クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

TENET テネット 関連記事

  • 映画『TENET テネット』ポスタービジュアル

    『TENET テネット』制作の舞台裏を完全網羅! メイキング本、日本公開日の9.18に発売

    映画

     9月18日より公開される、クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』の制作の舞台裏を完全網羅した公式完全読本「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」が、映画公開日と同日に発売されることが決定した。併せて、156ページ(フルカラー)にも及ぶ同書の中身の一部が急遽公開された。@@cutter 本作は、映画『ダークナイト』シリーズや『インセプション』『ダンケルク』などで斬新な映像表現を生み出してきたノーラン監督が、2014年公開の映画『インターステラー』以来のオリジナル脚本で描くタイムサスペンス。ノーラン作品史上最高額となる約2億ドル(日本円で約211億円)以上の製作費を投じ、世界7ヵ国でIMAXカメラで撮影された究極の映像からなる、ノーラン作品の集大成と呼ぶに相応しい作品となっている。  IMAX社CEOのリチャード・ゲルフォンドは、本作について「映画に入り込む体験がこんなに素晴らしいものだということを忘れていました。『TENET テネット』は本当に美しく、素晴らしい映画だと、ポストプロダクションに参加した多くのスタッフから聞いています」とその出来を絶賛するコメントを寄せている。  リアリティの追及への並々ならぬ情熱から、VFXの使用を最低限にとどめ、実写での撮影にこだわり続けるノーラン監督。本作では、未来へ進む者と時間を逆行する者が交錯するアクションをはじめ、常識を吹き飛ばすような空前の映像が展開していく。  『メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場』は、そんな未知の映像がいかにして生み出されたのかを知ることができるメイキングブック。ノーラン監督、撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマ、美術監督のネイサン・クローリーによる詳細な解説と、膨大なメイキング写真によって解き明かされる。  本書にはそのほか、人物設定に基づいた緻密な衣裳デザインや、世界中のロケ地についての解説、動きを図解した設計図など、鑑賞後に残った謎を解決する手がかりになりそうな情報が満載。ノーラン監督がどんな独創的なヴィジョンを抱いて『TENET テネット』に取り組んでいたのか、鬼才の頭の中をのぞき見することができるようなファン必携の1冊となっている。  映画『TENET テネット』は9月18日公開。公式完全読本『メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場』は玄光社より9月18日発売。価格は6000円(税別)。

