クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ベスト・キッド〈1984年〉 関連記事

  • 続編ドラマではダニエル(左)とジョニー(右)の立場が逆転!?(※1985年日本公開『ベスト・キッド』より)

    『ベスト・キッド』続編ドラマの予告編解禁 宿敵ジョニーがいい人に?

    海外ドラマ

     日本でも80年代後半に大ヒットしたカラテ(空手)がテーマの青春映画『ベスト・キッド』シリーズ。主人公たちの34年後を当時と同じキャストで描く続編ドラマ『Cobra Kai(原題)』がアメリカで製作中だが、このたび予告編が解禁となり、ダニエル(ラルフ・マッチオ)と宿敵のジョニー(ウィリアム・ザブカ)のその後が少しずつ明らかになってきた。@@cutter 日本未対応のYouTube有料サービス「YouTube Red」で現地時間5月2日から配信予定の『Cobra Kai(原題)』。予告編を見る限り、宿敵だったジョニーがいい人に、主人公だったダニエルが少し嫌なやつになっているようにも見えるが、二人の因縁は途切れていない様子。  1984年の大会で勝利したダニエルが現在は高級車のディーラーとして成功しているのに対し、負けたジョニーは冴えないオヤジになり、再会したダニエルに嘲笑される始末。だが、次のシーンでジョニーはイジメに遭っている少年をカラテで助けるという意外な行動を取る。  少年に「僕に(カラテを)教えてみない?」と頼られたジョニーは、一念発起して以前自身が所属していた空手道場「コブラ会」を再オープン。ダニエルは懐疑的だが、ジョニーは軟弱な教え子たちに慕われており、ダニエルの師匠・ミヤギのような存在になったようにも見える。一方のダニエルもジョニーに触発されたのか、ハチマキを締めて再び道着を身にまとう場面が見られる。  トレーラーは数パターン公開され、中には窓拭き中の少年がジョニーに拭き方を尋ねて「どうでもいい」と答えられるシーンも。窓拭きなどの日常作業を指示することでダニエルにいつのまにか修業させていた映画版ミヤギの「ワックスかける、ワックスとる!」にオマージュが捧げられているようだ。

  • ダニエルとジョニーの因縁の対決が再び?(※『ベスト・キッド』(1985年日本公開))

    『ベスト・キッド』続編ドラマ化、“ダニエルさん”ラルフ・マッチオが出演

    海外ドラマ

     日系人の老人ミヤギと高校生のダニエルが、カラテを通じて師弟関係を越えるえる友情を育む姿を描くスポーツ青春映画『ベスト・キッド』。1984年の1作目から1994年までの間に4作が制作・公開される人気シリーズとなり、2010年にはリメイクされたが、約33年の歳月を経て続編ドラマが制作されることになったという。それもオリジナルシリーズのダニエル役ラルフ・マッチオと、ダニエルをいじめる宿敵高校生ジョニーを演じたウィリアム・ザブカが出演するという。@@cutter The Hollywood Reporterによると、ウィル・スミスの製作会社オーバーブルック・エンターテイメントが手がける10話構成の30分ドラマになるとのこと。激しい争奪戦の末、ユーチューブの有料サービス「YouTube Red」で配信されることになったという。  タイトルは『Cobra Kai(原題)』。シリーズ化が決まっており、2018年にリリースされる予定。1作目の1984年のカラテ大会から30年後。パっとしない生活を送っていたジョニーがあの「コブラ会」道場を再開し、成功しているダニエルを再び目の敵にするという。ミヤギ役のノリユキ・パット・モリタが他界していることからダニエルも恩師を失ったことになっているようだ。  映画『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式』シリーズのジョシュ・ヒールド、映画『ハロルド&クマー クリスマスは大騒ぎ!?』のジョン・ハーウィッツ&ヘイデン・シュロスバーグの脚本コンビが、続編ドラマの脚本を執筆すると共に製作総指揮を務める。ラルフとウィリアムは共同製作総指揮にも名を連ねるそうだ。  他のキャストは不明。同シリーズにはエリザベス・シューやタムリン・トミタなどが演じたヒロインが登場し、主役が入れ替わった4作目にはオスカー女優ヒラリー・スワンクが出演したが、ラルフとウィリアム以外に懐かしい顔が現れるのか。さらなる続報を待ちたいところだ。

