クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ペイン・アンド・グローリー 関連記事

  • 映画『ペイン・アンド・グローリー』場面写真

    アントニオ・バンデラスがキャリア最高の演技を見せる『ペイン・アンド・グローリー』予告

    映画

     俳優のアントニオ・バンデラスが第72回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を初受賞した、スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督最新作『ペイン・アンド・グローリー』より、予告編が公開された。@@cutter 第92回アカデミー賞で主演男優賞と国際長編映画賞にノミネートされた本作は、アルモドバル監督自身のキャリアにおける葛藤も含め、自伝的な要素も描かれた人生賛歌。主演のアントニオ・バンデラスが映画監督役を演じ、“キャリア最高の演技”と称された繊細な演技で新境地を開拓。第72回カンヌ国際映画祭での主演男優賞初受賞を筆頭に、ゴールデン・グローブほか数々の映画賞や映画祭で高評価を受けた。さらにアルモドバルのミューズ、ペネロペ・クルスも、スペインの日差しの下で献身的に息子を育て、家族を明るく支える母親役で出演している。  脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドール(アントニオ)は、心身ともに疲れ、引退同然の生活を余儀なくされていた。そんななか、昔の自分をよく回想するようになる。子供時代と母親、その頃移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局…。その痛みは今も消えることなく残っていた。そんなある日、封印していた32年前に撮った作品の上映依頼が届く。思わぬ再会が、心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。そして記憶のたどり着いた先には…。  予告編は、「執筆も撮影もせず何を?」と聞かれ、「ただ生きてる」と伏し目がちに答えるサルバドール(アントニオ)の姿からスタート。痛みに苛まれ、心も体も疲れ果てたサルバドールは幼い頃の記憶を辿っていく。太陽光の降りそそぐ白い岩肌の洞窟の家での生活、貧しくてもたくましく生きる美しい母(ペネロペ)。現実と回想を行き来しながら、過去の“痛み”との再会を経て、もう一度生きる力を呼び覚まそうとする姿が映し出される。最後は、笑顔を見せるサルバドールに「人生を輝かせたい、すべての人へ」というキーフレーズが重なって締めくくられる。  予告にも流れる、イタリアの人気女性シンガーのミーナがドラマティックに歌う「Come sinfonia」は、本編ではサルバドールが幼少時代に水彩画のスケッチをするシーンで流れる楽曲。アルモドバル監督は「ミーナの存在感は私を感動させてくれる芸術家であり、家族のような存在。そしてこの曲は1960年代の上品さ、何もすることのない楽しい夏の感覚を表現している」と語っている。  映画『ペイン・アンド・グローリー』は6月19日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access