  • 映画『TENET テネット』場面写真

    最新作『TENET テネット』への期待高まる! 好きなクリストファー・ノーラン作品【アンケート結果】

    映画

     9月18日に最新作『TENET テネット』の公開が控えるクリストファー・ノーラン監督。2020年は、長編監督デビュー作『メメント』公開から20年、そして『インセプション』公開から10年となる記念イヤー。クランクイン!では先月30日のノーラン監督の誕生日を記念して、好きな作品アンケートを実施した。(「クランクイン!」公式ツイッター調べ。7月30日~31日実施。ノーラン監督の4作品にアンケート投票。投票総数1502票。)@@cutter@@insert6◆第1位『ダークナイト』(2008)得票率37%@@insert7 @@insert1  堂々の1位は、バットマンの宿敵<悪のカリスマ>ジョーカーを演じたヒース・レジャーの映画史に残る名演、登場キャラクターのダークな心理描写まで描きこまれたプロットなど、従来のアメコミヒーローものの枠組みを超えた作品であり、ゼロ年代映画の金字塔となった『ダークナイト』。2位に約9%の差で圧倒的人気を見せた。  ノーランは、今や大作ではおなじみとなったIMAX(R)カメラを初めて長編大作映画で使用。当時世界でたった4台しかなかったカメラの貴重な1台で撮影されたジョーカーとSWATの追跡シーンでは、リアリティを追求するあまりIMAX(R)カメラを破壊した逸話はファンの中でも有名だ。 @@insert6◆第2位『インセプション』(2010)得票率28.2%@@insert7 @@insert2  『ダークナイト』でさらなる成功を収めたノーランが、レオナルド・ディカプリオや渡辺謙といった国際色豊かなキャストを揃えて挑んだのは、<夢>の中の世界を驚愕の手法で映像化すること。人が夢を見ている間に潜在意識の奥深くに入り込み、アイデアを相手の心に“植え付ける”ミッション「インセプション」に挑む物語の舞台は、パリの道が突然折り曲がり、ロサンゼルスの市街の真ん中を列車が走り抜けるどんなことでも起こりうる夢の世界だ。  観客の度肝を抜く映像表現の数々に圧倒されるが、雪山、水中、無重力など様々なシチュエーションでも、できる限りリアルな撮影を試みている。なかでも実際に回転するセットを組んで撮影されたジョセフ・ゴードン=レビット演じるアーサーが、物理法則が崩れたホテルの廊下で繰り広げる敵との無重力の戦いは本作きっての名シーンだ。 @@insert6◆第3位『インターステラー』(2014)得票率21.4%@@insert7 @@insert3  第3位は、世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を舞台に、家族や人類の未来を守るため、未知の宇宙へと旅立っていく元エンジニアの男の姿を描いた『インターステラー』。製作総指揮に世界有数の物理学者キップ・ソーンが名を連ね、最新科学の情報が詰め込まれている。  なかでも視覚効果チームとキップ・ソーンの連携により、科学的考証に基づいてワームホールが描かれたことは物理学的にも画期的な視覚シミュレーションとなった。宇宙という壮大な舞台で描かれる本作だが、描かれているのは「必ず家に帰る」と約束した父親のクーパー(マシュー・マコノヒー)とその子どもたちの感動的なドラマである。 @@insert6◆第4位『ダンケルク』(2017)得票率13.4%@@insert7 @@insert4  ノーランが初の実話の映画化に挑戦した『ダンケルク』で描かれるのは、相手を打ち負かす「戦い」ではなく、生き残りをかけた「撤退」。1940年、第二次世界大戦の真っ只中、ドーバー海峡に面したフランスの港町ダンケルクでヒトラー率いるドイツ軍により、追い詰められていたイギリスとフランスの連合軍兵士40万人を救うべくあらゆる手段を動員した“史上最大の作戦”を描いた本作。  陸海空それぞれ異なる時間軸の出来事が、ひとつの物語として同時進行し、3視点が目くるめくスピードで切り替わるIMAX(R)カメラで撮影した臨場感ある映像は、まるでその場にいるような没入感を演出し、一瞬先が読めない緊張状態が続く究極の映画体験を描いた。  7月31日より、IMAX(R)/4D/Dolby Cinemaバージョンでリバイバル上映され、週末全国映画動員ランキングで10位にランクインした。 @@insert6◆最新作『TENET テネット』(2020)9月18日公開@@insert7 @@insert5  「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」――主人公(ジョン・デイビット・ワシントン)に課せられたミッションは、人類がずっと信じ続けてきた現在から未来に進む<時間のルール>から脱出すること。ミッションのキーワードは<TENET(テネット)>。突然、国家を揺るがす巨大な任務に巻き込まれた名もなき男とその相棒(ロバート・パティンソン)は、時間に隠された衝撃の秘密を解き明かし、未来で起こる第三次世界大戦を止めることが出来るのか?  世界7ヵ国を舞台にIMAX(R)カメラで撮影、時間が逆行するゲーム性をリアルに描き、驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作は、まさにこれまで数々の名作を生み出してきたノーランの集大成にして最高傑作になると高い期待を寄せられている。常に観客の常識を一瞬で吹き飛ばし、未知なる劇場体験を与えてきたクリストファー・ノーラン監督、次は一体何を見せてくれるのか。  IMAX(R)カメラを用いた劇場体験へのこだわり、徹底したリアリティの追求、そして観客を引き込むドラマチックな脚本。常に観客に最高のエンターテインメントを届けるべく、限界を破り続ける姿勢は世界中から称賛され、多くの映画ファンを魅了してやまない。そんなノーラン監督が新たに生む、これまでを超える未知なる劇場体験に期待したい。