  • 辛い現代社会でも、これ観て戦え!※ 『ベスト・キッド』(85)の場面写真

    現代人は誰もが戦士!ヘタレなヤツらが頑張る映画 ベスト・キッド、ロッキーなど5選

    映画

     「現代人は誰もが戦士なんだ」と看破したのは『ランボー/怒りの脱出』『コブラ』といった映画史に残る傑作を残したジョルジ・パン・コスマトス監督。春になり、新しい環境で戦う人も多いでしょう。しかし人生には苦境が付き物。辛い現実に心折れかけた時、そっとあなたを支えてくれる映画をご紹介。人は変われる! エイドリアーン! ……すみません、取り乱しましたが行ってみましょう。@@cutter まずは85年日本公開の『ベスト・キッド』。主人公が著しい成長を見せるこの手の映画にとって特訓シーンが説得力を持つか否かは重要な部分ですが、この作品ほどそれを身近な方法で魅力的に描いた作品はないでしょう。ワックスかける、ワックスとる――本当に強くなれる気がして学校の掃除も精が出たものです。  『ベスト・キッド』のダニエルくんはやってもない空手を「やっている」と吹聴しやられてしまうヘタレな子でしたが、同じくヘタレ青年が成長し強くなるのが、ジャッキー・チェンの『スネーキーモンキー 蛇拳』。竹の周りを蛇状に手を動かし卵を取るあの練習で本当に強くなるのかは疑問が残るところですが、最初から強いブルース・リーに対して、ジャッキーは特訓を経て強くなる映画が多いのも特色の1つです。  そして揃いも揃ったヘタレなヤツらが奮起して周りを見返すのが、『メジャーリーグ』と『シコふんじゃった。』の日米両代表。どちらも、ある“きっかけ”を得て“仲間”と発奮する映画ですが、頑張るためにはこの2つが大切であることを教えてくれるようでもあります。プロレスラー大仁田厚は弱小チームが優勝を目指す『メジャーリーグ』に自らの姿を重ね、劇中の「ワイルドシング」を入場曲に選んだとも言われています。  そして“ヘタレなヤツが頑張る映画”の金字塔と言うべき作品が『ロッキー』。冴えない、落ちこぼれた人たちが世界タイトルマッチに挑みますが、映画評論家で1988年に亡くなった荻昌弘さんは「人生、戦いの結果がどう出ようとそんなことは全然重要じゃないんだ。ともかくそこまでベストを尽くすこと、それが人生の勝利なんだ」と『ロッキー』のメッセージを読み解きます。そう、結果ではなく戦うことこそ勝利。ネバー・サレンダー! と、無駄に熱くなったところで本稿を締めたいと思います。(文:しるべ寿太郎) 世界唯一のスタローンライター(未確認)しるべ寿太郎オススメの“ヘタレなヤツらが頑張る映画”は以下。 『ロッキー』(77) 『スネーキーモンキー 蛇拳』(79) 『ベスト・キッド』(85) 『メジャーリーグ』(89) 『シコふんじゃった。』(92)

  • 『グーニーズ』

    「中学生になるまでに見ておくべき映画55作品」米サイトが発表

    映画

     子どものころに大好きだった映画。子どものころに見ておいてよかったと思える映画は誰にでもあるはず。そんな映画を「13歳までに見るべき映画」として、Entertainment Weeklyが発表した。@@cutter 一番多いのはディズニー作品。『ピノキオ』(52)、『メリー・ポピンズ』(65)、『美女と野獣』(92)、『ライオン・キング』(94)、『トイ・ストーリー』(96)、『ウォーリー』(08)など、9作品が紹介されている。  ただ楽しいだけの子ども向け作品ではなく、思春期や大人になってから見直して、新しい発見ができるような名作がピックアップされている。掲載された全55作品の中から、家族で楽しむのにぴったりな作品をピックアップして紹介したい。(カッコ内は日本公開年) <親には懐かしい作品> 『スター・ウォーズ』(78) 『レイダース/失われたアーク 聖櫃』(81) 『アニー』(82) 『E.T.』(82) 『ベスト・キッド』(85) 『グーニーズ』(85) 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85) 『スタンド・バイ・ミー』(87) 『プリンセス・ブライド・ストーリー』(88) 『ビッグ』(88) 『ホーム・アローン』(91) 『シザーハンズ』(91) 『ジュラシック・パーク』(93) 『ベイブ』(96) 『アイアン・ジャイアント』(00) 『ハリー・ポッターと賢者の石』(01) 『ロード・オブ・ザ・リング』(02) 『皇帝ペンギン』(05) <往年の名作> 『キッド』(21) 『オズの魔法使』(54) 『素晴らしき哉、人生!』(54) 『34丁目の奇蹟』(48) 『雨に唄えば』(53) 『赤い風船』(56) 『ウエスト・サイド物語』(61) 『サウンド・オブ・ミュージック』(65)  このほか、『ヒックとドラゴン』(10)や『LEGO(R) ムービー』(14)などが選出された。

  • 船首とみれば…いざ「タイタニック」ポーズ!

