クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

弱虫ペダル 関連記事

  • 映画『弱虫ペダル』オフショット(左から)坂東龍汰、伊藤健太郎、永瀬廉

    永瀬廉、伊藤健太郎らが和気あいあい 『弱虫ペダル』オフショット像公開

    映画

     King & Princeの永瀬廉が主演を務める映画『弱虫ペダル』より、共演の伊藤健太郎、坂東龍汰らとのオフショット写真&映像が初解禁された。過酷な撮影現場の合間に、まるで本物の部活のように和気あいあいと過ごすキャストたちの様子が捉えられている。@@cutter 本作は、2008年から「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載され、単行本は累計2500万部を超える渡辺航による同名の人気スポーツ青春漫画を初めて実写映画化。  全国レベルの強豪校・総北高校自転車競技部を舞台に、ロードレース初心者ながら思わぬ才能を発揮した主人公・小野田坂道(永瀬)、期待の新人エース今泉俊輔(伊藤)、同じく経験者で負けん気の強い鳴子章吉(坂東)の3人が、金城真護(竜星涼)、巻島裕介(栁俊太郎)、田所迅(菅原健)といった先輩たちとともにインターハイを目指し、過酷な練習やレースを乗り越えてチームの力を磨いていく姿を描く。  解禁されたオフショット映像では、永瀬、伊藤、坂東の3人が制服姿で休憩中にはしゃぐ姿が映し出されており、まるで現役高校生のように坂東のカメラに向かって無邪気な笑顔を見せる永瀬と伊藤。この日は珍しく自転車での走行シーンがなく、さらに1年生全員がそろっていたこともあり、かなりリラックスした雰囲気だ。  その後も、坂東はカメラの回っていないところでも元気にはしゃぎ回り、メイキングカメラを意識したり、自らスタッフのカメラを持って撮影したりと、そのはしゃぎぶりに周りからは「鳴子劇場」とまで言われていたほど。本作でクールな今泉を演じた伊藤からは、その様子にしばし愛のあるダメ出しやツッコミが入る場面も見られた。  そして、走行シーン撮影の合間には、永瀬の足元で暖を取る坂東が、一人離れたところにいる伊藤を見て「いじけちゃったよ」といじると、永瀬が坂東にすかさずつっこんだりと、1年生トリオの仲むつまじい様子を見せている。  また、坂東がカメラで撮影した竜星、栁、菅原の写真も解禁。早朝から日没までの限られた撮影時間の中で、夕焼けをバックに3年生たちを撮影するも、先輩たちからはやや不評のよう。だが、その撮影の様子は部活の合宿のように和気あいあいとしており、ハードな撮影で疲れ切っていながらも、充実感あふれるキャストたちの姿が収められている。  映画『弱虫ペダル』は8月14日より全国公開。

  • 映画『弱虫ペダル』坂道(永瀬廉)と今泉(伊藤健太郎)の裏門坂対決シーン

    『弱虫ペダル』永瀬廉vs伊藤健太郎、“すべての始まり”裏門坂対決シーン初解禁

    映画

     King & Princeの永瀬廉が主演を務める映画『弱虫ペダル』より、すべての始まりとなる、主人公・坂道(永瀬)と今泉(伊藤健太郎)の自転車レース初対決の場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、累計2500万部突破の渡辺航による同名スポーツ青春漫画の初の実写映画化。ロードレーサーの才能を見いだされ、自転車競技部に入部することになった主人公・小野田坂道役を永瀬が演じるほか、坂道の仲間で期待の新人エース・今泉俊輔役で伊藤、自転車競技部のマネジャー・寒咲幹役で橋本環奈が共演する。監督は、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』を手掛けた三木康一郎。  解禁された場面写真は、アニメ好きで自転車レース経験のない坂道と、自転車競技部・期待の新人エースで努力型の天才である今泉が出会い、共に裏門坂を自転車で走るシーン。ママチャリで激坂を上る坂道に対し、初心者相手でも絶対に妥協しない今泉と、お互いの性格が表れる注目のシーンとなっている。この裏門坂のレースによって、坂道は自転車で走る楽しさに気づき、物語が動き出していく。  本作を見るうえで欠かせないのが、永瀬演じる坂道と、伊藤演じる今泉、そして坂東龍汰演じる鳴子章吉の関係性。同じ総北高校自転車部の1年でありながら、全く異なるタイプの3人によって、熱い青春ストーリーが描かれている。  先日開催されたキックオフイベントでは、永瀬が伊藤、坂東の1年生チームで神社へ参拝したエピソードを披露。「恋みくじをひいたら、(永瀬は)『大吉』が出て」と切り出すと、坂東が「自分は『小吉』だった」と続け、伊藤が「2人の真ん中だったので『中吉』だな」と息ぴったりな掛け合いを見せ、永瀬が「その後にコンビニで傘を買ったり、焼き肉いったり…。あれは青春でした」と撮影中の思い出を笑顔で振り返るなど、撮影が終わった今でも仲の良さを見せている。  そんな3人の初対決が見られるのは、本作でも入部後の最初のレースとなる1年生ウェルカムレース。初心者の坂道と、新エースの今泉、そしてスピードには絶対的な自信を持つ鳴子、はたして誰が優勝するのか、そのレース展開にも注目だ。  映画『弱虫ペダル』は8月14日より全国公開。