  • 映画『インセプション』がIMAX(R)&4Dで公開決定! 最新作『TENET テネット』 プロローグの上映も

    『インセプション』IMAX&日本初4D公開決定 ノーラン最新作『TENET テネット』プロローグ上映も

    映画

     クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』公開を記念したノーラン祭り第3弾として、同監督作『インセプション』のIMAX&日本初の4D版が8月14日から緊急公開されることが決まった。IMAX版の本編前には、約6分間の『TENET テネット』プロローグ映像が上映される。@@cutter レオナルド・ディカプリオ主演の『インセプション』は、パリの道が突然折り曲がり、ロサンゼルスの市街の真ん中を列車が走り抜け、物理の法則が崩れた無重力の戦いと、どんなことでも起こり得る夢の世界を圧倒的なリアリティーで描き、第83回アカデミー賞で作品賞をはじめ8部門ノミネート、撮影賞、視覚効果賞、音響編集賞、録音賞の4部門を受賞した。  人が夢を見ている間に潜在意識の奥深くに入り込み、貴重な情報を盗む技術にかけては世界最高の腕を誇るドム・コブ(ディカプリオ)。その特異な才能が重宝される一方、国際指名手配されているコブに、失った人生を取り戻す最大のチャンスが訪れる。それはアイデアを相手の心に“植え付ける”という、不可能とされるミッション「インセプション」だった。  衝撃的なラストは、公開から10年がたった今なお語り継がれ、多くのファンから根強い人気を誇るノーランの代表作の一つ。今回、公開10周年を記念してIMAXデジタルリマスター版を制作。さらに、4D上映は今回が日本初となる。  『TENET テネット』は世界7ヵ国を舞台にIMAXカメラで撮影、時間が逆行するというゲーム性をこれまで見たこともない表現方法で描くタイムサスペンス作品。『インセプション』IMAX版の本編前に上映される『TENET テネット』プロローグ映像では、名もなき主人公が挑むあるミッションが描かれる。衝撃的な〈時間の逆行シーン〉をはじめ、緊張感あふれた全編クライマックス級の息をのむスリリングな映像が連続する。  映画『インセプション』IMAX&4D版は全国のIMAX/4D劇場にて8月14日より公開。映画『TENET テネット』は9月18日より全国公開。

  • 映画『ダンケルク』がIMAX(R)&4D&Dolby Cinemaで公開決定! 最新作『TENET テネット』 プロローグの上映も

    ノーラン祭り第2弾 『ダンケルク』がIMAX&4D&Dolby Cinemaで公開決定

    映画

     クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』公開を記念したノーラン祭り第2弾として、史上最大の救出作戦を描いた映画『ダンケルク』(2017)が、7月31日より、IMAX&4Dのほか、日本では初となるDolby Cinema(ドルビーシネマ)でも緊急公開される。@@cutter 2020年は、ノーラン監督の長編監督デビュー作『メメント』公開から20周年となる記念イヤー。今回『TENET テネット』公開を記念したノーラン祭り第1弾『ダークナイト』が7月10日から公開されたのに続き、第2弾として『ダンケルク』の公開が急きょ決定した。  ノーラン監督が初の実話の映画化に挑戦した本作。公開当時、世界63ヵ国で初登場No.1を記録。第90回アカデミー賞では作品賞ほか8部門ノミネート、編集、音響編集、録音の3部門受賞するなど、確固たる評価を獲得した。  舞台は1940年、第2次世界大戦の真っただ中、ドーバー海峡に面したフランスの港町ダンケルク。ヒトラー率いるドイツ軍により、イギリスとフランスの連合軍兵士40万人がこの港町に追い詰められていた。背後は海、陸と空から敵が迫る絶体絶命の状況。一方イギリスでは40万人を救おうと、軍船のみならず、漁船やヨットを含む民間船まで、あらゆる手段を動員した“史上最大の作戦”が動き出す。陸海空それぞれ異なる時間軸の出来事が、一つの物語として同時で進行し、3視点が目くるめくスピードで切り替わる。  IMAX(R)カメラで撮影した臨場感ある映像は、その場にいるような没入感を演出。360度神経を研ぎ澄まさないと生き残れない、一瞬先が読めない緊張状態が続く究極の映画体験を描く。  『ダンケルク』IMAX版の本編前には、ノーラン監督最新作『TENET テネット』の約6分間のプロローグ映像が、『ダークナイト』に引き続き上映される。プロローグで描かれるのは、主人公が潜入するあるミッション。衝撃的な<時間の逆行>シーンをはじめ、一瞬たりとも見逃せない緊張感あふれるスリリングな展開を、一足先にビッグスクリーンで体感できる。  映画『ダンケルク』は、7月31日よりIMAX(R)/4D/Dolby Cinemaにて公開。

