クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

感涙の自伝小説をオダギリジョー主演で映画化

【解説/みどころ】
リリー・フランキーのベストセラー自伝小説を、松尾スズキの脚本、オダギリジョーと樹木希林の共演で『さよなら、クロ』の松岡錠司監督が映画化。昭和の筑豊の炭坑町で育った少年が、平成の東京タワーの下で母を看取る原作の精神を踏襲し、普遍的な母子の物語を紡ぎ出す。“泣ける“映画の枠を超えた、深い人間愛が多くの人の共感を呼ぶに違いない。


【ストーリー】
3歳でオカンと一緒にオトンの家を出たボクは、80年代に憧れの東京に出て美大生になり、90年代に入って、イラストレーター兼コラムニストとしてようやく食えるようになる。そんな矢先、オカンのガンが発覚して……。

キャスト
オダギリジョー樹木希林内田也哉子松たか子小林薫
スタッフ
監督: 松岡錠司 脚本: 松尾スズキ 原作: リリー・フランキー
上映時間・制作年
142分/2007年
制作国
日本
公式サイト
http://www.tokyotower-movie.jp/
配給
松竹

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access