クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

アダムス・ファミリー 関連記事

  • アニメーション映画『アダムス・ファミリー』日本語吹き替え版声優陣

    劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』日本語吹き替え版声優に杏、生瀬勝久ら決定

    アニメ・コミック

     劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』の日本語吹き替え版の声優を、杏、生瀬勝久、ロバート秋山、LiLiCoらが務めることが発表された。また、日本公開日が9月25日に決まった。@@cutter 漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした『アダムス・ファミリー』。そのヒネくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、60年代にはテレビシリーズやアニメシリーズが作られ、91年と93年に長編映画として実写化された2作品は世界的大ヒットを記録した。そんなアメリカで長年に渡って愛され続けてきた『アダムス・ファミリー』が、このたび初の劇場版アニメとして公開される。  日本語吹き替え版声優に決まったのは、モーティシア役の杏、ゴメズ役の生瀬勝久、フェスターおじさん役のロバート秋山、そして本作のオリジナルキャラクター、マーゴ・ニードラー役のLiLiCo、マーゴの部下グレン役の井上翔太の5人。  モーティシアを演じる杏は「子供のころ見ていた『アダムスファミリー』が、現代に復活する、さらに声優として参加できると聞き、とても嬉しく思っています。生瀬さんと夫婦役を演じさせていただけるのも、楽しみです。ゴメズがどこか生瀬さんに似ている? と思ったのですが、私もどこかそうなのかもしれません」とコメント。  ゴメズ役の生瀬は「今回、ゴメズ役のオファーを頂き、作品を拝見して驚きました! 私ですよね!? ゴメズ、私です。あそこまで、恰幅はよくありませんが、あの目付きは私です。陽気で、イタズラ好きはまんま私ですし、シニカルなところも、生き写しです。キャスティングの方、グッジョブです! 私は声優ではないので、吹き替えは慣れていませんが、気持ちを込めて、命を吹き込めればと思っております」と、自身の風貌に似たキャラクターの吹き替えに意気込みを見せている。  さらに、モーティシアを囲むインパクトたっぷりの集合ショットのキービジュアルも解禁となった。7月10日より発売される劇場前売券の特典には、キービジュアルを使用したマスクケースが付く(無くなり次第終了)。  映画『アダムス・ファミリー』は9月25日より全国公開。

  • アニメーション映画『アダムス・ファミリー』ティザービジュアル

    伝説の家族が初の劇場版アニメに 『アダムス・ファミリー』今秋公開&ティザー映像解禁

    アニメ・コミック

     アルフレッド・ヒッチコックやティム・バートンなど、様々なクリエイターにインスピレーションを与え、アメリカで長年愛され続けてきた漫画『アダムス・ファミリー』初の劇場版アニメが秋に公開されることが決定し、ティザービジュアルと映像が解禁された。@@cutter 漫画家のチャールズ・アダムスが1930年代に雑誌に描いた1コマ漫画としてスタートした『アダムス・ファミリー』。そのヒネくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、60年代にテレビシリーズやアニメシリーズが作られ、1991年と93年に長編映画として実写化された。  人里離れた山の中で結婚式をあげたモンスターのカップル、ゴメズとモーティシアは、襲って来た人間たちに故郷を追われ、丘の上に建つ荒れ果てた屋敷にたどり着く。時が流れ、夫婦には2人の子供、ウェンズデーとパグズリーが生まれて、一家4人と執事のラーチは平和な日々を送っていた。そんななか、パグズリーが親戚たちの前で、一族にとって重要な儀式「セイバー・マズルカ」を披露する日が近づいていた…。  監督にコンラッド・ヴァーノンとグレッグ・ティアナンを迎え、マット・リーバーマンが脚本を務める。ボイスキャストとして、ゴメズ役をオスカー・アイザック、モーティシア役をシャーリーズ・セロン、ウェンズデー役をクロエ・グレース・モレッツ、パグズリー役をフィン・ウォルフハードが担当。そのほか、ベット・ミドラー、ニック・クロールら豪華キャストが名を連ねる。  ティザービジュアルは、「不思議な一家がやってくる!!」というコピーとともに個性的な顔立ちのアダムス一家が描かれている。併せて公開されたティザー映像では、お馴染みの曲をバックに、仲良しのゴメズとモーティシア夫婦、怪しい実験を行うウェンズデー、ゴメズの兄・フェスターに大掛かりなイタズラを仕掛けるパグズリーが登場。執事のラーチと“ハンド”がピアノを連弾するシーンも盛り込まれ、ワクワク感を誘う映像となっている。  劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』は2020年秋全国公開。