  • 映画『TENET テネット』ビジュアル

    ノーラン『TENET テネット』、“時間の逆行”に迫るビジュアル&最新映像公開

    映画

     クリストファー・ノーラン監督の大ヒット作『ダークナイト』のIMAX(R)&4D版が本日より公開されるのに合わせ、最新作『TENET テネット』より、本作の最大の謎の一つ<時間の逆行>に迫るビジュアルと最新映像が解禁された。@@cutter 『ダークナイト』のIMAX版の本編前には、約6分間の『TENET テネット』プロローグが上映される。このプロローグで描かれるのは、主人公が潜入するあるミッション。衝撃的な<時間の逆行>シーンをはじめ、一瞬たりとも見逃せない緊張感あふれるスリリングな展開を、一足先にビッグスクリーンで体感できる。  『TENET テネット』の最大の謎の一つと言えるのは<時間の逆行>だ。横転クラッシュから元に戻るカーアクションや、撃った弾が銃に戻っていく…未来へ向かって進む者と、逆行する者が、同じ時間軸で交錯する、この特殊なアクションシーンは、映像合成特有の違和感が見受けられないことから、プロも驚くような撮影方法が取り入れられていると予想されている。  また『インターステラー』ではノーベル物理学賞受賞のキップ・ソーンが監修をしていたが、先日公開された本作の予告68秒あたりに登場するホワイトボードに“ある数式”が描かれており、「リアルにこだわるノーラン監督なら、<時間の逆行>に関係するのでは?」と早くもネット上で考察合戦が白熱している。  今回解禁されたビジュアル2点と2種類の15秒映像は、その謎のヒントにつながるもの。ビジュアルは主人公を演じるジョン・デイビッド・ワシントン2人が対称にレイアウトされ、主人公の反対側にはマスクを装着したもう1人が配置。このマスクが本作のキーアイテムとなるのではと思われるが、果たして…。  映画『TENET テネット』は9月18日より全国公開。

