クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ミッドサマー 関連記事

  • 映画『エスケープ・ルーム』メインビジュアル

    脱出ゲーム・恐ろしい村・実在の殺人鬼…2020年初頭、期待のホラー&スリラー映画6選

    映画

     近年豊作続きの“怖い”映画。『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『クワイエット・プレイス』『ゲット・アウト』ほか数々のヒット作が相次ぎ、連れだって観に行くこともブームとなっている。今年も“脱出ゲーム”をモチーフにした『エスケープ・ルーム』をはじめ、観客を非日常の恐怖に陥れる作品が続々と公開予定だ。2020年初頭に上映される要注目のホラー/スリラー映画6本を紹介しよう。@@cutter■『ペット・セメタリー』(1月17日公開)  『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』など、近年原作が相次いで映画化されているスティーヴン・キング作品の中でも、史上最恐と謳われる小説を映画化した”禁忌”ホラー。 @@insert1  家族とともに田舎に越した医師ルイスの新居の裏には、動物の墓地「ペット・セメタリー」があった。ある日、飼い猫が事故で死んだため、ルイスは墓地を越えた森の奥深くに猫を埋葬する。しかし次の日、埋葬したはずの猫が凶暴に変貌して一家の前に姿を現す。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。そして、誕生日を迎えた娘のエリーが交通事故で帰らぬ人に。ルイスは度重なる不幸を前に、ある行動に出る…。 ■『犬鳴村』(2月7日公開)  ホラー映画の旗手・清水崇監督が、福岡県に実在する心霊スポット「旧犬鳴トンネル」を禁断の映画化。 @@insert2  数々の恐ろしい都市伝説が語り継がれる旧犬鳴トンネルの近くには、地図に載らない集落「犬鳴村」があった。そこに立ち入った者は決して戻れないという。突如身の回りで奇妙な出来事が起こり始めた臨床心理士の森田葵は、それらに共通するキーワードとして旧犬鳴トンネルが浮上することを発見する。謎を解くためトンネルに向かう葵だったが、そこには決して踏み込んではならない驚がくの真相があった。 ■『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』(2月14日公開)  『ソウル・キッチン』『女は二度決断する』などのドイツの名匠ファティ・アキンが、実在した連続殺人鬼の物語を映画化。 @@insert3  1970年代ドイツ、ハンブルク。安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカは、夜な夜な寂しい男と女が集るバーで酒をあおっていた。フリッツがカウンターに座る女に声を掛けても、いつも顔をしかめられるだけ。連続殺人鬼へと豹変するフリッツの狂気に気づく客は誰ひとりいなかった。ある日、バーで中年女ゲルダと知り合ったフリッツは、彼女の娘に会うことを夢想するようになり…。@@separator■『ミッドサマー』(2月21日公開)  長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』で注目を集めた映画監督アリ・アスターの最新作。 @@insert4  家族を不慮の事故で失ったダニーは、大学で民俗学を専攻する恋人や友人たちと共にスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように見えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。それは、妄想、トラウマ、不安、恐怖が渦巻く、想像を絶する悪夢の始まりだった。 ■『スケアリーストーリーズ 怖い本』(2月28日公開)  恐ろしい内容や挿絵で知られるアルビン・シュワルツによる児童書シリーズを、ギレルモ・デル・トロの企画・製作で映画化。 @@insert5  あるハロウィンの夜、町外れにある屋敷に忍び込んだ子どもたちが一冊の本を見つける。その本には数々の恐ろしい話がつづられており、本を持ち帰った次の日から、子どもがひとりまたひとりと消えていく。さらにその「怖い本」には、毎夜新たな物語が追加されていき…。 ■『エスケープ・ルーム』(2月28日公開)  部屋に仕掛けられたさまざまな謎を解きながら閉鎖された空間からの脱出を試みる、世界で人気のアトラクション「体験型脱出ゲーム」をモチーフとしたスリラー作品。 @@insert6  見知らぬ男女6名が賞金1万ドルの体験型脱出ゲームに参加するため、とあるシカゴの高層ビルに集まった。通された一室で待機していると、何の前触れもなく突然ゲームが始まり、命を落としかねない危険なトラップが次々と襲いかかってくる。死ぬ物狂いで協力しながら部屋から脱出しようとする参加者たちに、更なる邪悪な罠が待ち受けていて…。  鉄板のスティーヴン・キング作品、恐ろしい村、実在の殺人鬼、怖い本、脱出ゲーム…さまざまなテーマが目白押しとなった2020年初頭公開の“怖い”映画たち。ぜひスクリーンでその恐怖を体験してほしい。

  • 映画『ミッドサマー』のアリ・アスター監督

    ハリウッドが注目 『ミッドサマー』アリ・アスター監督、今月末来日&先行上映会に登壇

    映画

     映画『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター監督が、最新作『ミッドサマー』を引っ提げて、1月30日に初来日することが決定。2月21日の公開に先駆け、アリ監督が登壇する本編先行上映会の実施も予定されている。@@cutter 本作は、映画『アイリッシュマン』『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督に「彼の映画は単なる恐怖映画を超えている」と言わしめ、俳優のニコラス・ケイジが「アリ・アスターは僕にとって事件」と語るなど、ハリウッドで熱い注目を集めるアリ監督による“フェスティバル・スリラー”。スウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れた5人の大学生が、恐怖体験に巻き込まれるさまを描く。  昨年6月より北米ほか全世界で公開され、有力映画サイト、ジャーナリストの年間ベスト作品に挙げられたほか、映画『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督、『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督らの年間ベスト作品の一作にも挙げられた。  今回のアリ監督の初来日では、インタビュー稼働のほか、監督の舞台あいさつ付き本編先行上映も予定。詳細は追って発表されるが、黒澤清監督、三池崇史監督など、日本の映画監督や漫画などにも影響を受けてきたと語っているアリ監督から、一体どのような話が聞けるのか楽しみだ。  家族を不慮の事故で失ったダニー(フローレンス・ピュー)は、大学で民俗学を研究する恋人のクリスチャン(ジャック・レイナー)や友人と5人で、スウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖…。それは想像を絶する悪夢の始まりだった―。  映画『ミッドサマー』は2020年2月21日より全国公開。

