クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

新解釈・三國志 関連記事

  • 岡田健史

    今期ドラマ3本出演 “正統派”なだけじゃない若手俳優・岡田健史の魅力

    エンタメ

     2018年に有村架純主演『中学聖日記』(TBS系)で衝撃的デビューを果たした現在21歳の岡田健史。キャリア2年足らずの彼だが、今、金曜日の異なるドラマで3つの表情を見せている。@@cutter■金曜放送ドラマ3本に掛け持ち  綾野剛と星野源のダブル主演ドラマ『MIU404』(TBS系/毎週金曜22時)で父親が警察庁刑事局長の新米キャリア・九重世人。もう1つは、14日に最終話を迎える『大江戸もののけ物語』(NHKBSプレミアム/毎週金曜20時)で妖怪たちと交流する旗本の次男坊・新海一馬。さらに、ネット配信から地上波放送された『いとしのニーナ』(フジテレビ系/毎週金曜24時55分)で、幼なじみが起こした拉致事件をきっかけに、憧れの美少女・ニーナのボディガードをする男子高校生・外山厚志役だ。 ■「正統派」がデメリットにならない理由  ピンと伸びた背筋や、整った顔立ちは、『MIU404』のスーツ姿も『大江戸もののけ物語』の月代(さかやき)と和服姿も、『いとしのニーナ』の普通の高校生ファッションもサマになる。時代を問わず、誰が見ても間違いない正統派だ。ただし、昔から「美人は3日で飽きる」と言われるように、さらに「実力派」「個性派」が高く評価される今の時代においては、特に若いうちの容姿の良さはむしろ強い逆風を受けるデメリットだってある。  その点、岡田の演技の魅力は、ビジュアルよりもむしろ「反応のビビッドさ」にあると思う。  『MIU404』では頭でっかちで理屈っぽい、面倒臭いエリートに見える一方で、時折見せる屈折した表情が妙にひっかかる。かと思えば、第5話(7月24日放送)では同時多発のコンビニ強盗事件を追うなか、投稿につけられたタグの意味を解読。志摩(星野)に電話して「隠語みたいなもんったい! 水森は強盗を集める気がなかとですよ!!」「…やったばい」と方言丸出しでつぶやくシーンが描かれた。理論武装で固められた九重の感情がむき出しになるシーンは生々しさがあった。  また、『大江戸もののけ物語』では、本郷奏多、森川葵など、若手の演技巧者たちに囲まれつつ、根っからののんきさや明るさ、鈍感さゆえの強さと、妖怪たちとの交流の中で変わっていく距離感を表情豊かに見せている。『いとしのニーナ』の場合は、平和な家庭で育った素直さと単純さ、保身に走る小心者感、青臭さを併せ持つ「等身大の男子」がしっくりきている。 ■テクニックでない、ビビッドな反応の面白さ  正直、現時点では繊細な芝居を見せるタイプではない。しかし、岡田の強みは、決して器用ではないところにあると思う。  器用ではないからこそ、与えられた役について、ひたすら考える。『いとしのニーナ』のインタビューでは「厚志だったら、普通に朝ご飯を食べているときも『ニーナがこれを食べたらどんな顔するだろう』と考えるだろうし、空を見上げても、『この空はニーナにはどんなふうに見えるだろう』などと考えるんじゃないかと」と岡田本人が語っていたが、自分自身の日常に置き換え、あらゆる場面でその役として生きようとする真摯(しんし)さがある。  また、『もののけ』で共演している本郷は、岡田について「カメラが回っていないときも一人でイメージトレーニングやセリフ回しの練習をして。少しでも良いものを提供しようという姿勢が見える素敵な役者さん」とインタビューで語っていたが、こうした全力投球ぶりも若々しくて良い。とはいえ、一人の作業で突き詰めていく「役作り」は、ときに一人よがりになったり、作品の中で浮いてしまったりする危険性も伴う。その点、岡田の場合は、相手とのやり取りの中で見せる表情・反応が、何よりビビッドで面白いのだ。  おそらく必死で役について考えた上で、相手とのコミュニケーションでわいてくる感情を大切にし、それを自然に放出する。真面目さと、人懐こさ、「受信力」の高さが生むものなのか、テクニックで見せる芝居と違い、その反応は視聴者の予想をちょっとハズしてくる場合も多い。そのハズし方は、視聴者に驚きと新鮮さを与え、「え? この場面で笑う? 一馬ってアホなヤツだなあ」と思わず笑ってしまったり、「この場面で平然とした顔しているなんて、意外と篤志って強いのかも」と思えたりする。岡田の意外な表情・反応から、演じるの人物の意外な一面に気づかされることもあるのだ。@@separator■主人公的要素が備わっている強み  何度か本人に取材させていただいたなかで特に印象に残っているのは、現場で彼を取り巻く視線が皆、一様に温かいことだ。「元・高校球児」ならではの体育会の誠実さと、おそらく常に人の視線を浴びてきたであろう経験からくる他者との距離の近さ、親しみやすさのためか。インタビュー・撮影・囲み取材などでは、その場のスタッフが皆、彼の一挙手一投足を笑顔で見守る。しかも、女性たちが熱狂してしまうというよりも、男性記者や男性カメラマンなども女性と変わらず同じ温度で眺め、なんとなく目を細めているのだ。  これは情報バラエティ番組などでMCやゲストコメンテーターなどが皆、政治や事件の話を硬直した怖い顔でしていた直後であっても、大谷翔平選手の話題になると、瞬時に頬を緩める光景にちょっと似ている。真っすぐさや青さ、真面目さ、素直さの一方で、ちょっとヌケた面や人懐こさがある、いわゆる「オールラウンダー型」の主人公に必要な要素が備わっているタイプだ。まだ粗削りだからこそ、どんどん新たな武器を身に着けていく成長ぶりも楽しみな役者だ。(文:田幸和歌子) <岡田健史> 1999年福岡県生まれ。2018年10月期ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、有村架純演じる教師と恋に落ちる中学生役で衝撃的デビューを果たす。今年3月公開の『弥生、三月-君を愛した30年-』で映画初出演。 後半は、公開延期になっている綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』(公開未定)をはじめ、雫井脩介のサスペンス小説を堤幸彦監督が映画化した『望み』(10月公開)、綾野剛と北川景子が刑事役でバディを組む『ドクター・デスの遺産‐BLACK FILE‐』(11月公開)、大泉洋主演、福田雄一監督作品『新解釈・三國志』(12月公開)と出演作の公開が続く。さらに、来年は渋沢栄一を主人公にした『青天を衝け』(NHK)で大河ドラマ初出演を果たす。

