クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ターミネーター4 関連記事

  • 【フォト特集】胸アツ! 『ターミネーター』シリーズ名場面を一挙振り返り

    【フォト特集】胸アツ! 『ターミネーター』シリーズ名場面を一挙振り返り

    映画

    人気シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』公開を記念して、過去5作品『ターミネーター』『ターミネーター2』『ターミネーター3』『ターミネーター4』『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の名場面を一挙ご紹介!

  • アントン・イェルチン、27歳の若さで死去

    アントン・イェルチン死去 過去に堀北真希、松山ケンイチ、手越祐也らと共演

    映画

     J・J・エイブラムス監督の映画『スター・トレック』シリーズのパヴェル・チェコフ役や、『ターミネーター4』(09)などで知られる米俳優アントン・イェルチンが現地時間19日、米スタジオシティの自宅で死去した。享年27歳。アントンは自宅の私道で門と車に挟まれているところを発見されたという。Us WeeklyやTMZなどの海外メディアが伝えた。@@cutter アントンは18日午後11時のリハーサルに参加する予定だったが現場に姿を見せなかったため、心配した友人らが19日午前1時頃アントンの自宅を訪ね、アントンの遺体を発見したという。TMZによると、アントンの家の私道は道路に向かって、こう配の激しい坂道になっているとのこと。何らかの理由がありアントンが車を一時停止して降りたが、車が動き出したと思われるという。アントンの遺体発見時、車のギアはニュートラルになっており、エンジンもかかかっていたそうだ。明確な事故状況は現在不明。アントンの車は重量約2トンのグランド・チェロキーだったという。  アントンの突然の訃報はハリウッドに衝撃を与えた。エイブラムス監督は「君は素晴らしく、優しかった。おそろしく面白く、この上なく才能豊かだった。君はあまりにも早く逝ってしまった。寂しいよ」と、自身の製作会社のツイッターを介して直筆の追悼メッセージを送った。『スター・トレック』シリーズでスポックを演じる俳優ザカリー・クイントは、「我々の親愛なる友。仲間。我らがアントン。最高に心が広く知的好奇心の豊富な人だった」とツイートした。  今年公開のシリーズ第3弾『スター・トレック BEYOND』を監督したジャスティン・リンは、「まだショックの中にいる。アントンよ、安らかに。君の情熱と熱意は君を知ることのできた人々の中に永久に生き続けるだろう」と追悼の意を表した。  これから北米リリースされるオリジナル・アニメ『Trollhunters(原題)』でアントンとタッグを組んだギレルモ・デル・トロ監督はアントンについて、「最高に優しく、謙虚で素晴らしい、才能ある人だった。1年間一緒に仕事をした。ショックを受けている」と心情を自身のツイッターで語った。  また日本未公開の映画『Fierce People(原題)』でアントンと共演した俳優クリス・エヴァンスが「素晴らしいアントン・イェルチンの訃報を聞いて打ちのめされている。彼は思慮深く、優しさと才能にあふれていた。ご冥福をお祈ります」とツイートするなど、ハリウッドから追悼の言葉は後を絶たない。  実はアントン、2010年に公開された堀北真希主演の日本映画『誰かが私にキスをした』(ハンス・カノーザ監督作)にも出演していた。松山ケンイチ、手越祐也、桐谷美玲といった日本の人気俳優らと共演。インターナショナル・スクールを舞台にしたラブストーリーで、アントンは堀北演じるヒロインの恋人役に扮して、公開当時は豪華な共演が話題となった。

  • シュワちゃん復活の『ターミネーター』リブート、監督決定か!? (『ターミネーター3』場面写真より)

    『ターミネーター』リブート版、監督に『マイティ・ソー』続編のアラン・テイラーか?

    映画

     アーノルド・シュワルツェネッガーが出演を断言している『ターミネーター』シリーズのリブート版で、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(14)のアラン・テイラー監督がメガホンを取るべく交渉に入っていると、Variety誌が伝えた。@@cutter これまでテレビ業界で活躍し、『ザ・ソプラノズ』や『MAD MEN マッドメン』、『ゲーム・オブ・スローンズ』で腕を鳴らしたテイラー監督だが、起用が決まれば『マイティー・ソー』続編に続き、ハリウッド大作を任されることになり、映画界での活躍が約束されることになりそうだ。  本作は『ターミネーター』シリーズの第5弾となるが、Variety誌によると、単独の展開で構成される三部作の第一弾となる予定で、これまでの作品のストーリーとは関連性がない模様。粗筋に関する詳細は発表されていないが、『アバター』(09)、『シャッター・アイランド』(10)のレータ・カログリディスと、『ドライブ・アングリー3D』のパトリック・ルシエが脚本を手掛ける。  出演者に関しては正式な発表がまだないが、6月には『ターミネーター』シリーズが代表作の1つであるアーノルドが、本作への出演を断言している。  製作は『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(13)を手掛けたスカイダンス・プロダクションズのデヴィッド・エリソンと、『グランド・マスター』(13)を手掛けたアンナプルナのミーガン・エリソンの兄妹が共同で担当。米パラマウント・ピクチャーズの配給で2015年6月に全米公開される予定だ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access