  • 数々の作品で活躍した女優エリザベス・ウィルソン

    『卒業』『アダムス・ファミリー』女優エリザベス・ウィルソン死去

    映画

     『卒業』(68)『アダムス・ファミリー』(92)などで知られる女優のエリザベス・ウィルソンが、現地時間9日、アメリカ・コネチカット州にて死去したとThe New York Timesにより伝えられた。94歳だった。@@cutter 1953年にウィリアム・インジ原作の舞台『Picnic』でブロードウェイデビューしたウィルソンは、その後数多くの映画やテレビ、舞台で活躍。『卒業』出演後、『キャッチ=22』(71)、『イルカの日』(74)と2作に渡りマイク・ニコルズ監督作品に出演した。  また、デイビット・レイブによる舞台『Sticks and Bones(原題)』(72)にてトニー賞に輝いたほか、テレビのミニシリーズ『Nutcracker:Money,Madness and Murder(原題)』(87)にてエミー賞にノミネートされた。最後の出演作はビル・マーレイ主演の映画『私が愛した大統領』(13)。ウィルソンはその中で、ルーズベルト夫人を演じている。

  • クリスティーナ・リッチ

    個性派女優クリスティナ・リッチ、米NBC新作コメディから本読み段階で降板!

    海外ドラマ

    米NBC局製作のコメディドラマ「Girlfriend In A Coma(原題)」のパイロット版から主役のクリスティナ・リッチが降板したことが明らかになった。@@cutter 本作はダグラス・クープランドの同タイトルの小説を基に、長年、昏睡状態にあった女性がある日、目覚めると17歳の自分を娘を名乗る少女がおり、女性の両親が育てていたことがわかるというストーリー。  リッチは、キャストが集まって行う“台本読み”後に企画から降板したとのこと。パイロット版に配役された最初の大物キャストだった彼女は、シリーズ化された暁には、物語の舞台をロサンゼルスから彼女が居を構えているニューヨークに移すお膳立てまでされていた。  このニュースを報じた米エンタメ情報サイトDeadline.comは、今回のような降板劇は、1ヵ月半の間に100作ものパイロット版が製作されるこの時期にはよくあることとコメントしている。  しかしながら、個性派女優として名高いリッチを失ったこの企画、脚本家チームのみならず、継投の女優にプレッシャーがかかることは間違いない。

  • クリスティーナ・リッチ

    「アダムス・ファミリー」クリスティーナ・リッチが2度目の婚約!

    セレブ&ゴシップ

     映画「アダムス・ファミリー」シリーズでブレイクした子役出身女優=クリスティーナ・リッチ(32)が、秘かに婚約していたことが明らかになった。@@cutter お相手は撮影技師のジェームズ・ヘーアデーゲン。クリスティーナ主演で大ヒットしたドラマ「PAN AM/パンナム」の現場で出会ったという二人は、昨年あたまから交際をスタートさせていた。  10月に一度、婚約の噂が流れていたクリスティーナとジェームズだが、二人がいつ婚約したかなどの詳細は不明。  クリスティーナは2009年、コメディアンのオーウェン・ベンジャミンと婚約したものの、その3ヵ月後にこれを解消している。