  • 映画『新解釈・三國志』(左から)趙雲&貂蝉を演じる岩田剛典&渡辺直美

    『新解釈・三國志』“自称イケメン将軍”岩田剛典&“絶世の美女”渡辺直美が参戦

    映画

     俳優の大泉洋が主演を務め、『今日から俺は!!』『銀魂』シリーズの福田雄一監督がメガホンをとる映画『新解釈・三國志』に、EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典と、お笑い芸人の渡辺直美が出演することが発表された。併せて新解釈メイキング映像「チーム舞」が解禁された。@@cutter 本作は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』を、福田監督のオリジナル脚本で映画化。主人公の蜀の武将・劉備玄徳を大泉が演じ、蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明をムロツヨシが務める。ほか、橋本さとし、高橋努、山田孝之、城田優、佐藤二朗、賀来賢人、岡田健史、矢本悠馬、半海一晃、橋本環奈、山本美月といった多彩なキャストが集結する。  今回新たに、忠義の若武者・趙雲を岩田が、絶世の舞姫・貂蝉を渡辺が演じることが発表された。  劉備の人柄に惚れ込み臣下となった武将・趙雲。まだ乳飲み子であった劉備の息子を抱え、単騎で敵陣を突破するほどの闘志と誠実さを持ち合わせていた、という逸話が残る趙雲は本作ではどのように活躍するのか。福田監督作品に初出演となる岩田は、「僕が演じさせて頂いた新解釈な趙雲は『鼻につく自称イケメン将軍』ということで自分の中でも新しい世界だったのですが、変な汗をかきつつ色々なことをやっていたら、気付いたらオールアップしていました。公開を楽しみにしていてください!」と語っている。  さらに、三國志の中では絶世の美女で、歌舞に優れていたと知られている貂蝉を演じる渡辺は、「お話をいただいた時、何故か貂蝉と張飛を読み間違えて、台本の最初の数ページ、張飛のセリフ覚えてました。『うわ、屈強な男役どうしよう…』と震えてたら違いました(笑)」と明かし、「二人の男が絶世の美女を奪い合うんですが、まさかのその絶世の美女役でした(笑)」とコメント。「貂蝉のあるシーンで福田監督が、『ここのシーンはフリーでやっちゃっていいよ!』と言ってくださったんですが、中々カットが掛からず、テンパって後半意味不明な言動をした事を覚えています。それを福田監督が笑いながらOKをした時に、何故か興奮しました(笑)」と話している。  併せて解禁された新しいメイキング映像では、岩田と渡辺の舞いに、思わず笑いが我慢できない大泉らの姿も写っている。  映画『新解釈・三國志』は12月11日より全国公開。

