クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

スケアリーストーリーズ 怖い本 関連記事

  • 映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』に登場する“ペール・レディ(青白い女)”

    クリーチャー総出演 『スケアリーストーリーズ』ラナ・デル・デイが歌う「魔女の季節」MV到着

    映画

     映画『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞作品賞を受賞したギレルモ・デル・トロが製作とストーリー原案を担当するホラー映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』より、シンガー・ソングライターのアナ・デル・レイによるエンディング曲「Season of the Witch」のMVが解禁された。@@cutter 本作は、累計700万部もの売り上げを誇りながらも、子どもたちにトラウマを与えるとして全米の図書館に置くことが禁じられたいわくつきの児童書シリーズ『スケアリーストーリーズ 怖い本』を基にしたホラー。  ハロウィンの夜、幽霊屋敷に忍び込んだ高校生のステラたちは、1冊の本を見つける。そこには噂に聞いた怖い話の数々がつづられており、持ち帰った次の日からひとり、またひとりと仲間たちが消えていく。そして本には毎夜、消えた仲間たちが主人公の物語が追加されていき…。  今回解禁されたのは、デル・トロたっての希望で本作のエンディング曲を担当したラナによる「Season of the Witch」のMV。ラナは、第62回グラミー賞の「年間最優秀アルバム」部門と「年間最優秀楽曲」部門の主要2部門にノミネートされ、2月12日に開催された英国の音楽誌『NME』が主催する<NME Awards 2020>では、Best Album In The World受賞した、今最も勢いに乗るアーティストの1人だ。そんなラナの「Season of the Witch」は、ドノヴァンの「魔女の季節」がオリジナルで、過去には、アル・クーパーやロバート・プラントなど、錚々たるアーティストにカバーされてきた名曲。  デル・トロは、ラナを起用したことについて、「以前から彼女のファンだったけど、この映画の企画が進んでいるときに直感で彼女に『魔女の季節』を歌ってもらいたいと思ったんだ。彼女ならきっと魔法をかけたみたいにこの曲を歌ってくれるって。彼女に頼んだのは大正解だった」と語っている。  解禁されたMVには、ペール・レディやジャングリーマンなど、不気味な造形のクリーチャーたちの本編映像に加え、原作の挿絵として描かれた、スティーブン・ガンメルによるグロテスクなモンスターたちのイラストも登場。ラナのスタイルや哀しみを帯びた歌声ともマッチし、呪われた本がひとりでに書いた物語に沿って次々と人が消えてゆく不可解な恐怖に拍車をかけている。  映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2月28日より全国公開。

  • 映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』に登場する“ジャングリーマン”

    デル・トロの最新クリーチャー、バラバラになる“ジャングリーマン”の姿解禁!

    映画

     映画『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロが製作とストーリー原案を担当するホラー映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』より、バラバラになった身体の部位を組み合わせてできた映画オリジナルのクリーチャー“ジャングリーマン”の姿を収めた映像や場面写真などが解禁された。@@cutter 累計700万部もの売り上げを誇りながらも、子どもたちにトラウマを与えるとして全米の図書館に置くことが禁じられたいわくつきの児童書シリーズ『スケアリーストーリーズ 怖い本』を映画化した本作。  基本的に、劇中に登場するクリーチャーたち“カカシのハロルド”や“ペール・レディ(青白い女)”のビジュアルは、原作の挿絵が基になっている。しかしジャングリーマンの場合、原作には頭部のイラストしかなかったため、全身の造形は映画オリジナル。シリーズの原作本『いばりんぼうをつかまえた(Me Tie Doughty Walker!)』と『なんのためにきたの?(What Do You Come For)』(岩崎書店)の2作品を基にアレンジしたものとなっている。  クリーチャー製作を担当したのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』でデル・トロとともに半魚人を創り出したマイク・ヒル。クリーチャー製作において、デル・トロに「彼の上を行く人なんて、僕は知らない」と言わせるほど絶大な信頼を寄せられている人物だ。デル・トロとヒルは、頭、腕、手、胴体、脚など身体のパーツがちぐはぐに組み合わさって存在する、空想の中の化け物ジャングリーマンを、本作の中で最恐にして最悪のモンスターとして見事に作り上げた。  映像では、奇怪なビジュアルのジャングリーマンが、意外にも俊敏でアクロバティックに動く姿を見せるほか、ホラー映画『エクソシスト』の有名な場面である少女リーガンのブリッジシーンを彷彿とさせる四足歩行をする姿も登場。さらに、頭部だけになったジャングリーマンが不気味な笑みを浮かべる姿も捉えている。  ジャングリーマンについて、マイクは「観客は彼を見たら本当にびっくりすると思う。立ち上がると恐ろしい化け物になるんだよ。映画の中ではすごく際立っているシーンだ」とその出来に自信をのぞかせている。  劇中で主人公たちは顔面蒼白になるほど怯えまくり、ジャングリーマンはそんな彼らを執拗に追いかけまわし、物理的にも精神的にも追い詰めていく。  映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2月28日より全国公開。

