クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

人体のサバイバル! 関連記事

  • 映画『人体のサバイバル!』場面写真

    映画『人体のサバイバル!』ジオ役・松田颯水の誕生日に場面写真公開

    アニメ・コミック

     7月31日に『がんばれいわ!!ロボコン』と同時上映される映画『人体のサバイバル!』より、本日、主人公ジオを演じる松田颯水の誕生日記念して場面写真が一挙解禁された。@@cutter 本作は、「第2回小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」でシリーズ第1位を獲得し、累計3000万部を超える漫画『科学漫画サバイバル』シリーズ初のアニメ映画作品。日本をはじめ韓国、中国、タイ、台湾など世界中で読まれている人気シリーズだ。映画化発表と特報解禁時は、「絶対観に行かなきゃ」「昔漫画読んでたから嬉しい!」「親子で楽しみにしてます」など、原作ファンを中心に期待の声が続々と寄せられた。  どんなピンチもアイディアと行動力で切り抜ける主人公ジオを演じるのは、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の星輝子、『若おかみは小学生!』のウリ坊などで知られる松田颯水。そのほか、ピピ役の潘めぐみ、ケイ役の石田彰、ノウ博士役の岩崎ひろし、所長役の竹中直人が共演。ナレーションを東地宏樹が担当する。  ナノサイズになる人体探査機・ヒポクラテス号に乗り込んだジオとノウ博士。ところが、小さくなった“ヒポ号”をピピがうっかり飲み込んでしまう。巨大な歯につぶされそうになりながら体の中に流れ込んだ2人は胃から腸へと向かって脱出するつもりが、トラブル続きで脱出不可能に。さらに、ピピも突然苦しみ始め…。ピピとの約束をはたすため、ジオは決死の行動に出る。  松田の誕生日を記念して公開された場面写真には、真剣な眼差しでヒポクラテス号を操縦するジオをはじめ、緊迫した表情で指示を出すケイ、目を血走らせながら睨みつける所長のアップなど、本作に登場するキャラクターが勢ぞろい。本編での決死のサバイバルを予感させるビジュアルとなっている。  アニメーション映画『人体のサバイバル』は7月31日より全国公開。

  • 映画『人体のサバイバル!』竹中直人と研究所所長ビジュアル

    『人体のサバイバル』竹中直人、出演決定 スターダスト☆レビューの主題歌付き予告解禁

    アニメ・コミック

     7月31日に『がんばれいわ!!ロボコン』と同時上映される映画『人体のサバイバル!』に、俳優の竹中直人が特別出演することが決定。併せて、スターダスト☆レビューが歌う主題歌が流れる予告編が解禁された。@@cutter 本作は、「第2回小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」でシリーズ第1位を獲得し、累計3000万部を超える漫画『科学漫画サバイバル』シリーズ初のアニメ映画作品。同時上映される『がんばれいわ!!ロボコン』は、『仮面ライダー』『サイボーグ009』など数々のキャラクターを生み出した漫画家・石ノ森章太郎原作の『ロボコン』シリーズ20年ぶりの映画作品となる。  そんな本作に、声優、映画監督、タレント、コメディアン、歌手とマルチに活躍し、俳優としてはシリアスからコミカルまで幅広い演技に定評がある竹中が特別出演することが決定。ノウ博士が所属する研究所の所長を茶目っ気たっぷりに演じる。  アニメの吹き替えが好きだという竹中は、「人間の体内なんて壮大な宇宙ですから、人が人の中に入るっていうのは不思議な感じですね。そう考えると、とんでもない宇宙が広がっている作品なんじゃないかと僕も楽しみにしています」とコメントした。  主題歌は、埼玉県出身の4人組ロックバンド、スターダスト☆レビューの「約束の地へ」に決定。エンターテイメントに徹したステージで根強い人気を誇り、「24時間で最も多く演奏したバンド」としてギネスワールドレコーズにも認定されるロックバンドが大冒険に彩りを添える。  解禁された予告映像には、ナノサイズまで小さくなってピピに食べられたジオとノウ博士が、迫りくるさまざまな脅威から逃れるため体内からの脱出を目指すシーンが映し出されている。竹中演じる所長も登場し、「博士はどこじゃ」と怒声を披露。スターダスト☆レビューによる主題歌「約束の地へ」も聞くことができる。  映画『人体のサバイバル』『がんばれいわ!!ロボコン』は、7月31日より全国公開。

  • 『人体のサバイバル!』『がんばれいわ!!ロボコン』特報ビジュアル

    『人体のサバイバル!』『がんばれいわ!!ロボコン』特報公開 イラスト募集キャンペーンも

    映画

     7月31日に同時上映される映画『人体のサバイバル!』と『がんばれいわ!!ロボコン』の特報映像が解禁。併せて、6月1日より『人体のサバイバル!』のイラスト応募キャンペーン実施が発表された。@@cutter アニメーション映画『人体のサバイバル!』は、全世界の発行部数3000万部を超え、5月に発表された、「第2回小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」でシリーズ第1位を獲得した漫画『科学漫画サバイバル』シリーズ初のアニメ映画作品。同時上映される『がんばれいわ!!ロボコン』は、『仮面ライダー』『サイボーグ009』など数々のキャラクターを生み出した漫画家・石ノ森章太郎原作の『ロボコン』シリーズ20年ぶりの映画作品となる。  特報の前半では、『人体のサバイバル!』の主人公・ジオとノウ博士がナノサイズになって、絶叫とともに人の体内へ。病に倒れたジオの友達・ピピ、そしてピピを心配そうに見つめるケイも登場し、4人の新たなサバイバルの始まりを予感させる映像となっている。  特報後半の『がんばれいわ!!ロボコン』では、前作、前々作から特徴的な愛らしい目がしっかりと受け継がれた新生「ロボコン」の一部と思われるフォルムを見ることができる。なお、ロゴに写るロボコンは、頭頂部が「がんばれ!!ロボコン」のアンテナからソーラーパネルに様変わりし、動力源も第1作『がんばれ!!ロボコン』のガソリン、第2作『燃えろ!!ロボコン』の電気から太陽光へと進化を遂げている。  さらに、6月1日より7月3日まで映画『人体のサバイバル!』のイラスト応募キャンペーンも実施。原作『科学漫画サバイバル』シリーズの好きなキャラクターを描いて応募すると、抽選で映画のエンドロールに掲載される。そのほか、『人体のサバイバル』原作全3巻や、『科学漫画サバイバル』シリーズのオリジナルグッズが当たるキャンペーンも開催される。  映画『人体のサバイバル』と同時上映『がんばれいわ!!ロボコン』は、7月31日より公開予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access