  • 映画『新解釈・三國志』メインカット

    大泉洋主演×福田雄一監督『新解釈・三國志』特報解禁

    映画

     俳優の大泉洋が主演を務め、『今日から俺は!!』『銀魂』シリーズの福田雄一監督がメガホンをとる映画『新解釈・三國志』より、特報が解禁された。@@cutter 西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』を、福田監督のオリジナル脚本で映画化する本作。これまで毎月、三國志の「3」に合わせて行われている新キャストの解禁では、4月に「チーム蜀」の孔明をムロツヨシ、関羽を橋本さとし、張飛を高橋努、5月に「チーム暴」の黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗が演じることを発表。  さらに6月には「チーム呉」の周瑜を賀来賢人、孫権を岡田健史、黄蓋を矢本悠馬、魯粛を半海一晃、7月には「チーム妻」の黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月が演じることが解禁された。  そしてこの度、満を持して特報映像が解禁。映像には、劉備を演じる大泉が大義を掲げ、勇ましく叫び軍勢に飛び込んで戦うアクションシーンや、豪華キャスト陣がそれぞれの使命を帯びた表情を浮かべる様子が映し出される。さらに孔明を演じるムロの、「平和の世を取り戻しましょうぞ」という力強いセリフも披露される。  ところが、ムロが絶妙な間合いでゆるく仕切り直すと、「どう見ても負けるでしょうよ」とぼやく大泉。壮大なスケールから一気にコメディーへと変わり、本編中での大泉とムロの掛け合いにも期待が高まる映像に仕上がった。  映画『新解釈・三國志』は12月11日より全国公開。

  • 映画『新解釈・三國志』(左から)黄夫人&小喬を演じる橋本環奈&山本美月

    『新解釈・三國志』橋本環奈&山本美月が参戦 美しすぎる最強の妻・黄夫人&小喬に

    映画

     俳優の大泉洋が主演を務め、『今日から俺は!!』『銀魂』シリーズの福田雄一監督がメガホンをとる映画『新解釈・三國志』に、女優の橋本環奈、山本美月が出演することが発表された。併せて新解釈メイキング映像「チーム妻」が解禁された。@@cutter 本作は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』を、福田監督のオリジナル脚本で映画化。主人公の蜀の武将・劉備玄徳を大泉が演じ、蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明をムロツヨシが務める。ほか、橋本さとし、高橋努、山田孝之、城田優、佐藤二朗、賀来賢人、岡田健史といった多彩なキャストが集結する。  今回新たに、中国四千年の鬼嫁・黄夫人を橋本が、無垢なる美女・小喬を山本が演じることが発表された。  内助の功で稀代の天才軍師・諸葛亮(ムロ)を支えた妻・黄夫人は、史書にその名が残っておらず、その存在についてはさまざまな逸話が語られている。演じる橋本は、「福田監督から三國志やるんだよね〜とお話を伺い私も声を掛けて頂いて、ついに福田組で真面目な顔してカメラ前に写るんだと思っていました。だからと言ってはなんですが、前日めちゃくちゃ緊張してたのを覚えています。笑」と告白。  だが「現場に着くやいなや、福田組でのキャストの皆様の思いっきりコメディのお芝居を見て、なるほど、やっぱりこういう事ですね! と安心しました。笑い上戸の私としてはムロさんと同じシーンが多く、笑ってしまわないか心配で、、、」と話し、ムロと爆笑必至の掛け合いを披露することを予感させている。  三國志の中では姉の大喬とともに、「二喬」と称された美女で、周瑜(賀来)の妻・小喬を演じる山本は、「久しぶりの福田組! 嬉しい! 気付いたら結構お世話になっております。今回は、ちょこっと参加させてもらってます。相変わらずのアットホーム感。大好きです」と喜び、「周瑜様に助けられつつ、楽しくきゃぴきゃぴ演じました。ただ、本編より本編じゃない方のセリフが信じられないくらいの分量一人語りで泣きたくなりました!! 泣かなかったけど! 皆様是非、どちらも、観てください」と語っている。  映画『新解釈・三國志』は12月11日より全国公開。

