クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

おらおらでひとりいぐも 関連記事

  • 映画『おらおらでひとりいぐも』メインビジュアル

    田中裕子が歌声披露 『おらおらでひとりいぐも』11.6公開&予告解禁

    映画

     女優の田中裕子が主演を務め、蒼井優と二人一役で主人公を演じる映画『おらおらでひとりいぐも』の公開日が11月6日に決定。併せて主人公・桃子さんを演じる田中が歌声を披露する予告編が解禁された。@@cutter 本作は、芥川賞と文藝賞をダブル受賞した若竹千佐子による同名ベストセラー小説(河出書房新社)を、映画『モヒカン故郷に帰る』『モリのいる場所』などで知られる沖田修一監督のメガホンで映画化。田中は「現在」の桃子さん(75歳)を、蒼井は「娘の時代」「妻の時代」(20~34歳)の桃子さんを演じる。  75歳でひとり暮らしをしている桃子さん。1964年に身ひとつで上京してから55年。夫・周造と出会い結婚し主婦となり、2人の子供を育て、これから夫婦水入らずの平穏な日々を過ごそうと思った矢先、突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。ひとり家でお茶をすすり、図書館で借りた本を読みあさるうちに、46億年の歴史に関するノートを作り、万事に問いを立ててその意味を探求するようになる。すると、桃子さんの“心の声”が、ジャズセッションに乗せて内から外に湧き上がってきた。彼女の孤独な生活は、現在と過去を行き来し、いつのまにかにぎやかな毎日に変わっていく。  予告編は「どうすっぺこの先―」という桃子さん(田中)のつぶやきで幕を開ける。主題歌のハナレグミの新曲「賑やかな日々」が流れる中、突然夫に先立たれ、ひとり退屈な毎日がずっと続くと思っていた桃子さんの前に突然現れたのは桃子さんと同じ服装の3人組。「おらだばおめだ」と東北弁を話す彼らは、桃子さんの心の声を具現化した “寂しさ”たち。75歳で新しい世界を見つけた桃子さんのちょっと変わったひとり暮らしが始まる。  そんな日常に突如あふれ出すのは、若かりし日の思い出とユニークで軽やかな桃子さんの時間。子どもも巣立ち、これから夫婦でまた暮らそうという時に逝ってしまった最愛の夫・周造への思いを吐き出すように歌う桃子さん。「♪ハァ~、クソ周造~」と歌うに桃子さんにペットボトルが投げつけられるシーンもあり、最後には“寂しさ”たちとのダンスシーンで締めくくられている。  映画『おらおらでひとりいぐも』は11月6日より公開。

  • 映画『おらおらでひとりいぐも』ポスタービジュアル

    田中裕子15年ぶり主演映画『おらおらでひとりいぐも』、主題歌はハナレグミ

    映画

     女優の田中裕子が主演を務め、蒼井優と二人一役で主人公を演じる映画『おらおらでひとりいぐも』の主題歌が、沖田修一監督自ら作詞を担当したハナレグミの新曲「賑やかな日々」に決まった。@@cutter 本作は、文藝賞と芥川賞をダブル受賞した若竹千佐子による同名ベストセラー小説(河出書房新社)を、映画『横道世之介』『モリのいる場所』などで知られる沖田監督のメガホンで映画化。田中は「現在」の桃子さん(75歳)を、蒼井は「娘の時代」「妻の時代」(20~34歳)の桃子さんを演じる。田中が映画で主演を務めるのは、『いつか読書する日』以来15年ぶり。  75歳でひとり暮らしをしている桃子さん。1964年に身ひとつで上京してから55年。夫・周造と出会い結婚し主婦となり、2人の子供を育て、これから夫婦水入らずの平穏な日々を過ごそうと思った矢先、突然夫に先立たれた。ひとり家でお茶をすすり、図書館で借りた本を読みあさるうちに、46億年の歴史に関するノートを作り、万事に問いを立ててその意味を探求するようになる。すると、桃子さんの“心の声”が、ジャズセッションに乗せて内から外に湧き上がってきた。彼女の孤独な生活は、現在と過去を行き来し、いつのまにか賑やかな毎日に変わっていく…。  沖田監督は本作で初めて主題歌の作詞にも挑戦。主人公桃子さんの日常を監督作同様の優しい筆致で描いている。そんな<桃子さんの世界>に寄り添った歌詞を、是枝裕和監督作『海よりもまだ深く』(16)以来4年ぶりの映画主題歌担当となるハナレグミが、まるで語り掛けるように深く温かい歌声で軽やかに響かせる。作曲・編曲は、LITTLE CREATURESとしても活動し、2月に行われたハナレグミのワンマンライブ「THE MOMENT」にも参加した鈴木正人。鈴木は主題歌だけでなく、本作の劇伴も担当している。  主題歌「賑やかな日々」について沖田監督は「歌詞をちゃんと書いたのは、初めてです。短い言葉の中に、映画への思いを詰めなくてはいけなかったので、難しかったです。以前から好きだった鈴木さんや、ハナレグミさんと一緒に、この映画の主題歌を作れることは、なんて贅沢なことなんだろうと思います。ずっと聞いていたいような、軽やかで、品があって、まるで桃子さんの日常みたいで、とても気にいっています」とコメント。  ハナレグミは「この時期何もできず部屋に引きこもっていたところに一筋の光明! にこやかな歌詞と美しいメロディーが届き、そしてその一曲を最高のミュージシャンと奏でられたことがとても幸せでした」としている。  映画『おらおらでひとりいぐも』は今秋全国公開。

