クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

星屑の町 関連記事

  • 映画『星屑の町』にカメオ出演する春風亭昇太

    “原作舞台の大ファン”春風亭昇太、直談判実り『星屑の町』にカメオ出演

    映画

     女優・のんがヒロインを務める映画『星屑の町』に、落語家の春風亭昇太が居酒屋の店長役で特別出演することが発表された。@@cutter のんが6年ぶりの実写映画出演を果たす本作は、25年にわたり愛される人気舞台『星屑の町』シリーズの映画化。地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描く。劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が結成した「星屑の会」によって1994年に第1作『星屑の町・山田修とハローナイツ物語』が上演されたのを皮切りに、全国各地で上演されてきた。その集大成となる映画版は、映画『の・ようなもの のようなもの』の杉山泰一監督がメガホンを取り、昭和歌謡の名曲たちに乗せた、大人のための音楽娯楽映画になっている。  鳴かず飛ばずの売れないコーラスグループ「山田修とハローナイツ」。これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城と地方を回りながら細々と活動を続けている。そんなある日、東北の田舎町でメンバーが出会ったのは、東京から出戻り、再び歌手になる日を夢見る田舎娘・愛。突然、ハローナイツに入りたいと直訴して大騒動に発展、すったもんだの末に、愛はハローナイツに加入することとなり、状況が一変。たちまち人気者となり、スポットライトを浴びることになる。思いがけず夢をかなえたかに見えたメンバーだったが─。  昇太は原作舞台の大ファンで、かねてから親交のあるラサール石井に自ら直談判し出演が決定。「愛&ハローナイツ」のメンバーが打ち上げをする居酒屋の店長役で登場し、『笑点』でおなじみのやりとりをラサールと繰り広げる。  舞台『星屑の町』シリーズは全作品見ているという昇太は「夢見るオジサン達の葛藤を描いたこの名作に、どんな形でもいいから関わりたいと思っていたら、ある日ラサール石井さんが『今、星屑の町を撮ってるんだよ』と言った。思わず『通行人でいいから出して下さい!』って言った数日後、撮影の連絡が入った…どうぞ無理に入れた感を味わって下さい。しかし、幸せって突然やってくるんだなぁ~」とのコメントを寄せている。  映画『星屑の町』は3月6日より全国公開。

  • 映画『星屑の町』完成披露上映会にて

    のん、6年ぶり実写映画に「幸せ」 ギター弾き語り挑戦は「食い下がりました」

    映画

     女優ののんが27日、都内で行われた映画『星屑の町』完成披露上映会に出席。6年ぶりの実写映画出演に「現場にいれて幸せでした」と喜びを口にした。@@cutter 同作は、1994年から25年にわたって愛され続けた舞台『星屑の町』シリーズを映画化した作品。メインメンバーはそのままで、ヒロインにはのんを迎えた。  イベントにはのんのほか、ラサール石井、小宮孝泰、渡辺哲、でんでん、有薗芳記、菅原大吉と杉山泰一監督が登壇した。  のんが実写映画に出演するのは6年ぶりとのこと。のんは「頑張んなきゃって気合い入ってました。すごく刺激的で、すごい方たちの中に入らなくちゃいけなかったので緊張しましたけど、現場にいれて幸せでした」と心境を打ち明けた。  また、現場の雰囲気については「めちゃめちゃ緊張しました。現場でみなさんがお話されているのを見たらすでに面白くて」と回顧。小宮は「『この人たちなんなんだよ』みたいな顔してね(笑)」と笑った。  劇中で登場した歌手・藤圭子の楽曲「新宿の女」については「本当に難しい曲で、藤圭子さんのものすごい歌が残っているので、どうしようって思ったんですけど、私なりにリスペクトを込めて歌えたらなと思って弾き語りという形になりました」とギターを弾きながらの歌唱になったことを回顧。「監督から弾かなくてもいいよって言われて。弾きますって食い下がりました」と当時の様子を振り返った。  一方、メインキャストとしてシリーズに出演し続けていたラサールは「舞台やってても映画化されるときに全部キャストが変わってしまうということが往々にしてあるんですけど、杉山監督が全員同じ人でやると決めていただいたのでありがたい」と杉山監督へ感謝。ヒロイン・のんについては「『のんちゃんが出るんだぜ』と言われたときには『ウッソでー』と思いました(笑)」と打ち明けた。  さらに渡辺はのんに対して「かわいいもんねぇ」とメロメロ。撮影で印象に残った出来事を聞かれた場面では「いやー、のんちゃんかわいいんだよね。説教するシーンがあったんですけど、かなり強烈に好きになっちゃいました。本当いいねぇ」としきりに褒めちぎり、のんに夢中の様子だった。  映画『星屑の町』は2月21日より岩手・青森・秋田・宮城にて先行公開。3月6日より全国ロードショー。

