一番“ヤバい”敵」の存在感たっぷりの姿を収録。  ほかにも、MI6(英国諜報部)秘密兵器開発担当主任として時に振り回されながらもボンドを健気に支えるベン・ウィショー演じるQや、前作でボンドと恋仲になったものの本作での関係の変化に注目が集まるレア・セドゥ演じるマドレーヌ、さらには映画『ブレードランナー 2049』で演じたAI役が話題となったアナ・デ・アルマス演じる新キャラクターや、殺しのライセンスを有するコードネーム“00(ダブルオー)”を2年前から与えられているというラシャーナ・リンチ演じる女性エージェントの姿も写し出され、新旧キャラクターそろい踏みの豪華なキャラクターポスターとなっている。  また、本作のムビチケ前売券が12月20日より発売されることが決定。劇場窓口での購入特典として、数量限定で特製ポストカード5枚セットがプレゼントされる。さらに、オンライン購入者の中から抽選で300名に、ボンドの愛車としてお馴染みのAston Martin DB5のオリジナルキーチェーンがプレゼントされるキャンペーンも行われる。  映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年4月10日より全国公開。

  • ジェームズ・ボンド、マドレーヌと深刻な会話を…? 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』場面写真解禁

    ボンドを取り巻く美女たち…女性諜報部員の姿も 『007』最新作、場面写真解禁

    映画

     俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、本作から登場するラシャーナ・リンチやアナ・デ・アルマスが演じる女性諜報部員など、ジェームズ・ボンドを取り巻く美女たちの姿を捉えた場面写真が公開された。@@cutter 本作は、『007 スペクター』以来5年ぶりのシリーズ最新作で、ダニエルがボンド役を演じるのはこれで5作目。『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜てきされたことも話題を集めている。  ダニエル、ラミ、ラシャーナ、アナのほか、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、ロリー・キニア、ダーヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、レイフ・ファインズといった、おなじみのキャストに加え、豪華な新キャストが脇を固める。製作陣にはシリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが本作でも参加。監督は新たに日系のキャリー・フクナガが務める。  ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘拐された科学者を救出するという任務は想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが―。  解禁された場面写真には、現役を退いたはずのダニエル演じるジェームズ・ボンドが諜報部員に戻ったかのようにスーツを着こなし、レア演じるマドレーヌと深刻な会話をしていると思われるシーンや、ラシャーナ演じる女性諜報部員の緊迫したシーンのほか、オーベルハウザーと再び対峙するボンドの姿や、おなじみのMやマネーペニーらMI6のメンバーたち、さらに本作が初参戦のアナの妖艶なドレス姿など、ストーリー展開が気になる、さまざまなカットが収められている。  映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年4月10日より全国公開。

  • 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・グレイグ場面写真

    『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』4.10公開 悪役ラミ・マレック登場の予告解禁

    映画

     俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の日本公開日が2020年4月10日に決定。併せて本作初となる予告編が世界同時解禁された。@@cutter 本作は、『007 スペクター』以来5年ぶりのシリーズ最新作で、ダニエルがボンド役を演じるのはこれで5作目。『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜てきされたことも話題を集めている。製作陣にはシリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。監督は新たに日系のキャリー・フクナガが務める。  ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘拐された科学者を救出するという任務は想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが―。  予告映像には、ラミ・マレック演じるシリーズ史上一番“ヤバい”敵の姿が登場。口元だけあらわになった不気味なマスクをかぶってボンドとにらみ合う、新生ヴィランのキャラクターを想像させる一幕も。  さらに、シリーズ1作目『007 ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住した美しいジャマイカをはじめ、世界各国での壮大なロケ撮影や、ダニエル版ボンドに欠かせない体を張った大迫力のアクションなども映し出されている。  一方、ラシャーナ・リンチが演じる2年前から殺しのライセンスを持つ、00(ダブルオー)のコードネームの女性エージェントが新たに登場し、期待が高まる予告編に仕上がっている。  映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年4月10日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access