  • 映画『おらおらでひとりいぐも』ポスタービジュアル

    田中裕子『おらおらでひとりいぐも』、蒼井優の夫役に東出昌大 クドカンら追加キャスト発表

    映画

     女優の田中裕子が主演を務め、蒼井優と二人一役で主人公を演じる映画『おらおらでひとりいぐも』の追加キャストとして、俳優の東出昌大、濱田岳、青木崇高、劇作家・俳優の宮藤官九郎の出演が発表された。@@cutter 本作は、文藝賞と芥川賞をダブル受賞した若竹千佐子による同名ベストセラー小説(河出書房新社)を、映画『横道世之介』『モリのいる場所』などで知られる沖田修一監督のメガホンで映画化。田中は「現在」の桃子さん(75歳)を、蒼井は「娘の時代」「妻の時代」(20~34歳)の桃子さんを演じる。田中が映画で主演を務めるのは、『いつか読書する日』以来15年ぶり。  75歳でひとり暮らしをしている桃子さん。1964年に身ひとつで上京してから55年。夫・周造と出会い結婚し主婦となり、2人の子供を育て、これから夫婦水入らずの平穏な日々を過ごそうと思った矢先、突然夫に先立たれた。ひとり家でお茶をすすり、図書館で借りた本を読みあさるうちに、46億年の歴史に関するノートを作り、万事に問いを立ててその意味を探求するようになる。すると、桃子さんの“心の声”が、ジャズセッションに乗せて内から外に湧き上がってきた。彼女の孤独な生活は、現在と過去を行き来し、いつのまにか賑やかな毎日に変わっていく…。  東出が演じるのは、数年前に亡くなった夫・周造役。そして夫に先立たれた桃子さんに突如湧き上がってきた“心の声”を、濱田、青木、宮藤が演じる。それぞれ寂しさ1、2、3という役名で、桃子さんの分身としてユーモラスでコミカルな演技を繰り広げる。さらに、田畑智子、黒田大輔、山中崇、岡山天音、三浦透子、六角精児、大方斐紗子、鷲尾真知子らも出演する。  東出は「沖田監督の映画が大好きで、いつかご一緒したいと思っていました。素晴らしい台本でしたし、田中裕子さんが主演されると伺って一も二も無く飛びついた次第です」とした上、「撮影現場では、濃厚で暖かな時間を過ごさせて頂きました。冷え切った桃子さんの手を取り、少しでも暖める事が出来た事に、至上の喜びを感じていました」とコメント。  寂しさ3役の宮藤は「映画に出た、役を演じたというより、濱田岳くんと青木崇高くんと僕とで、沖田監督の世界の中で遊ばせてもらったという記憶しかありません。田中裕子さんの懐の深さと、決して揺るがない芯の強さが現場を支えていたように思います。心の声を演じる蒼井優さんが、台本片手にずっとセットの隅っこでうずくまっている姿にも涙が出そうになりました」としている。  併せて解禁されたポスタービジュアルでは、桃子さんの言葉である 「ひとり暮らしの桃子さん。おらの今は、こわいものなし。」 のコピーとともに、桃子さんの部屋から、にこやかにほほ笑みかける若かりし日の桃子さん(蒼井)と、桃子さんの“心の声”である“寂しさ”の3人が、ひょっこり顔を出している。過去の自分と心の声=“5人の桃子さん”が一枚のビジュアルに同居し、ひとり暮らしで孤独な日々だったはずが、いつのまにかユーモラスでにぎやかな毎日となる様子が切り取られている。  映画『おらおらでひとりいぐも』は今秋全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access