  • 映画『新解釈・三國志』(左から)周瑜&孫権を演じる賀来賢人&岡田健史

    『新解釈・三國志』“チーム呉”に賀来賢人&岡田健史&矢本悠馬&半海一晃

    映画

     俳優の大泉洋が主演を務め、『今日から俺は!!』『銀魂』シリーズの福田雄一監督がメガホンをとる映画『新解釈・三國志』に、俳優の賀来賢人、岡田健史、矢本悠馬、半海一晃が出演することが発表された。併せて新解釈メイキング映像「チーム呉」が解禁された。@@cutter 本作は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』を、福田監督のオリジナル脚本で映画化。主人公の蜀の武将・劉備玄徳を大泉が演じ、蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明をムロツヨシが務める。  今回新たに、天下の最高司令官・周瑜を賀来が、江東の覇者・孫権を岡田が、最前線の宿将・黄蓋を矢本が、好漢の都督・魯粛を半海が演じることが発表された。    周瑜は、知略に優れた武将で数々の戦いを指揮し勝利を収め、孫権を支え続けた人物。賀来は「福田監督から、とても良い役を頂きました。あまりふざけないで、かなり真摯に役と向き合い、洗練された演技、存在感を見せることが出来たんじゃないかと思っています。正直、この作品で仕事が増えそうな気もしています。欲を言うと、増えて欲しいです。更に欲を言うと、CMにも繋がって欲しいです」とコメント。  呉を建国した初代皇帝の孫権を演じる岡田は「初めての福田組は楽し過ぎました。まさに伝説! と称される福田組に参加できたことは、心の底から自慢したいです! 福田組の皆様、至極ふざけています。本当にふざけている福田組に洗礼を受けました」と振り返る。  呉に仕える老将・黄蓋を担当する矢本は、「童顔とよく言われる私におじいちゃんを演らすあたり、すでに今までの三國志の概念を覆す福田監督」と語り、「私が福田監督に『特におじいちゃんに寄せた芝居ってしなくていいんですよね?』と質問したところ福田監督は『全然しなくていい。いつもの矢本で。』と答えてくださりました」と明かしている。  「赤壁の戦い」で周瑜の補佐を務めた呉の軍師・魯粛を演じる半海は「そこそこ順調に撮影を重ねてさぁ今日はいよいよ最終日だぁ、よし頑張ろう! とそこへ呉の国の王様役という超イケメン登場だっ。『えっ!賀来クン王様じゃないの?』『なに言ってンすか。僕将軍ッすよ。』『えーっオレずっと賀来クン王様だと思ってたよ…。』後悔先に立たず今日は撮影最終日さ。とまぁそんな映画です(どんなだ)」とコメントを寄せた。  映画『新解釈・三國志』は12月11日より全国公開。