  • 映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』に登場する“ペール・レディ(青白い女)”

    激ヤバ!“ペール・レディ”=青白い女が迫る…『スケアリーストーリーズ 怖い本』本編解禁

    映画

     映画『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞作品賞を受賞したギレルモ・デル・トロが、製作とストーリー原案を担当するホラー映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』より、衝撃的なビジュアルのクリーチャー“ペール・レディ(青白い女)”の劇中写真と登場シーン映像が解禁された。@@cutter 累計700万部もの売り上げを誇りながらも、子どもたちにトラウマを与えるとして全米の図書館に置くことが禁じられたいわくつきの児童書シリーズ『スケアリーストーリーズ 怖い本』。本作は、そんな児童書に10代の頃多大な影響を受けたというデル・トロが、オスカー受賞後はじめて企画・製作を務め、ストーリー原案を担当して映画化したホラー作品。  ハロウィンの夜、幽霊屋敷に忍び込んだ高校生のステラたちは、1冊の本を見つける。そこには噂に聞いた怖い話の数々がつづられており、持ち帰った次の日からひとり、またひとりと仲間たちが消えていく。そして本には毎夜、消えた仲間たちが主人公の物語が追加されていき…。  今回解禁されたのは、劇中で登場するクリーチャー“ペール・レディ(青白い女)”の劇中写真2点と登場シーン映像。ペール・レディは、これまで映画『パンズ・ラビリンス』のペイルマンやパン、『シェイプ・オブ・ウォーター』の半魚人など、数々の奇怪で美しい名クリーチャーを生み出してきたデル・トロが手掛けただけあって、強烈なインパクトの姿かたちに仕上がった。  劇中写真のペール・レディは、口角は大きく上がりほほ笑みをたたえているが、真っ黒な瞳の奥は暗く濁っていて一切の感情はうかがえない。脂っぽい髪がべったりと体に張り付き、血の気のない、なめし革のような皮膚が不恰好に垂れさがっている。命のぬくもりが感じられない無機質な表情とふくよかな体形はアンバランスで、何とも言えぬ不気味さだ。登場シーン映像では、丸い背中の後ろ姿のほか、赤い光が点滅する廊下の奥から逃げ惑う少年のほうに向かってゆっくりと近づいてくる姿が映し出されている。  原作『スケアリーストーリーズ 怖い本』の挿絵として描かれた、スティーブン・ガンメルによるグロテスクなモンスターたちのイラストは、デル・トロの大のお気に入り。惚れこみすぎたデル・トロは、かつて貧乏だった時代にガンメルの原画に出会い衝動的に購入し、妻との関係に暗雲が立ち込めたほどだという。  ガンメルの挿絵で描かれたペール・レディは、液体に近い黒鉛で描かれモノクロで表現されているため、映像化する際に肌色は真っ白となった。そんな原画の再現に力を注いだデル・トロは、肌質に相当なこだわりを見せたようで「モンスターたちの色彩も、白やオイスター・グレイ、イエロー・パーチメント(羊皮紙のような黄色)などを混ぜて青白くしたかったんだ。一部ではデジタル効果を使って質感が固体よりもより滑らかに、液体っぽく感じられるようにもした」と明かしている。  ペール・レディの造形を担当したのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』で、デル・トロと一緒に半魚人を創作したマイク・ヒル。「彼女の何かにとても惹かれたんだ!」と語る彼は、ガンメルのイラストに忠実に、本のページから実際に這い出てきたようなモンスターとして見事に作り上げている。  映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2月28日より全国公開。

  • 映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』場面写真

    禁断の書を手にしたら…『スケアリーストーリーズ』恐怖のプロローグ写真を一挙独占公開!