  • クリストファー・ロイドが俳優を志した想いを吐露

    いつも仲間ハズレだった…「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ドクが俳優を志したきっかけ

    映画

     俳優とは、自分以外の誰かの人生を一瞬でも生きることを生業とする職業。スクリーンや舞台で活躍する俳優の姿に感銘を受けたり、実際に演じてみてその魅力に取りつかれたり、俳優という特殊な職業を選択する理由は人それぞれだ。そして名優と呼ばれる人物ほど、素顔は寡黙である場合が多い。@@cutter 世界が認める名優ロバート・デ・ニーロのプライベートの姿は、「いるのかいないのかわからない男」であるという。若手俳優のザック・エフロンがデ・ニーロと初めて顔を合わせたのは、とあるパーティー会場。しかしエフロンは、名優がすぐ隣に座っていたにも関わらず、彼がデ・ニーロであると気づいたのは帰り際であったという。このように、スクリーンと現実の落差が大きいというのが名優の持つ独特な特徴の一つかもしれない。  映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのドクことエメット・ブラウン博士、映画「アダムス・ファミリー」シリーズのフェスター・アダムス/ゴードン・クレイブンなどで知られるクリストファー・ロイドもその中の一人だろう。11月23日から25日まで静岡・東京・千葉の会場にて行われるファンイベント「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション」のために、「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」でのプロモーション以来約22年ぶり、2度目の公式来日を果たしたロイド。そんな彼が単独インタビューの中で、俳優という仕事を生業にしようと思った知られざる理由を明かした。  現在74歳のロイド。14歳から舞台を踏んだ彼の俳優としてのキャリアは、60年にも及ぶ。ブロードウェイの舞台で活躍したのち、アカデミー賞作品賞を受賞した1975年の映画「カッコーの巣の上で」で注目されたものの、1985年の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に至るまでは苦労の連続だった。「20歳から30歳まではニューヨークをメインに活動していましたが、映画『カッコーの巣の上で』に出演した際に、メディアから注目を受けるようになりました。チャンス到来と思い、ハリウッドに渡ったのですが、残念なことに長らく仕事にあぶれる状態が続きました」と振り返る。生活も安定しておらず、幸せとは遠い状況だったそうだが「俳優としての今があるのは、そんな下積み時代があるからです。もしドクのように過去に戻って自分にアドバイスするとしても、かける言葉は何もありませんね」と“若い時の苦労は買ってでもせよ”の精神だ。@@separator 生活が安定しないほど売れなかった…、にも関わらず俳優を諦めなかった理由とは何だろうか?そこにはロイドの意外な一面が関係していた。「若いころの自分は対人関係を上手く築くことができず、いつも仲間ハズレにされていました。その状況を打破するためにはどうするべきか?人を笑わせたり、楽しませたりすれば、解決できるのではないか?そう考えました。そして俳優として様々な人物を演じ、周囲を楽しませていく中で、僕の生きる道はこれしかないと思ったんです」。目を大きく見開いての身振り手振りの激しいロイドの演技は笑いを誘う。だがそれは、社会と繋がろうともがいた結果に掴んだ、ロイドの生きる術でもあったのだ。  確かにプライベートのロイドは物静かで、スクリーンで観る奇抜さや突拍子のなさは皆無だ。インタビューの質問に淡々と静かな口調で答える姿に、ギャップを感じなかったといえば嘘になる。別の人物を演じることで生きる道を得たロイドにとって、俳優は職業ではなく、存在理由そのものであるのだろう。当たり役となったドクを「もし機会があるならば、もう一度演じてみたい」と目を輝かせるロイドは「次の世代にまで伝わる映画に参加できたことは驚くべきこと。ドクに憧れて科学者になったというファンもいるほどで、そんな姿を目の当たりにすると本当に感慨深い気持ちになります」と心底嬉しそうだ。  最後に、もしタイムトラベルができるなら?と聞くと「僕はシェイクスピアが大好きで、たくさんの戯曲を覚えたし、演じました。だから『ハムレット』が初演された時代にタイムスリップして、どんな演出でどんな雰囲気だったのかをこの目で見てみたいものです」と答える。未来だったら?との問いには「世界はたった50年で大きく変化しました。だから2062年に行って、世界がどれだけ変わったかを見たいですね。中東問題も気になるし、アメリカはどんな方向を向いているのか、エネルギー問題やテクノロジーについても気になることがたくさん」と真面目さがにじみ出る。今回22年ぶりの来日となったが「確か22年前には、東京ドームにジェットコースターはなかったはず。今回一緒に来た子供たちが乗りたいと騒いでいたけれど、僕は勘弁ですね」と茶目っ気たっぷりの笑顔をのぞかせた。

  • 交際1年未満で婚約?

    「パンナム」クリスティーナ・リッチ、ついに結婚か

    セレブ&ゴシップ

     ホラーコメディ「アダムス・ファミリー」(92)で一躍注目の子役となり、最近ではドラマ「PAN AM/パンナム」で再び脚光を浴びているクリスティーナ・リッチ(32)に、婚約の噂が上がっている。@@cutter というのも先日、ロサンゼルス国際空港でパパラッチされた彼女の左手薬指に、キラリと輝くダイヤモンドリングがはめられていたからなのだ。  これを受けメディアは一斉に、今年はじめから交際しているジェームズ・ヘーアデーゲンと婚約したのではないかと報じている。  クリスティーナと撮影クルーのジェームズは昨年、前述のドラマ「PAN AM/パンナム」の現場で出会い、交際に発展した。クリスティーナは2009年3月、コメディアンのオーウェン・ベンジャミンと婚約したが、3ヵ月後にこれを解消している。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access