  • 映画『弱虫ペダル』今泉俊輔役の伊藤健太郎

    伊藤健太郎、『弱虫ペダル』今泉俊輔役をストイックに演じ切る「原作を飛び越えた実写を作り上げたい」

    映画

     累計2500万部を超える渡辺航による同名人気スポーツ青春漫画を、King & Princeの永瀬廉を主演に迎えて実写映画化した『弱虫ペダル』。劇中で人気キャラクターの今泉俊輔役を演じた、ブレイク中の俳優・伊藤健太郎に注目してみよう。@@cutter 本作は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道が、あることをきっかけに自転車競技部に入部し、そこで出会ったかけがえのない仲間たちのために、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく姿を描く青春物語。  永瀬が主人公・小野田坂道役、伊藤が今泉俊輔を演じ、そのほか、橋本環奈、竜星涼、皆川猿時、HiHi Jetsの井上瑞稀、坂東龍汰、柳俊太郎らが共演する。監督は、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』などを手掛けた三木康一郎。  本作で、熱い闘志を秘めている人気キャラクター・今泉俊輔役をストイックに演じ切った伊藤。伊藤はドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ)でブレイクを果たし、今年だけでも『教場』(フジテレビ)、NHK連続テレビ小説『スカーレット』、『東京ラブストーリー』(FOD)、『ピーナッツバターサンドウィッチ』(MBSほか)と大活躍。今夏にかけては『弱虫ペダル』のほかに4本の新作映画の公開を控えるなどブレイク中の俳優だ。  そんな伊藤が今回演じた今泉は、自転車競技では不得意のない“オールラウンダー”として効率のいい走法を駆使し、自分の実力を最大限に引き出すことができるキャラクター。坂道の才能を誰よりも先に見抜き、彼をロードレースの世界に導く。容姿端麗で女子生徒からの人気も高く、一見クールなキャラクターに見えるが、胸の中では熱い闘志を秘めている負けず嫌いな性格だ。  本作のプロデューサーは「今泉は努力型の天才であり、複雑な感情を持ったキャラクター。伊藤健太郎さんの、柔らかい部分もありつつ、時折見せる鋭い目が、まさに今泉にピッタリ」と、伊藤を起用した理由を明かす。撮影現場でも伊藤は、まるで今泉のようにストイックな姿勢で挑む姿が多く目撃されている。  中でも本作の注目シーンのひとつである、坂道と今泉の裏門坂レース対決場面を撮影する際、「これは俳優が走るには無理じゃないか」と自転車経験者が語るほどの激坂に対し、伊藤は現場の坂を見るなり「無理でしょ」と言いながらもやる気満々の姿勢を見せたという。このように、「原作を飛び越えた実写を作り上げたい」という伊藤の熱意のもと、数々の名シーンが生み出された。  また、撮影と並行して、伊藤は永瀬と一緒に自転車の練習も行った。練習を繰り返すにつれて、2人は負けず嫌いな性格をのぞかせ「もう一回やらせてください!」と応酬になったことも。ともに苦しい練習を経て、自転車を漕ぎながら深まっていく坂道と今泉の仲間愛を表現した。  「当たり前の出来事が経験できなくなった今だからこそ、是非劇場で僕らの頑張りを見て、青春を体験して欲しいです」と本作をアピールする永瀬と伊藤。彼らが見せる結束力や、汗にまみれて懸命に走り続ける姿は、まさに青春そのもの。胸が熱くなるようなシーンが満載の本作に期待が高まる。  映画『弱虫ペダル』は8月14日より全国公開。