    映画

     映画『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞作品賞を受賞したギレルモ・デル・トロが、製作とストーリー原案を担当するホラー映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』より、恐怖のプロローグとなる場面を捉えた写真5点が一挙公開された。@@cutter 累計700万部もの売り上げを誇りながらも、子どもたちにトラウマを与えるとして全米の図書館に置くことが禁じられたいわくつきの児童書シリーズ『スケアリーストーリーズ 怖い本』。本作は、そんな児童書に10代の頃多大な影響を受けたというデル・トロが、オスカー受賞後はじめて企画・製作を務め、ストーリー原案を担当して映画化。全米では初日に1位、全世界で興収110億円を超えるヒットを記録している。  ハロウィンの夜、幽霊屋敷に忍び込んだ高校生のステラたちは、1冊の本を見つける。そこには美しい手書きの文字で、噂に聞いた怖い話の数々がつづられていた。物語の魅力に引き込まれたステラは本を自分のカバンに入れて持ち帰り、自宅で読みふける。しかし、それは絶対に開いてはいけない危険な1冊だった。次の日からひとり、またひとりと仲間たちが消えていく。そして毎夜、“怖い本”が血のような文字で綴るのは、消えた仲間たちが主人公の物語。名前を書かれた者には、物語の通り“1番怖い何か”が現実となって襲い掛かる―。  今回解禁されたのは、そんな恐ろしい運命が待ち受けるステラと仲間たちを捉えた恐怖のプロローグ写真5点。幽霊屋敷の前に佇む姿やその内部を探検する姿、本を興味深そうに見つめるステラ、全員で本を開いてのぞき込む姿が切り取られている。残り1点は、赤い光が点滅する廊下で、恐怖に顔を歪める少年の背後に“何か”が写っている戦慄の場面写真となっている。  本作についてデル・トロは、「今日のソーシャルメディア世界で、物語を語り継ぐことの重要さに目を向けたかった。原作本に登場する、最も愛されてきたホラーストーリーを再現したんだ」とコメント。SNSが発達した現代だからこそ、自身も魅了されて影響を受けたホラーストーリーを次世代に継承するべく手掛けた作品であることを明かしている。  メガホンをとったのは、映画『トロール・ハンター』『ジェーン・ドウの解剖』を手掛け、スティーブン・キングの小説『死のロングウォーク』の映画化作品でも監督を務めることが決定している新星アンドレ・ウーヴレダル。ゾッとするような映像表現に加え、ダークユーモアの才能も併せ持つウーヴレダルを以前から絶賛していたデル・トロは、「今作を任せられる監督は彼しかいない」と大抜てき。深い信頼関係で結ばれた2人が作り出す恐怖の世界に期待したい。  映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2月28日より全国公開。

  • 映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』ポスタービジュアル

    恐怖のクリーチャーが少女たちを襲う! 『スケアリーストーリーズ 怖い本』予告&ポスター

    映画

     映画『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞作品賞を受賞したギレルモ・デル・トロが、製作とストーリー原案を担当する映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』より、恐怖のクリーチャーの姿が垣間見れる予告映像が解禁。併せてポスタービジュアルも公開された。@@cutter 累計700万部もの売り上げを誇りながらも、全米の図書館に置くことが禁じられたいわくつきの児童書シリーズ『スケアリーストーリーズ 怖い本』。1981年に第1作が発表されると、実際の事件をほうふつとさせるような描写や、おどろおどろしいスティーブン・ガンメルの挿絵に親や教師から苦情が殺到した。  本作では、そんな児童書に多大な影響を受けたというデル・トロが、オスカー受賞後はじめて企画・製作を務め、ストーリー原案を担当して映画化する。監督は、映画『トロール・ハンター』『ジェーン・ドウの解剖』を手掛け、スティーブン・キングの小説『死のロングウォーク』の映画化作品でもメガホンをとることが決定している新星アンドレ・ウーヴレダルが務める。  ハロウィンの夜、幽霊屋敷に忍び込んだ高校生のステラたちは、1冊の本を見つける。そこには美しい手書きの文字で書かれた物語が。しかし、それは絶対に持ち帰ってはいけない、読んではいけない危険な1冊だった。次の日からひとり、またひとりと仲間たち消えていく。毎夜、“怖い本”が血のような文字で綴るのは、ステラたちが主人公の物語。名前を書かれた者には、“1番怖いこと”が現実となって襲い掛かる―。  解禁された予告映像では、“怖い本”の物語の主人公となってしまったステラたちが、究極の恐怖に囚われるシーンが垣間見える。左足の親指がないクリーチャーに狙われ、逃げ込んだベッドの下から足をつかまれ引っ張りだされるオギーをはじめ、不気味な洋館、夜の畑、学校でも次々とクリーチャーに狙われ悲鳴を上げる仲間たち。  「何かを呼び覚ましてしまった」とおののくステラたちは、本を焼き、引き裂くが、それでも物語は止まらない。「私 死ぬのかも」「次は僕らだ」とおびえる彼らの表情が映し出された後、ラストでは、赤い光が点滅する廊下に現れた、黒髪の、白く丸いフォルムの“何か”が迫り来るシーンが登場。気味の悪い笑い声と、画面いっぱいに映る青白い顔面が、脳裏に焼きつく強烈な映像となっている。  併せて公開されたポスタービジュアルには、床に置かれた“怖い本”、恐怖におびえて後ずさる少女、その少女に向けて異様に長く青白い腕が闇の中から伸びてくる様子が描かれている。中央には「主人公にしてあげる とびきり怖いお話の…」というコピーが添えられており、決して読んではいけなかった本を手にした少女たちに、一体どのような恐怖が迫るのか、想像の膨らむビジュアルとなっている。  映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2020年2月28日より全国公開。