  • 映画『新解釈・三國志』黄巾&呂布&董卓を演じる山田孝之&城田優&佐藤二朗

    『新解釈・三國志』山田孝之&城田優&佐藤二朗が参戦

    映画

     俳優の大泉洋が主演を務め、『今日から俺は!!』『銀魂』シリーズの福田雄一監督がメガホンをとる映画『新解釈・三國志』に、俳優の山田孝之、城田優、佐藤二朗が出演することが発表された。併せて新解釈メイキング映像「チーム暴」が解禁された。@@cutter 本作は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』を、福田監督のオリジナル脚本で映画化。主人公の蜀の武将・劉備玄徳を大泉が演じ、蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明をムロツヨシ、仁義に生きる豪傑・関羽を橋本さとし、超怪力の猛将・張飛を高橋努が務める。  今回新たに、黄天の逆賊・黄巾を山田が、三國志最強の鬼神・呂布を城田が、酒池肉林の暴君・董卓を佐藤が演じることが発表された。  黄巾は『三國志』誕生のきっかけとなる「黄巾の乱」を起こしたとされる黄巾党の一人。山田は大泉との共演について「望み続けた大泉洋さんとの共演! 求め続けた大泉洋さんのキレのあるツッコミ! もう痺れました! 感無量です! ありがとう福田雄一!」と喜びを爆発させ、「たとえ少ない絡みだったとしても僕は多くを望みません! 夢が叶いました! もう思い残すことはありません!さようなら! バイバイみんな! 大泉洋バンザイ!」と結んだ。劇中で門番としてたたずむ黄巾(山田)と、ぼやき続ける劉備(大泉)の掛け合いに注目だ。  福田組常連の佐藤は、とてつもない残虐さと冷酷さで暴君として名高い董卓を演じる。佐藤は「今回、歴史超大作の『三國志』ということで、神聖な、厳粛な気持ちでのぞもうと思い、撮影前に滝に打たれ、禅を組み、3日間断食しようと思っていたのですが、監督が福田雄一ということを思い出し、全部やめました」とユーモラスにコメントし、撮影については「終わった瞬間、自分が何をやったか記憶がないんですね。なんなら撮影中も記憶がないんですね。大丈夫か俺」と振り返った。  武芸を極めた天下無双の将軍・呂布に扮する城田は、赤兎馬に乗り、関羽や張飛と一線を交えるアクションシーンを披露する。『三國志』には、董卓と呂布の最恐コンビが、2人の関係を壊すために仕向けられた“美女”によって仲違いするという逸話が。果たして福田流新解釈では、どのように描かれているのか。3年ほど前、「映画で佐藤二朗と絶世の美女を取り合ってほしい!」と直接オファーを受けたという城田は、福田組に参加した感想を「笑いを耐えるのが、福田組での最も難しいミッション。乗馬の訓練より、殺陣の稽古より、現場で表情筋をコントロールし、平常心を保ちながら芝居を続けることが1番大変でした」と明かしている。  映画『新解釈・三國志』は12月11日より全国公開。

  • 映画『新解釈・三國志』劉備を演じる大泉洋と、孔明&関羽&張飛を演じるムロツヨシ&橋本さとし&高橋努

    『新解釈・三國志』諸葛亮孔明・ムロツヨシが大泉洋を導く 関羽、張飛も参戦

    映画

     俳優の大泉洋が主演を務める映画『新解釈・三國志』に、俳優のムロツヨシが蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明役で出演することが発表された。併せて新解釈メイキング映像「チーム蜀」が解禁された。@@cutter 『三國志』は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物。魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備玄徳をはじめ、中華統一を目指す、一癖も二癖もある個性豊かな武将が登場し戦うことから、日本でも小説や漫画、そしてゲームなど多くのコンテンツが作られ、親しまれてきた。この超有名歴史エンターテインメントを、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ、映画『銀魂』シリーズなどの福田雄一監督のメガホンで、同監督のオリジナル脚本により映画化。主人公である蜀の武将・劉備玄徳を、福田監督とは初タッグの大泉が演じる。  ムロが演じる諸葛亮孔明は、蜀のために采配を振るい、明敏な判断力と予見力で敵をほんろうし、戦場に神算を描く“カリスマ軍師”として歴史上名高い人物。それにもかかわらず、映画化発表時には、大泉に“めちゃくちゃ軽い諸葛亮”と言わしめた、まさに“新解釈”された新しい諸葛亮孔明を演じる。劉備が諸葛亮を仲間に加えるために3度も家を訪ねたと逸話のある、「三顧の礼」は福田流・新解釈ではどのように描かれているのか注目される。  ムロは「ムロくんの役は諸葛亮孔明です。と福田監督に言われました。本気ですか?と聞きました。本気、大丈夫、劉備役を大泉洋さんがやるから。と答えがきました。肩に力入れまくってガチガチの投球フォームで全力投球します。とお応えしました。うん、普通に投げて。と返ってきました。こんな時代にお届けしたい喜劇。みんなで映画館で笑おう」とコメントしている。  このほか、劉備と共に「桃園の誓い」で義兄弟となる誓いを結び、仁義に生きる豪傑・関羽役に橋本さとし、仁義に生きる超怪力の猛将・張飛役に高橋努が決まった。  さらに、三國志の3にちなんで、本作では毎月3日に、この群雄割拠の戦いに参(サン)戦するメンバーと撮影現場での特別映像が発表&公開されることが明らかにされた。  映画『新解釈・三國志』は12月11日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access