クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ 関連記事

  • 映画『 リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ 』メインカット

    『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』新公開日は9.25 壮絶な兄弟喧嘩を語る本編解禁

    映画

     イギリスの伝説的ロックバンド・オアシスのメンバーだったリアム・ギャラガーの、オアシス時代からソロミュージシャンとして復活するまでの姿にフォーカスしたドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』。このたび、新型コロナウイルスの影響により公開延期となっていた本作の新たな公開日が9月25日に決定し、本編映像が解禁された。@@cutter オアシスは1991年に結成され世界的な成功を収めたが、リアムとバンドメンバーである兄ノエル・ギャラガーとの確執が表面化し、2009年に解散した。同年リアムをフロントマンにしたバンド「ビーディ・アイ」を結成するも軌道に載らず解散。それから3年の時を経て、ソロでの音楽活動をスタートしたリアムは、再起を賭けたファーストアルバム『アズ・ユー・ワー』で全英1位を獲得。30万枚以上を売り上げプラチナディスクとなり、見事完全復活を遂げた。  本作はそんなリアムの成功、挫折、苦悩からの復活をありのままに映し出し、彼の素顔に迫る作品となっている。  今回解禁されたのは、オアシス解散のきっけとなったリアムとノエルの壮絶な兄弟喧嘩を関係者たちが語る本編映像。ギャラガー家の長男ポール・ギャラガーは「何かがおかしいのは分かってた。バスも別々。楽屋から何からすべて別々だ。アルバムの出来も良くなくてオアシスは下降線をたどってた。どのバンドでもあることさ。方向性で口論にもなる」と当時のバンドの雰囲気を述懐。続いてオアシスのギター、ボーンヘッドも「見てられなかったよ。2人のケンカは時に激しい取っ組み合いになった」と喧嘩の壮絶な様子を振り返る。  そして当事者のリアムも、「パリの列車で、ノエルは俺の後ろで電話してた。タブロイド紙にバンドの話をあれこれと、“リアムは秘密を垂れ流してる”とか何とか。それで、あとから文句言ったら奴は言い返して、人からもらった俺のギターをたたき割った。俺にとっては大事な代物だ。で、俺も奴のギターをブッ壊した」と互いのギターを破壊し合うという過去の破天荒なエピソードを明かす。  さらに映像には、満席の客を前に「バンド内の口論」という前代未聞の理由でライブが中止になった時の様子も収録。  「ロックンロールは?」「自分らしくあることだ」「ロックンロールは音楽なんだよ!音楽!」「うるせえ」。激しく対立し、儚くもすれ違っていくリアムとノエル。  当時の内幕の一端をのぞきながら、反発し合っていてもロックンロールに向き合う2人の姿に改めて魅了されてしまうような内容となっている。  映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』は9月25日より全国公開。

  • 映画『 リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ 』ビジュアル

    リアム・ギャラガーの成功と挫折、復活までを克明に映す ドキュメンタリー映画予告

    映画

     イギリスの伝説的ロックバンド・オアシスのメンバーだったリアム・ギャラガーの、オアシス時代からソロミュージシャンとして復活するまでの姿にフォーカスしたドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』より、予告編とビジュアルが解禁された。@@cutter オアシスは1991年に結成され世界的な成功を収めたが、リアムとバンドメンバーである兄ノエル・ギャラガーとの確執が表面化し、2009年に解散した。同年リアムをフロントマンにしたバンド「ビーディ・アイ」を結成するも軌道に載らず解散。それから3年の時を経て、ソロでの音楽活動をスタートしたリアムは、再起を賭けたファーストアルバム『アズ・ユー・ワー』で全英1位を獲得。30万枚以上を売り上げプラチナディスクとなり、見事完全復活を遂げた。  本作はそんなリアムの成功、挫折、苦悩からの復活をありのままに映し出し、彼の素顔に迫る作品となっている。  予告編は、オアシスのライブで熱狂する人々を映した映像からスタート。しかしその後、リアムは「兄弟で20年もやってきたのに。兄貴と大喧嘩して終わった」と語り、「何すりゃいい? もう終わりだ! 俺はいったい誰なんだ?」と解散当時の動揺が伝わる言葉を口走る。そして、親密な関係者からも「バンド解散に離婚訴訟。あいつはどん底だった」と当時のリアムの様子が語られる。  「ある日何もない俺に誰かがギターを渡してきたんだ」。やがてリアムは自分の「音楽」と向き合い最後の賭けに出る。どん底から這い上がり「ステージのど真ん中、そこが俺の場所だ」と断言するリアム。そのほか映像には、ギャラガー家の長男ポールと母ペギー、リアムの息子たちといった家族の姿、ネット動画で話題を呼び再起のきっかけとなったバーでの弾き語りシーン、マンチェスターテロのチャリティーライブ「ワンラブマンチェスター」でコールド・プレイのクリス・マーティンと共演する姿も映し出される。  さらに、オアシス解散後も執拗にSNSで攻撃する兄ノエルに対する、リアムの本当の気持ちが周囲の人々の口によって明かされるシーンも。イギリスのロックシーンのトップを走り続けたリアムの音楽への情熱が伝わるような、高揚感に溢れた予告となっている。  ビジュアルは、オアシス時代とは異なる表情で前を向くリアムを横から捉えたもの。その横には「彼は、最後のロックンロール・スター。」というキャッチコピーが添えられている。  映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』は7月3日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access