  • 映画『エスケープ・ルーム』メインビジュアル

    脱出ゲーム・恐ろしい村・実在の殺人鬼…2020年初頭、期待のホラー&スリラー映画6選

    映画

     近年豊作続きの“怖い”映画。『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『クワイエット・プレイス』『ゲット・アウト』ほか数々のヒット作が相次ぎ、連れだって観に行くこともブームとなっている。今年も“脱出ゲーム”をモチーフにした『エスケープ・ルーム』をはじめ、観客を非日常の恐怖に陥れる作品が続々と公開予定だ。2020年初頭に上映される要注目のホラー/スリラー映画6本を紹介しよう。@@cutter■『ペット・セメタリー』(1月17日公開)  『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』など、近年原作が相次いで映画化されているスティーヴン・キング作品の中でも、史上最恐と謳われる小説を映画化した”禁忌”ホラー。 @@insert1  家族とともに田舎に越した医師ルイスの新居の裏には、動物の墓地「ペット・セメタリー」があった。ある日、飼い猫が事故で死んだため、ルイスは墓地を越えた森の奥深くに猫を埋葬する。しかし次の日、埋葬したはずの猫が凶暴に変貌して一家の前に姿を現す。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。そして、誕生日を迎えた娘のエリーが交通事故で帰らぬ人に。ルイスは度重なる不幸を前に、ある行動に出る…。 ■『犬鳴村』(2月7日公開)  ホラー映画の旗手・清水崇監督が、福岡県に実在する心霊スポット「旧犬鳴トンネル」を禁断の映画化。 @@insert2  数々の恐ろしい都市伝説が語り継がれる旧犬鳴トンネルの近くには、地図に載らない集落「犬鳴村」があった。そこに立ち入った者は決して戻れないという。突如身の回りで奇妙な出来事が起こり始めた臨床心理士の森田葵は、それらに共通するキーワードとして旧犬鳴トンネルが浮上することを発見する。謎を解くためトンネルに向かう葵だったが、そこには決して踏み込んではならない驚がくの真相があった。 ■『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』(2月14日公開)  『ソウル・キッチン』『女は二度決断する』などのドイツの名匠ファティ・アキンが、実在した連続殺人鬼の物語を映画化。 @@insert3  1970年代ドイツ、ハンブルク。安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカは、夜な夜な寂しい男と女が集るバーで酒をあおっていた。フリッツがカウンターに座る女に声を掛けても、いつも顔をしかめられるだけ。連続殺人鬼へと豹変するフリッツの狂気に気づく客は誰ひとりいなかった。ある日、バーで中年女ゲルダと知り合ったフリッツは、彼女の娘に会うことを夢想するようになり…。@@separator■『ミッドサマー』(2月21日公開)  長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』で注目を集めた映画監督アリ・アスターの最新作。 @@insert4  家族を不慮の事故で失ったダニーは、大学で民俗学を専攻する恋人や友人たちと共にスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように見えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。それは、妄想、トラウマ、不安、恐怖が渦巻く、想像を絶する悪夢の始まりだった。 ■『スケアリーストーリーズ 怖い本』(2月28日公開)  恐ろしい内容や挿絵で知られるアルビン・シュワルツによる児童書シリーズを、ギレルモ・デル・トロの企画・製作で映画化。 @@insert5  あるハロウィンの夜、町外れにある屋敷に忍び込んだ子どもたちが一冊の本を見つける。その本には数々の恐ろしい話がつづられており、本を持ち帰った次の日から、子どもがひとりまたひとりと消えていく。さらにその「怖い本」には、毎夜新たな物語が追加されていき…。 ■『エスケープ・ルーム』(2月28日公開)  部屋に仕掛けられたさまざまな謎を解きながら閉鎖された空間からの脱出を試みる、世界で人気のアトラクション「体験型脱出ゲーム」をモチーフとしたスリラー作品。 @@insert6  見知らぬ男女6名が賞金1万ドルの体験型脱出ゲームに参加するため、とあるシカゴの高層ビルに集まった。通された一室で待機していると、何の前触れもなく突然ゲームが始まり、命を落としかねない危険なトラップが次々と襲いかかってくる。死ぬ物狂いで協力しながら部屋から脱出しようとする参加者たちに、更なる邪悪な罠が待ち受けていて…。  鉄板のスティーヴン・キング作品、恐ろしい村、実在の殺人鬼、怖い本、脱出ゲーム…さまざまなテーマが目白押しとなった2020年初頭公開の“怖い”映画たち。ぜひスクリーンでその恐怖を体験してほしい。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access