  • 映画『星屑の町』ポスタービジュアル

    のん、おじさん従え昭和歌謡を熱唱! 映画『星屑の町』予告&ポスター解禁

    映画

     女優・のんがヒロインを務める映画『星屑の町』より、のんがベテラン俳優陣のおじさんたちを従えて昭和歌謡を熱唱する予告編とポスタービジュアルが解禁された。@@cutter のんが6年ぶりの実写映画出演を果たす本作は、25年にわたり愛される人気舞台『星屑の町』シリーズの映画化。地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描く。劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が結成した「星屑の会」によって1994年に第1作『星屑の町・山田修とハローナイツ物語』が上演されたのを皮切りに、全国各地で上演されてきた。その集大成となる映画版は、映画『の・ようなもの のようなもの』の杉山泰一監督がメガホンを取り、昭和歌謡の名曲たちに乗せた、大人のための音楽娯楽映画になっている。  売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」。メンバーは大手レコード会社の社員だった山田修(小宮)をリーダーに、天野真吾(大平サブロー)、市村敏樹(ラサール)、込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)、西一夫(でんでん)。これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城(戸田恵子)らと地方を回りながら活動を続けている。  そんなある日、メンバーは東北の田舎町で、東京から出戻り、再び歌手になる日を夢見る田舎娘・愛(のん)に出会う。愛は突然、ハローナイツに入りたいと直訴して大騒動に発展。すったもんだの末に、愛がハローナイツに加入すると状況が一変したちまち人気者となる。思いがけず夢を叶えたかに見えたメンバーだったが…。  予告編は、愛が「わたし、ハローナイツに入って、歌手になるの」ときっぱり宣言するシーンからスタート。次いで、その言葉に応えるように、昭和のスター・島倉千代子のヒット曲「ほんきかしら」を歌う「山田修とハローナイツ」の面々、オーディションで歌手の藤圭子のデビューシングル「新宿の女」を披露する愛の姿が映し出される。  映像の後半では、本作の舞台版から歌い継がれてきた「山田修とハローナイツ」のオリジナル楽曲「MISS YOU」にのせて、ベテラン女性歌手・キティや愛を支える人々が登場し、動き始める人生が描かれる。そして最後は、垢ぬけなかった愛が、一転キュートな衣装を身にまとい、ハローナイツとともに昭和歌謡の大ヒット曲「恋の季節」を歌う場面が登場。昭和を彩った数々の名曲で人生を謳い上げ、劇中の展開に期待が高まる予告編となっている。  ポスタービジュアルは、美しい夜空を背景に歌う愛とハローナイツ、その仲間たちを配置したカラフルな仕上がり。横には「人生は、いつだって輝ける」というキャッチコピーが添えられており、その歌声が聞こえてきそうな心躍るビジュアルとなっている。  映画『星屑の町』は2020年3月6日より全国公開。2月21日より岩手・青森・秋田・宮城先行公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access