  • 映画『TENET テネット』場面写真

    ノーラン新作『TENET テネット』最新30秒スポット&場面写真解禁

    映画

     クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』より、今夜放送の金曜ロードSHOW!(日本テレビ系/毎週金曜21時)で放送される最新の30秒スポットが先行解禁。併せて3枚の場面写真が公開された。@@cutter 本作は、映画『ダークナイト』シリーズや『インセプション』『ダンケルク』などで斬新な映像表現を生み出してきたノーラン監督が、2014年公開の映画『インターステラー』以来のオリジナル脚本で描くタイムサスペンス。世界7ヵ国でIMAXカメラで撮影された究極の映像からなる、ノーラン作品の集大成と呼ぶに相応しい作品となっている。  解禁された30秒スポットは、今夜放送の『金曜ロードSHOW!』で地上波初放送される映画『レディ・プレイヤー1』に合わせてオンエアーされる予定の映像。車の横転クラッシュから元に戻るカーアクションに加え、破壊されたジャンボジェット機のパーツが戻っていくなど、さまざまなシーンで“世界が逆行”する怒とうの映像表現を見ることができる。  多くのことがベールに包まれたままの本作だが、謎の一端に触れる場面写真では、主人公を演じるジョン・デイビッド・ワシントンが装着するマスク、相棒とされるロバート・パティンソンと意味深な会話をする場面、そして、巨大な建物が爆破され残骸が飛び散る場面が切り取られている。  なお、タイトルになっている<TENET(テネット)>とは、信条、主義、原則を意味する単語。実は「SATOR式」と呼ばれる1世紀中頃に確認されているラテン語の回文と関係があるのでは? とネット上で騒がれており、前から読んでも、後ろから読んでも「SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS(農夫のアレポ氏は馬鋤きを曳いて仕事をする)」と読まれるこの回文は、正方形の方陣にセットすると四方から同様に読むことができ、中央の「TENET」だけは上下左右のどこから読んでも「TENET」と読めるようになっているのだ。本作最大の謎であり鍵とも言えるこの言葉の意味が明かされる時、新たな衝撃を与えてくれることだろう。  映画『TENET テネット』は9月18日より全国公開。

  • 映画『ダークナイト』IMAX(R)&4Dで公開決定! 最新作『TENET テネット』 プロローグの上映も

    『ダークナイト』IMAX&4Dで公開決定 ノーラン最新作『TENET テネット』プロローグ上映も

    映画

     クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』の公開を記念し、同監督の映画『ダークナイト』のIMAX(R)&4D版が7月10日から全国のIMAX(R)/4D劇場にて公開されることが決まった。4D上映は今回が初めて。IMAX版の本編前には、約6分間の『TENET テネット』プロローグが再上映される予定だ。@@cutter 『ダークナイト』は、2008年公開当時米興行収入歴代2位を記録。世界で10億ドルを稼ぐ大ヒットを遂げただけでなく、米批評家サイトRotten Tomatoesでは驚異の94%フレッシュを達成。第81回アカデミー賞において8部門(助演男優賞、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞)にノミネートされ、2部門(助演男優賞、音響編集賞)を受賞した。  観客を魅了したのは、<悪のカリスマ>ジョーカーを演じたヒース・レジャーの存在。2019年の映画界を席巻したホアキン・フェニックス演じる『ジョーカー』は記憶に新しいが、ヒース演じるジョーカーの行動は残虐にして予測不可能。世界のつまらなさや平凡さを自らの犯罪でぶち壊し、ただ世界が燃えるのを見て楽しんでいるばかりの彼にとっては、この世界自体、巨大なジョークにすぎない。シリーズ最凶・最悪の敵に、闇の騎士ダークナイトはどう立ち向かうのかも見どころだ。  約26分間のIMAX(R)カメラ撮影パートは、全編で6シークエンス。冒頭から迫力のスケールとバイオレンスで展開されるジョーカーの銀行襲撃シーンを含む4シークエンスがジョーカーの描写に割かれている。公開当時、IMAX(R)カメラは世界に4台のみ。その貴重な1台で撮影されたジョーカーとSWATの追跡シーンで、リアリティーを追求するあまりIMAX(R)カメラを破壊した逸話はファンの中でも有名だ。  今回は従来のIMAX(R)デジタル上映に加え、レーザー対応劇場では高解像度映像で上映。さらにIMAX(R)レーザー/GTテクノロジー対応劇場では、IMAX(R)カメラ撮影パートが最大1.43:1の画角にまで拡張される。  一方、『ダークナイト』IMAX(R)版の本編前には、70ミリのIMAX(R)カメラも用いられ、世界7か国で撮影されたノーラン監督最新作『TENET テネット』約6分間のプロローグが上映される。いまだ謎のベールに包まれたままの本作が描くのは、未来で起きた第三次世界大戦を防ぐために、突然ミッションを与えられた一人の名もなき男の物語。ノーランが仕掛ける未知なる映像体験に期待が高まる。  映画『ダークナイト』IMAX&4D版が全国のIMAX/4D劇場にて7月10日より公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access