  • 映画『ミッドサマー』場面写真

    純白の民族衣装の人々&“やばい”壁画…90年に一度の狂気『ミッドサマー』新写真

    映画

     映画『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター監督の最新作『ミッドサマー』より、場面写真と特別画像が解禁された。場面写真では、白夜に照らされた悪夢の世界で驚きや悲痛の表情を見せる主人公たちの姿が写し出されている。@@cutter 本作は、長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』が世界中の映画サイトや映画誌に絶賛されたアリ監督による“フェスティバル・スリラー”。スウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れた5人の大学生が、恐怖体験に巻き込まれるさまを描く。  主人公ダニーをMCU最新作『ブラック・ウィドウ』で新ヒーロー、イェレナ役に抜てきされた若手女優フローレンス・ピューが、ダニーの恋人クリスチャンを映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』『ビリーブ 未来への大逆転』のジャック・レイナーが演じる。ほかに、『デトロイト』の強烈な演技で称賛を集めたウィル・ポールター、『ベニスに死す』の美少年役としても知られるスウェーデンの伝説的な名優ビョルン・アンドレセンらが顔をそろえる。  日本では2019年秋に先行上映され、SNS上に「美しいのに恐ろしい」「アリ・アスター監督ってやばいな。頭の中を覗いてみたい」「とんでもない映画を見てしまった」「恋人がいる人は観ない方がいい」などの感想が飛び交った。  このたび公開された場面写真では、村を訪れた大学生5人組と、純白の民族衣装に身を包み優しいほほ笑みで招き入れる村人たち、そして次第に白夜に照らされた悪夢へと足を踏み入れ、驚き、悲痛の表情を見せる主人公たちの姿が切り取られている。  併せて解禁された特別画像は、2点の不思議な壁画。うち1点では目隠しをした2人の人物がたいまつを手にしており、2人の目からは血がしたたり落ちている。もう1点では太陽の下で中央の人物が笑顔をたたえながら剣で自らの胸を突き刺し、両側から6人の人物がその様子を見ている。果たしてこれらの不穏な壁画が何を意味するのか。“90年に一度の祝祭”で一体何が繰り広げられるのか、衝撃の展開を予期させる内容となっている。  映画『ミッドサマー』は2020年2月21日より全国公開。

  • 映画『ミッドサマー』ポスタービジュアル

    太陽と花々に満ちた楽園で…恐ろしい祝祭がはじまる『ミッドサマー』予告&ポスター解禁

    映画

     映画『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター監督の最新作『ミッドサマー』より、予告編とポスタービジュアルが解禁された。予告編は、太陽が沈まないスウェーデンの村の花々に満ちた明るい風景が、かえって不気味さを醸し出す映像となっている。@@cutter 本作は、長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』が世界中の映画サイトや映画誌に絶賛されたアリ監督による“フェスティバル・スリラー”。スウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れた5人の大学生が、恐怖体験に巻き込まれるさまを描く。暗闇とは真逆の明るい祝祭を舞台に、奇抜な発想と演出、全シーンが伏線となる緻密な脚本、見る者を魅惑する極彩色の映像美が一体となり、忘れられないラストに到達する。  主人公ダニーを演じる若手女優フローレンス・ピューは、イギリスで数々の映画賞を受賞し、ハリウッドに進出。2020年にはマーベル・シネマティック・ユニバース最新作『ブラック・ウィドウ』で新ヒーロー、イェレナ役に抜てきされた。  また、ダニーの恋人クリスチャンを映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』『ビリーブ 未来への大逆転』のジャック・レイナーが演じるほか、『デトロイト』の強烈な演技で称賛を集めたウィル・ポールター、『ベニスに死す』の美少年役としても知られるスウェーデンの伝説的な名優ビョルン・アンドレセンらが顔をそろえる。  予告編は、家族を不慮の事故で失った主人公ダニー(ピュー)が、大学で民俗学を研究する恋人のクリスチャン(レイナー)やその友人たちと5人で、スウェーデンの奥地の村で行われる“90年に一度の祝祭”を訪ねるシーンから始まる。ほとんど太陽が沈むことのない白夜の中、美しい花々とおいしい食べ物、そして優雅に舞い踊る人々。そこは楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖…それは想像を絶する悪夢の始まりだった。果たしてこの村では何が起こるのか。  ポスタービジュアルは、花かんむりを着けたダニーが恐怖にゆがんだ表情で涙を流す姿が大きく写し出され、中央には「祝祭がはじまる」というコピーが小さく刻まれたもの。太陽と花々に満ちた明るさがかえって恐ろしさをあおる映像とビジュアルが完成した。  映画『ミッドサマー』は2020年2月21日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access