ゲゲゲの鬼太郎 関連記事

  • アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』西洋妖怪編キービジュアル

    『ゲゲゲの鬼太郎』10月スタート“西洋妖怪編”、キャスト解禁

    アニメ・コミック

     TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(フジテレビ系/毎週日曜9時)より、新章“西洋妖怪編”のキャスト情報が解禁。西洋妖怪軍団を率いるバックベアード役・田中秀幸をはじめ、ゆかな、井澤詩織ら、6名の出演が明らかになり、コメントが到着した。@@cutter 『ゲゲゲの鬼太郎』は、水木しげるによる同名コミックを原作とし、1968年にモノクロでアニメ版が放送開始。現在、放送開始から50周年を記念したTVアニメ第6期が放送中だ。  物語は、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。科学では解明ができない現象に挑む鬼太郎とその仲間たちの活躍が描かれる。10月よりスタートする新章・西洋妖怪編では、歴代シリーズでも敵キャラクターとして強烈な存在感を放っているバックベアード率いる、西洋妖怪軍団が日本へ襲来。鬼太郎ファミリーと西洋妖怪による妖怪大戦争が始まる。  出演について、西洋妖怪最強の帝王・バックベアード役の田中は「今回の役は西洋妖怪最強の帝王ということで、これまた演じるのが楽しみです」とコメント。バックベアード軍団を率いる女将軍・アデル役のゆかなは「アデルは責任と誇りにその存在を捧げてきたような印象です。姉として将軍として、どんな在り方を選んでいくのか今から楽しみです」と自身が演じるキャラの魅力を解説した。さらに、策略や罠を仕掛けることに長けた妖怪・カミーラ役の井澤は「もともと妖怪が大好きなので、念願の『ゲゲゲの鬼太郎』への出演、とても嬉しく思っています。でもまさか日本の妖怪ではなく西洋妖怪とは!」と驚きの様子を見せた。  また、バックベアードの元から日本に逃亡してきた西洋妖怪の魔女・アニエス役には山村響が決定し、「実は小さい頃、鬼太郎に恋をしていた時期があったりして、そんな風に夢中になって観ていた歴史深い作品に出演させて頂けるなんて夢のようです」と本作への思いを熱弁。人間体から狼男へ変身するヴォルフガング役の草尾毅は「狼男の爪痕を残せるように頑張ります」と語る。残忍な性格のマッドサイエンティスト、ヴィクター・フランケンシュタイン役の白石涼子は「キャラクター設定からしてヤバそうなので、実際に声をあてるのが楽しみです…!」と意気込みをあらわにした。  TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』は、フジテレビ系にて毎週日曜9時放送。新章“西洋妖怪編”は、10月7日放送の第27話「襲来!バックベアード軍団」よりスタート。