    映画の名シーン真似したくなる?「タイタニック」ポーズ、「エマニエル夫人」座り

    映画

     ある一定の条件が揃うことで、思わずそうせずにいられなくなる―いわゆる条件反射はソ連の生理学者イワン・パブロフの実験=「パブロフの犬」により知られるところとなった。一般の人には全く無関係でも、映画好きにだけ特有の反応を引き起こす場所やシチュエーションが存在する。そんな映画ファンにとっての“聖地”や、「パブロフの犬」化させてしまうシチュエーションを紹介しよう。@@cutter まず公開15年を経て、すでに“ニュークラシック”として地位を確立した「タイタニック」のあのポーズ。あまりにベタすぎて真似することに恥ずかしささえ覚えるが、フェリーや釣り船、はては公園の置き物であっても船首であればオール・オッケー。なんだか組体操のサボテンに見えなくもないが、ムードがさめるのでそこは口出し厳禁だ。  続いて高台や丘の上に連なる階段を駆け上がり、ガッツポーズを決めれば即席「ロッキー」の出来上がり。これも有名すぎて一目で真似しているのがバレたり、奇異な目で見られること必至なので、周りに人がいないのを確認してから実施しよう。「誰にはばかることなく、思いっきりロッキーしたい!」という向きは、アメリカ・フィラデルフィア美術館の正面玄関階段までどうぞ。通称「ロッキー・ステップ」と呼ばれるこちらでは、世界中から集まった老若男女が恥ずかしげもなくロッキーになり切っている。あとは生卵を飲み干せば、身も心も“イタリアの種馬”だ。  名作再現編としては、トレビの泉やコロッセオなど実在の観光地がふんだんに登場する「ローマの休日」も外せない。まずはヘプバーンのアン王女よろしくスペイン広場でジェラートとしゃれ込みたいところだが、実際は保護のため広場での飲食は禁じられているとのことで注意が必要。真実の口に手を入れて、上着の袖に手首を隠しておどける、グレゴリー・ペックの真似で我慢しよう。もしローマまで行く暇もお金もなかったら、ゲームセンターや各地で見られる、(真実の口に)よく似た遊具で気分だけ味わうことも可能だ。@@separator 次に横断歩道を4人で渡れば、あら不思議、そこがアビイ・ロードに早変わり。ビートルズ同名の名盤、そのジャケット写真として有名なこちらはイギリスの文化遺産として指定を受けており、「映画けいおん!」でもメンバーが訪れる場面が描かれている。なお、文化遺産とはいえアビイ・ロードは現在も普通に使われている道路であり、多くの事故が報告されているので実際訪れた際は要注意。  さて年の瀬といえば億劫な大掃除のシーズンだが、家が綺麗になってしかも強くなれちゃう、女性誌あたりがほっとかない魔法のメソッドをご紹介しよう。拭き掃除をしながら円を描き、「ワックスかける!」「ワックス取る!」(※たとえワックスを使っていなくても)、これを繰り返すだけでこれまた不思議、家が輝く&カラテまで身についちゃうからアメイジング。こちらはもちろん、ミヤギさんに扮した亡きノリユキ・パット・モリタの怪演が光る「ベスト・キッド」によるもの。ラルフ・マッチオよろしく、手拭いをキリリと頭に巻いて臨めば、ダニエルさん気分で掃除もはかどること請け合いだ。  もし掃除でかがんだ姿勢が続いて疲れたら、立ち上がってイナバウアーと体を反らせば、あらま、知らずに「マトリックス」よけの一丁上がり。血行がよくなり、もう一度掃除が頑張れそうだが、あんまり反りすぎて倒れると、リンボーダンスの自爆みたいで間抜けになるので気をつけたい。  そしてこの項、籐の椅子に足を組んで腰掛けるポーズ(乳出し推奨)をもって結びとしたい。今年亡くなった名花シルビア・クリステルを偲んで―。ありがとう、「エマニエル夫人」。(しべ超二)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access