  • 映画『弱虫ペダル』メインビジュアル

    永瀬廉、ママチャリで秋葉原を疾走!『弱虫ペダル』待望カット解禁

    映画

     King & Princeの永瀬廉が主演を務める映画『弱虫ペダル』より、永瀬演じる主人公・小野田坂道が秋葉原をママチャリで疾走する場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、2008年から「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載され、単行本は累計2500万部を超える渡辺航による同名の人気スポーツ青春漫画を初めて実写映画化。ロードレーサーの才能を見いだされ、自転車競技部に入部することになった主人公・小野田坂道役を永瀬が演じるほか、伊藤健太郎、橋本環奈が共演する。監督は、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』などを手掛けた三木康一郎。  地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道は、あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなり、そこで出会ったかけがえのない仲間たちのために、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく。  解禁となった場面写真は、アニメ好きで週に一度は秋葉原に通うという坂道が、お小遣いを節約するため地元・千葉から片道45kmの道のりをママチャリで走るシーン。千葉から秋葉原までは往復90kmにもなるが、小学4年生の時から通っている坂道にとってはいつもの道。どんなにきつい坂や山道でも、鼻歌を歌いながら難なく走ってしまう。  先日開催されたキックオフイベントでもママチャリで秋葉原に登場した永瀬が話題となったが、劇中では、『弱虫ペダル』ファンにもおなじみのこのシーンを映画オリジナル版のヒメヒメソングで披露。「ヒーメ、ヒメヒメ♪ラブリーチャンスペタンコチャン♪」と軽快に歌う姿は、King & Princeとして活躍するこれまでの永瀬のイメージとは一味違っている。  このシーンについて永瀬は「『ヒメヒメ♪』と歌うシーンが何回もありましたが、一般の通行人の方たちの前でも大声で歌いながら自転車で走るのは、本当に恥ずかしかったです。でも、思いっきり大声で歌っているうちに、気が付いたら自然とテンションが上がっていました」とコメントしている。  自転車をこぎながら演技するという実写ならではの大変な撮影にもかかわらず、純粋な笑顔で歌いながら走る永瀬の熱演は、すでに注目を集めている過酷なレースシーンに加え、見どころとなりそうだ。  映画『弱虫ペダル』は8月14日より全国公開。

  • 映画『弱虫ペダル』キックオフイベントに登場した永瀬廉

    King & Prince・永瀬廉、ママチャリで登場 「限界のその先」過酷な撮影を振り返る

    映画

     King & Princeの永瀬廉が14日、都内で行われた映画『弱虫ペダル』のキックオフイベントに出席。劇中で使用したママチャリに乗って登場し「撮影を一気に思い出しました」と笑顔を見せた。@@cutter イベントには永瀬のほか、伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、竜星涼、柳俊太郎、菅原健、三木康一郎監督が登壇した。  同作は累計2500万部突破のスポーツ青春漫画『弱虫ペダル』の実写映画化。アニメ好きの高校生が、あることをきっかけに自転車競技部に入部し、そこで出会った仲間たちのために、自分の限界や壁を越え、レースで走る喜びを見出していく姿を描く。主人公・坂道を永瀬が演じる。  イベントでは永瀬が劇中で使用したママチャリに乗って登場。永瀬は「どうですか。すごいシュールじゃなかったですか。これ大丈夫ですかね」と不安を見せながらも「撮影を一気に思い出しましたね。またがった瞬間、坂道に戻るじゃないですけど、そういう感覚になりました」と笑みを浮かべた。  実際に自転車競技に挑戦した撮影の感想を永瀬は「やっぱり、やるしかないという気持ちがあった」と明かし「その先行ってましたね、僕何回か。限界のその先みたいな」と過酷な状況を吐露した。  伊藤も、気持ちでどれだけいけるかという状況だったと過酷さを振り返りながらも「お芝居の域を越えた部分があるのかな、とは。それがこの映画の一番の魅力でもあるのかなと思います」とアピールした。  部員を支えるマネージャー役を務めた橋本は「実際近くで見てて、こんなにも過酷なんだなと感じました」と語り、「さっきから過酷な中とか、すごい大変で…って話を聞きながら、胸が痛いです(笑)」と苦笑。永瀬は現場での橋本について「男性が多い現場だったので、その中に環奈ちゃんがおることによって、和んだりとか、テンション上がったりって部分はありますよね」と語った。  映画にちなみ、青春についてトークする場面も。橋本は福岡と東京の行き来が多かった高校時代を挙げ、空港で制服に着替えて学校に行くこともあったと回顧。行き来が続き、どこにいるのか分からなくなることがあったというが「久々に学校に行くと、友達がお弁当作ってきてくれたりとかするんですよ。それがすごいうれしかった」と顔をほころばせた。  映画『弱虫ペダル』は8月14日より全国公開。