  • 野沢雅子、初代鬼太郎から目玉おやじへ 全世代の“ヒーロー”を演じる凄さ

    野沢雅子、初代鬼太郎から目玉おやじへ 全世代の“ヒーロー”を演じる凄さ

    アニメ・コミック

     水木しげるの歴史的名作をアニメ化した『ゲゲゲの鬼太郎』の新シリーズが、ついにスタートした。TVアニメ第6弾となる本シリーズの最大注目ポイントは、初代・鬼太郎を演じた声優・野沢雅子が、鬼太郎の父である目玉おやじ役を担当すること。全世代にとっての国民的キャラクターを軒並み演じるなど、いつまでも走り続けるレジェンド声優の凄さを改めて紹介する。@@cutter 妖怪の存在を忘れた現代を舞台に、主人公の鬼太郎が、個性的な仲間ととともに妖怪たちが引き起こした事件に立ち向かう姿を描く。1968年にTVアニメがスタートしてから50年が経ち、目玉おやじとして本作に参加することになった野沢は、「Anime Japan2018」のステージで「(これまでは)田の中勇さんがやっていたのですが、引きずることはやめようと。今回の目玉おやじは、“鬼太郎が大きくなって息子ができて、お父さんになった”というつもりでやっているんです」とコメント。「親子を出来るなんて最高に幸せ」と喜びを語っている。  放送がスタートするや、水木の原作にある“おどろおどろしさ”を踏襲した雰囲気、現代人にグサリと刺さる内容、クールな鬼太郎とチャーミングな目玉おやじのやり取りに心を奪われた。SNS上でも「野沢雅子の目玉おやじがかわいい」「目玉おやじの存在感がさすが」と目玉おやじに関するコメントが続々と見受けられるなど、視聴者も楽しみにしていた“野沢=目玉おやじ”の登場だが、本シリーズの原点を知る野沢の背中を追いかけていけるというのは、共演者陣にとっても何よりの力となるはずだ。@@separator 野沢といえば、本作の前枠でもあった『ドラゴンボール』シリーズでは、孫悟空、孫悟飯、孫悟天の一人3役を演じており、『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の舞台挨拶ではこのキャスティングはすべて原作者・鳥山明が希望したものだと明かす一幕も。またゲーム版でも孫悟空を演じ続け、“ひとつのビデオゲームのキャラクターを最も長い期間演じた声優 ”、“ビデオゲームの声優として活動した最も長い期間”としてギネス認定されるなど、声優界に革命を巻き起こす偉業を成し遂げている。  『ドラゴンボール』は1986年から現在まで30年以上もアニメ化し続けられ、野沢の発する「オッス、オラ悟空」というセリフだけで、男女問わず、幅広い世代の人々が悟空の笑顔を思い浮かべることができるはず。そのほかにも『いなかっぺ大将』の風大左衛門、『ど根性ガエル』のひろし、『銀河鉄道999』の星野鉄郎などなど、1970年代から放送されて今もなお記憶に深く残る、愛らしくてかっこいい“ヒーロー”たちを演じてきた野沢。彼女が演じることで、どのキャラクターにも一途さとかわいらしさが一層プラスされ、野沢の声がキャラの魅力をググッと引き上げているといえよう。全世代のアニメ好きのココロを掴み続けている、唯一無二の存在と言えるだろう。  81歳となった今も、全身全霊で役柄に息を吹き込み、キャラクターたちの熱い魂を体現している。そのパワフルさは圧巻の一言。まさにレジェンドの称号にふさわしい彼女が、これからも日本中を元気にしてくれることだろう。

  • (左から)庄司宇芽香、沢城みゆき、野沢雅子、藤井ゆきよ

    <AJ2018>野沢雅子、目玉おやじは「鬼太郎がお父さんになったつもり」で演技

    アニメ・コミック

     アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』50周年&新シリーズ開始記念スペシャルステージが24日、東京ビッグサイトで開催中のAnimeJapan 2018にて行われ、鬼太郎役の沢城みゆき、目玉のおやじ役の野沢雅子、ねこ娘役の庄司宇芽香、オリジナルキャラクター・犬山まな役の藤井ゆきよが登壇した。@@cutter 水木しげる氏のマンガを原作にした同アニメは1968年1月よりスタート。今年で放送開始50周年の記念イヤーとなる。第1期で鬼太郎を演じていた野沢は「すごいですね、半世紀ですよね」と懐かしつつ、本作で目玉おやじの声を担当することついては「(いままでは)田の中勇さんがやっていたのですが、引きずることはやめようと。今回の目玉おやじは、鬼太郎が大きくなって息子ができて、お父さんになった、というつもりでやっているんですよ」と明かした。  第6期で鬼太郎役に抜てきされた沢城は「最初は雅子さんがやってきたものなので、プレッシャーがないと言ったら全然ウソになる」と心境を吐露し、「お気付きかもしれませんが、1期ごとに鬼太郎像は違う。どちらかというと受け継ぐというより、いまからスタートというつもり。描きたい鬼太郎をどれだけ私が表現できるかを大切にしている」と話した。また「鬼太郎は受けのキャラクターで、割と巻き込まれていくタイプ。なので相手のセリフを聞いた先に自分のセリフがあるということを大事にしていますね」と語った。  ステージでは新作1話の冒頭部分や、鬼太郎とオリジナルキャラクター・犬山まなが初めて出会うシーンが公開された。まな役の藤井は「目玉おやじがかわいすぎて、悶てしまう!(演技で)怖がらないといけないんですが、“かわいい”が先行してしまって…」と興奮ぎみに話し、鬼太郎に関しても「かっこいい。藤井個人としてはグッとくる!」と語気を強めた。また、公開された映像には「リモコン下駄」「髪の毛針」「指鉄砲」といった、おなじみの攻撃シーンも。沢城は「『指鉄砲』は小学生にマネしてもらえれば」と期待していた。  新テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』はフジテレビ系にて4月1日9時より放送スタート。イベントの最後に野沢は、あす25日に最終回を迎えるアニメ『ドラゴンボール超』を「最終回だから、絶対観てくれよな!」と悟空の声で呼びかけ、次に目玉おやじの声で「そして来週からは私が登場するから観ておくれ、よろしく!」とお茶目にアピールし、会場を盛り上げた。

