クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

マニアック・コップ 関連記事

  • 『マニアック・コップ』のミニシリーズを手がけるニコラス・ウィンディング・レフン

    ニコラス・ウィンディング・レフン監督、『マニアック・コップ』をドラマ化

    海外ドラマ

     独特の幻想的な映像表現で名を馳せる、映画『ネオン・デーモン』や『ドライヴ』などの監督、ニコラス・ウィンディング・レフンが、カルト的人気のB級ホラー『マニアック・コップ』をドラマ化するという。@@cutter ウィリアム・ラスティグ監督の1988年作『マニアック・コップ』は、ニューヨークが舞台。警官らしき男による連続殺人事件が起き、容疑者にされた警官ジャックが無実を証明するために逃走。真相に迫り、刑務所で殺害された一人の警官に行き着くが…というストーリーだ。日本では劇場未公開だったが、本国アメリカではヒットし、3作目の『マニアックコップ3/復讐の炎』まで続いた。  Deadlineによると、米HBO局でミニシリーズ化されるという。物語の舞台はロサンゼルスに移り、警官から常習犯罪者まで、多種多様なキャラクターたちを通じて、警官の制服を着た殺人鬼の恐怖と謎を描くという。  レフン監督は当初、『マニアック・コップ』のリブートを考えており、2016年のカンヌ国際映画祭で長編映画の予定があることを発表していた。今回、ミニシリーズとなったが、思い入れの強さは変わっていないようだ。自身のインスタグラムに、ドラマ版の世界観を“コカイン”“ネオン”“暴力”といった言葉で表現。「善を取るか、悪を取るかの普遍的なの苦しみに身を焦がし、スリルを求める者たちの世界」としつつ、そこでは「悪が勝利しつつある」と説明している。  『マニアック・コップ』ミニシリーズの話数や撮影時期などは不明。レフン監督が手がけるということで、豪華キャスト陣を期待できそうだ。

  • 恐怖の警官再び!(『マニアックコップ2』場面写真)

    日曜洋画劇場でお馴染み、カルトホラー『マニアック・コップ』リメイク決定

    映画

     サム・ライミ監督ホラー『死霊のはらわた』シリーズのブルース・キャンベルが出演した人気ホラーアクション『マニアック・コップ』が、再映画化されるという。Varietyによると、来春にニューヨークで撮影が始まるそうだ。@@cutter 1988年に製作されて、日本では劇場未公開ながら日曜洋画劇場(テレビ朝日系列)での放送やDVDなどで知る人ぞ知るカルト的人気の『マニアック・コップ』。ニューヨークで連続殺人鬼が出現し、容疑者として逮捕された警官ジャック(ブルース・キャンベル)が脱走して事件の真相に迫ると、獄中で殺害された1人の警官コーデル(ロバート・ツダール)が浮かび上がるが…。  第1弾は興行的に成功とは言えなかったものの、カルト的な人気を得て1990年に『マニアック・コップ2』、1993年に『マニアック・コップ3/復讐の炎』が製作・公開され、続編2本は日本でも劇場公開された。  リメイク企画は2012年から温められていたとのことで、オリジナルシリーズを監督したウィリアム・ラスティングが、映画『ドライブ』(12)や『オンリー・ゴッド』(14)の監督ニコラス・ウィンディング・レフンと共に製作を務めるという。脚本は日本劇場未公開『エンジェル・オブ・デス』の脚本を担当したエド・ブルベイカーが執筆。監督は映画『ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション』(10)のジョン・ハイアムズが務める。キャストは未定。  ハイアムズ監督は「本作のようにアクションとホラーのギャップを埋めてくれる作品を長年探していた。オリジナル版と同じミソロジーを携えつつ、作品を刷新できる脚本が出来上がっている」と、リメイク版に自信をのぞかせている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access