  • 映画『弱虫ペダル』(左から)伊藤健太郎、永瀬廉オフショット

    永瀬廉『弱虫ペダル』、CGなしの過酷自転車走行シーンも! メイキング映像初解禁

    映画

     King & Princeの永瀬廉が主演を務める映画『弱虫ペダル』より、CGなしで挑戦したという過酷すぎる自転車走行シーンを映し出す、全力メイキング映像が解禁された。@@cutter 原作は、2008年から「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載され、単行本は累計2500万部を超える渡辺航による同名の人気スポーツ青春漫画。これまでにアニメ、舞台、小説、ドラマなどさまざまなコンテンツでメディアミックスされているが、実写映画化は今回が初めて。主人公でアニメ好きの高校生・小野田坂道役を永瀬が演じ、坂道の良き仲間で期待の新人エース・今泉俊輔役を伊藤健太郎、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役を橋本環奈が演じる。監督は、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』などを手掛けた三木康一郎。  メイキング映像は、永瀬が「過酷な環境での撮影でしたが、それを乗り越えたからこそ画面越しで伝わるものがある」と語っている通り、倒れ込んでしまうほど坂を全力で駆け上がったり、疲れ切って仲良く寝そべる永瀬と伊藤の様子を追っている。  2人は、番組収録や舞台やドラマ撮影などの過密スケジュールの中、本作のクランクイン前より自転車練習を開始。特に主人公の坂道を演じた永瀬は、自転車競技経験者のトレーナーから「上るのはプロでもキツイ」と言われた坂を一発で上り切ったりと、主人公の坂道らしいガッツを見せている。  そして、自転車競技部の仲間・鳴子章吉役の坂東龍汰も「ガチンコの自転車アクションで熱量の強い作品になったと思います」と熱く語ったり、橋本も「何よりも原作ファンに楽しんでもらえる作品になったらいいなと思います」と意気込むほど、チーム総北メンバーもみな全力で自転車競技に向かい合ったレースシーンは見どころ。「頑張る気持ちを思い出させてくれる、体感できる作品になっている」と自信を持って語る永瀬の言葉からも裏付けられるように、苦難を乗り越えて本気で自転車競技に挑んだキャストたちの全力疾走と仲間との熱い絆がうかがえる映像となっている。  さらに、永瀬と伊藤の2ショットオフショット写真も到着。過酷な練習を乗り切り、撮影終盤原作にも登場する激坂シーンの前後で撮影されたもので、2人がさわやかで晴れやかな表情を見せている。  また、本日7月11日より前売り券(ムビチケ)の発売が開始された。詳細は映画公式サイトにて。  映画『弱虫ペダル』は8月14日より全国公開。