  • 第6期『ゲゲゲの鬼太郎』ビジュアルも解禁

    野沢雅子が目玉おやじに!第6期『ゲゲゲの鬼太郎』放送 鬼太郎は沢城みゆき

    アニメ・コミック

     アニメ化50周年記念をして、テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期の放送が決定した。初代鬼太郎を演じた野沢雅子が目玉おやじ役を演じるほか、主人公の鬼太郎を、『ルパン三世』峰不二子役や、『PSYCHO‐PASS サイコパス』唐之杜志恩役の沢城みゆきが担当することが明らかとなった。@@cutter 『ゲゲゲの鬼太郎』は、妖怪漫画の第一人者・水木しげるさんの漫画が原作のテレビアニメシリーズであり、今月3日にちょうど50年を迎えた。これまで、1960年代・1970年代・1980年代・1990年代・2000年代と約10年ごと5回に渡ってアニメ化され、日本中に元祖妖怪ブームを巻き起こした。そして、水木しげるさんが2015年に逝去してからは初めてのテレビアニメ化となる。    今回、鬼太郎役の沢城、目玉おやじ役の野沢のほか、ねずみ男役に古川登志夫、ねこ娘役に庄司宇芽香、一反もめん役に山口勝平、子泣きじじいとぬりかべの2役を島田敏、砂かけばばあ役を田中真弓が演じる。また、本作のオリジナルキャラクターとして人間の女の子・犬山まな役には藤井ゆきよが声をあてる。    新しく主人公・鬼太郎役を務める沢城は「それぞれの世代にそれぞれの鬼太郎像があると思いますが、このチームでどんな『ゲゲゲの鬼太郎』を創っていけるのか、プレッシャーよりも、静かに静かにどきどきしているところです」とコメント。目玉おやじ役の野沢は「親子を出来るなんて最高に幸せです」と喜びを口にし、「背伸びせず気張らず私なりの父親を演じていこうと思っています」と語った。  また、今回のアニメ化発表と共に解禁されたティザービジュアルでは怪しげな雰囲気の中、主人公・鬼太郎の隣にはこれまでのシリーズとはイメージが変わり、長い脚が印象的なねこ娘の姿が描かれてる。さらに放送に先駆けて、本作の魅力を凝縮したPVも公開された。  半世紀にわたり愛され続けてきた『ゲゲゲの鬼太郎』は、4月1日より毎週日曜9時よりスタート。

  • 『映画 妖怪ウォッチ』のどこかで登場するという鬼太ニャン

    ゲゲゲの鬼太郎『映画 妖怪ウォッチ』最新作に出演! 衝撃の“妖怪タッグ”誕生

    アニメ・コミック

     『妖怪ウォッチ』シリーズの最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』に、誰もが知る国民的キャラクター「ゲゲゲの鬼太郎」と、“鬼太郎ファミリー”である目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、ねずみ男が総出演していることが発表された。鬼太郎の出演を聞いたジバニャンは、「あの伝説の鬼太郎センパイが、妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!?まじヤバいニャン!」とコメントを寄せている。@@cutter 本作の物語は『妖怪ウォッチ』シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界が舞台。恐るべき妖怪ウイルス「鬼まろ」によって穏やかな日常は終わりを告げ、人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者だけとなる。登場人物は一新され、お馴染みの妖怪たちが驚きの姿で登場するほか、これまでとは一味違ったシリアスな要素も加わっているとのこと。  劇中、ある危機を迎えたジバニャンたち一行は、伝説の存在である「鬼太郎」に助けを求め、あの「ゲゲゲの森」にたどり着くという。 鬼太郎を演じるのは、声優界の大御所・野沢雅子。1968年に初代鬼太郎を演じ、アニメ初主演デビューを飾った過去がある野沢は、今回の出演について、「初めてのシリーズ主人公、鬼太郎は私の中でしっかり生きています。今回、妖怪ウォッチにおじゃまする事になり、どんな風に受け入れられるのか、どんな歓待を受けるのか、いろいろ私なりに楽しみながら想像しています。今から完成がとっても楽しみでワクワクしています。妖怪は不滅です」と期待を込めている。  鬼太郎の出演情報を受けて、ジバニャンからもコメントが到着。ジバニャンは「えええーーーっ!あの伝説の鬼太郎センパイが、妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!?まじヤバいニャン!これはもう見るしかないニャン!」と喜びを語った。また、鬼太郎のような姿をしたジバニャン・通称「鬼太ニャン」の姿も初公開となった。鬼太郎の妖気の影響を受けて変化したと思われる「鬼太ニャン」は、劇中のどこかで登場するという。  『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は、12月16日全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access