クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

チャーリーズ・エンジェル 関連記事

  • 映画『チャーリーズ・エンジェル』ワールドプレミアでの(左から)クリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンズカ

    新生チャーリーズ・エンジェルお披露目! ワールドプレミア開催 日本公開は来年2月

    映画

     女優のナオミ・スコット、クリステン・スチュワート、エラ・バリンズカが出演し、エリザベス・バンクスが監督・脚本・出演する映画『チャーリーズ・エンジェル』のワールドプレミアがアメリカ・ロサンゼルスで開催され、3人の新生“エンジェル”がそろってお披露目された。@@cutter ミステリアスなチャーリーが率いる探偵エージェンシーの下で働く、地球上で最もかしこく、勇敢で、そして訓練された女性たちの活躍を描く『チャーリーズ・エンジェル』。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューという人気女優が集結し初の映画版として公開され、大ヒットを記録。さらに2003年に公開された続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』では、女優デミ・ムーアの出演も大きな話題となった。2作品の世界興収入は5億ドルを超えている。  そして今回、世代も時代設定も一新し、新たなるエンジェルたちが誕生。11月15日の全米公開を控えた現地時間11月11日(日本時間11月12日)にロサンゼルスにてワールドプレミアが開催され、新世代のチャーリーズ・エンジェルとして選ばれた、映画『アラジン』のジャスミン役で大ブレイク中のナオミ、映画『トワイライト』シリーズなどで日本でも人気のクリステン、そして抜群のスタイルを誇るイギリス出身の新星エラが登場した。  本作の魅力を聞かれた3人は、「正直に言うと、この映画こそ、にまさに見たいものだわ。出かけて行って、楽しんで、たくさん笑って、女友達を呼び出して、お互いに勇気をもらうの。すごく楽しいでしょ!」とナオミが笑い、「今の時代、信頼できる存在や、味方を見つけるのは難しいわ。そんな人たちのための映画よ」とクリステンが語った。  さらに「(監督の)エリザベスがいつも言っていたのは、女性たちがハードにではなく、スマートに戦うように描きたかったということ。強さと弱さを持ち合わせている私達は、お互いに助け合う。勝って、泣いて、笑って、失敗して…それは現実に女性たちが働く現場で起こっていることよね。女性たちの楽しくて愛すべき、素晴らしいストーリーが描かれているわ」とエラがファンに向けて本作の魅力をアピールし、プレミアは大盛況のうちに幕を閉じた。  日本公開は2020年2月下旬より全国公開。

  • 映画『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのドリュー・バリモア、キャメロン・ディアス、ルーシー・リューが再集結!

    チャーリーズ・エンジェル、16年ぶりの再集結にファン胸熱

    セレブ&ゴシップ

     2000年の映画『チャーリーズ・エンジェル』と2003年の続編『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』で共演した女優のドリュー・バリモア、キャメロン・ディアス、ルーシー・リュー。ルーシーがハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムのスターの仲間入りを果たし、現地時間5日に行われたセレモニーでは3人が約16年ぶりに再集結。変わらぬ仲のよさを見せつけた。@@cutter ドリューとキャメロンとルーシーは、当時と変わらない笑顔を披露。主役のルーシーはピンクやブルー、パープルのミックスがステキな花柄のワンショルダーのドレス姿で登場。ドリューも花柄のドレスだが、白と黒の落ち着いたパターン。キャメロンは女優業をほぼ引退しているが、相変わらずのスターオーラを放っている。  3人はそれぞれ自身のインスタグラムに、この日の再会を報告。ルーシーはスリーショットに「『チャーリーズ・エンジェル』の再会! 20年前に私たちは犯罪と闘う精鋭チームを結成していたのよ」とキャプションにつづり、「いつも私のエンジェルでいてくれる」ドリューとキャメロンに感謝した。ドリューとキャメロンもそれぞれ、ルーシーに祝福の言葉を贈っている。  3人が勢ぞろいした姿を見たファンからは、「あなたたち女性陣が何年経っても互いをサポートする姿が大好き!」「すごい。3人のエンジェルたちは全く年を取らない!」「最高のトリオ」「みんな美しい」といった歓喜の声が届いている。  セレモニーには2作目の『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』で悪役を演じた女優のデミ・ムーアや、ルーシーの息子ロックウェルくんも出席していた。 引用:https://www.instagram.com/p/Bw8M5p2g844/

  • 新『チャーリーズ・エンジェル』にボスレー役で出演するかもしれないパトリック・スチュワート

    『チャーリーズ・エンジェル』再映画化、P・スチュワートがボスレー役か

    映画

     映画『トワイライト』シリーズの女優クリステン・スチュワートが出演する『チャーリーズ・エンジェル』のリブート版。映画『X‐MEN』シリーズのプロフェッサーX役で知られる俳優パトリック・スチュワートが、ボスレー役で出演する可能性が高くなってきたという。@@cutter 『チャーリーズ・エンジェル』に登場するボスレーはこれまで、タウンゼント探偵事務所の大ボス、チャーリーの右腕的な存在で、3人の美人探偵たちのまとめ役として描かれてきた。前回のシリーズではビル・マーレイが演じている。  リブート版のメガホンを取る女優エリザベス・バンクスが、ボスレー役を兼任すると報じられていたが、The Hollywood Reporterによると複数の“ボスレー”が登場することになりそうだ。パトリックは現在、出演交渉の最終段階まで進んでいるという。  また、当初はエンジェルこと探偵の1人を演じると思われていたクリステンについても、情報筋はボスレーを演じると話しているらしい。  新『チャーリーズ・エンジェル』は、世界中に複数の事務所を置くセキュリティ・情報収集サービスを提供する組織で、次世代のエンジェルたちが活躍するさまを描くという。キャストはほかに、映画『パワー・レンジャー』の女優ナオミ・スコットと、イギリス出身の新人女優エラ・バリンスカ。現地時間2019年9月27日より全米公開予定。