  • 映画『弱虫ペダル』チーム総北のキャストビジュアル

    永瀬廉『弱虫ペダル』、竜星涼、井上瑞稀らチーム総北キャスト解禁 橋本環奈の父には皆川猿時

    映画

     King & Princeの永瀬廉が主演を務める映画『弱虫ペダル』の追加キャストとして、俳優の竜星涼、皆川猿時、HiHi Jetsの井上瑞稀らの出演が発表された。竜星と井上は原作でも人気を誇る「チーム総北」のメンバー、皆川は橋本環奈演じる寒咲幹の父親役を務める。@@cutter 原作は、2008年から「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載され、単行本は累計2500万部を超える渡辺航による同名の人気スポーツ青春漫画。これまでにアニメ、舞台、小説、ドラマなどさまざまなコンテンツでメディアミックスされているが、実写映画化は今回が初めて。永瀬が主人公・小野田坂道役を演じるほか、伊藤健太郎、橋本環奈が共演する。監督は、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』などを手掛けた三木康一郎。  地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道は、あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなり、そこで出会ったかけがえのない仲間たちのために、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく。  竜星涼が演じるのは、総北高校自転車競技部の部長で、サングラス姿が高校生とは思えない異彩を放つ金城真護役。「まだ寒い中、チーム総北は薄着で必死に走りました。いつのまにか私も初ロードレーサーから本物の選手へと変わり、絶対に諦めない男へと変貌していました」と撮影を振り返る。  井上瑞稀は、自転車競技部の1年生で、補欠ながら坂道やチーム総北を支える杉元照文役。「実際にロードレーサーに乗っての撮影はかなり難しく、苦労することもありましたが、それ以上にキャストの皆さんとのコミュニケーションを取る時間が本当の部活みたいで楽しかったです!」と語っている。  このほか、坂道を自転車競技部に誘う同級生、関西出身の「浪速のスピードマン」こと鳴子章吉役に坂東龍汰。金城と同じ3年生で、玉虫色の長髪と独特のダンシング(立ち漕ぎ)が特徴の巻島裕介役に柳俊太郎。同じく3年生で、その筋力を生かした「肉弾列車」と呼ばれる走りを得意とする田所迅役に菅原健が決まった。  また、皆川猿時は、映画オリジナルキャラクターで、橋本環奈演じる寒咲幹の父・寒咲幸司役を務める。「おじさんも若者たちの邪魔にならない程度にキラキラしてみました。ギラギラもしくはギトギトしてたらごめんなさいね」とコメントしている。  映画『弱虫ペダル』は8月14日より全国公開。

  • 映画『弱虫ペダル』ティザービジュアル

    実写映画『弱虫ペダル』 永瀬廉が黒髪オン眉でリアル小野田に ビジュアル&特報解禁

    映画

     King & Princeの永瀬廉が主演を務める、人気スポーツ青春漫画の実写化映画『弱虫ペダル』より、ティザービジュアルと特報映像が解禁された。永瀬が黒髪オン眉で扮するリアル“小野田坂道”の姿が明らかとなる。@@cutter 漫画『弱虫ペダル』は2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載開始され、現在までに64巻が刊行されている、渡辺航による人気コミックス。アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなどさまざまなコンテンツでメディアミックスされているが、実写映画化は今回が初めて。  永瀬が、主人公で千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道に扮し、坂道の良きライバル・今泉俊輔役に伊藤健太郎、自転車競技部のマネジャー・寒咲幹役を、橋本環奈が演じる。監督は、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎。  運動が苦手で友達がいない、アニメ好きの高校生・小野田坂道。あることをきっかけに自転車競技部に入部した坂道は、自転車選手としての思わぬ才能を発揮。そして初めて出来た「仲間」のために、自分の限界や壁を超え、レースで共に走る喜びを見出していく。  解禁されたティザービジュアルでは、主演の永瀬が黒髪にオン眉、そして丸眼鏡で、原作の“小野田坂道”がそのまま抜け出してきたかのような姿を初披露。永瀬いわく、ここまで前髪を短くするのはジャニーズ事務所に入所して以来初めてで、実に15、6年ぶりとのことだ。  併せて公開された特報映像では、「ひとりぼっちの僕が――仲間と出会い 自転車と出会い 『今、ここにいる』」という永瀬のナレーションからスタート。小野田がママチャリで駆け抜ける姿や、共演の伊藤、橋本の姿、そして赤と青の2台のロードバイクが映ったあと、「いくぞー!」という掛け声が響き渡る。  ラストは、アニメ版『弱虫ペダル』で2013年から坂道を演じている山下大樹のタイトルコールで締めくくられ、アニメと映画のダブル坂道によるコラボレーションが実現した映像となっている。  山下は実写映画化に対し、「原作の1巻から描かれることがわかって、とても嬉しかったです。これを機にアニメと映画でコラボレーションし、もっと「弱虫ペダル」を盛り上げたいです!」とコメントを寄せた。  映画『弱虫ペダル』は8月14日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access