  • 『チャーリーズ・エンジェル』リブート版に出演するクリステン・スチュワート

    『チャーリーズ・エンジェル』リブート版、メインキャスト陣が決定

    映画

     映画『ハンガー・ゲーム』の女優エリザベス・バンクス監督で進められている『チャーリーズ・エンジェル』リブート版。先に伝えられていたクリステン・スチュワートほか、映画『パワー・レンジャー』のナオミ・スコットと、新人女優のエラ・バリンスカが、新生チャーリーズ・エンジェルに決まったという。@@cutter 昨年、リブート版の企画が進められていると報じられた際に、クリステンと共に名前が挙がっていたオスカー女優ルピタ・ニョンゴは出演を見送った模様。The Hollywood Reporterによると、メガホンを取るエリザベスは、エンジェルをまとめるボスレー役で出演するとのことだ。  同作は1976年から1981年にかけてアメリカで放送されたヒット海外ドラマの映画版となる。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー主演で映画化され、2003年の続編もヒットした。  新『チャーリーズ・エンジェル』は世界中に事務所を置くセキュリティ・情報収集サービスを提供する組織で、次世代のエンジェルたちが活躍するさまを描くという。クリステンたちが演じるエンジェルたちの名前や背景は不明。過去の原稿を元にエリザベスが、映画『蜘蛛の巣を払う女』のジェイ・バスと共に、最新の脚本を執筆したとのことだ。  『チャーリーズ・エンジェル』リブート版は現在、現地時間2019年9月27日より全米公開予定。

  • 『チャーリーズ・エンジェル』再映画化でK・スチュワート&L・ニョンゴらが出演か

    『チャーリーズ・エンジェル』再映画化、クリステン・スチュワートらが出演か

    映画

     映画『トワイライト』シリーズの女優クリステン・スチュワートと、映画『それでも夜は明ける』でアカデミー賞アカデミー賞助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴが、人気女性アクションシリーズ『チャーリーズ・エンジェル』のリブート版に出演する可能性が出てきた。@@cutter チャーリーの探偵事務所で働く3人の美女探偵の活躍を描く『チャーリーズ・エンジェル』。1970年代のヒットドラマを2000年に映画化したマックG監督版では、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優がヒロインを演じた。  Deadlineによると、クリステンとルピタは初期段階の出演交渉に入っているという。2000年の『チャーリーズ・エンジェル』は約2億6400万ドル(約300億2700万円)の世界興行収入を上げ、2003年の続編『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』も世界興行収入2億5900万ドル(約294億6300万円)の大ヒットとなった。  製作・配給の米ソニー・ピクチャーズはリブート版のシリーズ化も視野に入れているとのこと。出演が決まれば、クリステンにとって『トワイライト』シリーズ、ルピタにとっては新『スター・ウォーズ』シリーズに続くヒットシリーズになる可能性がある。  リブート版の監督は映画『ハンガー・ゲーム』や『ピッチ・パーフェクト』シリーズの女優エリザベス・バンクスが務める予定。2019年6月7日(現地時間)より全米公開予定。

  • 3人の美女探偵が再び活躍!『チャーリーズ・エンジェル』が再映画化(※映画版1作目『チャーリーズ・エンジェル』の場面写真)

    『チャーリーズ・エンジェル』が再映画化、エリザベス・バンクスが監督か

    映画

     1970年代のアメリカのヒットドラマで2000年にマックG監督のもと、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー出演で映画化された『チャーリーズ・エンジェル』シリーズ。米ソニー・ピクチャーズが再映画化を決定し、現在『ハンガー・ゲーム』シリーズなどに出演する女優エリザベス・バンクスがメガホンを取るべく契約交渉に入っているという。@@cutter チャーリーの探偵事務所で働く3人の美女探偵の活躍を描く『チャーリーズ・エンジェル』。映画版の第1弾では、『ロスト・イン・トランスレーション』のビル・マーレイが、顔を出さないチャーリーの代わりに現場で3人をまとめるボスレー役を演じた。2003年には続編『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』が公開され、デミ・ムーアが敵役の元エンジェル役で出演した。  The Wrapによると、エリザベスはプロデューサーの夫マックス・ハンデルマンと共にリブート版の製作を務めることは決まっているそうだ。2人はともに音楽コメディ『ピッチ・パーフェクト』を製作しており、エリザベスは続編となる『ピッチ・パーフェクト2』の監督を務めた。  現在、リブート版の脚本家を探しているところとのことで、あらすじや3人のエンジェルを演じる女優陣は未定。キャメロン、ドリュー、ルーシーが再出演するかなどは未知数だ。『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』には、オリジナル版のドラマでエンジェルの1人ケリーを演じたジャクリン・スミスがカメオ出演を果たしている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access